古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:Tumulus

茶畑に映える小型の前方後円墳

 茶畑の向こうに小さく見える墳丘が目指す吉岡大塚古墳でした。築造当時の光景とはまったく異なってはいるでしょうが1mほどと背の低い緑の茶畑のなかにほんの少しだけ頭をのぞかせる7.2mの墳丘は近づいてみるとなかなかに堂々としていました。もっとも前方部は短く帆立貝形にも見えます。

 ただ覚悟はしていましたが訪れたのが5月中旬と緑濃い時期であったために前方部や後円部の筑成(二段)の様子が今一つはっきり見えなかったのが何とも残念でした。動画でおわかりのように墳丘の周りには結構な深さの周濠がまわっており、後円部と前方部の高さの差は5mほどもあります。中期とはいえ前期の様相を示している気がしました。埋葬施設に関する情報はありませんがおそらく後円部の竪穴ではないでしょうか。聞けば南側を中心に葺石を再現し円筒埴輪なども並べて史跡公園として整備するとのこと、動画はその前の景色ということになります。

吉岡大塚古墳を最北端に和田岡古墳群は原野谷川(はらのや川)沿いの台地に、春林院古墳、瓢塚古墳、行人塚古墳、各和金塚(かくわかなつか)古墳と中期の古墳が並んでいます。ランチをはさんで4-5時間かけて歩きましたがなかなか見応えのあるそれぞれの古墳でした。吉岡大塚古墳へのアクセスはJR掛川駅から私鉄の天竜浜名湖線に乗り換え細谷駅で下車、西500mの吉岡の交差点まで歩き、271号線を道なりに北へ進むと動画1の冒頭の景色が見えるはずです(撮影2018517日)。


PNG wadaokakofungun zu
PNG yoshiokaootsuka kofun zu

吉岡大塚古墳基本データ

所在地 静岡県掛川市

形状 前方後円墳(帆立貝形)

規模 墳長55m、後円部径41.3m 高さ7.2m、前方部幅27.5m 高さ2.1m

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 和田岡古墳群として国指定

特記事項 本文でも触れたように墳丘南側を中心に復元整備し史跡公園化する予定



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

上から見下ろす横穴石室の玄室

 今回の後期古墳 福岡県久留米市にある日輪寺古墳は久留米駅の西側 徒歩でも10分ほどのところにあります。線刻模様が横穴石室の玄室内石障(せきしょう)に残されていることで知られているというので勇んで向かいました。元は墳長50mほどの前方後円墳だったようですが削平され全くその面影はなく石室のある後円部の一部が残るのみです。日輪寺の住職のお宅に声掛けをするとあっさりと「どうぞ」とのこと。境内は雑木林がおいしげっていますが石室のある覆屋はすぐみつかりました。かなり大きい建物です。錆びついた錠を外すのに一苦労。中にはいると、まるで竪穴のようにみえる石室がみえました。なるほど横穴石室の天井板石がすっかり抜かれ玄室内を上からみおろしているのです。古墳を造った人々は後世、こうした方法で上から覗かれるとはよもや思わなかったのではないでしょうか。

 きれいに板石が積まれた玄室は長さ3.5m、幅2.3m、高さ1.7mですが羨道(閉塞石とおもわれる板石が積まれふさがれている)を加えると石室長さは5mは越えそうです。そして遺体を囲むように板石が組み立てられた石障(石屋形とも屍床(ししょう)ともいわれる九州特有の埋葬施設)が見えました。お目当ての線刻模様は石障に描かれているはずです。

残念ながら覆屋内はかなり暗く見えるかどうか心配になります。ヘッドランプで照らしながら近づいてようやく確認できました。それでもよくわかるのは同心円紋だけで説明にある鍵手紋はよくみえません。縄掛け突起のような突起が側壁にいくつか並んでいます。なにか意味があるのでしょうか。それとも単なるアクセサリーなのでしょうか。いずれにせよ不思議です。四獣鏡、鉄鏃、鉄刀、銅環、玉類、石枕、土師器、須恵器など副葬品が出土し既に紹介した浦山古墳(クリックすれば飛べます)に続いて6C初頭にこの地域を支配した豪族の墓として築かれたもののようです。古墳は全国に沢山築かれたにもかかわらず壁に描かれた模様のある装飾古墳は九州が中心で、まとまってあるのは関東東北に少しあるだけで畿内では高井戸横穴墓群だけです。不思議です(20161025日)。

PNG nichirinnjikofun heimennzu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

ポツリと残る帆立貝形前方後円墳

 今回紹介する後期古墳のおくま山古墳は後に埼玉県の豪族比企氏(藤原秀郷の末裔といわれる)が支配した地域にあり、中期(前期ともいわれる)には墳長115mの野本将軍塚古墳が築かれています(いずれ紹介します)。おくま山は後期の6C前半の築造といわれ墳形は前方後円墳よりは格下の帆立貝形です。同じ地域には6C後半に帆立貝形とも円墳といわれる径90mもある冑山古墳が築かれています。同じ頃、埼玉県のさきたま地域には金錯銘鉄剣が発見されたことでよく知られ稲荷山古墳、二子山古墳等たさきたま古墳群を形成する古墳の数々が築かれました。さきたま古墳群に比べほとんど注目されていない一群の古墳に注目してみるのもよいかもしれません。もっともさきたま古墳群と違い、それぞれの古墳はかなり離れています。帆立貝形古墳からは武器武具などが出土することが多いそうですが(武蔵では野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)、今回のおくま山古墳からは埴輪のみのようです。多くは盗掘されたのでしょう。ただ、埴輪のなかには盾をもった盾持ち型埴輪4体がみつかっているそうで、帆立貝形古墳のおくま山古墳には武器武具を多用した人物が葬られていたのではないかと想像をたくましくしてみました。現状の墳形は崩れてはいますが帆立貝形であったことはわかります。願わくばこれ以上破壊されないようにと祈るばかりです。アクセスは東武東上線東松山駅から徒歩で野本将軍塚古墳に寄り、そのあとおくま山古墳を訪れました。国道254号と407号が交差する東側100mほどのところにあります。(撮影2018年1月11日)
PNG okumayama kofun zu

おくま山古墳基本データ

所在地 埼玉県東松山市

形状 前方後円墳(帆立貝形)

規模 墳長62m、後円部径40m 高さ7m、前方部幅20m 高さ1.5m

築造時期 6C

出土品 盾もち人埴輪4体、円筒埴輪片

史跡指定 県指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石棺も見学できる石室が完存する貴重な古墳

 今回紹介する後期古墳は奈良県御所市(ごせし)の新宮山古墳です。関西の方には馴染の奈良県ですが、御所市となるとはてどの辺りかと首を傾げる人も多いのではないでしょうか。奈良県全体の地図(まぴおん)でご確認ください。既に紹介した石舞台古墳から南西方向に10㎞ほどのところに今回の新宮山古墳はあります。石室ファンの方には知られた古墳のようで、それもそのはず羨道、玄室ともに完存し、家形石棺一基と箱式石棺の一部が残されているのです。しかもそれらを入室して見学が可能なのです。とはいえ動画をご覧頂ければわかるように7.3mもある羨道の高さは1.4mしかなく開口部は土砂で埋まっています。結構大変でした。それでもヘッドランプの先に見える家形石棺に引き込まれて玄室に到着。玄室は案外こぶりで二基の石棺が入ると移動はかなり窮屈でした。両袖式玄室とはいえ羨道からみると玄室は左右40㎝ずつしか広くありません。実際にはもっと狭くみえます。

ずいぶん多くの両袖式の横穴石室を紹介してきましたがそれぞれに微妙な違いがあるものですね。家形石棺は他の石棺同様に無残な盗掘坑が開いていますが、そこから覗くと塗られていた朱がよく見えました。

 東南方向に横穴石室が開口する肝心の墳丘ですが現地説明板によれば径25mの円墳とも小規模の前方後円墳とも考えられるそうです。巨勢山(こせやま)古墳群の一基ですが、藪の生い茂った現状から形状はよくわかりません。現地までは自分の場合、国の指定史跡として知られる室宮山古墳から国道309号線を徒歩で東にたどり約1時間かかりました。反対に近鉄吉野線の葛駅から歩けば15分ほどで着くのではないでしょうか。稲宿地区の中にあります。声掛けをしてどなたかにお聞きになるのが早いと思います(撮影2017119日)。

新宮山古墳の位置
PNG shinguyama kofun sekishitu heimenzu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

宮内庁は継体天皇陵としていますが・・・?

 今回紹介する中期古墳は大阪府茨木市の太田茶臼山古墳。墳長は226m。周濠に囲まれた堂々たる前方後円墳です。全国で21番目の大きさと言いますから被葬者は大王クラスの人物であったことは間違いがなさそうです。ただ宮内庁が治定している継体天皇陵と考えるわけにはいかないようです。その点はあとに譲ることにして、墳丘は前方部から後円部まで東側の様子は一望できてなかなか魅力的です。特にくびれ部分にある造出しは東側に限っていえばよくわかります。残念なのは高い金網のフェンスを避けようと背伸びをしたためにファインダーを覗けず動画が捉えた墳丘はやや斜めになってしまいました。ご愛敬です。しかも西側の様子は一周できないためによくわかりませんでした。

 ところで古墳の被葬者が誰かということは論者によって異なることが珍しくないようなのですが、太田茶臼山古墳については継体天皇陵ではないという点で専門家の意見は一致しています。理由は簡単です。宮内庁が治定する継体天皇は6C前半、つまり古墳時代後期に活躍しており、他方墳長226mの墳丘の形態や出土した土器などから太田茶臼山古墳は5C後半、古墳時代中期に造られたと考えられています。真の継体陵はどの古墳なのかという疑問についても専門家の見解はほぼ一致しています。茶臼山古墳の北より東側1㎞のところにある今城塚古墳です。墳長は190mもあり後期に造られた畿内の古墳では極めて大型で二重の周濠に囲まれています(未アップ)。こちらは宮内庁の管理下にはなく高槻市が史跡公園として整備し自由に立ち入ることが可能です。周堤にある埴輪群については既に一部紹介しています。埴輪の色々第二回(クリックすれば飛べます)。では、太田茶臼山古墳の被葬者は誰なのかについては継体天皇の曽祖父の意富富杼王ではないかなどの説があるようです。

 継体天皇といえばそれまでの天皇とは異なり伝承では越後から迎えられたといわれ、他方、その在位期間には朝鮮半島での百済・新羅の戦いに百済支援のために派兵する一方、国内ではヤマト王権とは異なる方針をとった北九州の磐井勢力と内戦になるなど話題には事欠かない天皇です。その人物が眠る墳墓はいったいどこにあるのか確かに興味深いですね。

アクセスはJR京都線摂津富田駅から高槻市営バスで阿武山団地方面(複数の行き先がある)に乘り土室南(はむろみなみ)で下車、西に200mほどのところにあります。藍野病院を目指すとわかりやすいと思います。古墳は茨木市にありますがバスは隣接する高槻市営バスなどややこしいです。(撮影2017510日)。


PNG ootachausuyama kofun zu 修正版

太田茶臼山古墳基本データ

所在地 大阪府茨木市太田

形状 前方後円墳

規模 墳長226m、後円部径138m 高さ19.2m、前方部幅147m 高さ19.8m

築造時期 5C

出土品 家形、人物、甲冑等の形象埴輪

史跡指定 なし 宮内庁が継体天皇陵として管理

特記事項 本文で触れているように継体天皇陵ではないことは専門家の一致した見解


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 1年前に埴輪の色々(1) (クリックすれば飛べます)で円筒埴輪や朝顔形埴輪などについて紹介しましたが、だいぶ時間が空いてしまいました。今回は動画1では家形埴輪、動画2では水鳥、動画3では人物埴輪を扱っています。家形埴輪は古墳で重要な場所といわれる埋葬施設の上部や祭祀を行った様子を再現した造出しの中心に置かれていたことが和歌山県和歌山市の大日山35号墳(岩橋千塚古墳群)兵庫県加古川市の行者塚古墳、福岡県の嘉麻市(動画では福岡市としてしまいました、いずれ訂正します)沖出古墳の例からわかります。

 家形、水鳥、人物の埴輪は各地の博物館、歴史館に数多く単体として展示されていますが、実際にどのように古墳に置かれていたかがわからないので(図示されていたとしても)、残念に思っていました。全国を歩いてみると少数ですが埴輪祭祀の様子を発掘調査に基づき再現している古墳があることに気が付きました。ある一定の区域に(造出し)多数の埴輪が立ち並ぶ姿は壮観ですし、埴輪単体を見るのとは臨場感がまるで違います。群馬県高崎市の保渡田古墳群の八幡塚古墳、大阪府高槻市の今城塚古墳が特に印象的です。最近完成した前述の和歌山市の大日山35号墳(岩橋千塚古墳群)も祭祀の様子がよくわかります。規模はずっと小さくなりますが名古屋市の志段味大塚古墳、兵庫県加古川市の行者塚古墳も忠実に再現しています。円筒埴輪だけを復元した古墳は数多くあります。

 肝心の埴輪が置かれている意味ですが既に触れている被葬者である首長(ないしはそれに準ずる人物)の霊を祭る場という解釈の他に、来世における被葬者の生前の生活を表したものという解釈があるようです(古墳の知識Ⅱ出土品、東京美術、1988)。色々な解釈が可能なのでしょうが、琴を弾く人物と力士と思われる人物が一緒にいたり、邪悪なものから霊魂を守るという意味でしょうかやたらと大きな(デフォルメ)鹿角製の柄頭(太刀)に囲まれて甲冑をまとった武人がいるなど見ていると不思議な感覚に襲われます。是非、実際の墳丘に登って埴輪が立ち並ぶ造出しを眺めてみてください。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ