古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:history

宮内庁は継体天皇陵としていますが・・・?

 今回紹介する中期古墳は大阪府茨木市の太田茶臼山古墳。墳長は226m。周濠に囲まれた堂々たる前方後円墳です。全国で21番目の大きさと言いますから被葬者は大王クラスの人物であったことは間違いがなさそうです。ただ宮内庁が治定している継体天皇陵と考えるわけにはいかないようです。その点はあとに譲ることにして、墳丘は前方部から後円部まで東側の様子は一望できてなかなか魅力的です。特にくびれ部分にある造出しは東側に限っていえばよくわかります。残念なのは高い金網のフェンスを避けようと背伸びをしたためにファインダーを覗けず動画が捉えた墳丘はやや斜めになってしまいました。ご愛敬です。しかも西側の様子は一周できないためによくわかりませんでした。

 ところで古墳の被葬者が誰かということは論者によって異なることが珍しくないようなのですが、太田茶臼山古墳については継体天皇陵ではないという点で専門家の意見は一致しています。理由は簡単です。宮内庁が治定する継体天皇は6C前半、つまり古墳時代後期に活躍しており、他方墳長226mの墳丘の形態や出土した土器などから太田茶臼山古墳は5C後半、古墳時代中期に造られたと考えられています。真の継体陵はどの古墳なのかという疑問についても専門家の見解はほぼ一致しています。茶臼山古墳の北より東側1㎞のところにある今城塚古墳です。墳長は190mもあり後期に造られた畿内の古墳では極めて大型で二重の周濠に囲まれています(未アップ)。こちらは宮内庁の管理下にはなく高槻市が史跡公園として整備し自由に立ち入ることが可能です。周堤にある埴輪群については既に一部紹介しています。埴輪の色々第二回(クリックすれば飛べます)。では、太田茶臼山古墳の被葬者は誰なのかについては継体天皇の曽祖父の意富富杼王ではないかなどの説があるようです。

 継体天皇といえばそれまでの天皇とは異なり伝承では越後から迎えられたといわれ、他方、その在位期間には朝鮮半島での百済・新羅の戦いに百済支援のために派兵する一方、国内ではヤマト王権とは異なる方針をとった北九州の磐井勢力と内戦になるなど話題には事欠かない天皇です。その人物が眠る墳墓はいったいどこにあるのか確かに興味深いですね。

アクセスはJR京都線摂津富田駅から高槻市営バスで阿武山団地方面(複数の行き先がある)に乘り土室南(はむろみなみ)で下車、西に200mほどのところにあります。藍野病院を目指すとわかりやすいと思います。古墳は茨木市にありますがバスは隣接する高槻市営バスなどややこしいです。(撮影2017510日)。


PNG ootachausuyama kofun zu 修正版

太田茶臼山古墳基本データ

所在地 大阪府茨木市太田

形状 前方後円墳

規模 墳長226m、後円部径138m 高さ19.2m、前方部幅147m 高さ19.8m

築造時期 5C

出土品 家形、人物、甲冑等の形象埴輪

史跡指定 なし 宮内庁が継体天皇陵として管理

特記事項 本文で触れているように継体天皇陵ではないことは専門家の一致した見解


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

額縁の先に一枚板石の奥壁が見える見事さ!

 今回とりあげた埼玉県嵐山(らんざん)町の稲荷塚古墳石室はなかなかに精美な造りで驚かされました。格子越しという点が何とももどかしかったのですが、どうやら石室側壁がやや左右に膨らむ胴張り形ということがわかる程度には撮影できたようです。羨道はなくなっているものの前室、後室が残されています(前室は相当崩れており元の石材を中心に復元)。前室と後室の境に立つ仕切り石の先に、後室の奥壁がすっぽり収まるように設計されているのが何とも見事です。類似の仕切り石、胴張り形の設計、二室という点で、同じ終末期古墳の川崎市の加瀬台3号墳とよく似ています(側壁の造りはこちらは割石の小口積、加瀬台は切石積みと違います)。しかし素人目にはこちらのほうが完成度が高いように思われるのですが、皆さんどうお考えでしょう。加瀬台3号墳と比べてみてください(古墳名をクリックすれば飛べます)。墳丘についても触れておきましょう。残りのよくない墳丘ですが現地説明版によれば葺石もあったようで、その姿は円墳、規模から考えると愛知県春日井市の大留荒子古墳(クリックすれば飛べます)に似ていたかもしれません。

ところで前回紹介した大阪府八尾市の二室塚古墳の記述のなかで複室構造の石室は九州に多く畿内では珍しいと書き、他方、東国の代表例として埼玉県行田市の八幡山古墳石室について触れましたが、関東にはそれなりにありそうですね。加瀬台3号も今回も二室です。

  稲荷塚古墳が造られた7C後半には切石加工の技術が向上したことを示す古墳石室が群馬県総社町に残されています。総社古墳群の宝塔山古墳蛇穴山古墳です(クリックすれば飛べます)。一辺50mの方墳、宝塔山古墳のほうはこれも複室構造で石室長は12mもある巨大なものです。稲荷塚古墳とは墳丘の規模、石室長で大きく差がつきます。宝塔山古墳が地域全体のリーダーだったとすれば、稲荷塚古墳の方はリーダー支える小地域の首長といったところでしょうか。アクセスは東武東上線武蔵嵐山駅から徒歩で南に10分。菅谷中学校グラウンドの真裏です(撮影2018年1月11日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

逗葉の山頂にねむる大型前方後円墳

 既に紹介した長柄桜山2号墳(クリックすれば飛べます)とは違い墳丘からは相模湾を望むことはできませんが、前期古墳によくみられる地山を削り出して成形した1号墳からの眺めも実に雄大です。標高は127m。今でこそ木々に覆われていますが築造当時は山裾からも墳丘を仰ぎ見ることができたはずです。ただし墳長90m1号墳は2号墳とは違い葺石はありませんでしたから太陽に映えてキラキラ光り輝くという感じではなかったのでしょう。

 現在動画からもおわかりのように復元工事中です。当初、完成を待ってアップするつもりだったのですが完成は平成33年度(2号墳は31年度に開始し47年度)と知り(長柄桜山古墳群整備基本計画、平成233月、逗子市HP)見切り発車することにしました。といっても撮影したのは20153月と20161月ですから、その後だいぶ工事は進んだのではないでしょうか。興味深かったのは二度目に訪ねた時、葉桜住宅団地の西端にある古墳群登山道に沿って工事用のトロッコが敷設されていたことでした。古墳が築造されたとされる4C後半にはこのような設備はあろうはずもなく墳丘造成のための土砂はどのように運んだのか考えてしまいました。

典型的な前期の前方後円墳は後円部は高く前方部は見下ろすように低いという印象がありますが(たとえば名古屋市の白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)、長柄桜山1号墳の場合後円部から前方部にかけてなだらかに下っていて比高差は2.8mしかありません。工事中のため後円部から前方部に歩くことはできませんでしたが、遠目に見てもその点は確認することができました。もっとも1号墳と同様に後円部と前方部の比高差がない前期古墳も紹介しています。墳長が89mとほぼ同じの千葉県君津市の白山神社古墳は後円部高さは10m、前方部は7mでした。その差は長柄桜山1号墳と同じ程度です。1号墳の前方部幅は後円部径よりも19m短い33mに留まっておりその点からも前期古墳ということがわかります。不思議なのは2号墳にあった葺石が1号墳にはないことです(円筒埴輪はともに設置されていました)。人々に見せる側や片面にしか葺石がない古墳も紹介してきましたが同じ頃に同じ場所で同じ規模で造られた二基の古墳で片方だけにしか葺石が見られないというのはなぜなのでしょうか。興味は尽きません。なお埋葬施設は後円部にあることが確認されており未盗掘だそうです。被葬者は水運に関連する人物であったことは容易に想像できますが古墳時代には相模湾から逗子、横須賀市の走水、東京湾を
越え房総半島に至る交通路があったようです(逗子市HP)。
  アクセスは逗子駅バス4番乗り場から葉桜行で終点下車。1号墳墳丘までは徒歩で20分ほどです。2号墳へはそこから10分。葉桜のバス停に長柄桜山古墳方面と標識が立っています。迷ったら住宅地先の西方向にある森を目指してください。登り口に説明板があります。(撮影2015312日及び2016120日)。



PNG nagaesakurayama 1gou zu

柄桜山1号墳基本データ

所在地 神奈川県逗子市、葉山町

形状 前方後円墳

規模 墳長91m、後円部径52m 高さ7.7m、前方部幅33m 高さ4.9m

後円部 三段築成、前方部二段築成

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、壺形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 1999年に携帯電話の中継基地建設工事に伴う小規模な伐採及び整地が行われた際、葉山町の歴史愛好家が埴輪片を発見したことをきっかけにその存在が知られるようになったという(逗子市HP)。
PNG 長柄桜山古墳群と房総半島前期古墳




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

抜塚から石室全体を想像
 畿内の古墳に詳しい方には笑われてしまいそうですが大阪府と奈良県の境に聳える生駒山系西側に残された群集墳の数々には驚かされるばかりです。今回の高安古墳群はじめ八尾市から東大阪市にかけて少なく見積もっても300基の横穴石室のある小型の円墳が造られているそうです。それもそのはず既に紹介した山畑古墳群(山畑22号と21号墳山畑2号墳)(クリックすれば飛べます)の動画にもあるように生駒山麓西側からは大阪平野を一望のもとに見渡すことができる古墳の立地としては申し分のない高台なのです。
 さて今回の俊徳丸鏡塚は歌舞伎の世界に詳しい方には馴染のある演目俊徳丸(説明板によれば当地が謡曲弱法師の故地とされた)の墓と伝えられたために今でも歌舞伎役者の訪問も多いそうです。どう考えても古墳時代とは無関係のような気がするのですが・・・。石室自体は動画1にあるように小ぶりでしかも造りも粗雑な印象です。いずれ紹介する高安古墳群の他の古墳と比べるとよくおわかりいただけると思います。もう一基は抜塚です。こちらは来迎寺境内の墓地でひときわ目立つ小山がありすぐにわかりますが、なんと羨道だけしか残されていません。長さは6.6m幅は2.2mとかなりなスケールです。それにしても使われている石の巨大には皆さんも驚かれるのではないでしょうか。墓地側に玄室があったとされ八尾市観光協会のパンフレットによれば長さ5-6m、幅3mほどではとみられています。全長では13-14mにもなると想像されます。アクセスは近鉄信貴線服部川駅から高安古墳群周回のモデルコースで最初に訪れる二基です。八尾市観光協会のHPに入り高安古墳群コースを参照してください(撮影2017222日と1113日)。


俊徳丸鏡塚と抜塚基本データ

所在地 愛知県豊田市

形状 円墳

規模 俊徳丸鏡塚 径16m 高さ3.8m

横穴石室 羨道2.9m 幅1.15m、玄室 長さ4.m 幅2.1m 高さ2.6m

抜塚 羨道のみ 長さ6.6m 幅2.2m

築造時期 6C

出土品 不明

史蹟指定 高安古墳群全体として国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

迫力ある家形石棺が残る石室
 阪急宝塚線の中山観音駅から徒歩5分、安産祈願で知られた中山寺境内に今回の後期古墳、中山寺白鳥塚古墳はあります。これほどアクセスのよいところに、見応えのある石室があるとはちょっとびっくりです。もっとも、本殿脇の古墳の墳丘は改変が著しく、円墳(一応円墳としましたが)か方墳かもわかっていません。それでも、背の高い玄室とそこに眠る竜山石製の家形石棺の迫力はなかなかのものです。最近の研究調査では、ほぼ南東方向に開口する約16mの石室は、玄室、羨道ともに天井部まで良好に残存しているとしています(開口部、羨道の石積みの一部や、敷石の一部は後世ではないかとの記述あり)(白鳥塚古墳・山本古墳群、ゴーランド・コレクション調査プロジェクト、兵庫県宝塚市、20173月)。

これまでかなり多くの石室を紹介してきましたが、石棺が残されていると印象がよくなります。

話は脱線しますが、盗掘にあって失われた石棺はいったいどこにいったのか、誰しもが考えることではないでしょうか。既に紹介した馬見古墳群の広陵町牧野古墳の公園には近くの下池吐水口の橋の一部に使われていた文代山(ふみしろやま)古墳の石棺の底石が展示されていますし、日本最古のダム式溜池である狭山池を記念した大阪府立狭山池博物館では古墳時代の石棺製の石樋(とい)(鎌倉時代に用いられた)が展示されていて驚かされます。リサイクルという観点から考えればなるほどと思いますが、どうやら当時の人々の死生観はだいぶ現在とは違ったようです。平城宮建設のためにさっさと市庭古墳の前方部を削平している(ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳、動画3の最後)ことなどもそう考えると理解できます。

 肝心の白鳥塚古墳ですが長さ6m、幅2.5m、高さ3mの玄室(前出報告書では長さ5.5m、幅は2.3m2.5m、高さは奥壁付近で2.9m)は、実際よりも高く見えます。6個の縄掛け突起のある大きな竜山石製の石棺が入ってもバランスのとれた空間が広がります。奥壁は大型の花崗岩二段の上に小型の石材一段の三段積みで、終末期のような切石ではありませんが粗削りという印象は受けません。中山寺社伝で、仲哀天皇の先后である大中姫の墓と伝えられているようですが、古くから開口していたこともあって出土品は不明です。石のカラト(唐櫃)とも呼ばれることがあるようです。

 玄室には入れませんが、開口部脇のツツジの植込み、鉄柵のデザインといいあか抜けていてホッとさせられました。好印象の古墳石室です(撮影2017613日)(記述に一部誤りがあったので再掲載しています)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は双方中円墳という形状の前期古墳、しかもオオヤマト古墳群の主要墓である崇神天皇陵(行燈山古墳)(クリックすれば飛べます)の隣という立地にある櫛山古墳です。墳長は152m155m表記のものもあります)もあります。オオヤマト古墳群の大型墓の大半が宮内庁管理にあって墳丘に近づくことができないなか、櫛山古墳は登ることができる数少ない古墳です。しかも整備が行き届いていて素人目にも円墳の前後にそれぞれ方形部分がつくという変わった形状がはっきりと確認できます。動画2以下でご覧になれます。
 双方中円墳といえば既に香川県高松市の岩清尾山古墳群の猫塚古墳鏡塚古墳(それぞれクリックすれば飛べます)を紹介しています。積石で覆われた不思議な墳丘ですが櫛山古墳との対比は面白いと思います。ただし岩清尾山古墳群とは違い、方形状の前方部と後方部は同じ長さではなく「動画撮影位置」にあるように後方部の長さは前方部の半分もありません。どうしてこのような珍しい形状の墳墓を造ったのか、立地面の制約なのでしょうか。

 櫛山古墳が墳長260mもある崇神天皇陵(行燈山古墳)の造られた数十年後東側に隣接して造られたことに特別の意味があるのでしょうか。これも興味深い点です。現地説明版によれば埋葬施設の石室及び長持型石棺や白礫を敷き詰めた墓前祭祀跡などから両者が密接な関係にあったことがうかがわれるようです。天理から桜井に至る山の辺の道では、JR桜井線柳本駅近くで左に崇神天皇陵、右に櫛山古墳を見ることになりますが、どういうわけか多くの方は櫛山古墳の存在を忘れてしまっているようです。是非、現地に赴かれる方は崇神天皇陵とセット珍しい双方中円墳の墳丘をご覧ください。櫛山古墳に直行する場合は柳本駅から東に徒歩で10分ほど。国道19号線を渡ると崇神天皇陵がありその奥です。非常にわかりやすいです(撮影日20151014日、1028日)。
PNG kushiyama kofun zuPNG kushiyamakofun to ooyamato kofunnbunn nooogatabo





櫛山古墳基本データ

所在地 奈良県天理市柳本町

形状 双方中円墳 段築 中円部 後方部三段、前方部二段、葺石あり

規模 墳長155m、中円部径約90m 高さ17.5m、前方部幅60m 長さ60m 高さ10m、後方部長さ25m 高さ10m

築造時期 4C

出土品 石製腕飾類や鉄製品

特記事項 双方中円墳という珍しい墳丘をもつが前方部と後方部の長さは均等ではない

埋葬施設は竪穴石室  長さ7.1m、幅1.4m


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ