石室の石積みに特徴のある小さな古墳は、七興山のバス停に戻って500mほど北上した上落合にあります。よく整備された古墳の周辺はもちろん、大きめの自然石の周辺に石英片岩をちりばめた石室の壁は見事です。ただ、暗いので懐中電灯など持参されるとよいと思います。こうした石積みは、藤岡市周辺ではじまり埼玉県の児玉郡あたりに限定されるそうです。古墳の内装も流行りがあったということでしょうか。動画ではその美しさはとれず、静止画像もフラッシュでとってこの程度です。築造の際の石工はどのように灯を確保したのでしょうか。気になりました。

 500mほどしか離れていないところに位置する七興山古墳(88日アップしています。カレンダーの該当日をクリック)も是非ご覧ください。こちらは実に壮大です。

PNG isezukakofun zu