古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:7C後

 今回の終末期古墳、エンドウ山古墳は既に紹介した赤坂天王山古墳の南西、倉橋溜池に面した尾根にあります。桜井駅南口から奈良バスで大宇陀行きで下尾口(さがりおぐち)で下車し、赤坂天王山古墳(信号右折)を通り過ぎて倉橋溜池の周囲をぐるりと廻り登り口のトンボ広場まで歩いて30分ほど。水面に映る山々は美しくジョガー以外人には会いませんでした。静寂の一言です。

肝心のエンドウ山古墳、詳細な道順が画像とともに記されている桜井市観光協会の「忍阪(おっさか)周辺の古墳探訪」(桜井駅北口の観光案内所にあります)を頼りに森に入ります。その後は動画1でご覧いただけますが、説明文の冒頭に「古墳への道はありません」と記してあったのは嘘ではありませんでした。木立をかき分けた跡を頼りに進むとすぐに斜面が立ちはだかりました。道に迷った和歌山市の大谷22号墳以来の緊張です。裾を伝って登れるところを探し頂上を目指したのはいいが倒木が行く手を遮ります。しかも木につかまると枯れていて体が後ろにもっていかれます。何度も滑り落ちそうになりました。それでもあの上には石室が開口していると信じ、気持ちを奮い立たせ登ります。時間にすれば10分ほどだったのでしょうがようやく尾根上に到着。南に向いて開口する石室を見つけることができました。

石室は玄室長2.7m、幅1.6mとこぶりですが切石の加工技術が光る精緻なものでした。

飛鳥の岩屋山古墳同様、花崗岩の表面はきれいに磨かれています。高さ1.75mの奥壁、横壁ともに二段積みで両袖式です。動画でもよくわかりますが所々石材の隙間に漆喰がみられます。以前紹介した同じ桜井市の舞谷2号墳とは違い全体に塗られていたようには見えませんが、この漆喰の意味はなんなのでしょう。謎は解けません。朱と同様辟邪の意味が込められているのでしょうか長さ1.8mの羨道は一段ですが 「桜井の横穴石室を訪ねて」(桜井市埋蔵文化財センター、2010)によれば二段の可能性もあるようです。他の古墳同様、開口部は土砂で埋もれ現状の高さは1.2mはないと思われますが楽々入室可能です。登っている時にはそれどころではありませんでしたが、動画4にあるように円墳ということがわかる墳丘を確認できます。さて、前述の埋蔵文化財センターの冊子には「古墳の規模が縮小化に向かう7C後半の築造という点や、高度な切石の技法を用いていることなどから、周辺の古墳の中では重要な位置を占めていたことは間違いないであろう」と書かれています。専門家のこの説明が胸に落ちる見事な石室でした。

 この本文を書く前に再度桜井市観光協会の「忍坂周辺の古墳探訪」を読み返したところ重要なことに気が付きました。「勾配が急なので一旦、丘陵の裾を右に進み、登りやすそうな場所を探し頂上まで10m程度登りきり」とありましたが、慌て者の私は丘陵の裾を左に進んだようです。想像以上に苦労したというのは私の勘違いかもしれません。それはともかく古墳までの詳しい道順が記された観光協会のパンフレットと埋蔵文化財センターの冊子は桜井市の古墳を歩くには必携です。バスの本数は少ないので確認が必要です。なお談山神社行きで倉橋溜池口から歩いてトンボ広場に向かう方法もあります(撮影2018130日)。



エンドウ山古墳基本情報

所在地 奈良県桜井市大字倉橋

形状 円墳

規模 径10m 高さ2.5m 横穴石室 全長4.7m、玄室長さ 2.72m 幅1.6m 高さ1.75m、羨道長さ1.8m 幅1.1m 高さ1.5m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 なし

特記事項 本古墳は史跡指定されていない


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 埼玉県の横穴石室では関東の石舞台といわれる八幡山古墳(クリックすれば飛べます)を既に紹介しています。巨大さだけではなく墳丘部分がまったく残っていないという点でも二つの古墳は共通していました。しかし今回の小川町の穴八幡古墳は横穴石室とともに方墳とわかる二段築成の墳丘がよく残っており、しかも周囲を巡る濠も復元されている点で見応えがありました。

 動画1にあるように南に開口した石室の左右には扉石風のかなり大きな石があります。後世のものとはわかりますがいつ頃のものなのでしょう。石室長は8.2m、羨道、前室、奥室から成っていますが、緑泥片岩の巨石で組み立てられた三壁はこれまで見てきた自然石を積み上げた石室とはかなり違う印象です。表面加工があらかた施され滑らかさが光ります。奈良県明日香村の岩屋山古墳、奈良県桜井市の文殊院西古墳、群馬県前橋市の宝塔山(いずれもクリックすれば飛べます)など優れた切石技術で知られる終末期古墳ともやや違うように思われるのは全体に緑白色の緑泥片岩のためかもしれません。小川町下里地域(古墳の南側にある山間部)から採掘されたものだそうです。

 埴輪が使われていないこと、須恵器など出土品の特徴から7C後半の築造と考えられていますが被葬者はどのような地位を誇っていたのでしょうか。南側に流れる兜川を支配していた豪族だったのでしょうか。都心から2時間あまり。これほどの近場に横穴石室が残り見学が可能な古墳があろうとは驚きの一言です。普段は施錠されている石室ですが小川町役場に申し出れば開けてもらえます。アクセスは東武東上線小川町駅下車。駅から5分ほどの役場から1㎞ほどの穴八幡神社の鳥居を目指します。そこから南に下ると右手に整備された古墳の墳丘が現れます(撮影2017228日)。
PNG nakahachiman zu

 JR小松駅から小松バス国府台行きで30分ほど。小松市東部に開発された工業団地を通り住宅団地の中にある国府台バス停から徒歩で10分ほどで目指す河田山(こうだやま)古墳群史跡資料館はありました。開発で60基を越える古墳の大半は消滅し、そのうちの二基は資料館裏手の古墳公園に現状保存され、移築復元された12号墳と資料館内に33号墳の石室が残されています。開発された住宅団地は7-8㎞先に日本海を臨む標高4-50mのところにあり古墳を築くには絶好の地であったことはよくわかります。

 自然に任せた公園内の雑木林のなかに眠る1号墳、9号墳は墳丘がよく確認できず動画では紹介できません。他方、きれいに復元された方墳の12号墳ですが数十m先の道路建設現場から基盤ごと移築されたもので天井はアーチ形をしていたのではないかと考えられています。類例が国内にはなく朝鮮半島の影響ともいわれているようです(天井部分が完全に崩落していたために横壁の切石の組み方から推定)。一辺15mと小規模な古墳に完成度の高い切石が使われているというのは被葬者の力の大きさを偲ばせます。残存する横壁と奥壁はコンクリート製の天井がアーチ型になった上屋で覆われています。やや不思議な感じがする空間です。動画1の最後でおわかりのように墳丘が崩れてこないようにとぐるっと外護列石と呼ばれる石が回っています。既に紹介した終末期古墳 中山荘園古墳(クリックすれば飛べます)と同様です。動画最後の静止画像の石室内説明板には、「この部分に注目 天井がアーチ状になるように切り石を加工した全国的にも珍しい石室です」

また動画3では資料館に石室が保存されている河田山33号墳を紹介しています。玄室と羨道の間の仕切り石の役割でしょうか。しきみ石と呼ばれる石が横たわっているのが印象的です。アクセスは冒頭に書いたとおりですが本数は午前、午後2本程度と少ないのでご注意ください。バス停下車後資料館までの道順はわかりやすいです(撮影2016111日)。




河田山12号墳と33号墳基本データ

所在地 石川県小松市国府台

形状 12号墳 方墳 33号墳 不明

規模 12号墳一辺15m 33号墳 不明

石室 12号墳 奥行5m 幅2.2m33号墳 奥行3.26m 幅2m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 なし

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の古墳は7C後半の築造といわれる終末期古墳、加瀬台3号墳の石室です。神奈川県川崎市にあります。加瀬台といったり加瀬山、さらには夢見ヶ丘と古墳群の呼称は色々あるようですが20mの円墳の南に開口した終末期古墳の横穴石室です。用意しました加瀬台3号墳と周辺地図をご覧頂ければわかるように加瀬台古墳群は既に紹介した宝来山古墳(クリックすれば飛べます)のある多摩川台古墳とは多摩川を挟んで南側に位置しています。距離にして4-5㎞ほどでしょうか。多摩川台古墳群の亀甲山古墳と同じ前期には墳長87mの前方後円墳、白山古墳が加瀬台古墳群では造られています。三角縁神獣鏡が出土したことで知られていますが、残念ながら他の古墳同様、開発の荒波にもまれ消滅しています。未整備とはいえ古墳そのものは残っている多摩川台古墳群に比べて様相はだいぶ違っています。それでも終末期古墳の加瀬台3号墳は破壊を免れ石室も保存されてきたのは奇跡的といってもよいでしょう。新川崎駅から西方向にみえる丘陵が加瀬台で歩いても10分ほどです。目印は了源寺というお寺さんで、その境内を出た南側斜面にあります。動画1で降りている雰囲気がおわかりいただけると思います。

 石室は同じく終末期古墳の多摩川台古墳群の浅間様古墳(いずれアップします)よりはるかに大きく奥行は4mを越えます。しかも珍しい副室構造になっていて前室の奥に玄室があります。その玄室は説明版の測量図によれば左右の壁が膨らむ胴張になっているようです。格子越しにはその貴重な様子はわかりません。教育委員会によれば近年の地震の影響もあり開錠はしないことになったそうで、ここまで来たのにという思いでした。

 ついでに書けば加瀬台古墳群といい多摩川台古墳群といい中学から大学まで多摩川を渡って通いなれた地域にあります。当時はこれら遺跡にまったく気が付くこともなく日々過ごしていたわけで不思議な感慨に浸っています(撮影日20161130日)。蛇足ですが了源寺に隣接して夢見ヶ崎動物公園があります。4頭のレッサーパンダ。可愛いですよ。動画2の最後でどうぞ。
PNG kasedai3goufun  shuuhennzu(修正版)

 今回の終末期古墳、上宿古墳も個人の所有地にあります。動画1でおわかりのように風情のある竹林がそよぐ先に古墳は眠っていました。ただし、墳丘は大きく削平され、説明板によれば円墳か方墳かもわかりません。残る墳丘は1-2mでしょうか。羨道の部分をいれると5.15mとこれまで見てきた後期の石室に比べるとこぶりです。玄室長は2.84m、幅2.08m高さ 2.2mの羨道から玄室に入ると左右が広がる両袖型です。人骨片、鉄器片、須恵器片が出土しているとの報告がなされています。

あらためてこれまでアップした古墳石室をみてみるとこれまで紹介した東国の終末期の古墳石室には同規模のものがいくつかあります。群馬総社古墳群の蛇穴山古墳以下、いずれも古墳名をクリックすれば飛べます)玄室は長さ3.0m、幅2.57m 高さ1.8m、高崎市の山上古墳 玄室長さ2.68m、幅1.75m、高さ1.66m、栃木壬生町の丸塚古墳 長さ2.24m、幅1.64m、高さ2.10mです。是非、比較してご覧ください。

しかし今回の上宿古墳は凝灰岩砂岩の切石造りという点が大きい特色です。その砂岩は龍谷寺岩屋古墳(クリックすれば飛べます)にもみられるものですが、入室できずズームでの撮影のために、上宿古墳のような強烈な印象はありませんでした。 その砂岩がどのようにして形成されたかですが、芝山町立はにわ博物館編、「房総の古墳を歩く」によれば、「千葉県の北部、今の利根川下流域は、古代には香取の海あるいは安是の海と呼ばれる広くて大きな海水の入り込む内海であった」そうで、現在の利根川は、江戸時代以降のものということになります。アクセスは正直言って大変にわかりにくいです。JR成田線木下駅を南に二つ目の信号まで約500m下り右折します。二つ目の信号大森交差点を左折し200mほど歩くと二又路にぶつかるので右の細い道を直進します。すぐ竹林が見えますがそのまま直進。住宅街に入りますがそこも直進。突き当りを右折し、一つ目を右折して200mほど歩くと動画1の冒頭の景色があらわれます(撮影2016年2月18日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する7C後半に築かれたと考えられる終末期古墳、平野塚穴山古墳には大いに期待して出かけました。残された石室は国宝の壁画で有名な高松塚古墳と同じ横口式で、その規模は一回りほど大きいのです。玄室の高さだけでも高松塚1.3mに対してこちらは1.76mもあります。加えて埋め戻された高松塚に対して平野塚穴山古墳は一般公開されています。それだけでも心躍りました。事前に色々な方々がアップされている画像などを見てもすばらしさは納得がいきました。

したがって以下のやや批判的な感想、コメントはこの古墳自体の貴重さとはなんの関係もありません。ただ人々が古墳をどのように守り後世に伝えていくか今回の訪問は大いに課題を提供しているように思えるのです。

夏草が枯れた12月に入れば多くの古墳の除草が終わっているのではないか。ましてや国の指定史跡で、既に述べたような高松塚古墳と同様の石室を持つ古墳です。周辺はきれいに整備されているのではないか。ところが期待は裏切られ動画1で紹介したような状態でした。既にアップされた皆さんの動画とは大いに異なります。関係者に聞くと所有者の財務省(近畿財務局)と香芝市との間で調整がつかないことに加え、ボランティアの御近所の方による草刈りもご高齢で難しくなったというのです。もちろん一私人のために国費や県費を使ってほしいというのではありません。ただ香芝市のHPをみると、私が訪れた時とは全くことなる綺麗に整備された石室入口画像がアップされ、「高度な技術が見られる石組みの石槨(棺を納める部屋)や、皇族クラスにしか用いられない漆塗りの棺などから、茅渟王(ちぬおう・敏達天皇の孫)の墓と考えられています」などと記されています。草茫々でも石室が素晴らしければよいのではないかとのご指摘もあるだろうと思いますが、やはりこの古墳の持つ意義を地域の方々が理解できるような努力が必要ではないかと思いました。百舌鳥・古市古墳群が世界遺産登録を目指す中、国指定の古墳だけでも周辺整備することが、そうした気運を盛り上げることになるのではないでしょうか。

やや脱線しましたが、以下のような専門家の研究の記述からもこの石室が如何に重要かがわかります。以下に引用します。「床面に使用された磚状(せんじょう、レンガ状、幾次郎注)の石材については、平面形が長方形と正方形の2種がある。これらの石材は一部を除いて高さが不明だが、平面正方形のものの上面は一辺2尺(1尺29.5㎝前後)となる規格性が認められる。高松塚古墳墓道部に置かれていた方形切石の上面寸法は、これと完全に一致しており(図67、省略)、両者の関連性が強く示唆される。ともに二上山産出の凝灰岩製であり、今回、確認された加工痕跡にも共通性が認められることからも、平野塚穴山古墳と高松塚古墳の石槨は、同一の石工集団によって構築されたものと理解できる」(廣瀬 覚、香芝市平野塚穴山古墳石槨の3次元レーザー測量調査、奈良文化財研究所年報 2012)。

なかなか奥が深そうです。いずれ条件の良い時に再訪したいと思います。同じ横穴式、横口式の石室を持つ九州の古宮古墳を既にアップしています。比較してご覧頂ければと思います。

 アクセスはJR西日本和歌山線志都美駅から徒歩で20分ほど。駅近くの上中の交差点を北方面に(西名阪自動車道を越え)54号線を歩き、平野地区の正楽寺を目指します。階段をあがり本殿左(境内は狭い)に古墳があります。正楽寺がわかりにくく土地の人に聞いてもよほど近くにいかないとわかりません(訪れるとわかりますが地図には載っていますが小さなお寺です)。ご注意を(撮影2015年12月8日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は終末期古墳に位置づけられる大分県大分市の古宮古墳を紹介します。ヤマト王権が畿内に権力を確立して以降、九州はどのような権力が存在したのだろうか。漠とした疑問を持ちながら九州の古墳を訪ね歩くのも実に興味深いです。装飾古墳の数々や岩戸山古墳が思い浮かびますが、今回は畿内との関係が極めて密接だった人物が葬られているのではないかと考えられている古宮古墳です。その理由は巨大な凝灰岩を刳り抜いた玄室がある横穴石室を有する墳墓だからということになります。現地説明版などによれば、こうした構造の石室は当時の畿内の豪族の間で流行したもので九州ではほかに例がないのだそうです。そうしたところから「被葬者は大和政権と深くかかわり、壬申の乱に活躍したことが「日本書記」に記される大分君恵尺(おおきたのきみえさか)・稚臣(わかみ)という二人の豪族のうち、特に恵尺が有力な候補者として考えられています」ということになります。

動画3の最後に付け加えた石室前からの眺めからもこの古墳の被葬者が高い地位にあったことは容易に想像がつきます。いわゆる古墳の一等地だからです。石室は入室不可ですが、中は比較的よく観察可能です。刳り抜かれた玄室は勿論ですが、羨道天井の巨大な一枚の板石にはいつものことですが感心します。残念なのは、そのような高貴なお方が眠っていた石室前に立つ無粋としか言いようのない鉄格子です。何とかしてほしいと思うのは私だけではないと思います。かなり早い時期に整備された復原古墳の石室には鉄の扉や入口をコンクリートで固めたりしているものが多く見受けられます。

アクセスですが大分駅から今回はこの踏査のルールを破ってタクシーで往復してしまいました。日没前にようやく間に合いましたが本来ならば大分交通バスの青葉台行に乗り椎迫1組で下車し徒歩の予定でした(撮影日2015年12月24日)。
PNG komiyakofun zu shusei






古宮古墳基本データ

所在地 大分県大分市大字三芳

形状 方墳

規模 南北12.5m、東西12m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 石室全長2m、幅0.8m、高さ0.85m、羨道長 2.5m

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ