古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:Tumuli

  はじめて訪れたのは夏が終わりかけだった9月の末でした。2013年のことです。登れると聞いて前方部に向かおうとしたら道を聞いた女性がマムシがいるから注意しなといわれ足がすくみ断念。まだ古墳踏査をはじめて間もないころのことでした。水を湛えた周濠に映える緑濃い墳丘はなかなか見応えがありました。満を持してそれから3年経った201612月、再度訪れてみました。なんとしても前方部に立って後円部を見渡してみたいと思ったのです。前方部端の両宮山神社裏から藪をかきわけて墳頂を目指しましたが、背丈ほどもある枯れ枝や蔓が行く手を阻み、視界もまった効きません。前方部が大きく開いた中期特有の墳丘を確かめることは今回もできませんでした。

さて造山作山古墳(クリックすれば飛べます)と吉備には古市・百舌鳥古墳群に築かれた巨大古墳に続く規模の墳長300mクラスの前方後円墳が二基築かれており、既に紹介しています。それらに続く大型墳が今回の両宮山古墳です。墳長206mもあります。全国的にはこのブログからもお分かりのように中期で紹介している古墳は大型であっても格下の円墳が多いのです。この時期大型前方後円墳は畿内に集中していて150m超は宮崎県の西都原古墳群の男狭穂、女狭穂塚古墳、それに両宮山古墳など限られています。ヤマト王権の政治的優位性が確立され前期のように地方が大型の前方後円墳を自由に造ることが難しくなったためではないかと考えられています。

その意味でも今回の両宮山古墳は例外ということになります。専門家の研究によれば仁徳天皇陵(大仙古墳)の三分の二の相似形のようです。ここからも吉備と畿内の緊密な関係がうかがえます。ところが両宮山古墳の墳丘は葺石、円筒埴輪もなく中途半端な状態、未完成で終わっているとの見方もあります(例えば考古学者宇垣匡雅さんの発言。赤磐市市制施行10周年記念シンポジューム、両宮山古墳とその時代 2015822日)。なぜなのでしょう。一つの見方はこの後吉備では大型の前方後円墳は造られなくなったことから、畿内と吉備の関係が悪化したというもので、日本書記の雄略期にある吉備の反乱伝承に根拠を求めるというものです。なかなか魅力的に思われますが皆さんはどう思われますか。

両宮山古墳の墳丘を究めることができなかったので代わりに後円部端にある現在では円墳にしか見えない陪塚の和田茶臼山古墳(帆立貝型前方後円墳)と後円部端に位置する森山古墳を動画3で紹介しています。こちらは葺石も埴輪もあるので陪塚ではないと考えられているようです。アクセスは岡山駅前から宇野バス美作線で馬屋下車。進行方向に歩き山陽自動車道を超えてすぐ左手です。徒歩5分。(撮影2016126日)。
PNG ryoumiyayama kofungun zu



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 日本からの観光客も多い韓国の東南部の慶州市は全体が古墳公園といってもよいほど、あちらこちらに見られる大小の円墳が印象的です。中でも世界遺産大陵苑の一基、今回の皇南大塚古墳は韓国で最大の墳丘を誇り墳長は南北で114m(キャプションでは108mとしましたが資料によって微妙に異なります)、東西で82mもあります。といっても二つの円墳がつながった双円墳で一つの墳丘ではありません。動画1に見る奥の南墳が先に北墳があとに築かれたことが発掘調査でわかっています。日本に見る双円墳といえば雪をかぶった大阪府の金山古墳を紹介しましたが、是非比較してご覧ください。墳丘の径のわりに高さが高いので金山古墳よりも威圧感があります。

墳丘の内部は日本の古墳とは大きく異なるようで、積石木槨墳と呼ばれるものだそうです。考古学者森下章司さんは「古墳の古代史」(ちくま新書、2016)で、「棺のまわりを板で囲んで木槨を作という点では漢代の木槨と同じであるが、新羅の新羅の墳墓はその上に大量の石を積み、さらに土で覆ってある」と記しています。豊富な出土品が明らかになったのは、こうした構築方法のために盗掘を免れたからのようです。その様子は同じ方法で造られ内部が公開されている天馬塚古墳(動画2)でご覧になれます(一度目は撮影はNGでしたが二度目の訪問ではOKでした)。たしかにこれではなかなか埋葬施設の中心には辿りつけそうにもありません。金の冠など墳丘内部で公開されている出土品(レプリカ)も紹介しています。慶州にはソウルからも釜山からも日帰りのツアーが多数あり私もこれを利用しました(撮影日2016727日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  これまでさきたま古墳群を一基ずつ紹介してきましたが、今回は群の南側(博物館を右手に見た奥)の三基をまとめて見ていただこうと思います(図参照)。さきたま古墳群といえば、観光客はじめ古墳マニアが多数訪れる古墳群として有名です。とりわけ日本最古の文字資料ともいえる金錯銘鉄剣が出土した稲荷山古墳には多くの人が墳丘目指して列をなしています。ついで墳丘の後円部が展示館になっている将軍山古墳、巨大な円墳の丸墓山古墳も人気です。丸墓山古墳の動画でおわかりのように墳頂からは古墳群の半分ほどの地域を見渡すことができます。さらに古墳群は南に広がっており、そこから愛宕山、奥の山、鉄砲山の三基の前方後円墳を取り上げます。残念ながら県立さきたま史跡の博物館(国宝の鉄剣を展示)を見ると満足する人々が多いのか、こちらの三基には人がほとんどいません。見応えがある墳丘なのに勿体ないですね。

肝心の築造時期ですが、6C、前半の愛宕山、中頃の奥の山、後半の鉄砲山の順で造られたと考えられています。近畿地方では次第に前方後円墳の築造は下火になった頃、すでにどこかで触れたように、東国では盛んに造られ、その一例が今回の三基になります。とりわけ鉄砲山の墳丘は109mと大型です。すでにアップした120m稲荷山(以下古墳名をクリックすれば当該頁に飛べます)、135m二子山を加えるとさきたま古墳群には5Cの終わりから6Cにかけて三基もの大型墳が造られていることになります。しかも径100mもある円墳 丸墓山もその間に造られているのです。ただただ驚きます。

今回の三基を含め墳丘周囲には二重の濠が巡っていたことがわかっています。二子山の濠は一度目の訪問時には水があり、墳丘が浮かんでいるように見え美しかったのですが、築造時は空堀であったこと、水が墳丘裾を削ってしまうことから本来の水なしの濠として復元されています。また、後期の前方後円墳に見られる前方部の発達はいずれの古墳にもみられます。後円部径よりも前方部幅が広く、高さも前方部のほうが後円部より高くなっています。なお今回の三基については他の古墳とは異なり、あったはずの造出しは復元されていません(愛宕山はなし)。

アクセスは公共交通機関の場合いくつかあります。さきたま古墳公園のHPに詳しいルートが紹介されています。行田駅から市内循環バスが一番便利ですが本数が少なく、二度目は本数が多いJR吹上駅から朝日バスで佐間経由 行田折返し場・総合教育センター・行田工業団地行に乗り産業道路で下車。徒歩15分のルートを使いました(撮影2015714日、201631日)

古墳踏査を重ねて気がついたことは多数の古墳を保存した大型の古墳公園は意外なことに関西よりは関東や九州に多いことです。さきたま古墳群に加え群馬県高崎市の保渡田古墳群(かみつけの里古墳公園)、群馬県前橋市の大室古墳群が特におすすめです。
PNG sakitamakofungun 6



愛宕山古墳、奥の山古墳、鉄砲山古墳(さきたま古墳群6)基本データ

所在地 埼玉県行田市

形状 前方後円墳

規模 愛宕山古墳 墳長53m、後円部径30m 高さ3.4m、前方部幅30m 高さ3.3

奥の山古墳 墳長70m、後円部径43m 高さ6.8m 前方部幅47m 高さ7.4m、鉄砲山古墳 墳長109m 後円部径55m 高さ9.0m、前方部幅69m 高さ10.1m

築造時期 愛宕山 6C前、奥の山6C央、鉄砲山6C

出土品 愛宕山古墳 円筒、形象埴輪、奥の山古墳 円筒、形象埴輪、鉄砲山古墳 円筒埴輪、須恵器、土師器

史跡指定 さきたま古墳群として国指定

特記事項 各古墳には盾形の二重周濠が巡っている。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

宮崎県西都市にある国の特別史跡西都原古墳群の二回目です。一回目には前期古墳の13号墳と35号墳と(古墳名をクリックすれば飛べます)を紹介しましたが今回は群中最大規模の二基とともに古墳時代中期に造られています。陵墓参考地の女狭穂塚、男狭穂塚古墳の陪塚と考えられている円墳169号墳です。女狭穂塚かが墳長176mと九州でも一二を争う前方後円墳なので、それに相応しく径50mもあります。古墳群として保存整備されてきただけに周辺に眺望を遮るような建造物はなくその雄姿を三本の動画で確認できます。遠目にも三段築成が明瞭にわかる墳丘で本来は墳頂に円筒はじめ形象埴輪が立ち並び墳丘全体には葺石が覆っていました。

北郷泰道さんの『西都原古墳群』(同成社、2005年)によれば大正時代から調査が行われ副葬品の倣製(国内産)の銅鏡、刀、鉄斧、銅釧(うでわ)、鉄鏃などが墳頂から発掘される一方、埋葬施設の検出には至らなかったそうです。とはいえ木棺による直葬ではなかったかと想像はできます。残念ながら現状ではよくわかりませんでしたが墳丘下東側には9m×3mの造出があったようです。墳頂からは男狭穂塚、女狭穂塚の二基がよく見えますが、残念ながら鬱蒼とした木々に覆われ墳丘全体を見ることができません。それに陵墓参考地として宮内庁が管理しているために墳丘内に立ち入ることはできません。ただ拝所があり鳥居が立つ陵墓(天皇、皇后、皇族の墓として宮内庁が管理。全国に740)と違い、陵墓参考地(被葬者名が特定できないが宮内庁が管理するもの。全国で46)はフェンスで囲まれているだけのところも多く、動画3の最後に付け足したように墳丘を柵越しにみることはできます。改めて見てみると女狭穂塚の前方部幅の広さには驚かされます。

 ところでこのブログでは格の上では前方後円墳、前方後方墳につぐ円墳を何基か紹介してきましたがいくつかあげておきます。比較してご覧ください。いずれも中期の古墳で見栄えよく復元されています。古墳名をクリックすれば直接飛べます。滋賀県東近江市の径57m久保田山古墳(5C前半)、兵庫県朝来市の径90mの巨大な墳丘を誇る朝来茶すり山古墳(5C前半)、奈良県都祁南之庄町の径40m三陵墓西古墳(5C前半)、京都府綾部市の径70mの私市(きさいち)円山古墳(中期央)、奈良県広陵町の新木山古墳の陪塚、径45m三吉石塚古墳(5C後)。大型の円墳は中期に集中している印象がありますが、全国最大の円墳は実は古墳時代後期の6C前半に築かれた埼玉県行田市のさきたま古墳群にある丸墓山古墳で径100mもあります。西都原古墳群見学にはアクセスは宮交シティから一日2本出ている西都原考古博物館直行バス(復路も2本)を利用するのが便利です。1時間15分かかります(撮影日2017323日)。
PNG saitobarukofungun ryakuzu
PNG saitobaru169 zu - shuuseiban

 



西都原古墳群(2)169号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 円墳 

規模 径50m 高さ7m、葺石あり、三段築成

築造時期 5C

出土品 倣製銅鏡、刀、鉄斧、銅釧、鉄鏃 

史跡指定 国の特別史跡

特記事項 男狭穂塚、女狭穂塚古墳の陪塚と考えられている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   国宝の金錯銘鉄剣が出土した稲荷山古墳で有名なさきたま古墳群以来、久しぶりに埼玉県の古墳を紹介します。さきたま古墳群が中期末から後期にかけて築造されたのに対して今回の塩古墳群は古墳時代の4C央から後半に造られています。それも主墳二基は東国に多い前方後方墳で他は小規模な方墳と円墳です。動画でおわかりのように全体として残存する古墳の数々からしても小ぶりな印象ですが、林のなかに佇む墳丘は草刈がなされていて清々しい気分になりました。

 それにしてもこれまで紹介してきた群馬、栃木を中心に東国の前期古墳には前方後方墳が多くみられます。たとえば前橋八幡山古墳(クリックすれば直接飛べます。以下同様)、那須八幡塚古墳駒形大塚古墳上侍塚古墳下侍塚古墳そして今回も二基とも前方後方墳です。これは偶然なのでしょうか。

そうではないようです。考古学者の都出比呂志さんは大凡次のように前方後円墳と前方後方墳の関係について述べています。後円墳が約4000基に対して後方墳は1割以下の300基であり今後もその傾向は変わらない。東日本では後方墳は4C代においてかなりの首長墓に採用されたが畿内では5C前半には採用されなくなった。また東日本でもこの時期に大型の後円墳が後方墳にとってかわる(「古墳の墳丘」、古墳時代の研究7、1998年、雄山閣)。     

たしかに古墳時代全体を通じて最大の前方後円墳は大仙古墳(仁徳天皇陵)で墳長486mであるのに対して、前方後方墳は186m西山古墳(これもクリックすれば飛べます)です。墳長100m以上の前方後円墳(後方墳)は302基ですが、前方後方墳は9基にしかすぎません。その差は歴然としています。こうした数字からはなぜその首長が前方後方墳を採用したのか採用せざるを得なかったはわかりません。しかしヤマト王権の覇権が確立した5C以降に前方後方墳が衰退していく状況からすればそもそもヤマト王権とは距離を置いていた豪族たちの墓ではなかったかなどと想像をめぐらしたくもなります。

今回の塩古墳群は4Cの東国ではごく一般的な墳丘形態であった前方後方墳を採用した首長一族の墳墓であったと思われます。アクセスは熊谷駅から国際十王バス県立循環器・呼吸器病センターあるいは小川町行きで塩八幡神社下車進行方向に進み一つ目を左折。動画1の光景が広がるはずです(撮影2017228日)。
PNG shiokofungun zu




塩古墳群基本データ

所在地 埼玉県熊谷市塩

形状 前方後方墳、方墳、円墳

規模 1号墳(前方後方墳)墳長35.3m、後方部辺20m 高さ4.2m、前方部幅11.7m 高さ1.2m

2号墳(前方後方墳) 墳長30.1m、後方部辺20.1m、前方部幅11.4m3号墳(方墳)一辺19m

築造時期 4C央から後

出土品 底部穿孔のある壺形土器、有段口縁壺、鉢

史跡指定 埼玉県

特記事項 塩古墳群は7支群からなり今回紹介したのは標高約80mに築かれた第1支群(22基から形成)の一部



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の後期古墳は和歌山県和歌山市にある国の特別史跡 岩橋千塚古墳群の二回目、紀伊風土記の丘公園で公開されている将軍塚古墳を含め横穴石室三基を紹介します。既に公園外ですが特別史跡に2016年指定された大谷山22号墳をアップ済みです(クリックすれば飛べます)。説明によれば岩橋千塚古墳群は、紀ノ川下流の南側、JR和歌山駅東方約2kmの丘陵地(標高20150)を中心に分布する5Cから7Cにかけて造られた古墳群です。前方後円墳、円墳、方墳等約850基が3㎞四方に5Cから7C前半の間に築かれています。市中心部からさほど遠くないバスで20分ほどのところです。訪れてあらためて驚いたのですがアップダウンがかなりきつく無数の墳墓が尾根にへばりつくように築かれています。今回は再訪だったのでさほどではありませんでしたが、はじめての時はハーハー言いながら歩いたのを思い出します。その古墳群たしかにかなりの迫力です。理由はその密集性にあるのだと思います。角を曲がれば古墳、そのような感じです。動画3でその 一部がおわかり頂けると思います。

  詳細は省きますが古墳群はいくつかの地区にわかれており公園として整備されているのはその一部です(大谷山22号墳は公園外の民有地にあります)。公開されている横穴石室は10基、竪穴式石室2基と箱式石棺1基のみでいささか拍子抜けでした。その大半が前山地区にあります。しかも内部に入れないところもあります。入れるところでも今回の将軍塚古墳がそうであるように入口はコンクリートで固められていて墳丘の趣を損なっています。昭和の時代の復元で致し方ないとはいえ再度の修復が必要でしょう。

  本題に戻ります。紹介している最初の二基は前山A地区にある23号墳、24号墳で径14m、高さが3mほどの円墳の横穴石室で古墳群では標準的な規模だそうです。三基目は前山B地区の墳長42.5mの前方後円墳、将軍塚古墳です。後円部にある石室ですが、他の二基と同様石棚と石梁があり入口が狭いというのが大きな特色です。しかも天井高は4.5mもあります。結晶片岩の板石を積み重ねて造られた石室は6C後半の築造と考えられています。一般的に古墳の被葬者ははっきりしていませんが岩橋千塚古墳群に関しては紀ノ川河口の平野部に大きな政治力を持っていた紀国造に関係する人々が有力視されているようです(紀伊風土記の丘HP)。アクセスはJR阪和線和歌山駅からバス「紀伊風土記の丘」行きで終点下車。公園入口まで10分(撮影2017117日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

PNG yamahatakofungun ichikannkei

  大阪には本当に数多くの古墳があることに驚かされます。近鉄奈良線の瓢箪山駅から真西に1㎞ほど。山の中腹に東大阪市の郷土博物館があります。6C後半から7C初頭に築かれた山畑古墳群はその周辺に残されています。もとは横穴石室を持つ小規模の円墳を中心として100基ほどあり開発の進んだ今でも70基ほどが確認できるそうです。たしかにあそこにもここにもあるという感じです。ただし今回、紹介するような石室内部が完存に近い状態で観察できるものは少ないようです。22号は二つの円墳が連結する双円墳だったようですが現在では東西のうち西古墳しか墳丘も石室も残されていません。床面に中ぐらいの石が敷かれた石室内部と幅の狭さが印象的です。21号もほぼ同じですが天井高はやや高いようです。古墳は中期になると前期に多く見られた山頂から平野に下りてきますが、後期ではまた今回の山畑古墳群のように山の中腹に規模が小さいものが密集して造られるようになります。どうやら首長クラスだけでなく、格下の人々も古墳に葬られるようになった今回の二基を含め多くの石室からは馬具関連の副葬品が出土しており、騎馬を飼育していた馬飼部を率いた渡来系氏族の墓ではないかとの解釈がみられます。

今回、編集しながら思ったのですが、奈良の赤坂天王山古墳、峯塚古墳のように入口が土砂で埋まっている横穴石室の本来の姿を想像するための指標としても役立つように思いました(撮影2016年9月26日)




山畑22号と21号墳(山畑古墳群)基本データ

所在地 大阪府東大阪市瓢箪山、上四条町

形状 22号双円墳(現在は西側のみ残存)、21号円墳

規模 22号 径15m 高さ4.5m21号 径15m 高さ 不明

石室 22号 長さ約9m 玄室長さ 約3m 幅1.6m 高さ2.8m

21号 長さ約8m 玄室長さ 約4.1m 幅 2m 高さ3m

築造時期 6C後半

出土品 22号 須恵器、馬具、鉄鏃 21号 須恵器、鉄鏃、石棺片(凝灰岩製)

史跡指定 22号 市指定

特記事項 古墳群の数多くの横穴石室から馬具等が出土しているところから馬を飼育していた馬飼部を率いた渡来系人々の墳墓ではないかとの見方もある


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ