古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方のブログやHPがあります。ただなぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報とともに一古墳に3-5本の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名隣に■があれば石室動画がご覧になれます。特定古墳も頁右上から検索できます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:Korea

一見の価値あり武寧王陵副葬品と高野槇製棺

 今回は夏休みということもあり番外編として韓国の古墳を紹介します。2016年に世界遺産に登録された韓国、ソウルからも近い公州市にある百済26代武寧王陵です。栄山里古墳群として現在7基が保存されている中の一基です。日本の古墳と違い墳丘は決して大きくありませんが武寧王陵の場合、1971年に未盗掘のまま排水溝工事中に偶然発見され、その豊富な副葬品(多くが国宝指定)と倭から贈られたとみられる高野槇製の棺で人々を驚かせたと聞きました。しかも墓誌があり武寧王陵と特定されたことも貴重なことでした。2014年に続いて二度目の訪問だったのですが隣接する公州市博物館が世界遺産登録を記念して全面リニューアルされて見事な展示ぶりでした。その一端は動画2や3でご覧になれます。埋葬施設にあった副葬品がそのままのレイアウトでしかも本物が大半という迫力です。それに韓国はどこの博物館もフラッシュさえ使わなければ撮影OKというのも魅力です。そして以前はパッとしなかった高野槇製の棺が残った部材の場所がわかるように復元されていたことにも感心しました。
ところでこのブログでは番外編として韓国の墳墓を紹介してきました。これまで芳荑洞(ほうていどう)(以下古墳名をクリックすれば飛べます)、石村洞古墳群皇南大塚古墳と天満塚を紹介してきました。合わせて是非ご覧ください。

 百済と言えば4C後半の建国から7C央に滅亡するまで首都を何回か移転していますが、武寧王は漢城を追われて475年に熊津(ウンジン)(現在の公州市)で再興した中期(475から538年)の501年から523年まで在位しています。高句麗が南下し滅亡寸前だった百済を再建し国力を増強したことで知られています。外交面でも先進文物を中国から取り入れ、倭に軍事的支援の見返りとしてそれらを移出するなどかなり積極的な王であったようです。523年57日に亡くなり2年余りの死者とのお別れの儀式 (もがり)を経て、525812日に埋葬されたことが発掘された墓誌に記されています。殯はしばしば日本の古代に行われていた葬儀儀礼とされていますが朝鮮半島でも行われていたようです(というか倭はそれに倣った)。後を追うように王妃も5262月に亡くなり5291212日に埋葬されています。それにしても日本にしかない高野槇(今では韓国済州島でも確認)で造られた棺が葬儀によく間に合ったと不思議に思っていましたが鍵は長い殯(もがり)の期間の長さにありました。これだけあれば高野槇製の棺を倭から送るに十分な時間ですね。

 石室は動画にあるようにレンガ(塼、せん)積みでドーム型をしています。日本で同じような塼式の石室を紹介しています。動画1の最後に加えた奈良県桜井市の舞谷2号墳です。もっとも舞谷2号は塼を積み上げたあと漆喰を塗っている点は武寧王陵とは違います。なお舞谷2号墳(クリックすれば飛べます)全体もご覧になれます。アクセスはソウルから数多くツアーが出ているのでそれを利用することをお勧めします(撮影2017723日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は日本を離れ、倭の時代に交流が最も盛んであった朝鮮半島、百済の古墳、ソウル市のロッテワールド近くの石村洞古墳群を紹介します。二度目のアップになりますが三年前よりも情報量は増していると思います。建設途中だった高さ555mのロッテタワーを借景にした積石塚は現代と古代の融合の極致ではないでしょうか(動画1)。

規模の大きい3号墳は天理市の石上神社に伝わる国宝 七支刀(4C後半に作成)を倭に贈った近肖古王の墓(4C末か)ではないかといわれています。こぶりの4号墳、2号墳も3号墳と同じ階段式の積石塚ですが説明板によれば築造方法など微妙に異なるようです。5号墳は墳丘を葺石で覆いさらに薄く土をかぶせた葺石封土墳という珍しい古墳です。

 これら石村洞古墳群の近くのオリンピック公園内には百済の王都だったと考えられる夢村土城、風納土城の発掘が進んでおり漢城百済博物館も開館しています(残念ながらまだ訪れていません)。石村洞古墳群は最近読んだ森下章司さんの『古墳の古代史―東アジアのなかの日本』(ちくま新書、2017)の中でも紹介されています(中国、朝鮮半島と倭の墳墓との違いや共通点が豊富に紹介されていて新鮮でした)。

 高句麗の影響を受けたともいわれるこれらの階段式積石塚と既にアップしています香川県高松市の石清尾山(いわせおやま)古墳群のいくつかの積石塚古墳を比較してご覧になるのもよいのではないでしょうか。石船塚古墳猫塚古墳を(古墳名をクリックすれば飛べます)紹介しておきます。

アクセスは最近開設された地下鉄Seokchon駅から西に200mほど歩くのが最短ですが、地下鉄Jamsil駅からロッテワールドを右に見ながら古墳群のある公園まで1㎞ほど歩くのがお勧めです(撮影2017年7月25日)。
PNG sekisondon kofunngun zu







にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

ロッテタワーが借景になった石村洞古墳群
 今回は日本を離れ、倭の時代に交流が最も盛んであった朝鮮半島、百済の古墳、ソウル市のロッテワールド近くの石村洞古墳群を紹介します。百済が漢山城(漢城)にあった時代の古墳で、百済の王族の墓といわれています。約300の古墳が造られていたようですが、日本同様に開発によって大半が失われ、現在では8基のみが公園として保存されています。
 動画で見て頂く3号墳、4号墳の積石塚と小規模の墳丘土壙墓が残されています。一辺約50mある3号墳と17m4号墳では造られ方が異なるようで、前者は積石により後者は積石の間に土を充填しているそうです。規模の大きい3号墳は天理市の石上神社に伝わる国宝 七支刀(4C後半に作成)を倭に贈った近肖古王の墓(4C末か)ではないかといわれています。日本でも話題となったことのある積石塚の実物を修理が施されているとはいえ目の当たりにして何ともいえない感慨を覚えました(撮影2015年7月30日と2017年7月23日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ