古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:6C後

  古墳の被葬者が誰かは多くの場合わからないのに対して、今回の後期古墳は舒明天皇の父にあたる押坂彦人大兄皇子(おしさかひこひとおおえのおうじ)の墓ではないかと多くの人が指摘しています。舒明天皇の父ということは天智天皇、天武天皇、皇極天皇(斉明天皇)、孝徳天皇の祖父に当たり歴史上大変重要な人物ということになります。最後の巨大前方後円墳、墳長318m五条野丸山(見瀬丸山)古墳(クリックすれば飛べます)とほぼ同時代に築かれた牧野古墳は径60mと円墳としては全体的に古墳の規模が縮小していくなかではかなりの大きさではないでしょうか。しかも巨大といってよい横穴石室。それらの点からしても牧野古墳は相当な有力者が埋葬されていることがわかります。

 馬見丘陵に築かれた馬見古墳群はいくつか紹介をしましたが最も南に位置する

ナガレ山古墳

(クリックすれば直接飛べます)から東に1㎞ほどのところにあります。現在は新しく建設された道路沿いに公園として整備された場所に古墳は位置します。動画1に見るように鬱蒼とした樹木が古墳であることを忘れさせますがよく見ると段築のある円墳だということに気づかされます。段築二段目に南に開口した石室は普段は施錠されており一度目は柵越しの見学でした。ファインダーをのぞくとぼんやりですが奥壁の前に石棺がみえ思わずうなりました。これはまた来るしかない。動画2と3に見る石室内部は20165月に再訪した際に撮ったものです。残念ながら10mの羨道が光を遮っているためでしょうか。全体として暗くよく見えません。とはいえ墳長17.1m(五条野丸山古墳は28.4m)、天井まで4.5mもある石室の迫力は半端なものではありません。特に羨道が印象的でした。玄室中央のくり抜き式の家形石棺は損傷が激しい点が残念です。

 ところで押坂彦人皇子の墓とみられている理由の一つに平安時代の法令集、延喜式の記述があります。歴代天皇や皇族など陵墓の名称や位置その規模も書かれていますが押坂彦人大兄王子の墓は成相墓(なりあいぼ)となっているそうです。成相の場所は大和国広瀬。これが現在の高陵町あたりではないかとみられています。アクセスは近鉄高田駅から近鉄バス竹取公園行きで終点下車(20分ほど)。バス通りを北方向に直進し巣山古墳西の信号を左折し四つ目の信号(1㎞ほど)の右手が牧野古墳のある公園(撮影20151125日、2016524日)。

  今回の後期古墳は和歌山県和歌山市にある国の特別史跡 岩橋千塚古墳群の二回目、紀伊風土記の丘公園で公開されている将軍塚古墳を含め横穴石室三基を紹介します。既に公園外ですが特別史跡に2016年指定された大谷山22号墳をアップ済みです(クリックすれば飛べます)。説明によれば岩橋千塚古墳群は、紀ノ川下流の南側、JR和歌山駅東方約2kmの丘陵地(標高20150)を中心に分布する5Cから7Cにかけて造られた古墳群です。前方後円墳、円墳、方墳等約850基が3㎞四方に5Cから7C前半の間に築かれています。市中心部からさほど遠くないバスで20分ほどのところです。訪れてあらためて驚いたのですがアップダウンがかなりきつく無数の墳墓が尾根にへばりつくように築かれています。今回は再訪だったのでさほどではありませんでしたが、はじめての時はハーハー言いながら歩いたのを思い出します。その古墳群たしかにかなりの迫力です。理由はその密集性にあるのだと思います。角を曲がれば古墳、そのような感じです。動画3でその 一部がおわかり頂けると思います。

  詳細は省きますが古墳群はいくつかの地区にわかれており公園として整備されているのはその一部です(大谷山22号墳は公園外の民有地にあります)。公開されている横穴石室は10基、竪穴式石室2基と箱式石棺1基のみでいささか拍子抜けでした。その大半が前山地区にあります。しかも内部に入れないところもあります。入れるところでも今回の将軍塚古墳がそうであるように入口はコンクリートで固められていて墳丘の趣を損なっています。昭和の時代の復元で致し方ないとはいえ再度の修復が必要でしょう。

  本題に戻ります。紹介している最初の二基は前山A地区にある23号墳、24号墳で径14m、高さが3mほどの円墳の横穴石室で古墳群では標準的な規模だそうです。三基目は前山B地区の墳長42.5mの前方後円墳、将軍塚古墳です。後円部にある石室ですが、他の二基と同様石棚と石梁があり入口が狭いというのが大きな特色です。しかも天井高は4.5mもあります。結晶片岩の板石を積み重ねて造られた石室は6C後半の築造と考えられています。一般的に古墳の被葬者ははっきりしていませんが岩橋千塚古墳群に関しては紀ノ川河口の平野部に大きな政治力を持っていた紀国造に関係する人々が有力視されているようです(紀伊風土記の丘HP)。アクセスはJR阪和線和歌山駅からバス「紀伊風土記の丘」行きで終点下車。公園入口まで10分(撮影2017117日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介するのは福岡県八女市の標高100mほどの山懐に広がる童男山古墳群に属する2号墳と3号墳です。既に巨大な石室をもつ1号墳は紹介しましたが、今回の2号、3号も負けず劣らず大変規模の大きい石室を有する円墳です。残念ながら羨道部分は削られいますが(特に2号墳)は、それでも九州の石室に多い前室、後室を持つ複式構造の石室は圧巻です。墳丘自身はかなり破壊されて本来の姿をとどめていないようです。2号墳は1号墳と違って後世におかれた石仏がないだけ築造当時の姿をとどめているのではないでしょうか。

3号墳は全ての壁石が一枚の板石で構成されている点が特に印象的です。童男山1号墳(クリックすれば飛べます)と比較してご覧ください。

 先日、古代史の専門家加藤謙吉さんのお話を伺う機会がありましたが、童男山古墳群について大変興味深いことを指摘されていました。八女地域の古墳群は最も西の石人山古墳が最初に、岩戸山古墳、乗場古墳等と続き、最後に最も東に童男山古墳群がほぼ一直線となる丘陵上に造られている。これら岩戸山古墳を中心とした墳墓は磐井の乱で有名な筑紫の君一族及びその前身となる歴代の首長墓と考えてよい。たしかに石人山古墳から岩戸山古墳は歩いても30分ほどですし丘陵上に築かれていることがはっきりわかります。これら二基(いずれアップします)は石製品の彫刻である石人石馬の存在で有名ですが童男山古墳ではみることができません。それに石人山古墳は墳長107m、岩戸山古墳は135mと地域において他を圧した規模ですが童男山古墳は最大の1号墳でも石室は巨大とはいえ墳丘は45mの前方後円墳より格下の円墳です。筑紫一族の栄枯盛衰を物語るかのようです。アクセスはJR鹿児島本線羽犬塚(はいぬづか)から堀川バス 矢部 星野行きで30分。 上山内バス停から徒歩10分。交差点角に北向きに登る道があります。看板もあるのでわかりやすいと思います(20161026日)。PNG dounannzan 1&2&3 zu



童男山23号墳基本データ

所在地 福岡県八女市

形状 2号 円墳 複式横穴式石室 石棚 石棺

    3号 円墳 複式横穴式石室 石屋形

規模 2号径22m 317m

出土品 不明

築造時期 6C央から後

史跡指定 なし

特記事項 八女市教育委員会によれば1号墳以外は委員会としての調査は行われていないとのこと。そのため石室規模など基本情報は不明。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する後期古墳の平林古墳は墳長55mの前方後円墳です。近鉄南大阪線の当麻寺駅から歩いても30分ほどだと思います。この古墳を動画で見るサイトの原則は徒歩なのですが、二塚古墳(いずれアップする変わった石室のある古墳)も見て東京に戻るとなると今回はタクシーを使うしかありませんでした。ところが迎えに来てくれたタクシーが応援に駆り出されたとかで二塚古墳も平林古墳も行ったことがないというのです。少々ショックでした。結局、メーターはあがるばかり。まあ、こういうこともあるかなと気を取り直して二塚古墳から平林古墳へ。ようやく着いた平林古墳は動画でおわかりのように二上山の東につらなる丘の先端に築かれていました。草刈がよくできた墳頂上からは古代には沼地であったであろう大和の平野が広がります。開発が進み墳丘裾部分は削られていますが前方部のほうが後円部寄りも高く後期古墳であることがわかります。他方説明板の測量図によれば前方部幅が35mと後円部径よりも10mも広いのですが、現在の墳丘からはその広がりが十分には確認できませんでした。

 この古墳の一番の目玉は後円部の東寄りの南に開口する横穴石室です。残念ですが石室内は立ち入り禁止です。代わりに古墳入口にある鉄柵に来訪者が近づくと中がライトアップされ中が覗けるようになっています。全く見ることができないよりはよほどましですが長さ5.7mもある玄室を実感するにはやはり中に入れないと・・・。とりわけ羨道よりも高さが1.8m高い玄室は鉄柵越しでは実感できません。このあたりは葛城市の配慮があればと誰しも思うに違いありません。羨道には追葬された被葬者の石棺が置かれていたようで底石だけ残っています(囲いがしてあるところ)。もっとも問題なのは動画1でちらりと見える入口の要塞と見まごうばかりのコンクリートの壁です。復元整備したのがだいぶ昔だったのでしょうか。土木工事も今では疑似自然工法が取り入れられているのですが・・・(撮影日20161214日)。訂正 動画1 北東→南東 東→南。
  PNG hirabayashikofun zu無


平林古墳基本データ

所在地 奈良県葛城市兵家

形状 前方後円墳

規模 墳長 55m、後円部径25m 高さ4.9m、前方部幅35m  高さ5.1m

築造時期 6C

出土品 直刀、鉄鏃等鉄製品、馬具一式、金環、玉、画文四仏四獣鏡、須恵器、土師器

史跡指定 府指定

特記事項 石室データ 両袖型横穴式石室 玄室長5.7m 幅3.3m高さ3.8m、羨道長8.8m、
1.9m 高さ2m、羨道に石棺底石だけ残されている。同地域では先行して二塚古墳が築かれている。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  岡山駅から7-8㎞ほど北東、旭川近くの今では住宅が立ち並ぶ牟佐の集落に目指す径30m(本来は40m)の円墳、牟佐大塚古墳はありました。動画2でおわかりのような光景が古墳周辺に迫っていて、墳丘の裾の一部は道路で削られています。時代は下りますがすぐ近くに備前国分寺が築かれ、そのことからもこの地は古墳時代からも交通の要衝であったことがわかります。6C後半に築かれたといわれるこの古墳、総社市のこうもり塚古墳、倉敷市の箭田大塚古墳と並び岡山県の三巨大石室の一つとして知られています。なぜ備中の地に三基もこれほど大きな石室を持つ古墳が築かれたのでしょう。興味深い問題です。

 肝心の牟佐大塚古墳ですが、既に紹介したこうもり塚古墳(クリックすれば飛べます)とは違って石室の中に入って観察できるのですから否が応でも胸は高まります。動画1でおわかりのように南に開口する石室。長い羨道の奥にぼんやりと盗掘孔のある家形石棺が見えます。長い。こうもり塚よりは1.4m短いとはいえ羨道入口から玄室奥壁まで18mもあります。埼玉県行田市の八幡山古墳石室(クリックすれば飛べます)にもその長さに驚かされましたが16.7mにとどまります。それにしてもよく維持管理されていて嬉しいですね。大谷山22号墳が一例ですが雑木林や熊笹に覆われた石室を発見した時の喜びはもちろんですが、今回のように整備され見学者を待っていてくれる古墳もすばらしい。是非、機会があれば現地に足を運んでください。

アクセスは岡山駅前から宇野バス美作線で牟佐下下車が便利です。自分はその先の国分寺近くの両宮山古墳を訪れたあとに寄りました。牟佐下のバス停の信号を西に少し歩き高架下をくぐりすぐに右折し左に老人ホームを見ながら200mほど歩き一つ目(信号の手前)を左折し、すぐに見える細い路地を北方向に歩くと古墳が現れます(動画2)(撮影20161212日)。


PNG musaootsuka sekishitsu zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

PNG yamahatakofungun ichikannkei

  大阪には本当に数多くの古墳があることに驚かされます。近鉄奈良線の瓢箪山駅から真西に1㎞ほど。山の中腹に東大阪市の郷土博物館があります。6C後半から7C初頭に築かれた山畑古墳群はその周辺に残されています。もとは横穴石室を持つ小規模の円墳を中心として100基ほどあり開発の進んだ今でも70基ほどが確認できるそうです。たしかにあそこにもここにもあるという感じです。ただし今回、紹介するような石室内部が完存に近い状態で観察できるものは少ないようです。22号は二つの円墳が連結する双円墳だったようですが現在では東西のうち西古墳しか墳丘も石室も残されていません。床面に中ぐらいの石が敷かれた石室内部と幅の狭さが印象的です。21号もほぼ同じですが天井高はやや高いようです。古墳は中期になると前期に多く見られた山頂から平野に下りてきますが、後期ではまた今回の山畑古墳群のように山の中腹に規模が小さいものが密集して造られるようになります。どうやら首長クラスだけでなく、格下の人々も

古墳に葬られるようになった

 今回の二基を含め多くの石室からは馬具関連の副葬品が出土しており、騎馬を飼育していた馬飼部を率いた渡来系氏族の墓ではないかとの解釈がみられます。

今回、編集しながら思ったのですが、奈良の赤坂天王山古墳、峯塚古墳のように入口が土砂で埋まっている横穴石室の本来の姿を想像するための指標としても役立つように思いました(撮影2016年9月26日)




山畑22号と21号墳(山畑古墳群)基本データ

所在地 大阪府東大阪市瓢箪山、上四条町

形状 22号双円墳(現在は西側のみ残存)、21号円墳

規模 22号 径15m 高さ4.5m21号 径15m 高さ 不明

石室 22号 長さ約9m 玄室長さ 約3m 幅1.6m 高さ2.8m

21号 長さ約8m 玄室長さ 約4.1m 幅 2m 高さ3m

築造時期 6C後半

出土品 22号 須恵器、馬具、鉄鏃 21号 須恵器、鉄鏃、石棺片(凝灰岩製)

史跡指定 22号 市指定

特記事項 古墳群の数多くの横穴石室から馬具等が出土しているところから馬を飼育していた馬飼部を率いた渡来系人々の墳墓ではないかとの見方もある


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  古墳踏査は地図上では近いと思ってもいやはや、一筋縄ではいきません。今回の牛伏古墳群が残るくれふしの里古墳公園もそうでした。前日水戸駅のビジネスホテルに泊まり、北口バス乗り場からイオンモール水戸内原行で中原バス停まで結構な時間乗りました。そこから徒歩20分。遠いです(苦笑)。帰りはJR常磐線内原駅まで歩いたのでなおさらでした。肝心の今回の牛伏4号墳、中小規模の前方後円墳6基、帆立貝型1基、小円墳9基が狭い地域に密集する牛伏古墳群の中で唯一本格的に復元されています。唐櫃塚(からうと塚)古墳ともいいます。

動画からおわかりのように墳長52mの墳丘は前方部の幅は後円部径よりもかなり広く後期古墳の特徴を示しています。驚いたのは二段築成の斜面の勾配でした。動画でどこまで伝えられているかわかりませんが非常に急峻な印象なのです。埋葬施設が後円部墳頂にはなく横穴石室であるとしてもです(残念ながら説明版によれば石室自身は天井、側壁の板石も全て持ち去られているとのこと)。ずっと大きな古墳ですが同じく後期の古墳で横穴石室を後円部に持つ高崎市の97m綿貫観音山(クリックすれば飛べます)、安中市の80m簗瀬二子塚古墳(クリックすれば飛べます)と比べてどうお感じになるでしょう。残念ながら墳丘の東側以外は全て雑木林が接近していて遠景がとれませんでした。それでも園内に自然保存されたその他の前方後円墳よりもはるかに古墳時代を実感できる牛伏4号墳でした(撮影20164月19日)。
PNG  Ushibuse4gou zu




牛伏4号墳(牛伏古墳群)基本データ

所在地 茨城県水戸市牛伏町

形状 前方後円墳

規模 墳長 52m、後円部径 30.5m 高さ6.8m、前方部幅35.4m 高さ6m

二段築成、周濠

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、朝顔形等形象埴輪、金銅製雲珠、太刀、鉄鏃

史跡指定 

特記事項 古墳群はくれふしの里公園として整備されている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介するのは福岡県八女市の標高100mほどの山懐に広がる童男山古墳群に属する1号墳です。南西向きに開口する複室式の巨大な石室を持つ径45mの円墳です。といっても動画1でおわかりのように羨道部分がそっくり失われているので、現在の墳丘は相当破壊されていると考えられます。この1号墳をはじめとして現在7基が見学可能ですが元は27基からなる古墳群だったようです。登るにしたがって狭い区域にコンパクトに古墳が立ち並んでいます。1号墳はたしかに羨道がなくなっていますが、それに気づかないほど前室が大きく驚かされます。個人的には巨石で組み立てられた前室の優美さにひかれます。複室式の横穴石室は福岡市の夫婦塚2号墳(クリックすれば飛べます)ですでに紹介していますが、規模という点では童男山1号墳がはるかに上回ります。比較してご覧ください。

 壮観なのは後室の中央壁際に設置された組み立て式の安置施設、凝灰岩製の石屋形(長さ2.5m、幅1.3m、深さ0.5m)とその上の天井です。動画2でそのバランスの妙をご確認ください。ただ石屋形の中にこちらを向いて座る石仏がなんとも不思議です。

 八女市HPはじめ様々なところで触れられていますが、この古墳は秦の始皇帝の時代に不老長寿の秘薬を求めて旅をした徐福の墓との言い伝えがあります。どう考えても時代が合わないのですが、それはともかく海上で遭難した徐福を救助したのが八女の住民で、その甲斐もなく亡くなったということになっています。そのことから旅の安全祈願の対象とされてきたそうです。アクセスはJR鹿児島本線羽犬塚(はいぬづか)から堀川バス 矢部 星野行きで30分。 上山内バス停から徒歩10分。交差点角に北向きに登る道があります。看板もあるのでわかりやすいと思います(20161026日)。




童男山1号墳基本データ

所在地 福岡県八女市上山内

形状 円墳

規模 径48m 高さ6.7m(現状) 石室長 18m 

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 現地説明板によれば石室は江戸時代から開口していたことが久留米藩士矢野一貞の書いた「筑後将士軍団」からも明らかになっているそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   今回の後期古墳は奈良県下市町にある岡峯古墳です。近鉄吉野線下市口駅から歩いても15分ほどの吉野川沿いの丘陵にあります。径は15mの円墳ですからそれほど大きくはありません。古墳が有名なのは緑泥片岩でできた見事な石室です。目の当たりにした光の筋。にわか勉強で恐縮ですがヘッドランプの光に反射しているのは緑泥片岩の片理(針状・柱状や板状の鉱物が一定方向に配列する岩石の構造)のようです。緑泥片岩の片理は発達しているのだそうです。他の古墳の石室でもこうした状況をみたことがありますが、これほどではありませんでした。

もう一つ岡峯古墳で見逃せないのは動画2で紹介している奥壁中央に設けられた珍しい石棚です。まだ紹介していませんが和歌山県の国の特別史跡の岩橋千塚の数ある横穴石室にみられるものと同じです(九州の古墳にもみられます)。岡峯古墳の被葬者と岩橋千塚のそれとは関係があったのでしょうか。興味はつきません。なんのために石棚は造られたのでしょう。石室の補強でしょうか。弔いの儀式の際に使用した棚なのでしょうか。色々なことが想像できそうです。

市営住宅敷地内にある古墳はすんでのところで消滅の危機にあったようです。市営住宅建設が優先され破壊されそうになったところ調査の結果、貴重な古墳だということが明らかになり保存されたというのです。現地を訪れてその意義がよくわかりました。見学には下市町の文化財担当に連絡をし開錠して頂く必要があります。アクセスは下市口駅から309号線を南下し吉野川を渡ったところにある千石橋南詰を左折し39号線を川沿いに歩きます。600mほどで老人ホーム北野がみえます。越えたところを右折し道なりに登ると動画1の冒頭のところに出ます(撮影201695日)。
PNG okaminekofun zu

 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  姉ヶ崎駅から南方向500mにある椎津変電所を目指すと正面にこんもりした姉崎神社の高まりが見えます。結構な斜度の坂を上りきった標高40mほどの丘陵上1㎞弱四方に4C後半から7C後半にかけて造られた姉崎古墳群が広がります。8基の前方後円墳及びいくつかの円墳が築造されたようですが、今ではそのいくつかが残るのみです。まだ紹介していない釈迦山古墳(5C後)が姉崎神社に隣接し、既に紹介した姉崎天神山古墳(4C後)(クリックすれば飛べます)が東側に六孫大原古墳(7C後)(クリックすれば飛べます)は最も南側奥に位置します。今回の6C後半に造られた窪塚古墳は、丁度その中間にあります。結構な交通量のある道路では、朝のせいかジョギングを楽しむ人々の姿もみられましたが、うっかりすると見落としてしまいそうなほど古墳は周囲に溶け込んでいました。墳丘を住戸が取り囲みいかにも史跡ですよという感じではなく、家路を急ぐ人々に憩いを与えてくれるそんな印象を受けました。付近は住宅地、高層のマンションが立ち並ぶにかかわらずです。ところどころに農地が覗き、ひっそりと古墳が寄り添うように点在するというこの環境を市原市の皆さんは是非、大切にしてほしいと思いました。

 肝心の墳丘ですが、地山を切り出した一段目のうえに盛り土をして二段目を造っています。動画3でおわかりのように南側一段目のテラスが広く、上野(群馬)、下野(栃木)の古墳とよく似ているように思いました。復元された大室古墳群の後二子古墳中二子古墳(クリックすれば飛べます)から想像してみてください。また、前方部の幅が驚くほど広く、

後円部の径の倍ほどあります。前方部が発達した中期の墳形をそのまま引き継いでいます。

高さも現状は前方部のほうがずっと高くなっています。もっとも後円部は後世大きく削平された点は考慮にいれる必要がありそうです。6C後半といえば畿内では大型の前方後円墳の築造は終わり、有力者の墓でも円墳、方墳が用いられる時期です。その頃にあって東京湾を臨む房総の地にあっては前方後円墳が造り続けられたということになります。六孫王原古墳のところで書きましたが、姉ヶ崎海岸といえば子供の頃、祖父に連れられて簀立(すだて)(竹で作った簀に魚を囲い込みすくう)遊びに興じたことを思い出します。その何十年後、古墳を訪ねて姉ヶ崎海岸(埋め立てられてしまっている)を再訪するとは。感慨もひとしおです(撮影2015121日)。
PNG kubotsuka  anesakikofungun zu




窪塚古墳基本データ

所在地 千葉県市原市姉崎

形状 前方後円墳

規模 墳長 60m、後円部径約30m 高さ不明、前方部幅45m 高さ不明

(測量図から推測)

築造時期 6C

出土品 埴輪

史跡指定 市指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ