丸隈山古墳には古墳踏査をはじめて間もない2014年の春に訪れています。石室とはこのようなものかという程度の感想しか持たなかったのですが、数多くの石室のある古墳を訪ねた今、いくつかの理由で丸隈山が大変貴重な古墳であることに気づかされました。一つは羨道は破壊され玄室しか残されていないものの平らな石を何枚も重ねた小口積みの石室が塗られた赤色顔料(うっすらではあるが)とともに残っていること。二つは箱式石棺が残され、それは仕切りの石板をおいて二人分埋葬できる珍しいものであること。追葬用でしょうか。それとも同時に二人が亡くなったのでしょうか。三つは丸隈山に先立ち築かれた同種の石室をもつ鋤崎古墳(福岡市)が埋め戻されて見学ができないのに対して鉄の格子越しですが間近に見学できることです。市のHPなどで石室内部の画像を公開している例は多数あります。ところが実際に訪ねようと思い事前調査をすると埋め戻されていたり、危険なので現在は非公開ですなどといわれがっかりすることは一度や二度ではありませんでした。その意味でも本当に貴重です。

 もっとも動画1でおわかりのように階段を登った先が墳長85mの前方後円墳の前方部というのは周囲の木立とも相まって古墳に興味がなければ気がつかないのではないでしょうか。後円部の墳丘の北側三分の一ほども消滅し、石室の羨道部分もまったくありません。いきなり埋葬施設の心臓部、玄室です。これではあたかも丘陵の先端に円墳の一部が残されているようにしか見えないのです。ただ残された石室は既に書きましたように素晴らしいです。墳丘についても二度目の訪問で隣接する竜松寺側、つまり西側を歩いたところくびれも含め前方後円墳ということが実感できることがわかりました。動画1の後半でご覧になれます。現地を訪れる機会がある方、是非とも竜松寺側にまわってください。ただし、くれぐれも足を踏み外して寺の敷地に転落しないようご注意ください。

 ところで今回の古墳のある福岡市西部の今宿平野には、前述の鋤崎古墳、山ノ鼻1号墳、若八幡宮古墳、丸隈山古墳、兜塚古墳、今宿大塚古墳まで4C央から6C前まで次々と中型の前方後円墳が築かれています。山ノ鼻1号墳、若八幡宮、今宿大塚古墳についてはいずれ紹介する予定です。

福岡市のHPによれば丸隈山古墳は古くから開口していたようで江戸時代の福岡出身の儒学者貝原益軒が著わした『筑前国統風土記』には、寛永6年(1629)に村民の発掘で、銅鏡二面、巴形銅器、直刀、鉄鏃や、玉類が出土したと伝えられているそうです。アクセスはJR筑肥線周船寺駅から561号線に出て東に徒歩10分ほどです。竜松寺を目指します

(撮影20161227日)
PNG marukumayama zu


丸隈山古墳基本データ

所在地 福岡県福岡市

形状 前方後円墳

規模 墳長85m、後円部径60m 高さ8m、前方部幅45m 高さ不明

三段築成、葺石、埴輪あり

築造時期 5C

出土品 銅鏡二面、巴形銅器、直刀、鉄鏃や、玉類等(伝)、埴輪片

史跡指定 今宿古墳群として国指定

特記事項  残存する石室は横穴石室としては初期のもののようだ。石室規模は

2.4m、長さ4m、高さ2m。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村