古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:6C後

今回紹介するのは福岡県八女市の標高100mほどの山懐に広がる童男山古墳群に属する22号墳です。既に巨大な石室をもつ1号墳及び2号、3号墳は紹介しましたが、今回の22号も大変規模の大きい石室を有する円墳です。1号墳の前の道から南西方向に500mほど下った林のなかにあります。素人目にはこれまで紹介した三基よりも墳丘の残りがよいような気がします。残念ながら今回の22号墳も羨道部分は削られていますが、それでも九州の石室に多い前室、後室を持つ複式構造の石室にはいつもながら圧倒されます。後室(奥室)と前室の間の袖石の立派なこと、すばらしいですね。ただ、土圧のせいでしょうか後室の壁が大きく傾いています。1号墳(クリックすれば飛べます)2号、3号墳と比較してご覧ください。アクセスはJR鹿児島本線羽犬塚(はいぬづか)から堀川バス 矢部 星野行きで30分。 上山内バス停から徒歩10分。交差点角に北向きに登る道があります。看板もあるのでわかりやすいと思います(20161026日)。


 西都原古墳群、ルートマップを片手に歩いて改めて古墳の数の多さに驚かされます。まさに、あそこにもここにもあるという感じです。同じ宮崎県宮崎市の生目古墳群や大分の川部・高森古墳群(宇佐風土記の丘公園)、関東のさきたま古墳公園と比べると、その点が大きく異なっています。その多くが整備保存されているのですから、それは壮観です。国の史跡より一段格上の特別史跡に指定されている理由もわかります(現在、古墳の特別史跡は高松塚古墳、巣山古墳岩橋千塚古墳群など9か所)。

さて今回紹介する前方後円墳西都原202号墳(姫塚)は31基を数える西都原古墳群の前方後円墳の中でも最も遅くに築かれたもののようです。鬼の窟(いわや)古墳の南にあり、古墳が密集する第一支群からはポツリと離れています。ここにもあそこにもと書きましたが、ご覧になればおわかりのように202号の墳頂からは前方部の先に小さな204号しかみえません。墳丘は前方部が発達した典型的な後期古墳の姿をしています。二段築成の墳丘には幅10mの濠がめぐっています。古墳の簡素化の流れの一環でしょうか。葺石は見られなかったそうですから、築造当時もこの墳丘に近かったのではと想像します。埋葬施設は時期的に見れば追葬が可能な横穴石室も既に採用された古墳もあるなか(時期はもう少し早い福岡市の今宿大塚古墳が一例)、後円部頂に木棺直葬されていたようです。ただし説明板によれば出土した土器からして7C前半まで追葬が行われていたと考えられています。

これまでに紹介した西都原古墳群は下記のとおりです。ご一緒にご覧ください。西都原13号と35西都原169西都原206鬼の窟(いわや))、西都原170号と171(撮影日2017323日)。
saitobaru202 gou zu





西都原202号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 前方後円墳

規模 墳長57.3m、後円部径34.4m 高さ6.26.3m、前方部幅41.5m 高さ5.45.7m

二段築成、周濠あり

築造時期 6C

出土品 須恵器、鉄鏃多数、水晶製切子玉・勾玉・ガラス小玉、金銅貼り耳環

史跡指定 西都原古墳群として国の特別史跡

特記事項 西都原古墳群中最も遅く築かれた前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  これまでも石室内に描かれた線刻模様のある古墳はいくつか紹介してきましたが、私の視力の衰えのせいもあってか必ずしもはっきり、くっきりと認識できるものはあまりありませんでした。厳重な保護管理された石室ではやむを得ないのでしょうが照明を極力落としているためにみづらく、HPや図録でみたものとはずいぶん違うとの印象をもったことがたびたびでした。その意味で今回はよい意味で期待を裏切られました。多くの方がそう思われるのではないでしょうか。

 非常にラッキーなことにお自宅の敷地内に古墳のある御当主のお話では、今日は本当に「よく見えますな」とおっしゃっていました。天候、特に湿度に非常に左右されるのだそうです。それにしても複室の前室から後室の奥壁に描かれている円紋を見た時には、その遠目にも見える鮮やかな朱色に度肝を抜かれました。妙な表現ですが、つい最近描かれたような、レプリカのようなそんな印象なのです。その状態を動画でどこまで伝えられているでしょうか。

 「装飾古墳の世界」(祥伝社、2010)を書かれた考古学者大塚初重さんは「墳墓を装飾するということが古代人の心の中になかったわけではなく、装飾ということより死への旅路の冥福を祈った人々の祈りの具象化なのであった」と書いています。なるほどそうなのかと思って見返すと動画2の船と思しき模様は被葬者を乗せた旅立ちの船のようにも思えます。そのような蘊蓄はこのぐらいにして描かれた文様を存分にお楽しみください。実は

まだアップしていない熊本県山鹿市のチブサン古墳や茨城県ひたちなか市の虎塚古墳など、ずっと大がかりで複雑な模様が描かれた壁画古墳がありますが写真撮影はできず見学者の胸の内にしまい込むしかないのは残念なことです。その意味でも所有者にご挨拶すれば見学でき撮影も可能という鬼塚古墳は実に貴重です。

 肝心の石室ですが九州によくみられる複室構造です。残念ながら羨道は欠損していますが、玄室の天井が意外に高くてびっくりしました。奥壁は同心円紋などが描かれた二段と天井近くの三段積みで持ち送り構造です。なお墳丘は川原石に固められていますが後世のものだそうです。アクセスはJR九州久大線豊後森駅から西に3㎞ほど小田簡易郵便局の近くですが、詳細は玖珠町教育委員会に問い合わせることをお勧めします(撮影20171031日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 全国各地の古墳を訪ねて6年ほど経ちますが今回ほど不安を抱えての山歩きははじめてでした。なぜかって?クマの出没です。大藪古墳群のある養父市教育委員会から事前に散策用マップを送って頂いたのですが、そのメールにクマ対策をしてお越しくださいとあったのです。近年、全国的にクマの出没情報は多いとはいえ古墳の近くまでに出没とはびっくりです。早速、鈴を購入しましたが前夜はクマに襲われた夢までみる羽目に。実際、防獣ネット(フェンス)のカギを開けて動物たちのの生活領域に足を踏み入れた時には生きた心地がしませんでした(案外臆病です)。もっともご安心ください。養父市HPには私も訪れた大藪古墳群中最大の石室がある禁裡塚古墳を地元小学生たちが訪れている写真がアップされています。季節を選べばまったく心配はなさそうです。ところで大藪古墳群についての養父市HPの解説は測量図などもあり充実しています。

 今回の35mの円墳塚山古墳は散策ルートにあるように防獣ネットの手前にある古墳ですが、心配性の私は鈴に加え携帯ラジオを持参し、ガンガン鳴らしながら見学しました。やや見つけにくかったこともあり石室を確認した時は、いつものように胸の高まりを抑えることができませんでした。訪ね歩いてきた多くの石室の中でも塚山古墳は最もお気に入りの一つになる気がします。動画1に見るように苔生す山腹(墳丘)の中ほどに開口している石室は実に絵になります。加えて印象的だったのは羨道から玄室に入った時の空間の広がりです。高さが3.6mと羨道の高さの倍もあるからです。そして動画2にあるように天井の巨大な板石。なんと長さ4.8mもある一枚ものです。大藪古墳群のある但馬(兵庫県北部)地域では最大だそうです。

 大藪古墳群には長さ12.1mの横穴石室をもつ塚山古墳以外にも同規模かそれに近い石室をもつ古墳(円墳)がいくつも造られておりパンフレット「大藪古墳群」は「奈良県の飛鳥地方にあっても並々ならぬ規模をほこる大型の石室」と書いています。それが決して大げさではないことはこの動画ブログの数々の横穴石室から確認できます。アクセスはJR西日本山陰本線八鹿(ようか)駅下車。全但バスで大屋橋下車し徒歩で散策ルートの最初のこうもり塚古墳(荒神神社横)まで歩きます。今回は雨模様だったのでやむを得ずタクシーでこうもり塚まで直行しました(撮影日20171113日)。他の古墳についてはいずれアップします。
動画1のタイトルに誤りがあり削除し再度編集をやり直しました。動画3のあとにアップしています。ご不便をおかけします。

PNG ooyabukofunngunn sannsakuru-toPNG tsukayamakofun Ooyabukofunngun shuuseiban




塚山古墳基本データ

所在地 兵庫県養父市

形状 円墳 50×60の方形基壇上に径35mの円墳

石室 長さ 12.1m、玄室長 4.6m、幅2.5m 高さ3.6m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する後期古墳は既に紹介した牛伏4号墳及び17号墳(お富士様古墳)と同じ牛伏古墳群に属する二基の前方後円墳2号と3号それに中規模の円墳5号墳です。いずれも

C後半に造られたと考えられ牛伏古墳群のなかでは最終段階のもののようです。中では3号墳は4号墳とともに横穴石室があったことが確認されていますが、残りの二基については発掘調査は行われておらず推定の域を出ないようです。ただし、2号墳は前方部幅が後円部径に比べ広く発達しており後期の古墳であることは間違いなさそうです。5号墳は径28mだけあって遠くからも墳丘の美しさが際立ちます。

古墳群は北側に200m級の山並みが連なる標高60mほどの微高地にあります。立ち並ぶ古墳は300m×200mほどのごく狭い地域に整然と眠っています。本格的な復元古墳牛伏4号墳(クリックすれば飛べます)はじめ今回の二基を含む前方後円墳が7基(内帆立貝型1基)、円墳9基があります。杉木立のなかに佇む中規模の古墳の数々は群馬県の大室古墳群や保渡田子古墳群のようなスケールの大きさは全く感じられません。しかし古墳の形容には相応しくないかもしれませんが愛らしいのです。牛伏古墳群の他の古墳は紹介する機会がないと思われます。今回の三基及び4号墳17号墳(お富士様古墳) (いずれもクリックすれば飛べます)をご覧頂き牛伏古墳群の全体のイメージをつかんで頂ければと思います。アクセスは常磐線水戸駅からイオンモール水戸内原行で中原バス停で下車し県道52号線を北に20分ほど歩くと左側に案内板が見えます(撮影2016419日)。
PNG ushibuse2,3,5gou zu




牛伏2号、3号、5号墳基本情報

所在地 茨城県水戸市牛伏町

形状 2号、3号 前方後円墳、5号 円墳

規模 2号 墳長43m 後円部径28m 高さ5.8m、前方部幅36m 高さ5m

3号 墳長 44m、後円部径26m 高さ4.2m 、前方部幅 26m 高さ3m

5号 径28m 高さ 約5m

築造時期 6C

出土品 埴輪

史跡指定 なし

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の後期古墳、愛宕塚古墳は古墳踏査をはじめて間もない20146月に心合寺山古墳に寄ったあとに訪れています。まだ横穴石室について知識もなく、おまけに梅雨時ということもあって湿気が漂う石室にただただ不気味さしか感じませんでした。ヘッドランプを持参しなかったこともあり長さ約16mの奥壁まで見通すことはできず、真っ暗。そうそうに退散した記憶があります。 以来、三度目の訪問で今回の動画を撮ることができました。

 大阪府下で最大の横穴石室といわれるだけあってまずその高さに驚かされます。天井まで4mを超えるというのは、そうそうありません。すでに紹介した石室で4mを超えるのはは奈良県明日香村の石舞台古墳4.7m赤坂天王山古墳4.2mぐらいでしょうか(下記の古墳を含めいずれも古墳名をクリックすると直接飛べます)。大阪で二番目の規模と紹介した山畑2号墳の天井までの高さは3.1mにとどまります。終末期の岩屋山古墳のような精巧な切石のものとは違いますが、全体としての迫力ははるかにこちらのほうが上回るような気がします。幅の比較的狭い長い羨道を超えると両袖型の長方形の空間、玄室が広がります。この視覚的要素がより石室を大きく感じさせているのかもしれません。盗掘はされていますが、家形石棺の破片のほか装飾大刀、装身具、馬具、須恵器などが出土しています。

 古墳時代には現在の八尾の先には河内湖が広がっていました。これだけ大きな石室をもつ愛宕塚古墳の被葬者も水運に関係をしていたのではないだろうかと想像をたくましくしています。
 古墳のあるところは生駒山系の西の山腹にあたりますが、一帯には高安古墳群として200基ほどの横穴石室を有する後期古墳が築かれています。すでに紹介した山畑古墳群もその支群の一つです。なかには非常に珍しい形式の横穴石室も残されています。いずれアップします。

愛宕塚古墳へのアクセスは直接行くよりも心合寺山古墳を訪ね、そこのガイダンス施設で散策マップを入手することをお勧めします。近いのですが迷う可能性があります。雰囲気は動画1の冒頭で確認できます。近鉄河内山本駅から瓢箪山駅行で大竹下車徒歩5分。バスの本数は1時間に3ないし4本です。バス停の目の前の道を東に300mほど歩くと左手に心合寺山古墳公園が見えます。月曜は休館日です(撮影2017216日)
PNG atagozuka yaoshi ichikankei



愛宕塚古墳基本データ

所在地 大阪府八尾市神立

形状 円墳

規模 径25m、高さ6.7m

横穴石室 全長 15.7m、玄室 長さ7.0m 幅3.1m 高さ4.2m、羨道8.7m(動画3のキャプション
9.5mは誤り)
 幅2.1m 高さ 不明

築造時期 6C

出土品 龍文銀象嵌鞘金具(りゅうもんぎんぞうがんさやかなぐ)付捩(ね)じり環頭大刀(かんとうたち)(出土地域が奈良、大阪府に限られる非常に珍しいものらしい)。鉄鏃、鉄鉾、玉類、馬具、須恵器、土師器の土器類多数

史跡指定 府指定

特記事項 大阪府下で最大規模の横穴石室



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  栃木県壬生町の牛塚古墳(クリックすれば飛べます)と巨大円墳丸塚古墳(いずれアップします)を見学した後、両古墳の間の道を500mほど南下すると(一つ信号があります)、結構大きな敷地をもつ地元企業が左手にあり、目指す壬生愛宕塚古墳はその真裏にありました。こんもりした森が目印です。

 雑木林に一歩足を踏み入れるとそこは動画1のような異空間が広がっていました。個人的に雑木林が好きなので思わず嬉しさのあまり息を飲みました。静謐の一言です。周濠を囲むようにぐるっと回る周堤が墳長80mに欠ける前方後円墳の墳丘をより大きく見せています。東国の後期古墳の多くに採用されている段築の一段目が広いのです。どこかで見た古墳に似ています。そうです。群馬県大室古墳群の中二子古墳です(クリックすれば飛べます)。周堤、周濠、それに幅広の広い段築一段目のテラス。墳長111mと一回り大きい中二子古墳と壬生愛宕塚古墳、是非、比較してご覧ください。中二子古墳の周堤には復元された円筒埴輪が立ち並んでいましたが、壬生愛宕塚古墳も周堤、テラスに数多くの円筒埴輪や人物埴輪がみられたそうです(訪問後の2017年夏に周堤、周濠の調査が行われましたが、今回の記述を大きく変える結果はなかったようです)。築造時期は畿内では前方後円墳の築造が下火になりつつある頃の6C後半で、東国ではまだまだ相当規模の前方後円墳が造られます。なお、今回の壬生愛宕塚は三基の中では最も早く、次に牛塚、そして最後に超大型の円墳、車塚古墳が造られます。

 墳丘自身は前方部が極端に発達した典型的な後期古墳ですが、本来ならば後円部にありそうな愛宕神社社殿がなんと前方部にあります。後円部では十分な敷地が確保できなかったからではないでしょうか。神社は元禄7年(1694年)壬生藩主だった松平輝貞が壬生城の魔除けとして建立したと伝えられています。壬生城址には壬生町の歴史民俗資料館があり、牛塚、車塚、愛宕塚古墳などの道順の確認や資料入手に便利です。月曜休館です。壬生駅まで東武宇都宮線で行き、北東方向1㎞にある歴史民俗資料館にまず寄るというのがベストでしょう。

PNG mibuatagozuka zu shuuseiban






壬生愛宕塚古墳基本データ

所在地 栃木県壬生町

形状 前方後円墳

規模 墳長77m 後円部径 34m 高さ5.5m、前方部幅46m 高さ5.5m

築造時期 6C

出土品 円筒、盾持ち人埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 牛塚、車塚古墳とセットでまわるのがお勧めです



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ