紹介する古墳とは直接関係ありませんが、考えていたよりもよく撮れているととても嬉しい気分になります。遠くから墳丘を確認できた琵琶塚古墳を見たあと道路を挟んで雑木林のなかに佇む今回の摩利支天塚古墳の墳丘は木漏れ日に輝いていました。幻想的な姿ですが動画で撮るとその様子はよくわからないというのが普通ですが、今回はその片鱗がうかがえるように思えます。一人悦に入っています。

 ところで今の栃木県(下毛野)には全国の古墳群と同様、河川流域に沿って周辺を支配していた有力者の墳墓が造られています。それまで目立った墳墓が築かれていなかった思川と姿川の合流点付近では、5C末になり今回の摩利支天塚古墳にはじまり、6C初に琵琶塚古墳((クリックすれば飛べます6C末には吾妻古墳(未アップ)と100mを優に越す大型の前方後円墳が造られます(この辺りの説明は(「古墳・下野市・壬生町周辺の古墳群」下野市教育委員会、壬生町教育委員会、2013)によっています。摩利支天塚の前方部は現状ではよくわかりませんが先が剣のように突き出る剣菱型をしています。以前紹介した西洋庭園のような栃木県宇都宮市の塚山古墳(5C後)(クリックすれば飛べます)が同様の前方部を有していました。築造時期は摩利支天塚のほうが少し後になりますが築造集団が同じだったのでしょうか。他方、琵琶塚、吾妻古墳に特徴的な一段目テラス(平坦面)が幅広かったの対して摩利支天塚は通常の二段築成です。葺石はなく埴輪が巡っていたことが明らかになっています。周濠は二重に巡っていました。

 北方向200mほどのところにある琵琶塚古墳が築かれる際には摩利支天塚古墳は既に完成していました。どんな思いで作業に当たっていた人々は摩利支天塚古墳の姿を見ていたのでしょう。想像が掻き立てられます。摩利支天社のお社が後円部に建てられていますが墳丘はあまり改変されていないそうです。アクセスは下野市にある小金井駅から西に国分尼寺跡を目指し姿川を渡ったところを左折し南に下ると右手に琵琶塚古墳が見えます。徒歩40分。西口にある下野市観光案内所がでわかりやすい地図をくれます(撮影2016128日)。

PNG marishitenkofun zu - コピー


摩利支天塚古墳基本データ

所在地 栃木県小山市

形状 前方後円墳

規模 墳長117m120m)、後円部径70m 高さ10m、前方部幅75m 高さ7m

二段築成 二重周濠

出土品 円筒埴輪

築造時期 5C

史跡指定 国指定 

特記事項 葺石は敷かれていない


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村