古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:Tumulus

民有地に眠る100mクラスの前方後円墳

JR内房線の姉ヶ崎駅(市原市)から至近の距離にある姉崎古墳群は既に何基か紹介していますが1.5㎞四方ほどの養老川の南側の台地に4C中頃から6C末ごろにかけて前方後円墳(前方後方墳もある)がいくつも築かれています。それも100mを越えるものも含まれています。今回は、その最初の頃、4C中頃に築かれたと考えられる釈迦山古墳です。

なぜこの地にいくつもの古墳が築かれたのでしょう。現在の姉ヶ崎駅辺りは古墳時代は海だったでしょうから、この地を中心とする海運の担い手が被葬者であったことは想像に難くありません。三浦半島走水あたりから東京湾を越えて房総半島の富津に至るルートは陸路に入り姉ヶ崎(市原市)を通って北に抜けたはずで、そこは養老川が東京湾に注ぐ交通の要所でもありました。養老川の北側には房総半島でも最も古い神門古墳群があり、現在でも見学可能な神門5号墳は既に紹介しました(クリックすれば飛べます)。

今回の釈迦山古墳、姉ヶ崎駅からもよく見える姉崎神社の鳥居の横のお宅の裏山にあります。お声がけをしたところ、「どうぞどうぞご自由に、ただ、藪になっているので足元に気をつけてください」とのこと。たしかに動画でおわかりのように墳丘全体が鬱蒼とした茂みのなかにあり、ところどころ倒木もあり見通しは十分とはいえません。ただ、目が慣れてくると明らかに人工的な構造物ということがわかりますし、それが前期の前方後円墳の特徴をはっきりともっていることにも気が付きました。後円部の高さに比して前方部が低く、しかも細く長いのです。測量図をみると(考古学の専門家の方々の研究蓄積を利用させて頂いているわけです)だいぶ削平されているようですが、それでもかなり大型の前方後円墳であることはわかります。くびれ辺りに後世に造られた墓石が立ち並んでいます。残念なことに姉ヶ崎二子塚古墳のように墳丘全体を遠くから眺めることはできません。姉崎古墳群の主要古墳は釈迦山古墳(4C央)、天神山古墳(4C央)、二子塚(5C央)、鶴窪(6C央)、六孫王原(6C末)の順で造られたと考えられています。いずれも古墳名をクリックすれば飛べます(撮影201622日)。


PNG syakayama shuseiban saigo

PNG anesakikofungun to ichikankei

釈迦山古墳(姉崎古墳群)基本データ

所在地 千葉県市原市

形状 前方後円墳

規模 墳長 93m、後円部径60m 高さ12m、前方部幅32m 高さ8m

築造時期 4C前―央

出土品 鉄鏃、刀子、管玉、土師器

史跡指定 なし

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

遠目には可憐な近寄ると武骨な小円墳

 今回の大留荒子古墳、タイミングがよかったのか朝日に輝く小さな円墳は可憐といってもよい趣でした。動画2の冒頭、遠景でそうした印象をもちました。ただ、近づいて見ると川原石で覆われた姿は可憐とは程遠く武骨な印象を受けました。残念ながら中には入れませんが、ヘッドランプのお蔭もあって奥壁までよく観察できました。横壁と同じような川原石が丁寧に何段にもわたって積んであります。時期は6C後にまで遡る、近くの豊田市池田1号墳では奥壁は一枚岩でしたし表面加工もされていましたが、この古墳石室はそこまではこだわっていません。被葬者のランクが古墳にも色濃く反映されているのでしょうか。金環や直刀、鉄鏃、須恵器などが出土しています。どうやら複数人が埋葬されていたようで現地案内板によれば金環の数の多さから類推されるとのことでした。

 調査の後削平される古墳が決して少ないなか、区画整理事業のためにこの地に数百m移動したというのはこの古墳にとり運がよかったのではないでしょうか。アクセスは中央本線神領駅の東南300mほどのところ大留町1丁目信号至近の公園内です。自分は西500mほどの高御堂古墳とセットで訪ねました(撮影20171212日)。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

これは素晴らしい!見逃せない天井の高い石室

 今回の烏土塚古墳の石室。ご覧になれば間違いなく感嘆の声をあげると思います。意外な場所に開口しているのでなおさらです。大半の横穴石室付き古墳は、墳丘の後円部側面に石室が開口しています(たとえば奈良県高取町の市尾宮塚古墳、群馬県高崎市の八幡観音塚古墳、古墳名クリックすれば飛べます)。ところが烏土塚の場合、動画撮影位置にあるように後円部の主軸方向南側に開口しており、しかも動画4の最後にみるように団地の開発のために開口部側は石垣で囲まれてしまい登ることはできません。やむなく前方部から後円部に歩き墳頂から開口部方向に下る必要があります。天井石が欠けた羨道を見ながら開口部に降りるのです。不思議な感覚です。それだけに最初に目に入る羨道の横壁とまぐさ石の巨大さに驚くにちがいありません。それにしても築造時もこうした方法で石室入口に向かったのでしょうか。それとも後円部南側に石室への道があったのでしょうか。


 天井板石が欠けている羨道を歩き両袖式の玄室に入ると、動画1の広範にあるように高い天井が迎えてくれます。4.2mもあります。幅がさほどないために余計に高く見えます。この迫力に加え天井石の大きさに驚かされます。石室に入るには平群町の文化財課で鍵を借りないといけませんが、この手間をかけただけの甲斐はあります。奥壁は一枚の板石ではないところが若干拍子抜けですが、半壊状の組合せ式石棺とも相まって実に見応えがあります。畿内で前方後円墳はほとんど造られなくなった頃に許されたということはこの地域で突出した権力の持ち主であったと思われます。最後の大王墓といわれる前方後円墳、五条野丸山古墳とほぼ同じ時期です。副葬品の豪華さからもその点がうかがえます。烏土塚古墳の北側には7C中頃に造られた方墳西宮古墳があります。これも素晴らしい石室です。併せてご覧ください(クリックすれば飛べます)。アクセスは近鉄生駒線竜田川駅から西に300mほどのところにあります。竜田川つり池を目指すとよいでしょう。なお平群町役場は隣の駅平群駅の西側にあります。ここで平群町の古墳マップを貰うとよいでしょう。(撮影2017116日)。

PNG udozuka kofun zu

変わった造りの家型石棺は必見
 今回の小型の円墳散田金谷古墳、非常に美しい石室に石川県唯一の家形石棺が良好な姿で据えられています。石室ファンにとって重要な入室しての見学が可能というのも嬉しいですね(当日は困難で事前に町の教育委員会に連絡して開錠してもらう必要があります)。いつもながら入室するときは胸の高まりを覚えるのですが、ほどよくライトアップされた石室は自然石を用いながらも細部にわたり繊細な印象を受けました。奥壁は5段以上積みあげたもので巨石の一枚岩ではありませんが表面加工されておりなかなかのものです。現地の説明板では天井石は6枚で、復元整備の過程で欠損していた3枚を追加したとのこと。大型の石は当時調達できなかったようです。
 注目したいのは家形石棺の蓋の部分です。寄棟造りの屋根に千木(ちぎ)(神社の建物の棟の両端に交差して立つ木造の飾り)状の突起がついています。動画2の後半で屋根上の蓋の特徴がよくわかります。それにしても珍しいですね。
 古墳のある宝達志水町(ほうたつしみずまち)は地図で見ると金沢から能登半島の七尾市、富山湾の氷見市に抜ける分岐点にあり今でも交通の要所です。古墳時代にも変わらぬ役割を果たしていたことは容易に想像できます。といっても今では公共交通機関を使って訪ねるとなるとかなり不便です。金沢から七尾線に入り一時間ほど敷浪で下車、そこからコミュニティーバスに乗る予定でしたが、半島を東に進むバスがないようで、やむなくタクシーを使いました。散田金谷古墳の北に隣接して公共の温泉、古墳の湯があり、そこを目指しました。さすが国指定の史跡だけあって道案内もしっかりしていて迷うことはありません。なお動画4の後半に裏山にある石坂鍋山古墳の円墳のいくつかを付け加えておきました(撮影2016年10月31日)。


散田金谷古墳の位置
PNG sandenkanaya kofun chizu

PNG sandakanaya kofun iegatasekkann

散田金谷古墳基本データ

所在地 石川県宝達志水町

形状 円墳

規模 径21m×18.5m 高さ3.7m(復元に際して4.7m

石室規模 全長9.85m 玄室長さ5.72m 奥壁幅2.65m 高さ2.76m

家型石棺 長さ2.3m 幅1.1m 高さ1.27m

築造時期 6C

出土品 馬具、直刀、鏃、須恵器の高坏、壺等

史跡指定 国指定

特記事項 動画でも触れているように家形石棺の蓋が珍しい形状


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

墳丘に登れる九州最大の前方後円墳

 あれも古墳、これも古墳。志布志湾沿いに広がる田んぼや住宅にまじって古墳が点在する風景は当時の人々がここでどんな暮らしをしていたのだろうか思いを馳せるには十分すぎます。今回はその唐仁古墳群の主墳である墳長154mの唐仁大塚古墳(1号墳)を紹介します(役所塚古墳など残りはいずれアップします)。

 何度か書きましたように九州の古墳というと北部のイメージが強いのですが宮崎、鹿児島(日向、大隅)に前方後円墳、それもかなり大型のものを含む古墳群が形成されていることに驚かされます。それだけヤマト王権との関係が密だったことを示しています。唐仁大塚古墳群は総数130基あまり、それも古墳時代中期に集中して造られていることが特徴的です。ただ前方後円墳は三基のみで残りは二基の中型円墳と小円墳です。その点について琉球大学の池田榮史さんは首長は首長以外に古墳築造を許さない絶対的権力を有していたわけではなく、地域的で一定の立場をもつ人々が古墳を造ることを許容していたのではないかと述べています(「唐仁古墳群シンポジューム」、201811月、東串良町)。

 何度か紹介した西都原古墳群の女狭穂塚、男狭穂塚(帆立貝形)(その一部が見えるのは陪塚の170号と171号を紹介した回です。クリックすれば飛べます)がともに墳長175mを越え九州の前方後円墳では第一位、第二位を占めますが、唐人大塚古墳はそれにつぐ墳長154mを誇ります。しかも嬉しいことに陵墓参考地の前記二基と異なり墳丘に登り、周濠を歩いてその巨大さを体感することができます。中期初期に位置づけられるからでしょうか墳丘は前期古墳に特徴的な前方部が細長い柄鏡型です。のちに削られたかもしれませんが動画1、動画2でおわかりのように前方部が驚くほど低く平らです。他方、後円部は高さ12mあります。葺石や埴輪があったかどうかについては資料によって異なっています。興味深いのは動画3で紹介している社殿床下の竪穴石室の天井石です。過去に何度か開口され舟形石棺と石室との間に短甲が置かれ、その形式(長方板皮綴短甲)から古墳時代中期初頭に造られた考えられています。

 不思議なことにこの地域では中期以降ぱったりと典型的な古墳が造られなくなります。単に権力が移動しただけではないようです。前に触れたシンポジュームで鹿児島大学総合研究博物館の橋本達也さんは古墳時代後期6C代以降の異質化・個性化が、最終的には「異民族」としての隼人を生み出す要因になったと述べています。興味深い指摘だと思いました。

 唐仁古墳群より前に築かれた古墳を含む塚崎古墳群は肝付町、今回の唐仁古墳群は東串良町にありますが鹿屋のバスセンターから三州自動車の路線バスで塚崎まで行き、歴史民俗資料館を訪ねて塚崎古墳群を案内して頂いたあと、肝付町の教育委員会の方と一緒に唐仁古墳群を訪ねました。ありがとうございました(撮影2018年2月21日)。


PNG toujinootsuka zu

唐仁大塚古墳基本データ

所在地 鹿児島県肝属郡東串良町

形状 前方後円墳

規模 墳長154m、後円部径77m 高さ12m、前方部幅38m 高さ4m

周濠あり 葺石(ありとの資料も)

竪穴石室 長さ3.6m 幅1.2m 高さ0.85m

築造時期 4C末(中期)

出土品 埴輪片

史跡指定 国指定

特記事項 墳丘に登れる九州最大の前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

琵琶湖が一望できる横穴石室

今回の桐畑2号墳は琵琶湖の南端に近い京阪電鉄石山坂本本線滋賀里駅から西に1㎞ほどの比叡山の麓の個人宅にあります。琵琶湖を挟んだ山並みが手に取るように広がります。この地域(坂本から錦織)には特色のある後期以降の群集墳が数多く確認され、いずれ紹介するその名の通り百穴古墳群などという国の史跡もあります。桐畑2号墳は1号墳とともに桐畑古墳群を形成していますが有名な1号墳のほうが大型ですが玄室の天井が失われています。残りの程度では今回紹介する2号墳のほうがよほどよいと思います。そして重要なことはこれらの多くの石室が奥壁、横壁が天井に向かうにつれ傾斜がきつくなる(持ち送り)ドーム型と呼ばれる形式だということです。専門家の研究では朝鮮半島や中国からの人々の墓というのが定説です。桐畑2号墳から北にあがったところの百穴古墳群からはミニチュア炊飯具のセットが出土しましたが桐畑2号墳にも埋葬されていたのかもしれません。それにしても古墳のある裏山から一望できる琵琶湖には息を飲みました。肝心の石室のドーム状の様子ですが、佐賀県太良町の田古里古墳(クリックすれば飛べます)のほうが天井が高く、玄室も広いのでわかりやすく、石組のレベルも高いと思います。皆さんはどのようにお感じですか。

 今回地図を広げて改めて驚いたのですが2号墳のある比叡山の西に目を移すとほぼ同じ緯度20㎞ほどのところ京都市太秦に畿内最後ともいわれる前方後円墳、蛇塚古墳(クリックすれば飛べます)の巨大石室が残されています。朝鮮半島にルーツをもつ秦氏が葬られているのではといわれています。古墳時代から渡来系の人々が多数往来していたことを改めて気づかされました。訪問する前に滋賀里駅の西200mほどのところにある滋賀県埋蔵文化財調査センターで説明を受けるとよいでしょう。(撮影2018124日)。


PNG kirihata 2gou zu
桐畑2号墳(桐畑古墳群)基本データ

所在地 滋賀県大津市滋賀里

形状 円墳

規模 径12m 石室 玄室 長さ 3m、幅2m、高さ3.5m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 なし

特記事項 渡来系人物の墓といわれている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

緑泥片岩の板石を積んだ凝った石室

 こんなところにと言ったら失礼になるでしょうか。JR和歌山線船戸駅のホームから道路を挟んだ南側の裏山に岩橋千塚で見たと同じ緑泥片岩を積んだ石室、それもかなり複雑な構造のものが残されていることに驚きを禁じえませんでした。というのも動画1の頭にあるように古墳のある森の前の県道では忙しく車が行きかい、公園として整備された岩橋千塚古墳群2(三基紹介しています。クリックすれば飛べます)とはまったく周囲の様子が違うのです。確かに紀の川と貴志川の合流地点に築かれた船戸山古墳群は確認されているのは7基にすぎず入室可能な石室を持つのは2基と岩橋千塚とは比べものにならないほど小規模です。加えて個人の方の所有のため県指定史跡とはいえ整備をはじめ勝手なことはできないのかもしれません。そのせいでしょうか。説明板も40年も前のものでした。

 県道を渡り開発された住宅団地の裏手にまわるとどこから入ればいいのか迷うほどの斜面が見えました。事前の資料ではこの山の頂上あたりに古墳はあるはずと歩き出したものの枯れ枝と竹に阻まれなかなか進めません。「あった」と思わず声をあげたのは丁度2号墳の裏側、説明板のあるあたりでした。あとで調べてみたら標高は70mほどです。かなり崩れている墳丘の南面に開口する石室にはベニヤ板のような一枚の補強材が天井部に置かれています。なんと無粋なことかと思ったのですが、入ってみるとその補強板の意味がわかりました。石室奥に進むにしたがって地下に降りていくように下っています。もし天井部に何もなかったならたちまちのうちに落ち葉などで開口部は埋もれてしまうでしょう。

肝心の石室ですが羨道の先に前室があり、短い前道を越えると玄室と複雑な造りです。玄室までは幅も狭く天井も低いために高さ2.9mの玄室に入ると広がりが私を迎えてくれました。とはいえそこには棺台、石棚とあり凝った造りです。いったいどんな被葬者がこれほど複雑な石室に葬られたのでしょう。興味は尽きません。アクセスはJR和歌山線船戸駅から南に徒歩10分。船戸山団地の裏山です(撮影20171128日)。


PNG funadoyama 2gou ichi
船戸山2号墳(船戸山古墳群)基本データ

所在地 和歌山県岩出市

形状 円墳

規模 径15m 高さ不明

石室 全長6.55m、羨道長さ1.2m 幅1.2m 高さ1.25m、前室長さ01.6m 幅1m 高さ1.5m、前道長さ0.8m 幅0.8m 高さ1.25m、玄室長さ2.95m 幅1.8m、高さ2.9m

石室

築造時期6C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ