古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:6C末

 今回の6C末に造られたと考えられている径12mの小さな円墳、天神洞古墳については情報が乏しいのが実情です。動画に見るように墳丘及び横穴石室は復元され小さな公園内に保存されています。わかっていることはこの辺り一帯は香貫(かぬき)九十塚といわれる古墳群があり、そのなかに天神洞が含まれています。1970年代に行われた土地区画整理に際しての三基の古墳が発掘調査され武器類やメノウ製勾玉装身具、土器類などが多数出土したことがわかっています。沼津市教育委員会の説明では天神洞古墳は、これらの発掘調査で明らかになった結果に基づき、おそらくこのような横穴石室をもった円墳が存在したであろうという想定の下に復元を行ったということでした。

 地域的に近く、また6C末と同じ頃に造られたと考えられる静岡県富士市の円墳、実円寺西古墳(クリックすれば飛べます)は径18m 奥行9.5mに対して、天神洞古墳は径12mに対して奥行4mに留まっています。この古墳群にはこの規模の円墳がいくつもある群集墳だったと考えられます。この規模からして古墳の造営が有力な豪族しか造られなかった時代から、下位レベルのより小さな地域を治める豪族、さらには上位の庶民上層部の者、家父長クラスにまで可能となったことを示すものといえるのではないでしょうか。アクセスは沼津駅から東海バス大平行きで中瀬バス停下車信号まで戻り山側に渡り入るとすぐです(撮影20161011日)。


天神洞古墳(香貫古墳群)基本データ

所在地 静岡県沼津市中瀬町

形状 円墳(復元)

規模 径12m 高さ2.3m 横穴石室 長さ4m 床近くの幅1m、天井近くの幅0.75m

築造時期 6C

出土品 武器類やメノウ製勾玉装身具、土器類など多数

史跡指定 なし

特記事項 本文に書いたように天神洞古墳は区画整理に伴う発掘調査の結果明らかとなった遺構等から想定復元された横穴石室のある円墳。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は既に紹介した今市大念寺古墳の石室に続く出雲市にある後期古墳石室、上塩治築山(かみえんやつきやま)古墳です。訪問し終わって振り返ると妙蓮寺山古墳、宝塚古墳、上塩治地蔵山古墳(いずれアップします)とどれも印象に残る石室ばかりです。国の史跡に大正時代にすでに指定されていることだけを考えても、これら遺跡の重要性がわかります。同時に、如何にこの地域を支配していた豪族が力をもっていたかの証ということも理解できました。とりわけ今回の石室の長さは島根県では最も長く14.6mを数えます。そこに大小二つの精巧な家形石棺が縦(大石棺)、横(小石棺)に置かれており、どちらも横面に穴が開いているところが(専門的には横口というそうです)目を引きます。出雲市文化財課の担当者のお話では、埋葬者は棺の中でも生きていると考えられていたようで、そのための出入りの穴(口)だったとのこと。九州の影響を受けているそうで畿内の家形石棺にはみられない特色だそうです。死生観が地域によって異なっていたということのようです。今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)の全国一の規模も同じところに穴(口)が開いていました。比較してご覧ください。こうしていくつもの石棺をみるだけでもバラエティーに富んでいて飽きません。

 墳丘自体は見た目だいぶ崩壊が進んでいるようで雑木に覆われていることもあり円墳といわれなければ小山のようにしかみえません。それでも内部の石棺を目の当たりにして不思議な感覚に襲われました。1400年もの間、時空を超えてここに存在し続けていたのです。ただそれだけなのですが・・・。

現地を訪れてわかったことは動画1の冒頭のところカメラの後側に走る県道277号にも築山古墳群を形成する円墳が4基並んでいたということでした。現在は最近整備されたばかりの道路の下になり、その姿を確認することはできません。それだけに上塩治築山古墳の遺跡としての重要性がわかります。明治20(1887)に石室は開口され、大棺からは金銀双円頭太刀、須恵器、小棺からは金銀製冠、鉄器、須恵器等が出土しています(上塩治築山古墳パンフレット、出雲市)。
  アクセスは出雲市駅前から循環バスを利用してもよいですが私は1㎞ほどなので歩きました。277号を南へ下り島大東を左折して左側に動画1の見学者用駐車場が見えます。その奥の小山です(撮影2016年5月10日)。


PNG kamienyatsukiyama kofun zu

上塩治築山古墳基本データ

所在地 島根県出雲市上塩治町築山

形状 円墳

規模 径46m 高さ6m

築造時期6C

出土品 大棺から金銀双円頭太刀、須恵器、小棺からは金銀製冠、鉄器、須恵器等が出土

史跡指定 国指定

特記事項 羨道 長さ5.8m1.8m高さ2.2m、玄室 長さ6.6m2.8m高さ2.9m

石棺() 長さ2.8m1.4m 高さ1.7m()長さ2.1m 幅1.4m 高さ1.4m

 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の後期古墳は栃木県壬生町の牛塚古墳です。壬生町には黒川沿いに前方後円墳、円墳を中心とする壬生古墳群と呼ばれる多くの古墳があります。遺跡地図を見てその多さに驚きました。しかも大半は古墳後期で、畿内では前方後円墳の築造は終わっている時期に東国では次から次へと前方後円墳が造られています。不思議としか言いようがありません。いずれ紹介する栃木県最大の前方後円墳吾妻古墳が最も古く6C後半に、ついで愛宕塚古墳、今回の牛塚古墳、隣の墳丘径80mを超す円墳車塚古墳の順で造られたと考えられています(みぶの古墳、壬生町教育委員会、2009)。既にお隣の下野市に属しますが吾妻古墳近くの丸塚古墳は既にアップ済みです。是非、ご覧ください(クリックすれば直接飛べます)。
 下野地域の古墳は段築一段目のテラス(平坦面)が広いのが特徴で牛塚古墳も吾妻古墳も同様です。残念ながら墳丘が崩れている牛塚古墳の場合、二段目から一段目にかけてなだらかな坂状を示しているだけにみえます。吾妻古墳は墳丘128mと大きく、テラスの幅も広いためにその特徴がよくわかります。動画のキャプションに前方部が短いと書きましたが前方後円墳でも帆立貝形前方後円墳に属します。復元された帆立貝形は東京の野毛大塚古墳、大阪の風吹山古墳をすでに紹介していますので是非ご覧ください。自然に任せた牛塚古墳とはだいぶ印象が違いますが築造当時は一段目のテラスが広がった形をしていたと思ってください。
壬生駅から他の古墳をめぐることを考えれば徒歩が一番よいような気がします。駅に近い壬生城内にある歴史民俗資料館に寄り、午前中は駅を挟んで今回の牛塚古墳や車塚古墳のある北側、午後は丸塚古墳、吾妻古墳等がある南側を歩きました(撮影2015年11月12日)。
PNG ushiuzuka mibu kofun zu






牛塚古墳基本データ

所在地 栃木県壬生町

形状 前方後円墳

規模 墳長約60m、二段目墳長 約38m 後円部径約25m 前方部幅 16m

(後円部高さ約5m、前方部約3m、一段目から)

出土品 須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 この地域特有の一段目のテラスが広い。現状は墳丘の崩壊のために不明瞭。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


今回の後期古墳では赤坂天王山古墳群の3号墳を紹介します。既にご覧になられた方も

多いと思いますが2015112日に方墳の1号墳をアップしています。今回の3号墳を含め1号墳以外はみな円墳(10基以上)だそうです。しかも一辺約50mで三段築成の1号墳に対して、一回りも二回りも小さい円墳です。そうしたところから1号墳の被葬者が特別な人物であったと考えられ暗殺された崇峻天皇の真陵ではないかというのが専門家を含め大方の見方であることをご紹介しました。

 今回の3号墳は1号墳の北側近くの雑木林のなかにひっそりと佇んでいました。この古墳も二度訪れましたが、はじめて訪れた際1号墳にたどり着けず、石室の開口部分が目に入った3号墳を1号墳と勘違いした経緯があります。1号墳に比べると開口部がやや大きいからでしょうか不気味さもあまり感じぜず入室することができました。石室の長さは1号墳が15.2mに対して9.35m、玄室長6.5mに対して4.25mとだいぶこぶりです。専門家には花崗岩で築かれた石室は「奥壁は4段、側壁は4段もしくは5段で積まれているが、石材の大きさは様々で1号墳に比べ乱雑な印象を受ける」そうです。たしかに動画で比較してみると素人目にも1号、3号の違いは明らかに思われます。とはいえ石室の側壁が天井近くになるに従い内傾するという「持ち送り」の特徴などよくわかりますし、石室を閉じる役割を果たす閉塞石の存在もはっきりと確認することができます。

 3号墳の築造の時期ですが興味深い専門家の議論があります。前述のように1号墳のみが方墳で残りは全て円墳であることから、円墳の古墳群が存在するところに方墳の1号墳が後に分け入るように造られたという見方です(桜井の横穴式石室を訪ねて 桜井市立埋蔵文化財センター、2010)。そうした解釈に立てば3号墳も1号墳よりも早く築かれたということになります。なかなか興味深い指摘です。いささか1号墳について触れすぎたような気がしますが、是非、1号墳と比較しながらご覧ください。

 アクセスは近鉄、JR桜井駅南口から宇陀方面行きで下尾口(さがりおぐち)下車徒歩10分。北口の観光案内所に地図があります(撮影2015年10月28日)。

  JR上越線の群馬総社駅から徒歩で7-8分ほど。三度目の訪問で漸く気に入った動画が撮れた今回の古墳があります。墳長約90mの総社二子山古墳です。後期の典型的な前方後円墳の特徴を持ち前方部の幅が後円部径よりも広く、高さも前方部のほうがやや高くなっています。はじめどちらが前方部かを確認せずに頂上まで登った時、てっきりその広さからして後円部と思ったほどでした。そうした特徴は動画でもおわかり頂けると思います。二つの横穴石室を持つことでも知られた存在ですが、後円部の石室は天井石の崩落もあり立ち入り禁止になっています。聞けば切石積みの見事な石室だそうで見学できず残念でした。動画3の前方部のほうは川原石で組まれた武骨な感じのする石室ですが精緻な切石とはまた違った趣があります。

 この二子山古墳や既に紹介した見事な切石積みの石室を持つ宝塔山古墳(15624日)、蛇穴山古墳(15629日)は6Cから7Cにかけてこの地に造られ総社古墳群を形成しています。古墳群中宝塔山、蛇穴山、それにいずれ紹介する愛宕山古墳は方墳で、二子山古墳、王山古墳、遠見山古墳は前方後円墳です。被葬者はどのような関係にあったのでしょうか。二子山古墳は明治初期に豊城入彦命(とよきいりひこのみこと、崇神天皇の第一皇子)の陵墓に一度は認定されたものの結局はそうならなかった事情があるようです。もし陵墓であれば、これほど容易には近づけない存在だったに違いありません。
 アクセスは冒頭に書いたように群馬総社駅から南に線路沿いに下り大きな通り(15号線)を左折し二本目の道を右折すると動画1冒頭の説明の石が見えます(撮影2015年12月17日)。


総社二子山古墳基本データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 前方後円墳

規模 墳長 89.8m、後円部幅44.2m 高さ7.5m、前方部幅60m 高さ8m二段築成

築造時期 6C

出土品 江戸時代に後円部、前方部横穴石室から勾玉、金耳環、銅製六鈴釧、鉄鏃、脚付長頸壺等が出土している 

史跡指定 国指定

特記事項 後円部の横穴石室は天井が崩落しているために閉鎖されている




PNG soujyafutagoyama zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は後期古墳に位置づけられる奈良県桜井市の赤坂天王山古墳を紹介します。6C末の築造といわれ大型の横穴石室を持つこの古墳はマニアにはよく知られ、ファンも多いようです。これまで紹介してきた全てといってよい古墳が被葬者不明でしたが、この古墳は崇峻天皇の真陵ではないかといわれ、しかも石室の内部まで入ることができます。そうしたところに惹きつける魅力があるのかもしれません。

崇峻天皇といえば日本書紀に蘇我馬子の指示で暗殺され即日、倉梯岡陵(くらはしおかのみささぎ)に葬られたと記された不幸な天皇として知られています。宮内庁が治定した陵墓は天王山古墳からほど近い距離にあります。しかし専門家の大半は次のような理由から現在の陵墓が崇峻天皇の埋葬の場ではなく、それどころか墳墓ですらないとみているようです。公開されている測量図から、低い墳丘は認められるものの墳墓とは言えず、何より崇峻天皇が在位した時代の埋葬施設として考えられる横穴石室が認められないなどがその根拠のようです。他方、赤坂天王山古墳(1号墳と呼ぶ)は日本書紀が記した倉梯の地で他の古墳(2から5号)が小規模で円墳なのに対して、方墳でしかも規模が突出して大きいこと、築造時期と推定される時期と崇峻天皇の没年が大凡一致すること(6C末から7C初)、江戸時代以来、明治22年に現在の墳丘に治定変えになるまでは、赤坂天王山古墳が崇峻陵として親しまれてきたことなどから、こちらこそが真の崇峻陵だとみているようです。なぜ、治定替えを行う必要があったのかなど興味深い点は数多くありますが紙幅が足りません。考古学ジャーナリストの矢澤高太郎さんの 天皇陵の謎(文春新書、2011)を読むことをお勧めします。

「ほとんど土砂で塞がれたこの中へ身を入れるには、いささか勇気がいる」と矢澤さんが記した横穴に私も入ってみました。動画でお分かりのように開口部は50㎝ほどの高さしかありません。身をかがめてそろりそろり、しかし前をみても真っ暗闇で何も見えないのです。ライトをかざしてもです。耳を澄ますとガサッと何かが動く音がしました。心臓がバクバク。ようやく暗がりに慣れたライトの先の動くものは・・・トカゲでした。そしてその先に石棺がぼんやりと浮かびます。続きは動画でご覧ください。

なお動画1と動画2ではよくみると石室入口の状況が異なります。動画1は1度目、動画2は2度目の訪問。前日に降った雨水が流れ込んでいます。

アクセスは近鉄、JR桜井駅南口から宇陀方面行きで下尾口(さがりおぐち)下車徒歩5分。北口の観光案内所に地図があります。
 なお石室の基本的な事柄は 桜井の横穴石室を訪ねて(桜井市立埋蔵文化財センター、2010)が初心者にもわかりやすく役立ちました(撮影2015年10月28日)。


PNG akasakatennnuzan zu(saishuban)


赤坂天王山古墳データ

所在地 奈良県桜井市倉橋

形状 方墳 横穴式石室(両袖式)

規模 墳丘 東西45.5m 南北42.2m

石室全長 17m 羨道長 8.5m 幅1.8m 高さ約2m

玄室長 6.34m 幅約3m 高さ4.2m(花崗岩)

築造時期 6C末から7C

出土品 不明 

史跡指定 国指定

特記事項 玄室内に凝灰岩製 刳り抜き式家形石棺残存

棺長 2.4m 幅1.7m 高さ1.1m 



  にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介するのは畿内では前方後円墳がみられなくなった終末期の6C末(7C初ともいわれる)に現在の群馬県高崎市(当時の上野国)に造られた100m規模の八幡観音塚古墳です。既に仏教が伝来し、間もなく白村江の戦いを迎える時期になります。


 この地には観音塚に先立ち、5C後半に平塚古墳、6C前半に二子塚(いずれも前方後円墳)が造られて八幡古墳群を形成しています。東国以外の首長墓は円墳や方墳が主流となるなかなぜ東国では前方後円墳が造り続けられたのか興味深いところですが、そこは専門家の議論に委ねましょう。大型の墳墓築造の理由が権力、権威を「見せる」「見せつける」という点にあるという点からすると碓氷川、烏川に囲まれた台地は絶好の地であったに違いありません。高崎市からコミュニティーバス(ぐるりん少林寺線)で十分体感できます。バスに40分ほど揺られJR信越本線群馬八幡駅を過ぎたあたりから丘陵が迫ってきます。西部公民館前あたりからの急坂を一気に登り切ったところに古墳は立地していました。前方部が後円部に比して大きく(高さも高い)発達した墳丘は人々の心に焼き付いたことでしょう。


 この古墳は関東の石舞台ともいわれる巨大石室と発掘された銅承台付蓋碗や画文帯環状乳神獣鏡など豪華な副葬品(一括して重要文化財)でも知られています。太平洋戦争中の防空壕掘削途中に地元の人々により偶然発見された貴重な品々は丁寧に保管され、それが現在、古墳から200mほどのところにある観音塚考古資料館の前身になったと聞きます。鍵がかかっていて全く中の様子すらわからないどこかの石室と違い、石室は開口しておりいつでも見学可能です。このあたりが地元主導で保存されてきたことの強みかもしれません。資料館で懐中電灯も常備されているのにも驚きました。動画でどこまで雰囲気を伝えることができたかはわかりませんがご覧ください。


 アクセスは既に書いたように高崎駅西口発のバス、ぐるりん少林寺線で考古資料館前下車が最も便利です。ただ、バスの本数は1時間に一本しかありません。JR信越線群馬八幡駅から徒歩だと30分ほど。

↑このページのトップヘ