古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:Tumulus

 今回はまた前期に戻り九州は大分県の川部高森古墳群の赤塚古墳を紹介します。3C中頃から3C末の築造といわれていますから前期(出現期)の代表格箸墓古墳からさほど時をおかずに造られたということになります。

 畿内に集中して造られたイメージのある前方後円墳ですがヤマトから遠く離れた宇佐の地に赤塚古墳を嚆矢として数代にわたり築かれていることは大変興味深いと思います。もっとも墳長は動画でみればおわかりのように赤塚古墳は可愛らしいといったら語弊がありますが、60mに満たない小さなものです。箸墓古墳とは比べ物になりません。しかしこの地における支配者、それもヤマト王権とつながりのある代表的な支配者であったことは間違いないのでしょう。広瀬和雄さんは赤塚古墳について「箱式石棺は在地的な埋葬施設ですが、いっぽうで大和政権との密接な政治交渉にもとづく三角縁の中国鏡五面を副葬していました」と述べています。川部高森古墳群では、その後も中規模の前方後円墳が続いて築造され、100年ほどの間をおいて後期古墳の鶴見古墳が造られています。今回は赤塚だけにとどめますがいずれ残りも紹介します。

 JR
宇佐駅から大交北部バスで宇佐風土記の入り口で下車。パナソニックの工場を右に見ながら20分ほど歩くと大分県立歴史博物館の塔が見えてきます。博物館の周囲に風土記の丘が広がっています。ゆっくり歩くと二時間はかかります。バスの本数は少なく地方から訪れるもものにとっては不便です。昼過ぎに博多を発って往復しましたがかなり疲れました。


 なお、赤塚古墳の説明とも関係がありますが、ヤマト王権、ヤマト政権、大和政権など研究者により政権の表記が異なります。このブログでは白石太一郎さんの「三世紀中葉に邪馬台国連合と狗奴連合の合体によって成立した広域の政治連合を「ヤマト政権」、その中枢を担った畿内に基盤をおく政治権力を「ヤマト王権」と呼ぶという解釈に従います。



広瀬和雄 前方後円墳の世界(岩波新書、2010111

白石太一郎 日本歴史 私の最新講義 白石太一郎 古墳から見た倭国の形成と展開(同成舎、2013

赤塚古墳データ 所在地 大分県宇佐市大字高森字京塚形状 前方後円墳築造時期 3C中頃から末(前期最古期) 規模 墳長 57.5m 後円部径36m 高さ4.8m 前方部幅21m 2.5m 出土品 後円部の箱式石棺から三角縁神獣鏡4面・三角縁龍虎鏡1面・碧玉管玉、鉄刀片、鉄斧など史跡指定 国史跡特記事項 九州最古の前方後円墳とされ三角縁神獣鏡はいずれ紹介する奈良の椿井大塚古墳の神獣鏡と同笵鏡(同じ鋳型から作製)のものもふくまれているといわれている。

 

 今回の五条野丸山古墳(つい最近まで自分は見瀬丸山古墳と呼んでいた)ほど様々意味で注目された前方後円墳もないのではないでしょうか。

 墳長300mを超える畿内最後の巨大前方後円墳ということもさることながら、明治時代のお雇い外国人ウィリアム・ゴーランドが本職の冶金技師としての傍ら全国の古墳を調査し、全長28.4mの巨大石室を、「日本最大のドルメン(横穴石室)」と呼んだことは古代史ファンの間ではよく知られています。不思議なのは横穴石室に置かれた二つの家形石棺の内、考古学的な解析によれば奥の石棺のほうが新しく、それを遮るようにして置かれた手前のほうが古いそうで、その解釈については議論百出です。

 残念ながら石室は今では埋め戻されてしまい写真でしか見ることができません。埋め戻しのきっかけになったエピソードは比較的最近の出来事です。1991年にテレビ朝日、ニュースステーションで報じられた石室内の複数の様子を撮影した写真でした。古墳近くの子供が石室内に入り、それを知った父親が改めてカメラを持ち込んで内部を撮影しテレビ局に持ち込んだのです。陵墓参考地内への立ち入りを見過ごせないと考えたのでしょう。宮内庁はすぐに独自で内部調査を行い写真撮影も行って記者発表し、代わりにということなのでしょうか石室を埋め戻してしまいました。今回で三度目になる訪問の際に、古墳前方部におられた初老の男性に石室について聞いたところ、「自分が子供の頃はよく中に入って遊んだものだ」と言っていましたから、1991年のエピソードがなければ今も巨大石室は開口していたかもしれないですね。そう思うと少々残念な気がします。

 それにしてもあっけにとられるほど巨大です。とりわけ動画にある草刈り前の前方部の様子は草原といった感じですね。古墳前期4C後半に北九州で始まった横穴石室を伴う前方後円墳は6Cになると全国に広がったそうですが、その好例が五条野丸山古墳でしょう。被葬者論も盛んです。岡寺と橿原神宮前駅を走る近鉄吉野線の車窓からは後円部が見えますし、橿原神宮前駅から169号線沿いに歩くと商店街の先に見え隠れする巨大古墳を確認しながら近づくことができます(撮影2015年4月16日及び2016年12月14日)
PNG gojyounomaruyama zu



五条野丸山古墳データ



所在地 奈良県橿原市見瀬町・五条野町・大軽町

築造時期 6C後半

時期区分 後期

規模 墳長 318m 後円部径155m 高さ21m

前方部幅 210m 高さ15m

出土品 須恵器 鏡

史跡指定 国指定 後円部上段は陵墓参考地

特記事項 横穴式石室(埋戻し済み) 全長28.4m 羨道20.1m 

玄室8.3m(長さ)4.1m (幅) 4.5m(高さ) 石室内に二つの家形石棺


 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

箸墓古墳 

卑弥呼の墓であるかどうかは別にして前方後円墳としての基準墓のような位置づけの箸墓古墳は最初に取り上げるに相応しいのではないでしょうか。専門家によれば定型化した前方後円墳として最古期且つ最大規模のものだそうです(白石太一郎)


 今では美しいと思うようにはなりましたが、はじめて視野に入った箸墓古墳は南側からの遠景だったために、単なる森にしか見えませんでした。JR桜井線の三輪駅にほど近い桜井市埋蔵文化財センターに寄ったあと169号線を1キロ歩いて見つけたことを思い出します。拝所に寄り周囲をぐるっと歩きましたが、たしかに169号線を挟んで点在する纏向型前方後円墳(寺沢薫)に比べればスケールが全く違うのですね。
   周濠が後に拡張されたといわれる溜池側から見ると水面に古墳全体が映りそれは神秘的でした。三輪山が見下ろすこの地に葺石が葺かれた巨大な前方後円墳が出現した当時を想像するだけで心躍ります。でも墳丘の全体像を見ることができればよいのに。そう思うのは私だけではないような気がします。動画1のキャプションに誤りがあります。後方部ではなく前方部ですのでご注意をお願いします。また動画4の南橋は南端の間違いです。
PNG hashihaka zu saido


 


箸墓古墳データ


所在地 奈良県桜井市箸中

形状 前方後円墳

築造時期 3C中頃

時期区分 前期最古期(出現期)

規模 墳長 278m 後円部径150m 高さ30m 

前方部幅 130m 高さ16m

出土品 特殊器台形埴輪・壷形埴輪

史跡指定 宮内庁治定 倭迹迹日百襲姫命大市墓 
やまとととひももそひめのみことおおいちのはか

特記事項 後円部5段・前方部4段築成 葺石




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ