古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方のブログやHPがあります。ただなぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報とともに一古墳に3-5本の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名隣に■があれば石室動画がご覧になれます。特定古墳も頁右上から検索できます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:history

線刻模様と石棚が個性的な千代丸古墳
 石室は訪れるたびにそれぞれ個性的なことに驚かされます。今回の千代丸古墳、屍床があるのは九州を感じさせますが石棚は和歌山の石室(岩橋千塚古墳群の石室の数々、一例は大谷山22号墳(クリックすれば飛べます))と同じではないかなどと考えてしまいました。いずれ紹介してきた石室を時代や地域で整理してみるのも面白いかもしれません。 
 今回の古墳は久留米と大分を結ぶJR久大線の賀来駅の西2㎞ほどのところにあり、南には大分川が流れ北には動画1で触れているように猿で有名な高崎山が見えます。そして既に紹介した墳丘が非常に美しい前期の前方後円墳蓬莱山古墳が東方向3㎞ほどの同じ丘陵上にあります。
 千代丸古墳の墳丘はほとんど残っていないものの径15m高さ4mほどの円墳ではないかといわれています。 石室はご覧のように天井石が欠落した羨道を進むと大きな袖石を経て玄室に至ります。玄室は朱(ベンガラ)がよく残っていますし、何より厚さ46㎝の石棚が存在感を示しています。羨道もそうですが玄室の側壁下部には巨石が用いられています。そして千代丸古墳がよく知られている最大の理由でもある線刻模様が石棚前面に描かれています。といっても写実的ではないですし、ひっかき傷と間違えそうな模様にも思えます。鍵を開けて頂いた教育委員会の方によれば最近まで施錠はしていなかったこともあり落書きも増えてきたので内部の見学は許可が必要になったとのことでした。私の場合も教育委員会に申し込み対応をお願いしました(撮影2017年10月30日)。
PNG chiyomarukofun basho zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

西側からの墳丘が美しい200m級の巨大古墳

 近鉄田原本線の池部駅から北方向に県道5号線を歩いて10分ほどでこの200mクラスの巨大前方後円墳に到着します。県道上の歩道橋にあがると全体をとらえることができます。ただし駅の南側に広がるナガレ山古墳(クリックすれば飛べます)など馬見古墳群(基本データの項を参照)とは違って公園化されていないためでしょうか。トラックなどがひっきりなしに行きかう道路沿いの墳丘から受ける印象はどこか寂し気な印象です。とはいえ墳長でいえば197mと上から数えて全国で39番目と大変な巨大さです。しかも200mクラスで墳丘に登れる古墳はあまりないので貴重な存在であることは間違いありません。動画1では季節を変えた西側から見た墳丘を映していますが、今では水田化されている盾形の周濠の幅はくびれ部分では45mもあります。その周濠をぐるりと東側にまわると墳丘への登り口があります。

墳丘全体はご覧のように今では竹藪が生い茂り見通しがよく効かないのは残念としか言いようがありません。しかし200m級の前方後円墳が如何に大きいかは、竹やぶの間からのぞく後円部から前方部の稜線からよくわかります。また前方部頂に立ち後円部方向に歩を進めると中期古墳特有の前方部が発達した状況が観察できます。前方部の高さが16.9mもあり(後円部より1mほど高い)、前方部からくびれにかけて歩くと「下り」を実感できます。前期古墳の前方部を歩いていても受けることのない不思議な感覚です。

ところで川合大塚山古墳を主墳とし前方後円墳の城山古墳、中良塚古墳を含む8基が大塚山古墳群として国の指定史跡になっていますが、地図を見ると古墳群の北側5-600mのところには大和川はじめ複数の河川があり、被葬者達は水運はじめその管理を担っていた豪族と想像されます(撮影2016年5月24日と2018年4月3日)。


PNG kawaiootsukayamakofun kawaimachi zu

川合大塚山古墳基本データ

所在地 奈良県北葛城郡河合町川合

形状 前方後円墳 周濠あり

規模 墳長197m、後円部径108m 高さ15.8m、前方部幅123m 高さ16.9m

後円部、前方部 三段築成

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、家形、盾形、朝顔形埴輪、須恵器、土師器

史跡指定 大塚山古墳群として国指定

特記事項 大塚山古墳群を馬見古墳群の北群とし、公園化されているナガレ山古墳などを中央群、新山古墳等を南群とみる研究者もいる


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 山腹に石舞台状に残された石室

 今回の打上古墳石室。かなりの急坂を上り詰めた細川村の山腹にあります。後ろを振り向くと雄大な景色が広がりますが、行きにはそのようなゆとりはありませんでした。動画1でその様子がご覧になれますが、どうやって古墳時代の人々はあの巨石を運んだのか帰り道、繰り返し考えてしまいました。現地には意外に迷わず到着できました。道なりにフェンスのあるところまで登れば道端に立派な標識が建っていて、そこを山の方に上がればすぐに古墳のスケルトン化した石室がみえます。現在の姿は墳丘(円墳)の封土の大半は失われ羨道もかなり崩壊し現在の開口部には、たぶん天井石だと思われる巨石が倒れています。その隙間から入ることができます。やや意外だったのは玄室の高さが低く、横に広がった印象です。これは数字からも明らかで横幅が2.6mに対して高さが2.3mしかありません。持ち送り(天井に近づくにつれて横壁が内傾)がほとんどみられないために一層、箱のような印象を受けるのかもしれません。しかし一枚板を使った二段積みの奥壁と側壁(横壁)は見事です。完成度という点ではずっと劣りますが(素人目にもわかる)飛鳥駅の裏にある岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)の玄室と同じ様式です。心配なのは動画でお分かりのように積まれた石の間から木の根がぶら下がり羨道の右側壁(奥からみて)にも大きな隙間があることです。大きな地震でもくれば崩れてしまうのではないでしょうか。アクセスは石舞台古墳の前を通る県道155号線を700mほど北上して左折すると動画1の坂道です(撮影2018129日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

天井石の隙間から覗いた石室は立派

 石室を含め古墳の残存状況は実にバラエティーに富んでいます。「エー」これが古墳?今回のような盛り土(封土)の部分がすっぽり失われた石室をはじめてみた人は驚き「なーんだ。この程度か」とガッカリするに違いありません。おそらく私も数年前であればそう思ったと思います。しかし開発の犠牲になって亡骸が葬られた石室を含め全て破壊された古墳からすればよほどましです。今回の御旅所(おたびしょ)古墳、残念ながら盛り土の部分は想像力を巡らすほかはありません。円墳か方墳かもよくわかっていません。ただ、動画からもおわかりのように大きな天井の板石の隙間から覗いた玄室は長さ5m。広くかなり立派なものだということがわかります。両袖式のようでその先には土砂で埋もれた羨道がみえます。残存長は4.8mあるそうですから石室全体の長さは10mもあります。

 こうした封土が流され石室が露出したままの姿の古墳は、これまで奈良県明日香村の石舞台古墳(石室長19m)、埼玉県行田市の八幡山古墳16.7m)、京都市の蛇塚古墳17.8m)鹿児島県長島町の鬼塚16.2m)などを紹介しています。いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます。

 古墳名の御旅所ですが神社の祭礼の際に神(を載せた神輿)が巡行する途中で休まれた場所だそうです。この古墳が陽夫多(やぶた)神社敷地内にあるというのが由来です。なお、神社の裏山は横穴石室が開口するいくつかの円墳からなる宮山古墳群があり中世には城も築かれている要衝の地です。アクセスですがJR関西本線佐那具(さなぐ)駅の北4㎞ほどのところにあります。歩けない距離ではありませんがJRの本数が少なくやむなくタクシーを利用しました(撮影201827日)。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

切石技術の高さが印象的な終末期の横口式石槨

 鬱蒼とした標高100mにある打上神社の裏山にある今回の石宝殿(いしのほうでん)古墳。小雨交じりの生憎の天気ということもあってあまり見通しがききません。そこにポッと現れた巨大な灰褐色の石の塊。びっくりしました。封土があったのかなかったのか。見方もわかれるようですがなかったとすればきれいさっぱり、こんなにも石像然という姿になるものでしょうか。それはともかく横口式の石槨といえば奈良県高取町の寺崎白壁塚古墳、大阪府南部の羽曳野市の観音塚古墳が思い出されます。ただ石宝殿は底石の上に一つの巨石を加工した上石(石槨)を載せている点で異なります。花崗岩の巨石をくり抜いているわけです。いずれの古墳も切石加工の美しさが印象的でしたが、時代が下るということもあり技術レベルの高さでは石宝殿が図抜けているような気がします。

 動画からもその巨大さは伝わっていると思われますが、底石は約3m厚さ10㎝、蓋石は直径約3.2m高さ約1.7mもあります。羨道部分から石槨に歩を進めて驚されたのは、はめ込み式の扉があったと思わせる切込みです。そして中を覗くとその美しさにまた驚かされました。時代的には推古朝が終わり、権力を振るっていた蘇我蝦夷をバックに誕生した欽明朝の頃になります。寺院建築の技術など大陸から続々伝わっていた成果がこの横口石槨にも表れているのではないでしょうか。

 動画3では折角の下部に四つ並ぶ列石を紹介しています。これが何を意味するものか墓域の区画を示すものなど諸説あるようです。墳丘にあった封土の土留め石とすれば墳丘が八角形ではなかったかとの見方もあります。単なる印象ですが、冒頭に書いたように、あまりに石槨が独立した形で据え置かれているので墳丘そのものがなかったのではないかと思われて仕方がありません。アクセスはJR学研都市線東寝屋川駅下車徒歩15分。駅の東口に出てすぐの打上団地前の信号を左折しスーパーいずみやの敷地端まで歩き、反対側にわたり南東方向にある打上神社を目指します。緩やかな坂が続きます。神社を過ぎて暫くいくと動画1の石柱が見えます(撮影20171129日)。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ