今回の中期古墳は栃木県宇都宮市にある墳長105mの前方後円墳です。栃木県、かつて律令制下では下野と呼ばれた地域の古墳は既に紹介したように宇都宮市から北に100㎞ほどのところ那珂川町や大田原市に古墳時代前期から中期初めにかけて駒形大塚古墳(4C央)(以下古墳名をクリックすれば飛べます)、那須八幡塚古墳(4C末)、それに下侍塚古墳(5C初)上侍塚(5C前)と古墳全体としては少数派の前方後方墳が多数造られます。東国に特有の現象です。5C中頃になってはじめて大規模な前方後円墳が造られます。それが笹塚古墳なのです。続いてごく近くにこれも既にアップしてある墳長98m塚山古墳が造られます。古墳東側5㎞には鬼怒川が悠々と流れており立地としては申し分ありません。笹塚古墳は近年の調査の結果盾形の周濠が二重に巡り墳丘は三段築成で葺石が葺かれていたことが明らかになっています。なお笹塚古墳を主墳として前方後円墳二基を含む東谷古墳群が形成されています。

 動画1の冒頭のように県道からみた墳丘遠景には木々が生い茂りあまりワクワク感はなかったのですが石柱の碑が立つ前方部端から墳丘に登ると意外や意外。よくぞ残されたと感心した前方部から後円部が目に入りました。中期、5C央の築造と考えられていますが前方部の発達はさほど見られず後円部径63mに比して幅は48mに留まっています。小さな薬師堂のある後円部をぐるっとまわり前方部を見通すとくびれから端にかけて墳丘が高さを増す様子がよくわかりました。藪に埋もれた墳丘南側に降り立ちます。思い出したのは墳丘が確認できず悪戦苦闘した千葉県富津市の内裏塚古墳でした。季節が冬だったせいでしょうか後円部から前方部にかけての稜線がはっきりと確認できホッとしました。(撮影201713日)。
PNG Sasazukakofun zu



笹塚古墳基本データ

所在地 栃木県宇都宮市東谷町

形状 前方後円墳 

規模 墳長105m 後円部径63m 高さ10.5m、前方部幅48m高さ8.5m

三段築成 葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒、朝顔形埴輪

史跡指定 栃木県指定

特記事項 墳長が2012年の発掘調査でこれまでより5m長い105mことがわかった。三段築成、周濠、葺石、埴輪の四点を含む前方後円墳では県内唯一。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村