全国の古墳を歩いていていつも思うことはどのようにしてこの巨大構築物を造ったのかという疑問です。前期の古墳の多くは動画でもご覧頂いているように山間部の見晴らしのよいところに築かれていることが多いですし、中期の大型の古墳は葺石用の石、埴輪、土砂はじめ資材の量は半端ではありません。後期以降の横穴石室用の石材の巨石にも驚かされるばかりです。その築造技術もさることながら、どのように運搬したのかが気になります。古墳時代の日本列島は人口400万人程度といわれています。人海戦術といってもこの人口数では気が遠くなります。

すでに修羅と呼ばれている木製の巨大なソリが使われたことは紹介していますが、今回訪れた大阪府の河南町にある近つ飛鳥博物館で、見学に訪れた子供たちが復元された長さ3mほどの修羅を使って移動しているのを見かけました。ああ、このようにして用いたのだとはわかりましたが、一回で運べる量は限られており、何百、何千回という繰り返しの作業が必要だったのでしょう。ただただ感心するばかりです。その様子を動画でご覧ください。

 博物館には藤井寺市で1978年に発掘された二つの修羅のうち長さ8.8mの大修羅が保存処理を経て展示されています。たしかにバカでかいとしか形容の仕方がありません。これをどのように用いたのか。長すぎるのではないかと思ったところ藤井寺市の次のような解説が目に留まりました。「積載物の安定性を確保するという実用面からは3メートル前後、大きくても5メートルほどが最適な大きさと考えられるのです。言葉を換えると、大修羅は実用性という点からすると、長過ぎるということがいえるのかもしれません」(『広報ふじいでら』第392 20021月号)。世界的にみてもそのような傾向にあるようです。ならばどのような場面でこの巨大修羅は使用されたのか。前記の解説は、大修羅は儀式用の道具、例えば石棺を墳丘の上まで静々と運び上げるときに使ったのではないかとしています。その場面が目に浮かぶようです。皆さんはどう思われるでしょう。

 付け加えるのを忘れるところでした。修羅の名の由来は阿修羅が帝釈天と争って勝ったという仏典の故事から「帝釈 (大石) を動かせるのは修羅」に由来するといわれているそうです。そう呼ばれるようになったのは城郭の建築が盛んになった中世以降のことのようです(撮影201759日)。






にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村