古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:Japan’s

濠に囲まれた裏山からの姿が印象的な前方後円墳

 だいぶ前のこと、この古墳の墳丘を前方部の裏山から捉えた姿を見る機会があり脳裏に焼き付いていました。これは訪ねなければと思いつつも漸く実現したのは2017年の8月末のことでした。言い訳になりますが交通の便が悪く京阪神から訪ねたとしても電車とバスを使って一日がかりなのです。こだわりの私としては車は極力使わず公共交通機関と徒歩だからです。JR西日本福知山線の篠山口駅から古墳近くまで行くバスは一日往復一便(しかもこのブログを書くために神姫バスに確認したところ途中までの便しかなくなってしまいました)なのです。

漸く実現したのは墳丘がよく見える冬場ではなく古墳踏査にはあまり適していない夏の終わりでしたが幅広の濠に囲まれた墳長140mの前方後円墳は十分に見応えがありました。畿内に残された仁徳天皇陵(大仙古墳)など周囲には濠が巡ってますがこれは後世のもの。雲部車塚古墳の場合、築造時から濠はあったようです。その水を湛えた幅広の濠と緑の墳丘のバランスがなかなかに見事ではないでしょうか。中期古墳以降に見られる前方部の発達(幅が後円部径よりも大きい)も周囲を歩くことでよくわかります。しかも車塚のいわれとされる墳丘南北にある二基の陪塚(両輪とみなされる)も残されています。畑仕事をしていた方に聞きかなり急な坂道を墳丘東側の裏山に登りきると木立の間から前方部が飛び込んできました。感激です。数多くの古墳を訪ねていますが当時の人の目線で(ヘリコプターやドローンではなく)上から墳丘を眺めることができるところは極めて少ないです。その意味でも貴重な古墳です。もっとも周囲から古墳がよく見えるかといえばそうではなく、調査報告書では「 景観的な面からみると、東西側は丘陵によって視界が遮られ、南側も篠山川の対岸に山地が接近しているところから、古墳の墳丘を充分に眺望できる地点が乏しい。大型前方後円墳の立地としては、きわめて奇異な印象を受ける」と書いています(雲部車塚古墳調査報告書、篠山市教育委員会、2013年)。

墳丘については墳長140mよりも実際には大きく築造当時には158mにも達していたのではないかともいわれています。三段築成(後円部)の最下段が濠に沈んでいるというのです(宮内庁2004年裾部の調査)。後円部径は76m、前方部幅は112mに復元されます。この丹波地方では雲部車塚古墳の北方30㎞ほどのところに同じ5C中頃に巨大円墳私市円山古墳(クリックすれば飛べます)が築かれていますが、これほどの規模の前方後円墳は見られません。そのことは雲部車塚古墳のある丹波西部地方を時間的に前期に遡り、反対に後期に下ってもいえます(石野博信編、全国古墳編年集成、雄山閣、1995年)。いかにこの古墳の被葬者がヤマト王権と密接なかかわりを有する大きな権力を握っていたかが想像されます。交通の要衝を抑えていた豪族だったのでしょうか。それを裏付けるかのように明治期に発掘された後円部の竪穴石室には最有力首長に使用された長持型石棺が甲冑に囲まれて置かれていました。中世には篠山盆地には篠山城が築かれていますし(篠山口駅からの神姫バスは城下町を通ります)、現在でも古墳の東側には国道173号線が南側には372号線が走っています(撮影2017829日)。

PNG kumobekurumazuka kofun zu


PNG kumobekurumazuka chikeizu
雲部車塚古墳基本データ

所在地 兵庫県篠山市

形状 前方後円墳

規模 墳長 140m、後円部径80m 高さ13m、前方部幅89m 高さ11m

後円部3段、前方部2段築成、葺石あり

築造時期 5C

出土品 甲冑、刀剣、鉄鏃等(1896年に発掘調査の際に石棺周辺で出土)、円筒埴輪及び家形、短甲、靭形など形象埴輪、須恵器、石棺自身は開けられていない。

史跡指定 なし、陵墓参考地

特記事項 宮内庁の調査により本文記載のとおりより墳丘規模は大きかったことが明らかになった。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

関東の前期古墳では有数の大きさの前方後円墳

 埼玉県といえば国宝になった金錯銘鉄剣が出土した稲荷山古墳のあるさきたま古墳群が

知られていますが、古墳が築かれたのは中期末から後期です。今回紹介する野本将軍塚古墳

はずっと古く4C後半、前期に位置づけられています。実はこの古墳の築造年代については前期から後期まで解釈があったようですが、2017年の早稲田大学と東松山市の調査の結果、

C後半で決着しました。発掘調査ではなく三次元地形測量と地中レーダー探査による非破壊検査によるものだそうです(20171029日、朝日新聞)。

 墳長115mの前期古墳と言えば関東ではそうそうあるものではありません。これまでアップした中で探してみると多摩川の亀甲山古墳(クリックすれば飛べます)が墳長108mで後円部径が60mで同じく4C後半に造られたと考えられています。また墳長は89mとややこぶりですが墳丘の形が美しく残る白山神社古墳(クリックすれば飛べます)があり、4C前半では千葉県姉崎古墳群の墳長93m釈迦山古墳(クリックすれば飛べます)があります。その中でも今回の野本将軍塚は墳丘の規模では最大です。しかも南北8m、幅3.5m高さ1mの埋葬施設が未盗掘のまま墳頂に残されていることがわかっています。

このように大変貴重な古墳なのですが、墳丘全体を遠くから眺めることができるわけではありません。動画1の冒頭にあるように野本市民活動センターの広々とした駐車場の先に広がるこんもりとした雑木林の中に佇んでいます。近くに寄ってみると今度は巨大すぎて全体が収まりません。さらに後円部には神社、前方部には顕彰碑があり墳丘も改変されている様子です。後円部に立ち高低差8mもある前方部をみて、ほーっと声が出ました(動画2)。前期古墳の特徴がよくわかったからです。後円部径は65mもあり、その裾の広がった様子は動画3でご覧になれます。周辺には将軍塚古墳に関連すると考えられている遺跡もあり是非訪ねたい古墳です。古墳の東500mほどのところに東松山市埋蔵文化財センターがあり、このあと訪ねた おくま山古墳へのルートを教えて頂きました。

アクセスは東武東上線東松山駅の東側に走る県道66号線をひたすら南下し県道345号線を左折すると信号農村センターがあります。動画1の冒頭の駐車場野本市民活動センターが左にみえます。わかりづらい場合には古墳裏にある東松山市野本小学校を目指すとよいでしょう。徒歩30分。古墳が築かれた都畿川沿いに広がる台地の広大さを感じるためにも徒歩をお勧めします(撮影2018年1月11日)。

PNG nomotoshougunzuka zu

野本将軍塚古墳基本データ

所在地 埼玉県東松山市

形状 前方後円墳

規模 墳長115m、後円部径65m 高さ15m、前方部幅50m 高さ8m

後円部3段、前方部2

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 本文に記したように2017年の非破壊検査で築造時期が前期古墳で確定


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

羨道の天井石もよく残る高安古墳群の名石室

 なるほどと思いました。大森貝塚を発見したモースや日本考古学会の産みの親ともいわれるガウランドがこの石室を見て海外に紹介したというのです。二室塚古墳(クリックすれば飛べます)もそうでしたが、古墳時代に学術的な関心のある人々含め貴重な遺産なのでしょう。数だけは結構見て回ってきた私にも非常に印象深い石室でした。何より他の石室の多くは玄室はよく保存されていても羨道が欠損していたり、残っていても天井の板石が抜き取られたりと築造当時の姿を伝えているものは案外少ないです。ところが開山塚古墳は8mを越える羨道が動画1でおわかりのようにきちんと残されています。そして幅1.5mほどの羨道の先にはぐんと幅の広がる(3.37m)(つまり両袖式)玄室が控えています。奥行は4.67ですから10畳ほどもあります。堆積している3-40㎝の土砂を除くと天井高は4.2mと(現状は3.8mほそ)推定されるというのですから驚きです(開山塚古墳調査報告書 2010年)。ヘッドランプの光が届かないぐらいの暗闇です。

 さて開山塚古墳、径30mほどと小さな円墳(石室以外はほとんど削平されているので復元推定)で河内平野を望む高安山の中腹、標高130mほどのところに位置します。見事としか言いようのない眺望は古墳の被葬者が見たであろう景色と同じなのでしょうか(当時は現在の平野は河内湖)。法蔵寺境内の奥まったところにあるのでご住職のお宅で場所をうかがうと奥様が「わかりにくいのでご案内します」とご親切にそばまで道案内をしてくださいました。感謝。ところが階段の途中の標識の方向に歩いても墳丘は見当たりません。実は先ほど書いたように石室だけしか残されておらず、その横には後世造られた石垣があって竹やぶの先の開口部を見つけるのにうろうろしてしまいました。その後のことは既に記したとおりです。存分にご堪能ください。アクセスは近鉄信貴線服部川駅から高安古墳群周回のモデルコースで後半に訪れるところです。八尾市観光協会のHPに入り高安古墳群コースを参照してください。終点の信貴山口駅から歩く方法もあります(法蔵寺はどの地図にも載っています)が、坂がとても急です(撮影20171113日)。高安古墳群では既に俊徳丸古墳と抜塚を紹介しています(クリックすれば飛べます)。合わせてご覧ください。


開山塚古墳(郡川1号墳)基本データ

所在地 大阪府八尾市

形状 円墳

規模 径30m、石室 長さ13.05m、玄室長4.67m 幅3.37m 高さ4.2mと推定

羨道長 8.38m、幅1.5m、高さ1.9m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 高安古墳群として国指定

特記事項 高安古墳群はいくつかの支群からなり開山塚古墳は郡川支群に属する

開山塚の由来は法蔵寺を開山した好山和尚に由来する。


>


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

竪穴式石室内の長持型石棺が見学できる貴重な古墳

 はじめて室宮山古墳を訪れたのは古墳踏査を開始してまもない201211月のことでした。近鉄御所市駅から交通量の多い県道117号線をひたすら南に歩きましたが、西側には黄や赤の紅葉が雄大な葛城山一帯に広がり、それはそれは美しい景色でした。道はわかりやすく迷うことはないのですが、動画3の最後につけたように墳丘自身(これは201611月の再訪時の撮影)は前方後円墳と認識することは不可能です。墳長238mと大きいこともさることながら室宮山古墳と図示されたとおりに歩くと動画1の広場にしか見えない後円部に導かれます。この広場から前方部を含めた墳丘全体を想像しろといってもなかなか難しいのではないでしょうか。なので古墳巡りをはじめたばかりの方には古墳の重要性は別にしてお勧めはできません。私の再訪がその4年後になった一つの理由はそこにあります。あまり足が向かわなかったのです。

しかしこの古墳、竪穴式石室が見学できる点で非常に貴重です。このブログでも数例紹介したにすぎません。しかも石棺が安置されている状況を見ることができるのはおそらく室宮山ぐらいではないでしょうか。それも大王の棺と呼ばれる長持型石棺です。動画にみる縄掛け突起の大きさから全体のスケールを想像して頂きたいと思います。長持型石棺の出土が確認できる古墳は全国でも30例ほどで東国では2例(一例は既に紹介した東国最大の前方後円墳太田天神山古墳)にしかすぎません。竪穴石室は5枚の天井板で閉塞されていましたが欠損している一枚から石室をのぞき込むことができます。ただ、石室内に降りても後ろにスペースがないのが難点です。とはいえ親切なことに石室孔の横には見学者用に懐中電灯がボックスに置かれていて朱が残る石棺内部もみることができます。是非、若干の気味悪さはあるかもしれませんがご覧になったらいかがでしょう。この南石室に並び天井石しかみることができませんが北石室があります。そして埋葬施設のある円形の壇の上にそれを囲むように二重の埴輪列があり外側は盾や甲冑、内側は家形や円筒埴輪の形象埴輪が並んでいたそうです。一つだけ大型の盾形埴輪のレプリカが置かれていますが、これが所狭しと並ぶ姿はかなり特別な空間だったことをうかがわせます。肝心の被葬者ですがこのあたりは当時、葛城氏の支配していた地域だったところから始祖王、襲津彦やその父の武内宿禰の墓との見方もあるようです。アクセスは冒頭に書いたように県道を南下し国道309号線との交差点を左折し右手です(撮影2016119日)。


PNG muromiyayama kofun zu

室宮山古墳基本データ

所在地 奈良県御所市

形状 前方後円墳

規模 墳長238m 後円部径105m 高さ25m、前方部幅110m 高さ22m

ともに三段築成 葺石あり 造出しあり

築造時期 5C初頭

出土品 盾形、甲冑、家形等形象埴輪、円筒埴輪等 短甲、鉄鏃、鉄剣

史跡指定 国指定

特記事項 規模に関しては後円部径148m 前方部幅152mという数字もある。後円部には

円丘壇があり、そこに埋葬施設二基が位置する方形区画があり埴輪が並んでいた



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

独特な前方後方墳がみられる末寺山古墳群

今回紹介する末寺山(まつじやま)古墳群の二基は既に紹介した和田山古墳群や秋常山古墳群と至近の距離にあります。古墳時代前期に関東や日本海側で数多く築かれた前方後方墳です。どちらも比較的小型で前方部が極端に短い独特の形をしています。残念ながら墳丘の形がきちんとわかるようには整備されていないために想像で補うしかありません。それでも5号墳のほうはよくみると前方部の小さな高まりが確認できます。南側から見た二基の墳丘ははっきりと人工的な高まり、古墳ということがわかるシルエットをしています。出土品は5号墳から多数の土師器の壺片、埋葬施設があると思われる後方部から鉄剣が確認されているようです。

簡単な地図でお分かりのように中央に走る県道をはさみおおよそ300m×500m四方に三つの古墳群があり前期から後期までの古墳が並んでいます。非常に興味深いのはそれぞれの古墳群が独立した小規模な丘陵に位置していることです。自然の地形を活かしたそれぞれ独立した墓域のようにもみえます。一度目の訪問は初夏だったために墳丘は一面草木に覆われ二度目の今回は春雨が待っていました。
 秋常山1号墳秋常山2号墳和田山5号墳和田山古墳群の後期古墳。いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます。是非、三つの古墳群の姿をご覧ください。アクセスはJR小松駅から寺井史跡公園行き小松バスで30分ほど。昼間に5-6本、あります。バス停前に消防署があり、その裏に能美市歴史民俗資料館があります。パンフレットを入手し和田山古墳群→秋常山古墳群→末寺山古墳群の側に歩くとよいでしょう。ゆっくり歩いても1日あれば十分です。なお末寺山古墳群だけは自然を重視した保存です(撮影2017年4月12日)
PNG matsujiyamakofungun to wadayamakofungunPNG matsujiyama kofungun zu



末寺山古墳群基本データ

所在地 石川県能美市

形状 前方後方墳

規模 5号墳 墳長29m 後方部18.5m×21m 高さ5m 前方部幅6.5m 高さ3.5m

6号墳 墳長55m 後方部 35m×30m 高さ5m 前方部幅 約15m 高さ 約3m

築造時期 4C

出土品 須恵器壺 鉄剣(5号) 6号墳は未調査

史跡指定 秋常山古墳群、和田山古墳群とともに能美古墳群として国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

切石加工が美しい石室

 山陽本線加古川駅北東方向4㎞のところに工業用水の安定供給を目的に1966年に造られた人造の湖、平荘湖(へいそうこ)があります。湖底には数多くの古墳が眠っているそうでいずれ紹介する古墳升田山15号墳など今でも見学できる古墳がいくつかあります。今回の地蔵寺古墳もその一つで南側には加古川が流れる丘の先端に位置しています。動画1の地蔵寺の後側が平荘湖になります。

 加古川駅から都台行きのバスで20分ほど揺られ池尻ダム口で下車。そこから徒歩で東に県道78号線を15分ほど歩くと左手に地蔵寺の屋根が見えました。高台にあるので遠くからもよくわかります。あのお堂のどこに横穴石室があるのだろう。いつものことながらわくわくドキドキです。境内に入っても道標はなく住職のお宅のベルをならすと「はーい」と女性の声が。「ちょっとわかりにくいのでご案内しますね」とまことにご親切でした。たしかに母屋伝いに古墳石室までは近いとはいえ、声掛けをしなければ不審者と間違えられてしまいそうです。目指す石室は家屋の端に開口していましたが、円墳と考えられている墳丘の面影は全くありません。

 それはともかく短い羨道を通り抜けるとこれはびっくり。巧みな切石加工がなされた玄室が現れました。羨道幅より幅の広い両袖式です。奥壁は巨石の一枚板のようにみえます。「のように」と書いたのは雨水でしょうか水が5㎝ほど溜まり奥まで入れないのです。敷石がところどころ水面に現れていましたが滑ることは間違いなし。諦めてズームでがまん。天井の板石も巨石で、ノミで滑らかに加工されています。持ち送りはほとんどなく全体に長方形の箱といった感じの石室でした。現地の簡単な説明板によれば7C初頭に造られたようです。

 動画3に番外として付けたのは14C鎌倉時代に古墳の石棺の蓋に彫られた地蔵立像と六地蔵です。縄掛け突起が削られることなくそのまま残されていることにもびっくりしました。究極のリサイクルですが当時古墳が人々の間でどのように扱われていたか、診られていたかを想像するに足る遺物ではないでしょうか(撮影2018312日)。

autoplay; encrypted-media" allowfullscreen> にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ