古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方のブログやHPがあります。ただなぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報とともに一古墳に3-5本の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名隣に■があれば石室動画がご覧になれます。特定古墳も頁右上から検索できます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:Kabutozuka

九州最大の方墳のドーム型横穴石室

 数多く紹介してきた横穴石室ですが、これも印象に残る一基になるに違いありません。首が痛くなるのを我慢しながら動画1の最後に暗闇のなかにうっすらと映る高さ4.6m先の小さな天井石をみてみました。小さなということからおわかりだと思います。天井に近づくにつれ四隅からその小さな板石に向かってカーブしながら石が積みあがっていくドーム型(穹窿式 きゅうりゅうしき)なのです。佐賀県太良町の田古里古墳(クリックすれば飛べます)と同様の感動を覚えました。まぎれもなく倭の時代の石室なのですが、どこか西欧の香りがするというのは言い過ぎでしょうか。

 昔からみやこ町の甲塚古墳の石室は知られており盗掘も繰り返されてきた経緯があるようです。平成の3年になって本格的な調査が行われ、その後史跡として整備されてきたとのこと。羨道から前室、奥室(後室)からなる複式構造の横穴石室は全体で14.5mもあります。比較的最近アップした奈良県御所市の大型石室を有する新宮山古墳の場合は13.4mでした。甲塚古墳を含め周防灘に臨むこの地域には国指定指定史跡の綾塚古墳、橘塚古墳はじめ大型横穴石室のある古墳がいくつもあります。とりわけ方墳の甲塚古墳は6C後半に造られたと考えられ、中央ではその頃蘇我氏がヤマト王権にあって権勢を振っていました。蘇我氏の古墳は、稲目の墓が都塚古墳、だいぶ時期はくだりますが馬子の墓といわれる石舞台古墳など方墳が多いこと、他方甲塚古墳が九州では珍しい大型の方墳(46.5m×36.4m)であることなどを考えると当時のヤマト王権とは密接な関係にあったのではないかと考えてもみたくなります。蘇我氏はともかくこの大型方墳に大型の石室は中央政権とかかわりのある有力地方豪族が葬られていたと想像されます。それは周防灘の先には瀬戸内海が広がりヤマトへの航路にも近かったことからもわかります。アクセスはJR九州日豊本線で行橋駅下車 タクシーでみやこ町歴史民俗博物館まで行き、学芸員の方に案内して頂いた(歴史民俗博物館のHPに入ると「現地研修のお申込み」という書式があります)撮影2018328日)。



PNG kabutozuka kofun zu修正版
甲塚古墳石室平面図


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

京都の町中にこれほどの石室があるとは! 
  何度か書いた気がしますが、寺社仏閣のイメージが強い京都にも、それ以前の時代、人々の生活はあったわけです。古墳時代の遺跡も数多く残されており、今回の後期古墳、甲塚古墳もその一つです。それは荒電嵯峨駅から北東方向に1㎞ほどのところにある山下造園の敷地内にあります。一帯が嵯峨甲塚町と名付けられているところからもわかるように径37m、高さ5.5mほどの円墳は周囲が平坦なだけに昔から人々の目に留まっていたのではないでしょうか。敷地内は紅葉の名残りが美しく、よく手入れされた石室が迎えてくれました。動画1でみるように墳丘は原型をとどめてはいませんが両袖式の石室は完存しています。

京都市文化財ブックス第26集(2012、京都市)によれば「嵯峨野の地には墳形および墳丘規模、立地から、①古墳群南辺の扇状地上に位置する前方後円墳、②古墳群中央の微高地に立地し、群を形成しながらも独立して築かれた円墳(一部、方墳)③嵯峨野北辺に連なる各丘陵の頂きから裾部を中心に築かれた群集墳、の三つのグループに大別される」そうです。今回の甲塚古墳は②のグループに入り、天塚古墳(紹介済み)(クリックすれば飛べます)、いずれアップする蛇塚古墳は①になり、南東方向2㎞ほどのところに位置します。円墳は前方後円墳よりも格下に位置づけされていますが、石室の規模でいえば前方後円墳の天塚古墳よりも大きくなっています。もっとも、甲、刀剣類、馬具など豊富な副葬品で地位の高さが証明されている天塚古墳に比べ、何も史料が残されていないのが残念です。ただ、石室ファンには見逃せない古墳ではないでしょうか。巨大な石室の石組だけ残された蛇塚よりも古墳という感じがします。石室の規模でみると岡山市  こうもり塚古墳(クリックすれば飛べます)よりも一回り小さく、出雲市の今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)よりも一回り大きくなります。比較してご覧ください。

アクセスは冒頭に書いたように荒電嵯峨駅から北にある通りを800mほど水路にぶつかるまで歩き、水路沿いに北へあがると左手に宝樹寺があり、その西隣が山下造園さんです。

事前に電話で連絡をとり石室の鍵を開けて頂きました(撮影2015年12月10日)。



甲塚古墳基本データ

所在地 京都府右京区嵯峨甲塚町

形状 円墳

規模 径37-8m、高さ5.5m

石室規模 全長14.4m、玄室長5.2m 幅2.6m 高さ3.2m、羨道長9.2m 幅1.5m 高さ1.7m

出土品 不明

築造時期 6C

史跡指定

特記事項 前述 文化財ブックスには 現在、周辺には古墳はないが削平された可能性もあり、かつては群を形成していたかもしれないとの記述がある。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

ピンク石の石棺が露出する前方後円墳
 今回の中期古墳はこれまで何度も紹介してきた多数の古墳が存在する桜井市の兜塚古墳、前方後円墳です。墳長50mの中規模古墳で前方部に露出する阿蘇凝灰岩(ピンク石)製の石棺で有名です。桜井茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)から南に2kmほどの浅古に位置しますが奈良の中期古墳でほぼ同じ頃といえば三陵墓東古墳(色が反転しているものはクリックすれば飛べます)があり、5C初期、前半には馬見丘陵の古墳群(ナガレ山古墳)が思い出されます。
  全体として畿内ではこの時期大王墓以外は小型化が進んでいたことを考えれば墳長50mの前方後円墳はそれなりの権力者が眠っていると考えてよいのではないでしょうか。動画1で見るように周辺は住宅が密集しかろうじて丘陵に古墳が確認できます。浅古の交差点にある八坂神社南側から前方部に登るといきなり縄掛け突起のある石棺が迎えてくれます。たしかにピンクで少々感激。有力者である証拠ともいえる石棺です。ただ上半分しか覗いていないので一回目に訪れた夏場は草に覆われてよく見えませんでした。草刈りが終わったあとの再訪では動画3のようによく見えました。石室は埋没していますが現在の石棺の上には盛り土があったようです。
  この石棺のある前方部墳頂に立つと西側に後円部が広がります。桜井市立埋蔵文化財センターの担当者の話によれば平成11年の測量調査によって以前後円部と考えられていた石棺のある場所は前方部であることがわかったそうです。後円部にも埋葬施設があったと考えられ盗掘跡ではないかと思われる陥没もあるようです。ただ二段なのか三段なのか段築は未確認とのこと。その墳丘は動画4でおわかりのように墳丘に沿って民間企業の土地がぎりぎりまで迫り窮屈そのものです。それでも姫路市の瓢塚古墳の環境よりはよほどましです。じっくりご覧ください。
  アクセスは桜井駅から多武峰( とうのみね)行きのバスで浅古で下車。八坂神社南側の路地を左折すると左側に入口が見えます。ただ桜井市の駅から歩いても30分ほどです。駅観光案内所で地図を貰い説明を受けるとよいでしょう(撮影2015年11月25日)。



兜塚古墳基本データ

所在地 奈良県桜井市浅古

形状 前方後円墳

規模 墳長50m、後円部28m 高さ4m、前方部25m 高さ4m

段築 不明、葺石あり

築造時期 5C

出土品 管玉等玉、鉄鏃、埴輪片

史跡指定 桜井市

特記事項 阿蘇凝灰岩(ぴんく石)製の石棺 約2.1m、幅、高さ約1m



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ