古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:Tumulus

 今回の車塚古墳 どでかいとしか言いようのない円墳です。埼玉県行田市のさきたま古墳群の径105m丸墓山古墳につぐ規模で径82mを誇ります。ただ、動画1の頭に映っているように周濠がまわり堤が残されているのでずっと大きく見えます。いつものことですがなぜこれほど巨大な墳丘を持つ構築物を造ったのだろう思ってしまいます。

道を挟んだ西隣の牛塚古墳丸塚古墳愛宕塚古墳とともに黒川沿いに築かれた壬生古墳群に属し、最も遅く終末期の7C前半に築かれたと考えられています。墳丘に登ることができるので、下野地域独特の段築一段目のテラス(平坦面)が広い状況がよくわかりますし、残された葺石も確認できます。急な斜面を登り、上から見下ろすと、習濠と堤の様子が一望できます。

 肝心の石室ですが、墳丘の規模に比して小さい感じがします。長さ約3mの玄室は高さが2.3mしかありません。畿内を中心に広がる後期の羨道を通過して玄室に入った際の空間の広がりに慣れてきた私にとってはやや意外な感じがしました。もっともこれは素人の単なる感想で終末期の古墳は総社古墳群の蛇穴古墳の石室もはじめ天井は低いのですね。凝灰岩の一枚の板石を使った玄室は朱がよく残っています。なお当日は調査は休みでしたが、立ち入りは許可を壬生町歴史民俗資料館で頂きました。アクセスですが東武宇都宮線壬生駅駅に近くの壬生城内にある歴史民俗資料館に寄り、午前中は駅を挟んで今回の牛塚古墳や車塚古墳のある北側、午後は丸塚古墳、吾妻古墳等がある南側を歩きました。(撮影20151112日)。


車塚古墳基本データ

所在地 栃木県壬生町

形状 円墳 三段築成 葺石あり 横穴石室

規模 径82m 高さ11m(周濠底から11m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 壬生古墳群として国指定

特記事項 横穴石室規模 玄室は長さ3m、幅2.8m、高さ2.3m 奥壁 天井 横壁ともに

一枚板石 埴輪はない



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  これまでも石室内に描かれた線刻模様のある古墳はいくつか紹介してきましたが、私の視力の衰えのせいもあってか必ずしもはっきり、くっきりと認識できるものはあまりありませんでした。厳重な保護管理された石室ではやむを得ないのでしょうが照明を極力落としているためにみづらく、HPや図録でみたものとはずいぶん違うとの印象をもったことがたびたびでした。その意味で今回はよい意味で期待を裏切られました。多くの方がそう思われるのではないでしょうか。

 非常にラッキーなことにお自宅の敷地内に古墳のある御当主のお話では、今日は本当に「よく見えますな」とおっしゃっていました。天候、特に湿度に非常に左右されるのだそうです。それにしても複室の前室から後室の奥壁に描かれている円紋を見た時には、その遠目にも見える鮮やかな朱色に度肝を抜かれました。妙な表現ですが、つい最近描かれたような、レプリカのようなそんな印象なのです。その状態を動画でどこまで伝えられているでしょうか。

 「装飾古墳の世界」(祥伝社、2010)を書かれた考古学者大塚初重さんは「墳墓を装飾するということが古代人の心の中になかったわけではなく、装飾ということより死への旅路の冥福を祈った人々の祈りの具象化なのであった」と書いています。なるほどそうなのかと思って見返すと動画2の船と思しき模様は被葬者を乗せた旅立ちの船のようにも思えます。そのような蘊蓄はこのぐらいにして描かれた文様を存分にお楽しみください。実は

まだアップしていない熊本県山鹿市のチブサン古墳や茨城県ひたちなか市の虎塚古墳など、ずっと大がかりで複雑な模様が描かれた壁画古墳がありますが写真撮影はできず見学者の胸の内にしまい込むしかないのは残念なことです。その意味でも所有者にご挨拶すれば見学でき撮影も可能という鬼塚古墳は実に貴重です。

 肝心の石室ですが九州によくみられる複室構造です。残念ながら羨道は欠損していますが、玄室の天井が意外に高くてびっくりしました。奥壁は同心円紋などが描かれた二段と天井近くの三段積みで持ち送り構造です。なお墳丘は川原石に固められていますが後世のものだそうです。アクセスはJR九州久大線豊後森駅から西に3㎞ほど小田簡易郵便局の近くですが、詳細は玖珠町教育委員会に問い合わせることをお勧めします(撮影20171031日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 全国各地の古墳を訪ねて6年ほど経ちますが今回ほど不安を抱えての山歩きははじめてでした。なぜかって?クマの出没です。大藪古墳群のある養父市教育委員会から事前に散策用マップを送って頂いたのですが、そのメールにクマ対策をしてお越しくださいとあったのです。近年、全国的にクマの出没情報は多いとはいえ古墳の近くまでに出没とはびっくりです。早速、鈴を購入しましたが前夜はクマに襲われた夢までみる羽目に。実際、防獣ネット(フェンス)のカギを開けて動物たちのの生活領域に足を踏み入れた時には生きた心地がしませんでした(案外臆病です)。もっともご安心ください。養父市HPには私も訪れた大藪古墳群中最大の石室がある禁裡塚古墳を地元小学生たちが訪れている写真がアップされています。季節を選べばまったく心配はなさそうです。ところで大藪古墳群についての養父市HPの解説は測量図などもあり充実しています。

 今回の35mの円墳塚山古墳は散策ルートにあるように防獣ネットの手前にある古墳ですが、心配性の私は鈴に加え携帯ラジオを持参し、ガンガン鳴らしながら見学しました。やや見つけにくかったこともあり石室を確認した時は、いつものように胸の高まりを抑えることができませんでした。訪ね歩いてきた多くの石室の中でも塚山古墳は最もお気に入りの一つになる気がします。動画1に見るように苔生す山腹(墳丘)の中ほどに開口している石室は実に絵になります。加えて印象的だったのは羨道から玄室に入った時の空間の広がりです。高さが3.6mと羨道の高さの倍もあるからです。そして動画2にあるように天井の巨大な板石。なんと長さ4.8mもある一枚ものです。大藪古墳群のある但馬(兵庫県北部)地域では最大だそうです。

 大藪古墳群には長さ12.1mの横穴石室をもつ塚山古墳以外にも同規模かそれに近い石室をもつ古墳(円墳)がいくつも造られておりパンフレット「大藪古墳群」は「奈良県の飛鳥地方にあっても並々ならぬ規模をほこる大型の石室」と書いています。それが決して大げさではないことはこの動画ブログの数々の横穴石室から確認できます。アクセスはJR西日本山陰本線八鹿(ようか)駅下車。全但バスで大屋橋下車し徒歩で散策ルートの最初のこうもり塚古墳(荒神神社横)まで歩きます。今回は雨模様だったのでやむを得ずタクシーでこうもり塚まで直行しました(撮影日20171113日)。他の古墳についてはいずれアップします。
動画1のタイトルに誤りがあり削除し再度編集をやり直しました。動画3のあとにアップしています。ご不便をおかけします。

PNG ooyabukofunngunn sannsakuru-toPNG tsukayamakofun Ooyabukofunngun shuuseiban




塚山古墳基本データ

所在地 兵庫県養父市

形状 円墳 50×60の方形基壇上に径35mの円墳

石室 長さ 12.1m、玄室長 4.6m、幅2.5m 高さ3.6m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の中期古墳は宮内庁が仁徳天皇陵(大仙古墳)の陪塚としている永山古墳です。仁徳天皇陵の後円部の北西側200mほどのところに位置している墳長が100mもある前方後円墳です。古墳踏査をはじめて間もない頃、仁徳天皇陵後円部北側の周濠沿いの遊歩道から固まった森を見つけ、あれはなんだろうと思ったことをよく覚えています。

調べてみると宮内庁が12基ある仁徳天皇陵の陪塚の一つとしている永山古墳でした。それにしても墳長100mもある古墳が陪塚といえるのか不思議です。そう思っていたところ明確に陪塚ではないと判断する専門家がおられました。「百舌鳥古墳群を歩く」(創元社、2014)の著者久世仁士さんです。「その規模からして陪塚とは考えられません」と明言しています。たしかに他の陪塚に認定されている古墳には円墳でもかなり大きい径60m茶山古墳や、墳長87mの前方後円墳丸保山古墳もありますが、永山古墳は墳長100mを超える点で図抜けた規模です。

とはいえよほど想像力を巡らさなければ古墳には見えない仁徳天皇陵とは違って近づくことができ、動画1に見るように前方後円墳の墳丘がよくわかります。前方部の幅が後円部よりも大きいこと、後円部、前方部の高さがほぼ同じことがわかります。簡単に一周できます。久世さんによれば、墳丘を見通せる西側の濠は以前は民間の釣り堀として使われていたのを堺市が立ち退き請求を行い、その結果現在のような美しい濠が戻ったそうです。そうなのです。永山古墳は宮内庁が墳丘を管理し濠は堺市の管理になっています。

奇妙なことに永山古墳を見た後、横断歩道を渡って仁徳天皇陵(大仙古墳)周濠を歩くと、その巨大さを改めて知ることになりました。アクセスはJR阪和線三国ヶ丘駅下車、西北側310号線を越えたところにあります。徒歩10分(撮影2017828日)。PNG nagayamakofun (mozukofungun)7





永山古墳基本データ

所在地 大阪府堺市堺区東永山園
形状 前方後円墳
規模 墳長100m 後円部径63m 高さ10.3m、前方部幅68.5m 高さ10.3m二段築成、葺石あり、周濠あり
築造時期 5C前半
出土品 埴輪
史跡指定 なし 
特記事項 宮内庁は仁徳天皇陵の陪塚としているが、くびれに造出しがあり、後円部と前方部 の高さが同じところから堺市は独立した古墳とみている
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する後期の前方後円墳は石室が三つもありそのすべてが見学可能という非常に珍しくまた貴重なものです。古墳研究者、古墳マニアの間ではよく知られた存在だそうです(と葛城市歴史博物館の方のお話)。残念ながら後円部南側に開口する長さ16.7mの石室は鉄柵越しですが、動画1で見るように大きさを感じることはできますし、残りの二つの石室は開口部が土砂に埋まっていますが動画2、3のように入室できないことはありません。大中小三つの石室規模とそれぞれに葬られた人及び三者の関係はどのようなものだったのか思いを馳せることもできます。よく観察すると後円部にある最大の石室は両袖(羨道幅よりも玄室が左右に広がっている)、前方部の中規模の石室は片袖(羨道幅よりも玄室の一方が広くなっている)、最小のものは無袖(羨道幅と玄室幅が同じ)なので、被葬者のランクは石室の規模に加え、石室の袖によっても後円部→前方部→造出しの順ではないかと思いました。また金銅製金具、馬具、鉄剣等かなりの数の副葬品が出土しており一部葛城市博物館で見ることができます。

ただ二段築成の墳丘は自然に任されたままで刈り込みなどなされておらず後期古墳の特徴である後円部径36mに対して前方部幅41mと発達した状況などは観察不可能です。とはいえ東側をみると動画3の最後にあるように大和盆地を一望することができ古墳築造の地としてはまたとないところであることがわかります。後期古墳だからでしょうか。埴輪は検出されていません。なお二塚古墳の由来ですが、円墳が二つ並んだように見えたことからのようです。
 これまで紹介してきた複数の横穴石室をもつ古墳として滋賀県東近江市の八幡社46号墳(クリックすれば飛べます)をあげておきます。墳長21mと小型の前方後円墳に三つも横穴石室が設けられています。是非、二塚古墳と比較してご覧ください。

アクセスは近鉄御所線新庄駅から西に1㎞ほど。県道254号を超えたところにある浄願寺の裏側(撮影20161214日)。
PNG futazukakofun katuragishi zu




二塚古墳基本データ
所在地 奈良県葛城市寺口二塚
形状 前方後円墳規模 墳長60m、後円部径36m 高さ10m、前方部幅 高さ10m二段築成後円部石室 全長16.7m、玄室長6.7m 幅3m高さ4.1m、羨道長9.7m 幅1.7m 高さ2.7m前方部石室 全長全長9m、玄室長3.9m1.7m高さ1.9m、羨道長5.1m1.4m高さ1.5m 造出し部石室 全長7.8m 玄室長4.5m 高さ1.3m1.5m、羨道道3.3m、幅1.4m 高さ1.3m

築造時期 6C

出土品 後円部石室から金銅製金具、水晶製玉、ガラス玉、鉄製品、鉄製武器、前方部石室から鉄鋤、鉄斧、鉄製馬具、須恵器と土師器等、造り出し部石室から琥珀製玉、直刀、刀子、馬具、鉄鏃、鉄斧、鉄鎌、鉄鋤、大量須恵器

史蹟指定 国指定

特記事項 副葬品のうち土器の一部が葛城市歴史博物館で展示されている。大半は奈良県橿原考古学研究所付属博物館が所蔵




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 埼玉県の横穴石室では関東の石舞台といわれる八幡山古墳(クリックすれば飛べます)を既に紹介しています。巨大さだけではなく墳丘部分がまったく残っていないという点でも二つの古墳は共通していました。しかし今回の小川町の穴八幡古墳は横穴石室とともに方墳とわかる二段築成の墳丘がよく残っており、しかも周囲を巡る濠も復元されている点で見応えがありました。

 動画1にあるように南に開口した石室の左右には扉石風のかなり大きな石があります。後世のものとはわかりますがいつ頃のものなのでしょう。石室長は8.2m、羨道、前室、奥室から成っていますが、緑泥片岩の巨石で組み立てられた三壁はこれまで見てきた自然石を積み上げた石室とはかなり違う印象です。表面加工があらかた施され滑らかさが光ります。奈良県明日香村の岩屋山古墳、奈良県桜井市の文殊院西古墳、群馬県前橋市の宝塔山(いずれもクリックすれば飛べます)など優れた切石技術で知られる終末期古墳ともやや違うように思われるのは全体に緑白色の緑泥片岩のためかもしれません。小川町下里地域(古墳の南側にある山間部)から採掘されたものだそうです。

 埴輪が使われていないこと、須恵器など出土品の特徴から7C後半の築造と考えられていますが被葬者はどのような地位を誇っていたのでしょうか。南側に流れる兜川を支配していた豪族だったのでしょうか。都心から2時間あまり。これほどの近場に横穴石室が残り見学が可能な古墳があろうとは驚きの一言です。普段は施錠されている石室ですが小川町役場に申し出れば開けてもらえます。アクセスは東武東上線小川町駅下車。駅から5分ほどの役場から1㎞ほどの穴八幡神社の鳥居を目指します。そこから南に下ると右手に整備された古墳の墳丘が現れます(撮影2017228日)。
PNG nakahachiman zu

 大いに期待して目的地に到着して目にしたものは・・・。正直、がっかりしてしまいました。それをお目にかけるのは気が引けるのですが、数多くの古墳を訪ねあるいているうちにはそういうこともあると考えて頂ければと思います。

 古墳の位置づけとして象鼻山1号墳は極めて重要です。養老町のHPでも紹介しているように、中国の歴史書『三国志』魏志倭人伝は3C中頃に邪馬台国と狗奴国(くなこく)が坑争していたことを記していますが、近畿には西に影響力を持つ邪馬台国があり(邪馬台国畿内説を前提)、濃尾平野を中心とする東海には東に影響力を持つ狗奴国があり、対立していたというのです(結構多くの学者に支持されているようです)。そして、象鼻山1号墳は、一方の雄である狗奴国の王か王族の墓である可能性が高いといわれています。

 たしかに周辺で濃尾平野を一望できる最も見晴らしがよく、見上げるにもよい場所に築かれた古墳の被葬者は群を抜いて高い地位にあったことは間違いなさそうです。また三角縁神獣鏡ではなく双鳳鏡(き鳳鏡)1面が副葬されていたこと、埋葬施設の石を使わない墓坑と箱形木棺という組み合わせも東日本的なものであることから畿内とは一線を画した有力者すなわち狗那国のリーダーの墓だったという見方もできるわけです(WEB上に1996年から3年かけて行われた象鼻山1号墳の調査報告書概要がアップされています)。

 以前、狗那国論の第一人者赤塚次郎さんの講義を聴講して以来、是非、訪れたいと思っていた象鼻山1号墳です。否が応でも胸は高まります。幸い、見事な秋晴れです。現地近くまではバスは走っておらず、名古屋、大垣経由で養老鉄道の美濃高田駅から歩くことにしました。名神高速の養老SAの西にある山を目指して牧田川沿いに歩きます。ちょっと怖かったのは歩道のない結構頻繁にトラックが通る一車線道路を歩いたことでした。動画1の頭がそれです。50分ほどでようやく登山口に到着してフェンスを越え(猪や鹿よけ)標高140mほどの山頂を目指します。途中には古墳時代後期の円墳がいくつも残されています。そう象鼻山古墳群は弥生時代から古墳時代後期までの墳墓から構成されているのです。およそ10分で到達した山頂にも上円下方壇(墳ではない)とされる3号墳が東家の後に見えましたが、肝心の1号墳はどこに。周囲を見渡しても動画3で紹介したような弥生時代の墳丘墓がみえるだけです。しばし目をこらすとシダに覆われた墳丘らしき高まりが見えました。近づいてみると間違いありません。1号墳です。しか登ってみても膝ほどの高さまでシダが生い茂り方形ということが確認できません。前方後方墳ということがわかったのはこれもシダに覆われた短い前方部をみつけた時のことでした。説明を受けなければ、誰も前方後方墳とはわからないでしょう。邪馬台国と戦った狗那国の王墓かもしれない古墳がこれでは少々残念です。聞けば草刈は地元の有志の方々にお願いしているとのこと。養老町自身がなにか対策を考えて頂きたいものです(撮影2017116日)。
PNG zoubizan kofungun



象鼻山古墳群基本データ

所在地 岐阜県養老町

形状 前方後方墳(1号墳)その他弥生墳丘墓、後期古墳は円墳

規模 墳長43m、後方部26m×25m 高さ4.2m、前方部幅14m 高さ3m

築造時期 3C

出土品 双鳳鏡(き鳳鏡)、琴柱形石製品、鉄刀、鉄剣、鉄鏃、壺形及び甕形土器等

史跡指定 町指定

特記事項 甕形土器はS字状口縁台付と呼ばれるもので東海地域独特のもの


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ