見通しがあまり効かない二基の著名古墳
 今回の大石塚古墳・小石塚古墳が含まれる中小40基ほどからなる桜塚古墳群の被葬者は特徴ある集団ではないかといわれています。すでに紹介した大塚古墳(クリックすれば飛べます)以降の古墳からは軍事的色彩の濃い副葬品が多数出土しているからです。大塚古墳では盗掘を免れた埋葬施設から甲冑二組・短甲、刀剣、刀子等武器類が発掘されており桜塚古墳群を研究した考古学者の田中晋作さんは、「墳丘の規模が縮小化する傾向を見せながら、埋葬される武器が増えるという現象は、被葬者が置かれた社会的地位が相対的に低下していく一方で、彼らが勢力をもった地域が軍事的に重要な地位を占めたのではないか」(一部改変、倭王の軍団、新泉社、2010)と述べています。

そうした桜塚古墳群で4C中頃、最初に築かれたのが墳長80m、群中最大規模の大石塚古墳で、墳長49mと約半分の小石塚が主軸を揃え並んでいます。今回の二基からは武器は出土しておらず、円筒埴輪と朝顔形埴輪、壺型埴輪のみが検出されています。動画でご覧いただけばわかるように墳丘はかろうじてわかる程度で、よほど関心のある人でないと古墳とは気づかないでしょう。墳丘は頑丈な柵で周辺と遮断され、墳丘自体も樹木で覆われてしまっています。唯一豊中市伝統芸能館のテラスが墳丘くびれ部にあたり、そこが最も古墳を間近に感じられるスポットになります。墳丘内に入れないために径48mの後円部に比して短めの前方部を体感することもできません。
 小石塚のほうはさらに見学者にとっては難儀です。前方部から後円部がよく見渡せないのです。墳丘が民有地に囲まれ墳丘との間には道がないためです。古墳に親しみをもってほしいと行政側で思っても、これではねえと嘆息するばかりです。姫路市の瓢塚古墳(クリックすれば直接飛べます)を民家やガソリンスタンドに囲まれてしまい気の毒だとのニュアンスで紹介しましたが、今回の大石塚・小石塚は存在すら一部の専門家にしかアピールできないという点で哀れかもしれません。墳丘墳丘自体はきれいに復元されていることがわかる御獅子塚古墳も桜塚南小学校内にあるために立ち入りが禁止です。墳丘に登れる大塚古墳の目の前にあるにもかかわらずです。こうした保存の方法が最善なものか豊中市にはよく考えてほしいものです。とはいえ伝統芸能館には動画1の最後に張り付けた大石塚古墳から出土した埴輪は墳丘の立体図などが展示されており必見です。
 アクセスは阪急宝塚線の岡町駅で下車し東側にある豊中市伝統芸能館を目指します。徒歩で5分ほどです(撮影2015年7月7日)。

大石塚・小石塚古墳基本データ

所在地 大阪府豊中市岡町

形状 前方後円墳

規模 大石塚 墳長 80m、後円部径 48m 高さ6m、前方部幅30m 高さ2.9m

三段築成 葺石

小石塚 墳長 49m 後円部径29m 高さ3m、前方部幅21m 高さ1.5m、二段築成 

葺石

築造時期 4C

出土品 大石塚 円筒埴輪、朝顔形埴輪、小石塚 円筒埴輪 壺形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 なし



PNG ooishizuka koishizuka zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村