古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:Tumulus

  丸隈山古墳には古墳踏査をはじめて間もない2014年の春に訪れています。石室とはこのようなものかという程度の感想しか持たなかったのですが、数多くの石室のある古墳を訪ねた今、いくつかの理由で丸隈山が大変貴重な古墳であることに気づかされました。一つは羨道は破壊され玄室しか残されていないものの平らな石を何枚も重ねた小口積みの石室が塗られた赤色顔料(うっすらではあるが)とともに残っていること。二つは箱式石棺が残され、それは仕切りの石板をおいて二人分埋葬できる珍しいものであること。追葬用でしょうか。それとも同時に二人が亡くなったのでしょうか。三つは丸隈山に先立ち築かれた同種の石室をもつ鋤崎古墳(福岡市)が埋め戻されて見学ができないのに対して鉄の格子越しですが間近に見学できることです。市のHPなどで石室内部の画像を公開している例は多数あります。ところが実際に訪ねようと思い事前調査をすると埋め戻されていたり、危険なので現在は非公開ですなどといわれがっかりすることは一度や二度ではありませんでした。その意味でも本当に貴重です。

 もっとも動画1でおわかりのように階段を登った先が墳長85mの前方後円墳の前方部というのは周囲の木立とも相まって古墳に興味がなければ気がつかないのではないでしょうか。後円部の墳丘の北側三分の一ほども消滅し、石室の羨道部分もまったくありません。いきなり埋葬施設の心臓部、玄室です。これではあたかも丘陵の先端に円墳の一部が残されているようにしか見えないのです。ただ残された石室は既に書きましたように素晴らしいです。墳丘についても二度目の訪問で隣接する竜松寺側、つまり西側を歩いたところくびれも含め前方後円墳ということが実感できることがわかりました。動画1の後半でご覧になれます。現地を訪れる機会がある方、是非とも竜松寺側にまわってください。ただし、くれぐれも足を踏み外して寺の敷地に転落しないようご注意ください。

 ところで今回の古墳のある福岡市西部の今宿平野には、前述の鋤崎古墳、山ノ鼻1号墳、若八幡宮古墳、丸隈山古墳、兜塚古墳、今宿大塚古墳まで4C央から6C前まで次々と中型の前方後円墳が築かれています。山ノ鼻1号墳、若八幡宮、今宿大塚古墳についてはいずれ紹介する予定です。

福岡市のHPによれば丸隈山古墳は古くから開口していたようで江戸時代の福岡出身の儒学者貝原益軒が著わした『筑前国統風土記』には、寛永6年(1629)に村民の発掘で、銅鏡二面、巴形銅器、直刀、鉄鏃や、玉類が出土したと伝えられているそうです。アクセスはJR筑肥線周船寺駅から561号線に出て東に徒歩10分ほどです。竜松寺を目指します

(撮影20161227日)
PNG marukumayama zu


丸隈山古墳基本データ

所在地 福岡県福岡市

形状 前方後円墳

規模 墳長85m、後円部径60m 高さ8m、前方部幅45m 高さ不明

三段築成、葺石、埴輪あり

築造時期 5C

出土品 銅鏡二面、巴形銅器、直刀、鉄鏃や、玉類等(伝)、埴輪片

史跡指定 今宿古墳群として国指定

特記事項  残存する石室は横穴石室としては初期のもののようだ。石室規模は

2.4m、長さ4m、高さ2m。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   今回紹介する香川県高松市にある前期古墳、高松茶臼山古墳は是非ともご覧頂きたい一推しの古墳です。できることなら是非、足を運んで頂きたいと思います。発掘調査に日ごろ携わっている研究者は別にして一般人が竪穴石室に入ることができる機会は滅多にありません。このブログで紹介している入室可能な石室は大半は横穴石室です。できるならば竪穴石室もと思っていたところ高松市にそれはありました。厳重な管理がなされているわけでもなく、調査のあと埋め戻しせずに見学者が出入りできるようになっています。しかも前方後円墳の後円部に第一、第二の二基も埋葬施設があり、ともによく観察できます。いやー感激です。

興味深いことに4C前半の築造と考えられるこの古墳の北北西5㎞のところに既に紹介した岩清尾山古墳群の猫塚古墳(クリックすれば飛べます)があります。荒々しい様相の積石塚古墳を皆さんは覚えておられるでしょうか。ほぼ同じ時期に造られたといわれていますが、高松茶臼山古墳はオーソドックスな前方後円墳で、前期のそれらしく前方部の幅も狭くなっています。この古墳の形状の違いは素人目からみても被葬者が異なる豪族集団に属していたことがわかります。出土した銅鏡(平縁神獣鏡)や珍しい鍬形石(腕輪の一種)からヤマト王権との関係の濃さも想像できます。

 もとに戻りますが南側の第一石室は横穴石室の羨道と錯覚しそうになるほど手前部分が掘りこまれていますが(その天井石は後円部周囲に置かれている)、北側の第二石室のほうは竪穴石室がそのまま残されており、築造時を想像することが十分に可能です。しかも端の開口部から縦に潜り込めば内部を観察することもできます。さすが高さが0.60.8mと低くカメラをもって前進することは叶いませんでした。5.9m先の奥壁はズームで撮ったものです。なお参考のためにガラス越しに見学できる竪穴石室を紹介しておきます。広島県東広島市の三ツ城古墳、愛媛県今治市の妙見山古墳、滋賀県東近江市の天乞山古墳(復元)、などが思い浮かびます(クリックすれば飛べます)。比較してご覧ください。なお高松茶臼山古墳は見つけるのに苦労しました。高松駅から琴電水田駅まで行き川添浄水場の前をとおり三叉路を右折すると左側にみえるお寺、一心院を目指してください。徒歩で30分ほどです。ここまでは楽ですが、一心亭の裏山にある古墳は標識もなく手探りでした。頂上まで登り右手に進むと古墳らしき後円部の高まりが見えてきます(撮影2016325日)。

 PNG Takamatucyausuyama zu



高松茶臼山古墳基本データ

所在地 高松市前田西町、新田町、東山崎町

形状 前方後円墳

規模 墳長75m、後円部径35m 高さ2.4m、前方部幅17m 高さ1.8m

築造時期 4C

出土品 銅鏡(平縁神獣鏡)や珍しい鍬形石(腕輪の一種、鉄鏃鉄剣等鉄製品、玉類、

埴輪、土師器等

史跡指定 県指定

特記事項 第一石室(南) 長さ5.45m 幅1m 高さ1.35m、第二石室(北)長さ5.9m 幅0.8m 
高さ0.6m-0.8m



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する古墳は終末期に築造されたと考えられる神奈川県相模原市にある当麻谷原古(たいまたにはら)古墳群の12号墳です。谷原古墳群以前、この地には旧石器時代、縄文時代の村落遺跡があり住居跡や石器製作跡が発見され田名向原遺跡として公園化されています。弥生時代を飛び越し古墳時代の終わりになるとまた村が築かれたようです。そして径20m程度の小型の円墳が14基築かれ、今回紹介する12号墳からは刀剣類、鉄鏃、玉類、土師器が出土しています。大半が消滅し1号墳が相模原市ポンプ場残され(フェンス越しに見学)、それとは別に田名向原遺跡公園内に12号墳が60m北の地から移築復元されています(その他二基が公園内に残る)。相模川の河原石を使って造られたのでしょうか素朴な味わいのある石室です。かなり長い羨道と玄室も直につながった無袖式です。おそらく築造当時はこのような出来具合ではなかったかと思わせる復元ぶりです。アクセスはJR原当麻駅から西に徒歩30分です。まず52号線に出て相模原ポンプ場を目指し1号墳を見たあと、至近の距離の田名向原遺跡公園を目指します(コンビニの前です)(撮影日2016102日)。
  歩いてみて神奈川県にもかなり多くの古墳があることに驚かされます。簡単なイメージ図を作成しましたがやはり河川沿いに古墳が多いような気がします。これまで紹介したのは稲荷前16号墳秋葉山2号秋葉山1号長柄桜山2号墳(いずれもクリックすれば飛べます)のような前期及び今回の当麻谷原、加瀬台3のように終末期のものが多く、中期は秋葉山古墳群中の1号墳に留まります。中期は墳長7-80m程度の愛甲大塚、地頭山など複数ありますが残念ながら開発のため大きく破壊されこのブログではとりあげることはしません。
 神奈川の古墳位置関係17年2月アップ済み


 今回の中期古墳は墳丘96mの前方後円墳、佐紀瓢箪山古墳です。佐紀盾列(さきたてなみ)古墳群中の一基です。佐紀盾列古墳群にはまだ紹介していない陵墓や陵墓参考地に治定

されている200m超の大型古墳、神功皇后陵(五社神古墳)、政務天皇陵(佐紀石塚古墳)、垂仁天皇妃の日葉酢媛(ひばすひめ)陵(佐紀陵山古墳)が築かれています。墳丘内に立ち入ることはできないという点で、百舌鳥・古市古墳群の大型古墳同様です。そうしたなかで佐紀瓢箪山古墳は中規模とはいえ墳丘に登れる貴重な古墳です。動画でご覧のように墳丘東側は雑木で視界が遮られていますが前方後円墳ということはよくわかります。興味深いのは周濠です。瓢箪山が築かれる前に存在した径50mの円墳、丸塚古墳を避けるために前方部中央から西側の部分には周濠が設けられていません(現在は鉄道建設のための土取りで破壊、雑木林)。動画3では前方部に沿って幅10mほどの周濠を歩いてみました。北側に墳丘をずらせばこうした事態は避けられたと思うのですが不思議です。なお丸塚古墳からは内行花文鏡はじめ14面もの銅鏡が発掘されています。佐紀石塚と佐紀陵山も現地を歩けば奇妙なほど接近していることに驚かされます。

 ところで中期には佐紀盾列古墳群のあとに河内に大型古墳が次々と造られますが、全国を見渡してみると同時期に墳長200mほどの大型の前方後円墳が築かれている例は多くはありません。岡山の造山古墳(クリックすれば飛べます)、作山古墳(クリックすれば飛べます)、それに宮崎の女狭穂塚(いずれアップ)、群馬の太田天神山古墳(クリックすれば飛べます)ぐらいです。このことはそれだけヤマト王権の覇権が確立したことを示すものなのでしょうか。ところが中央の最後の巨大前方後円墳、五条野丸山古墳(クリックすれば飛べます)が造られた6C後半、地方では規模はそれほど大きくないとはいえ結構な数の前方後円墳や後方墳が造られています。全国を歩いての実感です。既にアップした瓢箪山古墳とセットで訪れることをお勧めします。住民の誰もが知っている郵便局(山陵町簡易郵便局)を目指し、裏にある瓢箪山古墳への道を聞き、塩塚古墳の場所も教えてもらうのがよいでしょう。丁寧に教えてくれます(撮影日2016年1月27日)。


27日)PNG sakihyoutanyama zu (修正)

佐紀瓢箪山古墳基本データ

所在地 奈良県奈良市佐紀町

形状 前方後円墳

規模 墳長106m、後円部径60m 高さ10m、前方部幅45m 高さ7m、後円部 前方部ともに二段築成の可能性 

築造時期 5C

出土品 琴柱型石製品3点、円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 周濠は丸塚古墳を避けるため前方部中央から西側にかけて造られていない。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の前期古墳は京都府向日市の墳長91mの前方後円墳、五塚原(いつかはら)古墳です。

前期といっても出現期に近い段階で造られた非常に貴重な古墳です。既に紹介した元稲荷古墳(クリックすれば飛べます)、寺戸大塚古墳と向日丘陵に並ぶように築かれています。元稲荷の説明で触れましたが、向日丘陵は東海道新幹線が京都駅を離れ新大阪方面へ下りはじめると車窓の右手に広がっています。三つの古墳は前方後方、前方後円という違いはあれ、100mを少し下回る墳長という点で共通しています。それらの墳墓は極めて有力な豪族が古墳時代のはじめ、乙訓で絶大な影響力を発揮していたことを示しています。
  墳丘東側には動画1で見るようなため池が巡っていますが、埋蔵文化センターの方のお話によれば中世の開墾に伴うもので築造当時はなかったようです。
既にこれまでの調査の結果、後円部は三段、前方部は二段築成で前方部は細く長いバチ型であることが明らかになっており箸墓古墳との類似性が指摘されてきました。箸墓古墳(クリックすれば飛べます)は陵墓参考地のために本格的な調査は困難なことを考えれば、墳丘の遺存状況がよい五塚原古墳の調査が注目されるというわけです。

 丁度訪れた時は後円部を発掘調査中でした。動画1でぎっしりと葺かれた葺石の状況がわかります。なるほどと思いながらしばし見入ってしまいました。20151219日に開かれた現地説明会資料(向日市のHPにアップ)によれば葺石が立体構造物としての石の山として見栄えよく見えるように随所に技術的工夫がなされているそうです。現在あるため池側から石の山が見えたというわけです。

古墳に精通されている方のために資料の最後の一文を記しておきます。いやはやとんでもない貴重な古墳だということがわかります。「五塚原古墳の墳丘の特徴は「斜路状平坦面」に象徴される前方部と後円部が分離した段築構造に象徴されます。後円部の平坦面は水平にめぐりますが前方部にはつながっていません。このような墳丘の不整合は箸墓古墳の特徴的な構造とみられ全国5200の前方後円墳の中で2例しか確認されていません。」ということは五塚原古墳はあの箸墓古墳と技術者集団が同じだったということなのでしょうか。いささか残念なのは動画でご覧のように墳丘は築造当時のように復元はされておらず、その貴重さが素人目にはよくわからない点でしょうか。アクセスはJR向日町から徒歩で15分、あるいは阪急京都線東向日からはより近く徒歩で10分です。市役所を目指し裏手にある文化資料館で古墳マップを入手して歩かれるとよいと思います。(撮影20151126日)。


五塚原古墳基本データ

所在地 京都府向日市寺戸町

形状  前方後円墳

規模 墳長91.2m、後円部径 54m 高さ8.7m、前方部幅33m 高さ2.1m-4.0m

後円部 三段、前方部二段築成 葺石あり

築造時期 3C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 本文で触れたように箸墓古墳と本古墳にしかみられない墳丘構造をもつ



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する終末期古墳、静岡県富士市の実円寺西古墳はあまり情報がありません。新旧の日本古墳大辞典にも記載がありません。とはいえ確かなことは駿河湾まで6-7㎞までの標高87mの地に村の首長を被葬者とする円墳が7C前半に築かれたことです。たしかに古墳前に立つと眺望は良好です。径が19mの円墳ですが横穴石室の長さはその半分、9.5mもあります。追葬を前提にしたということなのでしょうか。動画でおわかりのように内部はかなり武骨な川原石を主体とする石室で、寸胴という形容がぴったりです。これまでみてきた精巧な切石積みの終末期古墳とは様相がだいぶ違います。関東は群馬県総社町の蛇穴山古墳(クリックすれば飛べます)と比べてみてください。

 残念ながら秋口の訪問は失敗でした。石室が南向きということもあり夏草は枯れるどころか茫々と生い茂り石室入口をふさいでいました。入口の前によくみると四段の階段が設けられていましたがこれも雑草におおわれていました。しかも内部には施錠されていて入れません。実はこの古墳、一度解体され補強したうえで復元されたものだそうですが機会があれば草刈が行われたあとに訪れたいと思いました。アクセスはJR富士駅から富士見台団地行きで富士東高校前下車徒歩5分。1時間に2本ほどあります。バス停進行方向の一つ目の信号を右折し200mほど歩いた右手に墳丘がみえます(撮影20161011日)。





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

行くのは構いませんが、自己責任で行ってください。道も途中でなくなりますから」と岩橋(いわせ)千塚古墳群のある県立紀伊風土記の丘(博物館)での説明。折角来たのだからと30分で大日山山頂にある35号墳(いずれ紹介)まで登り、墳丘北側の谷を底まで下りてみた(動画1)。たしかにどこを歩いているのかわからないほど雑木が続く。仕方がないので空を頼りに稜線まであがることにした。これまでどの墳丘よりも勾配がきつく、しかも下は落ち葉と枯れた笹の葉で滑る。

実は岩橋千塚古墳群を再訪するにあたり、前回とは違ったところをみたいと思っていたところ、平成28年度に大日山35号墳と同様に、山頂に築かれた大谷山22号墳と天王山古墳が国の特別史跡に追加指定されることを知った(和歌山県政ニュース2016617日)。ならばと道順をしらべようとしたがこれがなかなかわからない。

 不思議なことに(少なくとも私には)、追加指定された二つの古墳は風土記の丘でもらった地図には記載がなく、公園内の地図にも見当たらない。目の錯覚かと思って何度も見返したものの見つからない。和歌山市の文化財HPには二つの古墳は紹介されているにもかかわらずである。いったいどうなっているのと私。

 聞けば追加指定された二つの古墳ともに民有地で積極的には入山を奨励していないとのこと。しかも距離的には近いものも道は荒れているとのこと。なるほどわからないわけではないですが・・・。ともあれ漸くのことで見つけた石室はかなり大きく、見事な石棚と石梁を備えた緑泥片岩の割石積みによる岩橋千塚式と呼ばれるものでした。既に緑泥片岩を使い石棚もある奈良県下市町の岡峯古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。比較すればおわかりのようにスケールは一回りも二回りも違います。動画1でおわかりのように羨道部分は土砂で埋まっていますが、体を潜らせて入室するとそれは巨大な空間が広がっていました。風土記の丘にあるいずれ紹介する入口がコンクリート補強された石室よりは自然でよいと思いました。もっともこの感動を動画が十分伝えきれているかはわかりません。なお天王山古墳には大谷山22号よりもさらに大きな石室が造られていますが、埋め戻されているとのことで見学を断念しました。

 大谷山22号墳の墳丘は前方部幅が後円部径よりもはるかに大きく、高さも高い後期特有の前方後円墳です。しかし盛り土の部分は少なく、大半は地山を削り出し部分的に崩れないように石礫を置いているとのことです(大谷山22号墳、天王塚古墳、特別史跡岩橋千塚古墳群追加指定に伴う発掘調査報告書、20163月)。葺石は検出されず、円筒埴輪や朝顔、盾等の形象埴輪が巡っていたことが明らかになっています。歩いてみるとあちらこちらに盗掘孔がみられ無残な状況。それにしてもいずれ紹介する大日山35号墳よりも後円部、前方部ともに墳丘の傾斜がきつく山頂に前方後円墳がへばりついている感じです。現在は雑木に覆われていますが、築造時には大日山35号墳と同様の眺望が墳頂から得られたに違いありません。大日山35号墳に戻る道はさらに難儀でした。登る時に雑木に目印をつけるなどしたほうがよいかもしれません。風土記の丘までのアクセスはJR阪和線和歌山駅下車、東口から一時間1本の紀伊風土記の丘行きで20分ほどです(撮影2017年1月17日)。
PNG ootaniyama22goufun to





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する前期古墳の光正寺古墳は安産祈願で知られる宇美八幡宮近くにあります。墳長53mと墳丘は小さいものの周辺が谷となった丘陵を利用したためでしょうか、ずっと大きく見えます。三段築成の後円部に短めの二段築成の前方部からなる墳丘は葺石こそないものの(築造当時はあった)、よくできた復元古墳です。後円部に比べ前方部の高さが低く狭く前期古墳、それもかなり早い段階のものではないかと素人目にもわかります。現地の説明版によれば埋葬施設の第一主体部から出土した土師器から古墳は前期古墳としても最も古い3C後半に位置づけられるそうです。九州の前期古墳としてこれまで紹介してきたのは大分の赤塚古墳(以下三基の古墳は古墳名をクリックすれば直接飛べます)や佐賀の久里双水古墳、福岡の那珂八幡古墳ですが、那珂八幡についで古いということになります。いずれにせよ箸墓古墳が造られてほどなくして筑前(筑紫、現在の福岡県の玄界灘側)の地にも前方後円墳がいくつも造られていることは実に興味深いことです。このことは前方後円墳がヤマトの地から徐々に全国に広まったのではなく、かなり早い段階で、時間の流れが遅い古墳時代においては同時期にといってもよいくらいの時期に地方においても築かれたことを意味します。

 初めて訪れたのは古墳踏査を開始してほどない20135月でしたが、今回の再訪で古墳の特徴がようやく理解できた気がしました。近くには光正寺古墳より約100年後に造られた七夕池古墳があります。前回は機会を逸しましたが、今回は七夕池からみた光正寺古墳も動画1でお楽しみいただけます。おそらくこの角度からの眺めは周辺に密集した住宅を別にすれば当時と今も変わらないのではないでしょうか。不思議な気がします。もっとも墳丘全体を間近から収めることは古墳が丘の先端を利用して造られたという事情もあり厳しい状況でした。とはいえ動画2、3では後円部と前方部の高低差などよくわかると思われます。アクセスはJR香椎線宇美駅で下車し西方向に歩き県道68号線出たら宇美八幡方面に北西方面に500mほど進みます。九州自動車道を越えて一つ目を右折し(光正寺古墳と看板あり)、道なりにさらに500mほど歩き一つ目の信号の左が古墳公園です。駅から徒歩で30分弱です(撮影20161226日)。PNG  koushouji umimahci zu



光正寺古墳基本データ

所在地 福岡県宇美町光正寺

形状 前方後円墳

規模 墳長54m 後円部径34m 高さ5m、前方部幅20m 高さ3m

後円部3段、前方部2段築成

築造時期 3C央から後半

出土品 勾玉や管玉、刀剣類、刀子、土師器

史跡指定 国

特記事項 墳頂に5基の埋葬施設(箱式石棺3、木棺1、土器棺1)があることがわかっている。また被葬者は3C半ばに書かれた「魏志倭人伝」に登場する倭を構成する一国、不彌国(ふみこく)(奴国の隣国)の首長ではないかとの見方もある。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回もまた大型の横穴石室をもつ終末期の古墳、奈良県天理市の峯塚古墳を紹介することにします。このブログのアップの順番は前期(出現期)→中期→後期(終末期)をワンセットにして繰り返すという方法をとっていますが、後期(終末期)に見学可能な古墳が多く

未アップのものが溜まってしまったのです。ご容赦ください。それにしても迫力のある終末期古墳です。素人目にもどこかで見たことがある石室と思ったらなるほどかなり早い段階でアップした近鉄飛鳥駅にほど近い岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)によく似ていました。現状は岩屋山古墳が多くの見学者を受け入れているだけあって周囲も整備されているのに対して、峯塚古墳のほうは竹藪の蔭にひっそりとたたずんでいます。調べてみると近畿の石室編年ではこの峯塚古墳は岩屋山式に分類されています。どうりで似ているわけです。玄室の奥壁が二段、羨道の玄室寄りが一段、入口近くが二段の巨石からなっているのが特徴です。羨道の入り口部分は土砂でかなり埋まっていますが注意深く入るとすぐに巨大な空間が広がります。驚きです。

 このブログでは理屈抜きに見学可能な石室を紹介していますが、それぞれに個性豊かで見る者を飽きさせません。ひとつ明らかなことは終末期に近づくになるにつれ用いられている石材が大型化し切石積みが多く、羨道も長くなっていることです。武骨な荒々しさを残している石室として島根県松江市の岡田山1号墳(クリックすれば飛べます。動画3をご覧ください)をあげておきます。完成度という点では群馬県総社町の宝塔山古墳(クリックすれば飛べます)を思い出さざるを得ません。白石太一郎さんはこうした特徴は「小さな割石や自然石塊で大きな空間を構成しなければならないという構造上の問題点を用材の巨石化によって克服していったこと、さらに追葬が盛んに行われるようになって羨道部も埋葬の場所として玄室と同じ役割をもつようになったから」と述べています(古墳の知識Ⅰ、墳丘と内部構造、東京美術、1985)。そして奈良県、大阪府では一つ前に紹介した お亀石古墳のような横口式石槨が登場します。

 アクセスですが近鉄天理線天理駅から徒歩30分です。バスもありますが本数が少なく歩いたほうが早いと思います。天理高校前の道を南に下り(西山古墳を右にみながら、クリックすれば飛べます。是非ご覧を)、杣之内町南の信号を越え一つ目を左折、100mほど歩くと左手に天理親里競技場のフェンスが見えます。右手を見ると動画1の冒頭です。白い説明板沿いに南に歩くとすぐにお地蔵さんが見えるので手前の細い道を道なりに歩いていくとイノシシよけのフェンスがあり(針金を外し出入りは可能、教育委員会の説明)中に進むと左に竹藪があり古墳にたどりつきます(撮影2016118日)。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ