古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:7C央

この蛇塚古墳、古墳の横穴石室をほとんど見たことがなかった2013年にはじめて訪れていますが、鉄骨で支えられた巨大な石にしか見えませんでした。しかも周辺はご覧のように住宅が石室を囲むようにびっしり立ち並び、封土が失われた前方後円墳の後円部にはどうしても思えませんでした。それから4年、3回目の訪問でようやくおぼろげながら前方後円墳をイメージすることができました。ご存知の方も多いかもしれませんが巨大前方後円墳の築造は6C後半の奈良県の五条野丸山古墳(クリックすれば飛べます)で終わり、その後しばらくは築かれるものの墳丘規模はずっと小さくなります。そのおそらく最後といわれているものが畿内では墳長75mの7C中頃に造られたと考えられるこの蛇塚古墳です。後円部径は45mほどだったようで、その外周に沿って住宅が建っています。不思議な光景です。

 その石室ですが動画1でお分かりのように鉄骨でようやく支えられている状況です。その理由もわからなくはありません。羨道の天井石は崩落し、玄室の天井石も一枚しか残されていません。空がこれほど見える玄室ははじめてです。羨道を含めた石室の長さは17.8m玄室は長さ6.8m、幅は3.8m、高さは5.2mもあります。そこに4m×5m×2.5mもある巨石を含め大小30数個の石を積み上げて石室はこしらえられているそうで(京都市の文化財保護課の配布資料)石舞台古墳の石室(クリックすれば飛べます)によく似ているとのこと。しかも玄室幅は蛇塚のほうが大きく、見瀬丸山(五条野丸山)古墳(クリックすれば飛べます)につぐ大きさだということです。残念ながら五条野丸山古墳の石室は埋め戻されていますが、石室の長さは28.4mと群を抜いているので比較の対象にはならないようにも思います。

それはともかく石舞台の18.7mと同規模というだけで驚かされますが、周辺の状況があまりに違いすぎて自分の頭のなかで比較することができません。皆さんはどう思われますか。ここまで崩落する以前に保全整備ができなかったものか残念でなりません。印象が異なる一つの理由は石舞台の石室が花崗岩なのに対して、こちらは京都周辺に多い堆積岩のためであるからかもしれません。同じ京都で蛇塚よりも早く造られた前方後円、天塚古墳(クリックすれば飛べます)の墳横穴石室とも比較してご覧ください。アクセスは京福電鉄嵐山線帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅から南方向に徒歩10分です。松竹京都撮影所沿いの東側の道を歩くとすぐに見えます(撮影日2017913日)。
PNG hebizuka kyoto zu shuuseiban


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  羨道がだいぶ破壊されているためにいきなり小ぶりの玄室が出迎えてくれて少々驚きました。奥には後世置かれたであろう石仏が・・・。石室まわりの藪が刈り込まれていたのでいっそう、露わになった玄室が目立ちます。これまで訪れた石室とはずいぶん印象が違います。思い返せば二つの理由があることに気が付きました。一つには記したばかりですが入口から玄室を見渡すことができる点です。これまでの石室の大半は、狭い空間を腰をかがめて歩いて漸く玄室にたどり着くというものでした。二つには板石をレンガ状に加工して積み上げ上から漆喰を塗っているという石室そのもの造られ方の違いです。なんとなくペンキが剥げたような印象を持たれるかもしれませんが、漆喰が長い年月で剥がれ落ちたためで元は全面的に白く塗り固めてあったそうです。それにしても石室は辟邪の観点から朱が塗られていると思ったっていたのでびっくり。古墳時代末期の7C中頃になると墳丘の規模がずっと小さくなるだけでなく、石室内の被葬者をどのように守るかという点でも変化があったと考えざるを得ません。

 磚(せん)積式と呼ばれる板石をレンガ状に加工して積み上げる石組。どこかで見た記憶があります。そう棺が高野槇製だったことがわかり倭との関係が裏付けられた第25代百済武寧王陵の石室でした。実際の墓には入れませんでしたが、レプリカが博物館にあり(動画2の最後)、同様の磚(せん)積式でした。もっとも漆喰は塗られていませんでしたが。

ということはこの舞谷2号墳にも百済と関係の深い人々が眠っていると思いを巡らせたくもなります。実はそれほど離れていないところにある花山東、西の両古墳の石室もレンガ状に板石を加工して積み上げ漆喰が塗られています。この地域全体かはわかりませんが百済の影響を受けていた有力者がいたことは確かに思われます。

 墳丘はその形を確認することはできませんでしたが10.6m×9m 高さ2.5mの方墳だそうです。地域の方々などが草刈をされ石室周りは冒頭に書いたようにきれいでしたが、以前は辿りつくのも大変なほど荒れ放題だったようです。アクセスですが桜井駅南口から多武峯線 談山神社行き(1時間に1本)で浅古バス停で降り徒歩20分ほど。桜井駅の観光案内所で入手できる「鳥見山周辺の古墳探訪」という地図つきのパンフレットは必携です。ルートの説明があります。動画のあとに舞谷2号墳と周辺古墳の略図を掲載しておきました。桜井駅中心からほど近いところに前期から終末期まで多数の見るべき古墳があることがわかります。全てアップ済みですので是非ご覧ください(古墳名をクリックすれば直接飛べます)(撮影2017215日)。
桜井茶臼山古墳メスリ山古墳兜塚古墳秋殿南古墳谷首古墳艸墓古墳文殊院西古墳
PNG maitani2goufun to shuuhenkofun

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  横穴石室もこのブログでは数多く紹介してきましたがそれぞれ個性豊かで感心するばかりです。今回の古墳は既にアップ済みの富田林市のお亀石古墳と同様の横口式石槨をもつ

観音塚古墳です。時期的には7C中頃とお亀石よりはやや後に造られたと考えられているようです。墳丘はブドウ畑づくりに使われて大きく崩れておりその規模は不明とのことですが径13mの円墳と想定されています。ずいぶんと小規模です。そうだとしても動画でおわかりのように精巧な切石積みの前室とつい最近造られたのではないかと思われるほどの石槨の見事さからするとかなりの有力者の墓であったに違いありません。墳丘の大きさが権力の象徴ではなくなったことがわかります。とはいえ節約志向に転じたというわけではないのですね。大型古墳の造営が事実上禁止となった薄葬令が出されたのは大化2年(646)ですから、まさにその方針に沿った古墳ということになります。お亀石が羨道から石槨が連結していたのに対して観音塚は短い羨道に前室があって石槨と複雑です。繰り返しになりますが前室の切石の積み方。何度みても現代の技術レベルと変わらない印象です。

 羽曳野市のお亀石及び横口式石槨と類似の形式、横口構造をもつ石棺式石室の例として九州 大分県大分市の古宮古墳をあげておきます(古墳名をクリックすれば直接飛べます)。是非比較してご覧ください(古墳名をクリックすれば飛べます)。

 肝心の観音塚古墳は近大阪線上ノ太子駅の北側の丘陵にあり今では周辺は一面ブドウ畑。動画3の後半のような風景が広がっています。後世に造られたため池が景色を引き立てます。上ノ太子駅北側の竹ノ内街道を西に100mほど歩き北方向に曲がる坂を(飛鳥ワインが途中にある)道なりに信号まで進みます。信号を直進(右手に仲村ぶどう園)しさらにあがると

ため池があるので池沿いに左に進むと動画3の階段手前に観音塚古墳の標識が見えます。徒歩で15分ほど(撮影日201689日)。
PNG kannonzuka habikino zu shuueibann


  今回は奈良県平群町にある終末期古墳西宮(にしのみや)古墳を紹介します。  近鉄奈良線を生駒で乗り換え近鉄生駒線を南に下ると東側には落ち葉色の山々が広がります。冬の景色を楽しみながら7つ目の平群(へぐり)で降りて町役場に急ぎました。西宮古墳の次に訪れる予定の烏土塚(うどづか)古墳石室の鍵を借りるためです。西宮古墳は桜並木の竜田川沿いの道を500mほど歩いた平群神社の奥にありました。住宅の間に田畑が時折のぞく風情ある景色です。

 一辺36mの方墳は動画1でおわかりのように遠目にも古墳だとわかりました。近づくと三段築成の二段目の墳丘に横穴石室の入口らしきものがみえます。この石室はブログ開始間もなく紹介した奈良県明日村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)、桜井市の安倍文殊院西古墳(クリックすれば飛べます)と並び飛鳥時代に造られた切石の石室では優れたものだそうです。そうした予備知識で入室してみるとうーんと思わず声が出ました。一枚の板石でできた羨道側壁の見事さ。とても1300年前のものとは思えません。おわかりのように羨道幅は狭く、それを遮るかのように盗掘の際に置き去りにされた蓋のないくり抜き式石棺が無造作に置かれています。玄室は奥壁、横壁全て一枚岩。説明板によると石積みの間は漆喰で塗り固められていたようです。また「羨道側石と天井石の前面を墳丘勾配に合わせて加工している」そうですがよくわかりません。築造技術に詳しければと悔やまれます。

 実はこの古墳は貼石(葺石は石を積むイメージに対して、貼り石は文字通り貼る)の残りがよいことで知られていますがうっかりして墳丘後ろに回るのを忘れ見過ごしてしまいました。再度訪問をしないといけません(撮影2017116日)。


西宮古墳基本データ

所在地 奈良県平群町

形状 方墳 三段築成 貼石

規模 一辺36m 

築造時期 7C

出土品 須恵器

史跡指定 奈良県

特記事項 被葬者が聖徳太子の子 山背大兄王子との説がある


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する東京都で唯一築造当時の横穴石室が残る浅間様古墳。調べてみると既に紹介した宝莱山古墳(クリックすれば飛べます)と野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)とともに荏原台古墳群に属していました。多摩川沿いに走る武蔵野台地の南端に位置します。専門的には江原台古墳群は東側の田園調布古墳群と西側の野毛古墳群にわかれますが、2㎞ほどの多摩川沿いの台地に築かれた古墳群です。浅間様古墳は田園調布古墳群にあります。すでに宝莱山古墳のところで触れたようにまさか中学時代から通いなれた東急沿線沿いに古墳が存在するとは考えてもみませんでした。

宝莱山が4C前半に、後半にはいずれ紹介しなければならない大型前方後円墳の亀甲山古墳(鬱蒼とした雑木林が墳丘を覆っておりわかりにくい)が造られ、4C末には中型の円墳もみられたそうです。他方、野毛古墳群では5Cになると都内で唯一の本格的復元古墳、大型の帆立貝型前方後円墳である野毛大塚古墳が造られ、八幡塚古墳、御嶽山古墳など多数の中型の円墳ないし帆立貝形古墳の築造が続きます(一部を除き消滅)。この時期には田園調布地域には古墳の築造は見られません。ところが5C末には田園調布地域に古墳築造がもどり、多摩川駅から至近の距離に前方後円墳の浅間神社古墳が造られ、6Cから7Cごろにかけて宝莱山古墳と亀甲山古墳の間に今も整備されて見学可能な径15mほどの八基の円墳や消滅した前方後円墳が造られます。こうした古墳の立地の移動は多摩川流域の支配者が変動したということなのでしょうか。

このあたりのことにご関心のある方は大田区の「古墳ガイドブック」(2008)やネットで検索可能な「大田区遺跡一覧」でご覧ください。肝心の浅間様古墳は動画でご覧いただけるように小ぶりながら見事な石室です。墳丘は削られてしまっていますが残された明治時代のスケッチでは円墳になっています。ガイドブックの説明は各面を平らに加工した切石を積む構築工法は新しい技術でこの古墳が造られたのは荏原台古墳群の中で最も遅い時期に築造されたことを示しているとしています。玄室の長さは2m、奥壁の幅は1.38m、玄門の幅は0.65m、羨道の長さは1.8mです。同じ頃に築造された神奈川県の加瀬台3号墳(以下いずれもクリックすれば飛べます)、群馬県の宝塔山古墳蛇穴山古墳、さらには趣の異なる当麻谷原3号墳の横穴石室と比較してご覧ください(撮影2016107日)。

  上野三碑(こうづけさんぴ)と呼ばれる現在の群馬県域に、日本に18例しかない古代の石碑が三つあります。造られた順は山上碑(やまのうえ)(681年)、多胡碑(711年頃)、金井沢碑(724年)です。なぜ三つもあるかは別にして、最も古い山上碑は、隣にある山上古墳の被葬者について書かれている墓誌という点が重要です。これまで紹介してきた古墳の被葬者の多くは特定できていませんが、山上碑のおかげで事実上被葬者を知ることができるのです。碑には、近在の放光寺の僧侶・長利(ちょうり)が母の黒売刀自(くろめとじ)のために墓を建てたことなどが書かれているそうです。ただ、石室の形態などからすれば古墳は石碑の建てられた681年より数十年前に造られたとようで(事実上と書いたのはそうした理由です)、実際には山上古墳の被葬者は黒売刀自の父であり、その後、黒売刀自が追葬されたものと専門家はみています(高崎市HP、上野三碑とは)。


 上信電鉄の山名駅から西に1㎞ほどアップダウンのきつい山間の道を歩きます。国の特別史跡なので山上碑までの標識は整備されて迷うことはありませんでしたが、最後は動画1の冒頭にあるような急な階段が続きます。頂上まであがると左に建屋に覆われた山上碑が、その隣に小さな円墳が見えます。石室は精緻な凝灰岩による切石積みです。時期は下りますが同じ群馬の総社古墳群の宝塔山古墳(クリックすれば飛べます)、蛇穴山古墳(クリックすれば飛べます)と共通するものがあります。奈良明日香村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)の石室とも是非比較してご覧ください。ただ、山間にある古墳の石室ということでしょうか動画では削除しましたが石室の天井にはカマウドが密生していました。苦手な方はご注意ください。もう一つ驚いたのは奥壁前には大きな馬頭観音像が鎮座していたことでした。聞けば鎌倉時代のものだそうですが怒りの表情のように見える形相がぼんやりと浮かびあがった時には思わず後ずさりしました(撮影2015年12月17日)。


  今回紹介するのはこのブログでははじめて登場する珍しい形状をもった兵庫県宝塚市の中山荘園古墳です。墳丘裾が八角形を意図したとみられることから八角墳と呼ばれています。八角墳でよく知られているのは奈良県明日香村の天武・持統陵ですが陵墓指定のために外から眺めるしかありません。その意味でも中山荘園古墳は貴重です。阪急売布(めふ)駅北側に見える丘の端に築かれた古墳は1982年マンション建設中に発見され、規模を変更してまで保存整備を行ったという経緯があります。径約13メートル、高さ約2.6メートルで墳丘は小規模な円墳のようにみえます。特異な形状の観察はもちろん石室も自由に見学できる点がよいですね。動画で確認できるように古墳は茶色のマンションの敷地横に並ぶように位置しています。古墳の裾には列状の石が並んでいて辺が確認できます。ただ明瞭なのは六角までです。石室前のテラス状の部分をいれると八角になるのでしょうか。横穴石室は短い羨道がついていますが、これまで見てきた石室よりはずいぶん短い感じがします。

 アクセスは阪急売布(めふ)神社駅西口から北に100mほど歩き池(菰池)のみえる通りを北東方面300m先のライオンズマンションを目指します。マンション横に古墳公園があります(撮影2016年2月23日)。



↑このページのトップヘ