丘陵先端にある見応えのある横穴石室

 色々な石室を歩いてきましたが、今回紹介するこうぜ1号墳も思い出深い一基となりました。いったいどこにあるのだろうとさまよい歩いた末に漸く見つけた時のあの「感激」

は石室マニアの方でないとなかなか理解できないかもしれません。私も歩いているうちに、そのマニアの一人になった気がします。

 今回のこうぜ1号墳への行き方は桜井市観光協会作成のパンフレット鳥見山(とみやま)周辺の古墳群に写真入りで説明されています。なので先人たちのご苦労に比べればほとんど探す手間はありませんでした。とはいえ石室が開口する前方後円墳のある丘陵先端の最後の箇所は結構、斜面がきつく雨の日は難しそうです。動画1の冒頭に古墳側からみた町の様子が映っています。開口部が見えた時には案外楽そうと思ったのですが、これが難儀でした。高さが4-50㎝であれば思い切って腹ばいで匍匐前進と割り切るのですが、今回の場合、それよりはありそう。結局、しゃがみながら羨道部を前に進むことにしなりました。その様子は一部音声を残しましたので笑ってご覧ください。

 この前方後円墳、墳長は約50mとのことですが今ではその姿を想像するしかありません。桜井市埋蔵文化財センターの「桜井の横穴式石室を訪ねて」(2010)によれば、1号墳には今回紹介する前方部に開口する東石室とは別に後円部に東石室よりやや大きな西石室があります。いずれ紹介しますが、規模に比例したのでしょうか土砂の堆積は東よりもひどく、ここ数年の内には開口部自身が塞がれてしまうのではないかと思ったほどです。

 今回の東石室は全長が9.9m、玄室長が4.7m、高さは2.5m、幅は奥壁部分で2.5m、羨道は広いところで幅1.8m、高さは0.8mですが、土砂の堆積を考えると玄室の高さは優に3mを越えるのではないかとみられています。石積みは奥壁が3段で側壁は4-5段です。ようやく羨道から玄室にたどり着くと、羨道の高さが0.8mしかなかったために尚更のこと空間の広がりを感じました。奥壁下部には石棺の一部ではないかと思われる石材がみえます。興味深いのは動画2のキャプションにもつけましたが玄室奥壁側から羨道方向を見ると右手のほうが左手よりも広く、両袖形とはいえやや偏りのある形をしていることです。特別の意味があったのでしょうか。なお北側至近の距離に既に紹介した秋殿南古墳があります(古墳名をクリックすれば飛べます)。石室を比較したい方にはお勧めです(撮影2017年2月15日)。



PNG kouze1gou higashi (YU用)saishu
PNG kouze1goufun to shuhen no kofun

こうぜ1号墳(東石室)基本データ

所在地 奈良県桜井市大字朝古字こうぜ

形状 前方後円墳

規模 墳長50m 詳細不明、後円部に西石室、前方部二東石室あり

築造時期6C

出土品 不明

史跡指定 なし

特記事項 1号墳以外に円墳の2号墳、3号墳がありそれらを合わせ

こうぜ古墳群と呼ぶ


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村