201618日に紹介した二子山古墳(クリックすれば飛べます)から南に100mほど下ったところ総社第6中学校の目の前に愛宕山古墳はあります。といっても動画1からお分かりのように雑木が生い茂った小山で一辺55mの方墳にはみえません。道路に沿って東に回り込むと愛宕山古墳の標識が立ちようやく古墳だということがわかります。墳丘を歩きましたがあるのは藪また藪です。同じ方墳で家形石棺が置かれた300m南にある宝塔山古墳(クリックすれば飛べます)とはだいぶ違います。愛宕山よりも後に造られた宝塔山の場合、光巌寺が大切に守ってきたということなのでしょうか。関ヶ原の戦いの後、総社に入った秋元氏が開いたのが光巌寺で宝塔山墳頂には秋元家の墓所があります。愛宕山も同様に国の史跡指定を受けているのですからそれらしい保護のあり方があってよいのではと思ってしまいます。


  石室にある石棺の違いも興味深いです。時代が下っていることもありますが宝塔山のほうが優美な感じがします。石棺の脚部が仏教の影響を受けて特殊な形に加工されています。

他方今回の愛宕山の家形石棺は風化が進んでいるためかあるはずの縄かけ突起もよくわかりません。ただし家形石棺の特徴である蓋石の平坦面はキャプションでも書きましたがきれいに加工されています。家形石棺は関東では二例しか残されていないそうで大変貴重です。縄かけ突起がよく残されているすでに紹介した石棺は静岡市の賎機山(しずはたやま)古墳(クリックすれば飛べます)です。是非ご覧ください


  群馬総社駅から南に線路沿いに下り大きな通り(15号線)を左折し二本目の道を右折してまず二子山古墳を見学したあとすぐ目に入る総社市立第6中学校まで歩くと正門の前が

墳丘です(撮影2015年12月17日)。




愛宕山古墳(総社古墳群)基本データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 方墳

規模 一辺56m 高さ8m 二段築成

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 群馬県内で確認されている二つの家形石棺のうちの一つ




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村