古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:history

阪急宝塚線の中山観音駅から徒歩5分、安産祈願で知られた中山寺境内に今回の後期古墳、中山寺白鳥塚古墳はあります。これほどアクセスのよいところに、見応えのある石室があるとはちょっとびっくりです。もっとも、本殿脇の古墳の墳丘は改変が著しく、円墳(一応円墳としましたが)か方墳かもわかっていません。それでも、背の高い玄室とそこに眠る竜山石製の家形石棺の迫力はなかなかのものです。最近の研究調査では、ほぼ南東方向に開口する約16mの石室は、玄室、羨道ともに天井部まで良好に残存しているとしています(開口部、羨道の石積みの一部や、敷石の一部は後世ではないかとの記述あり)(白鳥塚古墳・山本古墳群、ゴーランド・コレクション調査プロジェクト、兵庫県宝塚市、20173月)。

これまでかなり多くの石室を紹介してきましたが、石棺が残されていると印象がよくなります。

話は脱線しますが、盗掘にあって失われた石棺はいったいどこにいったのか、誰しもが考えることではないでしょうか。既に紹介した馬見古墳群の広陵町牧野古墳の公園には近くの下池吐水口の橋の一部に使われていた文代山(ふみしろやま)古墳の石棺の底石が展示されていますし、日本最古のダム式溜池である狭山池を記念した大阪府立狭山池博物館では古墳時代の石棺製の石樋(とい)(鎌倉時代に用いられた)が展示されていて驚かされます。リサイクルという観点から考えればなるほどと思いますが、どうやら当時の人々の死生観はだいぶ現在とは違ったようです。平城宮建設のためにさっさと市庭古墳の前方部を削平している(ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳、動画3の最後)ことなどもそう考えると理解できます。

 肝心の白鳥塚古墳ですが長さ6m、幅2.5m、高さ3mの玄室(前出報告書では長さ5.5m、幅は2.3m2.5m、高さは奥壁付近で2.9m)は、実際よりも高く見えます。6個の縄掛け突起のある大きな竜山石製の石棺が入ってもバランスのとれた空間が広がります。奥壁は大型の花崗岩二段の上に小型の石材一段の三段積みで、終末期のような切石ではありませんが粗削りという印象は受けません。中山寺社伝で、仲哀天皇の先后である大中姫の墓と伝えられているようですが、古くから開口していたこともあって出土品は不明です。石のカラト(唐櫃)とも呼ばれることがあるようです。

 玄室には入れませんが、開口部脇のツツジの植込み、鉄柵のデザインといいあか抜けていてホッとさせられました。好印象の古墳石室です(撮影2017613日)(記述に一部誤りがあったので再掲載しています)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は双方中円墳という形状の前期古墳、しかもオオヤマト古墳群の主要墓である崇神天皇陵(行燈山古墳)(クリックすれば飛べます)の隣という立地にある櫛山古墳です。墳長は152m155m表記のものもあります)もあります。オオヤマト古墳群の大型墓の大半が宮内庁管理にあって墳丘に近づくことができないなか、櫛山古墳は登ることができる数少ない古墳です。しかも整備が行き届いていて素人目にも円墳の前後にそれぞれ方形部分がつくという変わった形状がはっきりと確認できます。動画2以下でご覧になれます。
 双方中円墳といえば既に香川県高松市の岩清尾山古墳群の猫塚古墳鏡塚古墳(それぞれクリックすれば飛べます)を紹介しています。積石で覆われた不思議な墳丘ですが櫛山古墳との対比は面白いと思います。ただし岩清尾山古墳群とは違い、方形状の前方部と後方部は同じ長さではなく「動画撮影位置」にあるように後方部の長さは前方部の半分もありません。どうしてこのような珍しい形状の墳墓を造ったのか、立地面の制約なのでしょうか。

 櫛山古墳が墳長260mもある崇神天皇陵(行燈山古墳)の造られた数十年後東側に隣接して造られたことに特別の意味があるのでしょうか。これも興味深い点です。現地説明版によれば埋葬施設の石室及び長持型石棺や白礫を敷き詰めた墓前祭祀跡などから両者が密接な関係にあったことがうかがわれるようです。天理から桜井に至る山の辺の道では、JR桜井線柳本駅近くで左に崇神天皇陵、右に櫛山古墳を見ることになりますが、どういうわけか多くの方は櫛山古墳の存在を忘れてしまっているようです。是非、現地に赴かれる方は崇神天皇陵とセット珍しい双方中円墳の墳丘をご覧ください。櫛山古墳に直行する場合は柳本駅から東に徒歩で10分ほど。国道19号線を渡ると崇神天皇陵がありその奥です。非常にわかりやすいです(撮影日20151014日、1028日)。
PNG kushiyama kofun zuPNG kushiyamakofun to ooyamato kofunnbunn nooogatabo





櫛山古墳基本データ

所在地 奈良県天理市柳本町

形状 双方中円墳 段築 中円部 後方部三段、前方部二段、葺石あり

規模 墳長155m、中円部径約90m 高さ17.5m、前方部幅60m 長さ60m 高さ10m、後方部長さ25m 高さ10m

築造時期 4C

出土品 石製腕飾類や鉄製品

特記事項 双方中円墳という珍しい墳丘をもつが前方部と後方部の長さは均等ではない

埋葬施設は竪穴石室  長さ7.1m、幅1.4m


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の前期古墳は京都府向日市の墳長91mの前方後円墳、五塚原(いつかはら)古墳です。

前期といっても出現期に近い段階で造られた非常に貴重な古墳です。既に紹介した元稲荷古墳(クリックすれば飛べます)、寺戸大塚古墳と向日丘陵に並ぶように築かれています。元稲荷の説明で触れましたが、向日丘陵は東海道新幹線が京都駅を離れ新大阪方面へ下りはじめると車窓の右手に広がっています。三つの古墳は前方後方、前方後円という違いはあれ、100mを少し下回る墳長という点で共通しています。それらの墳墓は極めて有力な豪族が古墳時代のはじめ、乙訓で絶大な影響力を発揮していたことを示しています。
  墳丘東側には動画1で見るようなため池が巡っていますが、埋蔵文化センターの方のお話によれば中世の開墾に伴うもので築造当時はなかったようです。
既にこれまでの調査の結果、後円部は三段、前方部は二段築成で前方部は細く長いバチ型であることが明らかになっており箸墓古墳との類似性が指摘されてきました。箸墓古墳(クリックすれば飛べます)は陵墓参考地のために本格的な調査は困難なことを考えれば、墳丘の遺存状況がよい五塚原古墳の調査が注目されるというわけです。

 丁度訪れた時は後円部を発掘調査中でした。動画1でぎっしりと葺かれた葺石の状況がわかります。なるほどと思いながらしばし見入ってしまいました。20151219日に開かれた現地説明会資料(向日市のHPにアップ)によれば葺石が立体構造物としての石の山として見栄えよく見えるように随所に技術的工夫がなされているそうです。現在あるため池側から石の山が見えたというわけです。

古墳に精通されている方のために資料の最後の一文を記しておきます。いやはやとんでもない貴重な古墳だということがわかります。「五塚原古墳の墳丘の特徴は「斜路状平坦面」に象徴される前方部と後円部が分離した段築構造に象徴されます。後円部の平坦面は水平にめぐりますが前方部にはつながっていません。このような墳丘の不整合は箸墓古墳の特徴的な構造とみられ全国5200の前方後円墳の中で2例しか確認されていません。」ということは五塚原古墳はあの箸墓古墳と技術者集団が同じだったということなのでしょうか。いささか残念なのは動画でご覧のように墳丘は築造当時のように復元はされておらず、その貴重さが素人目にはよくわからない点でしょうか。アクセスはJR向日町から徒歩で15分、あるいは阪急京都線東向日からはより近く徒歩で10分です。市役所を目指し裏手にある文化資料館で古墳マップを入手して歩かれるとよいと思います。(撮影20151126日)。


五塚原古墳基本データ

所在地 京都府向日市寺戸町

形状  前方後円墳

規模 墳長91.2m、後円部径 54m 高さ8.7m、前方部幅33m 高さ2.1m-4.0m

後円部 三段、前方部二段築成 葺石あり

築造時期 3C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 本文で触れたように箸墓古墳と本古墳にしかみられない墳丘構造をもつ



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   四国最大の前方後円墳はいったいどこにあるのか。ようやく辿りつくことができた富田茶臼山古墳は香川県さぬき市にありました。 墳長は139mですが周囲に遮るものが何もなく、実際よりも大きくみえることは動画からおわかりになると思います。高松から20㎞ほど東にあるさぬき市は小豆島を海に迎えます。高松駅から朝8時発の大川バスに乗り約1時間の旅で目の前に古墳がみえるみろく自然公園前に着きました。自然を利用したスポーツ施設ですが歴史民俗資料館もあります。HPの解説によれば一見平野に造られているかにみえる古墳ですが、南から下がる丘陵を利用して造られているそうです。地形図でみるとたしかにそのとおりでした。高松側からみると高松平野の東端、みろく側からみると高松平野の入口にあたり古来交通の要衝であったことがわかります。水上を含む流通を支配した豪族の墓であることは容易に想像できます。行きかう人々にその威容はどのように映ったでしょうか。いかに富田茶臼山古墳の被葬者が強大な権力をもっていたかは、それ以前にはこの地域(寒川という)では小規模な古墳(前方後円墳)しか造られてこなかったことからもわかります。消滅してしまっていますが陪塚が3基確認されている点もその解釈を支えます。

墳丘が前方部端にいくにしたがい狭くなる周濠が巡っていたことがわかっています。とすると現在よりもさらに大きく163mにも達します。以前から古墳の存在は目立ったようで後円部の埋葬施設から剣、玉、人骨などが出土したとも伝えられ、埴輪や葺石の存在も明らかになっています。

墳長でいえば三重県の馬塚古墳(クリックすれば飛べます)、埼玉県の二子山古墳(さきたま古墳群)(クリックすれば飛べます)、同規模です。比較してご覧ください。

富田茶臼山古墳。残念ながら後円部にあると考えられる埋葬施設については調査が行われていません。もっとも墳丘北側に比べ南側はかなり削平されでこぼこです。行政や地元の方々の努力でここまでで留まっているというのが実情だとは思いますが・・・(撮影2016325日)。
PNG tomitacyausuyama zu


富田茶臼山古墳基本データ

所在地 香川県さぬき市

形状 前方後円墳

規模 墳長139m、後円部径90m 高さ15m、前方部幅77m 高さ12.5m

三段築成、葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、朝顔等形象埴輪、土師器、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 四国最大規模の前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  山陰道をまたいで保存された塩津山墳丘墓から比較的近いところにあるはずの宮山墳丘墓、仲仙寺墳丘墓まで、なかなかたどりつけずに焦ってしまいました。松江まで戻る電車の本数が少ないのです。公園として保存されてはいるものの、地元の人々でも知る人は少ないようで、飛び込んだ美容室の店主も、客も知りませんでした。新たに開発された住宅地のために昔を知る住民が少ないからなのかもしれません。漸く見つけることができたのが動画1と動画2の墳丘墓です。これまで見てきた前方後円墳、前方後方墳、円墳、方墳とはかなり違います。四隅に舌状のものがついていてあたかもヒトデのような形です。
  山陰地方に多いことが確認されていますが、寺沢薫さん(桜井市纏向学研究センターセンター長)はこうした四隅突出墳丘墓の出現について「後期(弥生、筆者註)になるや、イズモ世界が四隅突出墳丘墓を共通の首長墓として定着させ、瀬戸内世界では円丘墓(いずれ紹介、筆者註)突出墓を設け、前方後円墳を志向し始めると書いた。墳丘はしだいに大きくなり、後期末(2C末頃)には、その地域の前期古墳とそん色ないほどの巨大墳丘墓が出現する」(王権誕生、小学館、2000)と述べています。既に紹介した西谷3号墳(クリックすれば飛べます)がまさにその一つでしょうし、今回の2基も規模はやや小ぶりながら古墳時代に移行する時期に造られたようです。そういえば既に紹介した塩津山1号墳も突出部分の名残りを残した方墳でした(クリックすれば飛べます)。是非、比較してご覧ください。

これら四隅の突出部にはどのような意味があるのでしょう。専門家は方形の墳丘墓に登るための四方の通路が特殊な形に発達したものとみており墳丘斜面には丁寧に石が貼られ、その裾部には一重ないし二重の石列をめぐらすものが多いと述べています(白石太一郎、倭国の形成と展開、敬文舎、2013)。その一端は動画2でご覧になれます。古墳時代の直前まで、山陰地方の有力な首長たちがその絆の示すために共通の様式の墳丘墓を築いていたということになります。それにしても、出雲地域は古墳時代に入っても個性的です。全国的には造られなくなった古墳後期にあっても前方後方墳がみられるのです(撮影2016年5月11日)。
kodaiizmooubonooka zu


荒島墳丘墓基本データ

所在地 島根県安来市

形状 四隅突出型弥生墳丘墓

規模 宮山4号 30m(含む突出部) 仲仙寺9号 27m(含む突出部) 

貼り石あり

築造時期 2C

出土品 太刀、玉類、赤色顔料

史跡指定 国指定

特記事項 出雲地方特有の四隅突出型墳丘墓が集中する様子をみられる


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の前期古墳は佐賀県佐賀市の金立銚子塚古墳です。98m100mにわずか欠けますが、動画からわかるように周濠に囲まれた前方後円墳は実に堂々としています。よくぞ1700年近くもの間、築造当時の墳丘が維持されてきたものです。佐賀平野では第二位の規模だそうで、第一位は以前紹介した墳長114m船塚古墳(クリックすれば飛べます)で背振山を背に西に30㎞ほどのところにあります。是非、比較してごらんください。

 後円部に登り前方部方向を眺めると典型的な前期古墳であることがわかります。後円部径58mに対して32mと幅が狭く細いのです。いわゆる柄鏡形といわれる前期に特有のものです。桜井茶臼山古墳がよく典型例として紹介されます(クリックすれば飛べます)。明瞭にみることができる段築は動画3で確認できます。

佐賀県の考古学者、蒲原宏行さんは、「これまで知られる範囲では、金立銚子塚古墳の98mという規模は同時期の筑紫平野の中で、第二位の小郡市三国の第1号墳の68mをはるかに凌駕しており」と述べ、その意義について強調し、船塚古墳とともにこの地の古墳について「従来北部九州へのヤマト政権の進出は朝鮮半島進出の軍事的拠点として、玄界灘沿岸地域を中心に進められた点が強調されているが、筑紫平野や宇土半島基部など有明海沿岸の貯地域との連携にも強い関心が払われていたことの証しといえよう」と述べています(風土記の考古学⑤ 同成社、1995)。なるほど被葬者をそうした役割を果たしたのではないかと考えると墳丘がまた違ってみえます。

佐賀駅前バスセンターから運転免許センター行きで佐賀整肢学園前で下車し、北に100mほど歩き自転車屋の角を左折し突き当りまで進むと右手に墳丘がみえます。バスは一時間に一本はあります(撮影20151225日)。
KinryuChoushizuka zu



金立銚子塚古墳基本データ

所在地 佐賀県佐賀市金立町

形状 前方後円墳

規模 墳長 98m、後円部径58m 高さ8m、前方部幅32m 高さ4.6m

後円部三段、前方部二段築成 葺石

築造時期 4C

出土品 壺形土器(土師器)

史跡指定 国指定

特記事項 本文にも書いたが佐賀県では船塚古墳に次ぐ二番目の規模の前方後円墳




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  非常に紹介するのが難しい古墳です。墳長が180m、周濠を含めると273mと大古墳ですが、動画でおわかりのように墳丘全体が竹やぶに覆われていてなかなか見通しがききません。とはいえ近鉄の久津川駅から商店街をとおり10分ほど歩いて着いた現地は、それまでの景色が一変し、古墳の大きさを実感することができます。一回目の訪問では雨のため、後述する造り出しの発掘調査は中止。ブルーシートが覆われた現場から全体を見たあと、墳丘に登りました。市民の皆さんの(車塚森づくり2011)の伐採作業も追いつかないのでしょう。如何に整備が難しいかを実感しました。そこで日を改めて、20161月末に再訪しましたが、状況はあまり変わりませんでした。何より度肝を抜かれたのは、下調べでわかっていたとはいえ明治27年(1894年)に、旧国鉄奈良線の工事の際に勾配修復のために後円部の三分の二ほどを土取りし、見るも無残な変わり果てた姿を見たことでした。動画2でご覧いただけます。ただ、その乱暴な掘削の結果、有力者しか使わない長持形石棺が未盗掘のまま発見され、三角縁神獣鏡を含む銅鏡7面などが出土しています。そのことは大阪羽曳野市の誉田御廟山古墳(応神天皇陵)と同じ設計(縮小)という指摘(城陽市教育委員会)からもわかります。

 前回の中期古墳、太田天神山古墳(クリックすれば飛べます)もそうでしたが、このぐらいの規模になると前方部まで見通すことはなかなか難しく、それがまた巨大さを実感する証のようなものにも感じられます。中期の古墳は前方部の発達がみられ前方部幅が後円部径よりも広いのでなおさらです。丁度、前方部から後円部に歩く途中にJR奈良線の電車が通過。動画4では敢えてその音を残しています。また、墳丘の二段目の西側段築に沿って遊歩道が造られており、見上げると墳丘の陵線がよくわかりました。
 車塚古墳の東側、JR奈良線の踏切をわたったすぐのところにほぼ同じ時期に造られた

前方部が短い墳長104mの前方後円墳(帆立貝型)丸塚古墳があります。残念ながら訪れた時は全体が雑木林と雑草に覆われていました。また、車塚古墳の北側すぐのところ、スーパーいずみやの駐車場横には墳長110mの前方後円墳、芭蕉塚古墳がありますが、ここは民有地のため竹やぶの生い茂った墳丘を眺めるだけです。それだけに車塚古墳の整備が待たれます。

聞けばここを史跡公園にするとのこと。出現期の芝ケ原古墳(クリックすれば飛べます)はじめ城陽市教育委員会は、史跡の保存整備に熱心です。是非、期待したいものです。最新の発掘調査では東西約10m南北約20mの西側の造り出しから残存する葺石、円筒埴輪、家型など形象埴輪が出土したとのことです。詳しくは久津川車塚古墳現地説明会(2015919日)をご覧ください(アップされています)。アクセスは近鉄京都線久津川駅から東に歩き二つ目の信号を左折した右手。10分ほどです。また城陽市歴史民俗資料館には車塚古墳出土の長持型石棺のレプリカ等が展示されています(撮影2015年9月8日、2016年1月26日)。

 
PNG kutsugawakurumazuka zu


↑このページのトップヘ