古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:Japan’s

阪急宝塚線の中山観音駅から徒歩5分、安産祈願で知られた中山寺境内に今回の後期古墳、中山寺白鳥塚古墳はあります。これほどアクセスのよいところに、見応えのある石室があるとはちょっとびっくりです。もっとも、本殿脇の古墳の墳丘は改変が著しく、円墳(一応円墳としましたが)か方墳かもわかっていません。それでも、背の高い玄室とそこに眠る竜山石製の家形石棺の迫力はなかなかのものです。最近の研究調査では、ほぼ南東方向に開口する約16mの石室は、玄室、羨道ともに天井部まで良好に残存しているとしています(開口部、羨道の石積みの一部や、敷石の一部は後世ではないかとの記述あり)(白鳥塚古墳・山本古墳群、ゴーランド・コレクション調査プロジェクト、兵庫県宝塚市、20173月)。

これまでかなり多くの石室を紹介してきましたが、石棺が残されていると印象がよくなります。

話は脱線しますが、盗掘にあって失われた石棺はいったいどこにいったのか、誰しもが考えることではないでしょうか。既に紹介した馬見古墳群の広陵町牧野古墳の公園には近くの下池吐水口の橋の一部に使われていた文代山(ふみしろやま)古墳の石棺の底石が展示されていますし、日本最古のダム式溜池である狭山池を記念した大阪府立狭山池博物館では古墳時代の石棺製の石樋(とい)(鎌倉時代に用いられた)が展示されていて驚かされます。リサイクルという観点から考えればなるほどと思いますが、どうやら当時の人々の死生観はだいぶ現在とは違ったようです。平城宮建設のためにさっさと市庭古墳の前方部を削平している(ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳、動画3の最後)ことなどもそう考えると理解できます。

 肝心の白鳥塚古墳ですが長さ6m、幅2.5m、高さ3mの玄室(前出報告書では長さ5.5m、幅は2.3m2.5m、高さは奥壁付近で2.9m)は、実際よりも高く見えます。6個の縄掛け突起のある大きな竜山石製の石棺が入ってもバランスのとれた空間が広がります。奥壁は大型の花崗岩二段の上に小型の石材一段の三段積みで、終末期のような切石ではありませんが粗削りという印象は受けません。中山寺社伝で、仲哀天皇の先后である大中姫の墓と伝えられているようですが、古くから開口していたこともあって出土品は不明です。石のカラト(唐櫃)とも呼ばれることがあるようです。

 玄室には入れませんが、開口部脇のツツジの植込み、鉄柵のデザインといいあか抜けていてホッとさせられました。好印象の古墳石室です(撮影2017613日)(記述に一部誤りがあったので再掲載しています)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  これまでも石室内に描かれた線刻模様のある古墳はいくつか紹介してきましたが、私の視力の衰えのせいもあってか必ずしもはっきり、くっきりと認識できるものはあまりありませんでした。厳重な保護管理された石室ではやむを得ないのでしょうが照明を極力落としているためにみづらく、HPや図録でみたものとはずいぶん違うとの印象をもったことがたびたびでした。その意味で今回はよい意味で期待を裏切られました。多くの方がそう思われるのではないでしょうか。

 非常にラッキーなことにお自宅の敷地内に古墳のある御当主のお話では、今日は本当に「よく見えますな」とおっしゃっていました。天候、特に湿度に非常に左右されるのだそうです。それにしても複室の前室から後室の奥壁に描かれている円紋を見た時には、その遠目にも見える鮮やかな朱色に度肝を抜かれました。妙な表現ですが、つい最近描かれたような、レプリカのようなそんな印象なのです。その状態を動画でどこまで伝えられているでしょうか。

 「装飾古墳の世界」(祥伝社、2010)を書かれた考古学者大塚初重さんは「墳墓を装飾するということが古代人の心の中になかったわけではなく、装飾ということより死への旅路の冥福を祈った人々の祈りの具象化なのであった」と書いています。なるほどそうなのかと思って見返すと動画2の船と思しき模様は被葬者を乗せた旅立ちの船のようにも思えます。そのような蘊蓄はこのぐらいにして描かれた文様を存分にお楽しみください。実は

まだアップしていない熊本県山鹿市のチブサン古墳や茨城県ひたちなか市の虎塚古墳など、ずっと大がかりで複雑な模様が描かれた壁画古墳がありますが写真撮影はできず見学者の胸の内にしまい込むしかないのは残念なことです。その意味でも所有者にご挨拶すれば見学でき撮影も可能という鬼塚古墳は実に貴重です。

 肝心の石室ですが九州によくみられる複室構造です。残念ながら羨道は欠損していますが、玄室の天井が意外に高くてびっくりしました。奥壁は同心円紋などが描かれた二段と天井近くの三段積みで持ち送り構造です。なお墳丘は川原石に固められていますが後世のものだそうです。アクセスはJR九州久大線豊後森駅から西に3㎞ほど小田簡易郵便局の近くですが、詳細は玖珠町教育委員会に問い合わせることをお勧めします(撮影20171031日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  神門5号墳と同じ頃に造られた出現期の古墳、神奈川県海老名市にある秋葉山3号墳(2号墳メイン)は既に紹介していますが、残念なことに前方部が完全に失われ、現在は円墳のようにみえます(クリックすれば飛べます)。その点、秋葉山3号墳よりも少し前に造られた神門(ごうど)5号墳はだいぶ削られた印象はありますが短い前方部も確認できます。住宅地に囲まれているためにこの古墳の特徴である幅の狭い周濠は北側に関しては生活道路に化しています。それでも1700年以上も前の構築物がこうして現在の住宅と共存して残されていることに感心します。墳頂にあった埋葬施設からは剣、ガラス玉、鉄鏃が出土しているそうです。

5号墳ということからもおわかりのようにいくつかの古墳が神門古墳群として確認されています。調査が行われた3号墳、4号墳はいずれも5号墳とほぼ同じ規模の出現期の前方後円墳でしたが現在では開発のために消滅しています。興味深いのは3基から出土した土器です。現地説明板によればこの地区(国分寺台)の中台、天神台等多くの遺跡からは近畿、北陸、東海、北関東などの特徴をもった土器が出土しており、移住や地域間の交流が盛んであったことがわかるとしています。三基はいわば地域統合の象徴として造られたということになります。

交流が盛んであったことは古墳の50m東に今でも残る雷伝池がありその向こうは東京湾だったことからもわかります(現在は埋め立てられ海岸までは凡そ5㎞)が、3Cにはるか遠い近畿や東海地方と想像以上に往来があったようです。海路を用いたとして、7Cから9Cにかけての遣唐使船が無事に倭と唐を往来できる確率は高くはなかった(所説あるようですが高いほうで8割)とされていますから、それよりはるか以前の3Cの航海成功の確率はいかほどのものであっただろうかと考えてしまいます。それでも交流の証明としての各地域の土器が残されているのですから驚きです。

古墳を離れてしまいましたが出現期の奈良県桜井市の纏向出現期の古墳を3回にわたり紹介しています。神門5号墳が造られていた頃、畿内の中心ではホケノ山(纏向出現期古墳1)、纏向石塚(纏向出現期古墳2)、勝山古墳他(纏向出現期古墳3)などが姿を現していました(クリックすれば飛べます)。比較してご覧ください。アクセスはJR内房線五井駅東口からアリオ市原・市原市役所経由国分寺台行きでバス停市原市役所で下車。信号を南西方向に300mほど歩き、次の信号を過ぎて200mほど、ローストハウス焙煎の店を左折し200mほどの左手にみえます(撮影日201622日)。

PNG goudo5goufun zu



神門5号墳 基本データ

所在地 千葉県市原市惣社

形状 前方後円型墳丘墓(出現期前方後円墳)

規模 墳長42.6m 後円部径30m32.5m 高さ5m、前方部幅13m 高さ不明

築造時期 3C

出土品 ガラス玉、剣、鉄鏃

史跡指定 県指定

特記事項 神門3号と4号墳が同様の形態の墳丘墓だったことがわかっているが
開発のため削平



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 古墳といえば埴輪はつきものですが実に奥が深いですね。古墳踏査をはじめる前、墳丘には教科書などでみかける人や馬、家形の形象埴輪が並んでいるのが一般的だと考えていましたが、必ずしもそうではないのですね。専門家や古墳ファンには笑われてしまいそうですが円筒形の埴輪が先行し、形象埴輪はだいぶ時がたってから登場することは歩いてみてわかったことでした。

円筒埴輪でも今回の動画1から3で紹介しているように、開いている孔の形が■や▽から中期以降○に変化しているようです。ということは円筒埴輪の孔の形を見ると古墳の築造時期の手掛かりが得られるということになります。大いに参考にさせて頂いたのは村井嵒雄さん他著古墳の知識Ⅱ(東京美術、1988)やネットで紹介されている円筒埴輪で有名な川西宏幸さんの編年です。

埴輪の状況は発掘調査の際に破片などが出土しわかるわけですが、築造当時埴輪がどう並べられていたかは復元された墳丘を目の前にしてはじめて実感できます。雑木林と化した墳丘や、前方後円墳、方墳、円墳など形はわかる程度の保存整備では埴輪や葺石の状況はよほど想像力を働かせなければ難しいと思います。その意味で今回、改めて紹介している復元古墳はいずれも実に見事ですし古墳理解に役立ちます。是非、本来の頁にもアクセスして頂ければと思います。

動画1では加計学園問題で一躍有名になった愛媛県今治市の妙見山古墳です。円筒埴輪は吉備で造られた特殊器台とよばれる壺などを置く筒状の器台が発達したものといわれています。定型化された最初の前方後円墳といわれる箸墓古墳からも出土しているそうです。

奈良県桜井市のメスリ山古墳は巨大な特殊器台型埴輪が多数並んでいたことで知られています。残念ながら墳丘に立ち並ぶ特殊器台にはこれまで遭ったことがなく、やむなく妙見山古墳の背の低い伊予形特殊器台と壺から想像して頂くことにしました。動画2では4C末に造られたといわれる兵庫県神戸市の五色塚古墳の埴輪に注目しています。4C末は時期区分でいうと前期と中期の境になりますが、立ち並ぶ埴輪の孔の形からは出土品が初期のものであることがわかります。左右に鰭(ひれ)がついた円筒埴輪が立ち並ぶ姿は被葬者を外界から守っていることを示しているのでしょうか。他方動画3で紹介している時代が下る中期の広島県東広島市の三ッ城古墳、京都府長岡京市の恵解山古墳にみる円筒埴輪の孔は○に変化しています。それに円筒埴輪にも鰭(ひれ)はついていません。単なる流行だったのでしょうか。

 円筒埴輪の列に混じって朝顔の花を上からみた感じの広がりをもつやや大型の円筒埴輪が確認できます。朝顔形円筒埴輪というそうですが朝顔が日本に入ったのは奈良時代といわれていることを考えると朝顔の花を模したものではなさそうです。


妙見山古墳五色塚古墳三ッ城古墳恵解山古墳(いずれもクリックすれば飛べます)(撮影日妙見山2016年3月26日、五色塚2015年7月8日、三ッ城2014年11月14日、恵解山2017年2月16日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は双方中円墳という形状の前期古墳、しかもオオヤマト古墳群の主要墓である崇神天皇陵(行燈山古墳)(クリックすれば飛べます)の隣という立地にある櫛山古墳です。墳長は152m155m表記のものもあります)もあります。オオヤマト古墳群の大型墓の大半が宮内庁管理にあって墳丘に近づくことができないなか、櫛山古墳は登ることができる数少ない古墳です。しかも整備が行き届いていて素人目にも円墳の前後にそれぞれ方形部分がつくという変わった形状がはっきりと確認できます。動画2以下でご覧になれます。
 双方中円墳といえば既に香川県高松市の岩清尾山古墳群の猫塚古墳鏡塚古墳(それぞれクリックすれば飛べます)を紹介しています。積石で覆われた不思議な墳丘ですが櫛山古墳との対比は面白いと思います。ただし岩清尾山古墳群とは違い、方形状の前方部と後方部は同じ長さではなく「動画撮影位置」にあるように後方部の長さは前方部の半分もありません。どうしてこのような珍しい形状の墳墓を造ったのか、立地面の制約なのでしょうか。

 櫛山古墳が墳長260mもある崇神天皇陵(行燈山古墳)の造られた数十年後東側に隣接して造られたことに特別の意味があるのでしょうか。これも興味深い点です。現地説明版によれば埋葬施設の石室及び長持型石棺や白礫を敷き詰めた墓前祭祀跡などから両者が密接な関係にあったことがうかがわれるようです。天理から桜井に至る山の辺の道では、JR桜井線柳本駅近くで左に崇神天皇陵、右に櫛山古墳を見ることになりますが、どういうわけか多くの方は櫛山古墳の存在を忘れてしまっているようです。是非、現地に赴かれる方は崇神天皇陵とセット珍しい双方中円墳の墳丘をご覧ください。櫛山古墳に直行する場合は柳本駅から東に徒歩で10分ほど。国道19号線を渡ると崇神天皇陵がありその奥です。非常にわかりやすいです(撮影日20151014日、1028日)。
PNG kushiyama kofun zuPNG kushiyamakofun to ooyamato kofunnbunn nooogatabo





櫛山古墳基本データ

所在地 奈良県天理市柳本町

形状 双方中円墳 段築 中円部 後方部三段、前方部二段、葺石あり

規模 墳長155m、中円部径約90m 高さ17.5m、前方部幅60m 長さ60m 高さ10m、後方部長さ25m 高さ10m

築造時期 4C

出土品 石製腕飾類や鉄製品

特記事項 双方中円墳という珍しい墳丘をもつが前方部と後方部の長さは均等ではない

埋葬施設は竪穴石室  長さ7.1m、幅1.4m


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の前期古墳は京都府向日市の墳長91mの前方後円墳、五塚原(いつかはら)古墳です。

前期といっても出現期に近い段階で造られた非常に貴重な古墳です。既に紹介した元稲荷古墳(クリックすれば飛べます)、寺戸大塚古墳と向日丘陵に並ぶように築かれています。元稲荷の説明で触れましたが、向日丘陵は東海道新幹線が京都駅を離れ新大阪方面へ下りはじめると車窓の右手に広がっています。三つの古墳は前方後方、前方後円という違いはあれ、100mを少し下回る墳長という点で共通しています。それらの墳墓は極めて有力な豪族が古墳時代のはじめ、乙訓で絶大な影響力を発揮していたことを示しています。
  墳丘東側には動画1で見るようなため池が巡っていますが、埋蔵文化センターの方のお話によれば中世の開墾に伴うもので築造当時はなかったようです。
既にこれまでの調査の結果、後円部は三段、前方部は二段築成で前方部は細く長いバチ型であることが明らかになっており箸墓古墳との類似性が指摘されてきました。箸墓古墳(クリックすれば飛べます)は陵墓参考地のために本格的な調査は困難なことを考えれば、墳丘の遺存状況がよい五塚原古墳の調査が注目されるというわけです。

 丁度訪れた時は後円部を発掘調査中でした。動画1でぎっしりと葺かれた葺石の状況がわかります。なるほどと思いながらしばし見入ってしまいました。20151219日に開かれた現地説明会資料(向日市のHPにアップ)によれば葺石が立体構造物としての石の山として見栄えよく見えるように随所に技術的工夫がなされているそうです。現在あるため池側から石の山が見えたというわけです。

古墳に精通されている方のために資料の最後の一文を記しておきます。いやはやとんでもない貴重な古墳だということがわかります。「五塚原古墳の墳丘の特徴は「斜路状平坦面」に象徴される前方部と後円部が分離した段築構造に象徴されます。後円部の平坦面は水平にめぐりますが前方部にはつながっていません。このような墳丘の不整合は箸墓古墳の特徴的な構造とみられ全国5200の前方後円墳の中で2例しか確認されていません。」ということは五塚原古墳はあの箸墓古墳と技術者集団が同じだったということなのでしょうか。いささか残念なのは動画でご覧のように墳丘は築造当時のように復元はされておらず、その貴重さが素人目にはよくわからない点でしょうか。アクセスはJR向日町から徒歩で15分、あるいは阪急京都線東向日からはより近く徒歩で10分です。市役所を目指し裏手にある文化資料館で古墳マップを入手して歩かれるとよいと思います。(撮影20151126日)。


五塚原古墳基本データ

所在地 京都府向日市寺戸町

形状  前方後円墳

規模 墳長91.2m、後円部径 54m 高さ8.7m、前方部幅33m 高さ2.1m-4.0m

後円部 三段、前方部二段築成 葺石あり

築造時期 3C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 本文で触れたように箸墓古墳と本古墳にしかみられない墳丘構造をもつ



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は濃尾平野の北西端に位置する岐阜県大野町にある野古墳群から南出口及びモタレ古墳を紹介します。既に南屋敷西登越古墳をアップしています(クリックすれば飛べます)が、500mほどの狭い地域に5C後半から6C初頭にかけて前方後円墳や円墳、方墳が17基造られ、現在は9基が残っています。季節によるとは思いますが、訪れた晩秋は燃えるような真紅の野村モミジから緑の墳丘が覗き、それは美しいの一言でした。とりわけ今回紹介する前方後円墳、南出口古墳は大野町役場から三水川沿いに北にあがってはじめて目にする古墳でとても印象的でした。

中期から後期の前方後円墳というと前方部の発達、とりわけ前方部端の幅が後円部径より大きかったり、前方部の高さも後円部のそれと同じくらい、あるいは越えることも多いが一般的です。既に紹介した古墳動画からもその点が確認できます。ところが野古墳群の前方後円墳は、前方部が発達しておらずまるで前期の古墳のようです。地域的な特色なのでしょうか。また、濃尾平野というと前方後方墳が数多く造られたのではと思われますが野古墳群のような例もあることがわかいました。もっとも野古墳群に先駆けて造られた上磯古墳群(クリックすれば飛べます)には複数の前方後方墳があります。野古墳群の中では登越、モタレが5C央、南屋敷西が5C末、それに今回の南出口が6C初めの順で造られたと考えられています。

 アクセスは大変不便です。岐阜駅から岐阜バス 大野バスセンター行に乗り約1時間。終点で下車、徒歩15分です。本数は現地を見学できる本数は日に3、4本ほどです。事前に十分確認が必要です。バスセンター前には大野町役場があり、その隣には立派な図書館もあります。役場で野古墳群までの地図を貰うとよいでしょう。
PNG nokofungunshuyoukofunichizu



南出口及びモタレ古墳基本データ

所在地 岐阜県大野町

形状 前方後円墳

規模 南出口 墳長75m、後円部径約39m 高さ6.2m、前方部幅約28m 高さ約5m3段築成 モタレ 墳長54m 後円部径41m 高さ6m、前方部不明

築造時期 5C央(南出口)、モタレ(6C初)

出土品 円筒埴輪、獣帯鏡(南出口)、円筒埴輪片(モタレ)

史跡指定 野古墳群として国指定

特記事項 モタレ古墳は現在の形状は円墳にしか見えない


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ