古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:6C央

  今回紹介するのは島根県出雲市、JR山陰本線西出雲から歩いて20分ほどのところにある日蓮宗の古刹 妙蓮寺の裏山にある古墳です。駅の南東に走る県道277号に出て北に1㎞ほど歩き下古志の信号の一つ先を右折すると動画4の冒頭の光景が見えます。墳長49mの前方後円墳は6C中頃に造られたと考えられています。後円部を北に向け前方部がかなり高くなっています。ただ動画4でおわかりのように墳丘の形は初夏ということもあって草におおわれよくわかりません。妙蓮寺山古墳が知られているのはくびれ近くの後円部に開口する横穴石室及び石棺です。

 このブログではかなり多くの横穴石室を紹介していますが今回ほど入室するのに勇気がいったのは初めてでした。薄気味悪いのです。入口には動画1にあるように観音開きになった板石が左右に立ち、その扉石を支えるかのように円柱状の石が転がっています。入らないでくれと言わんばかりです。中は真っ暗で見通しが効きません。雨のせいでぬかるんで足がとられます。ヘッドライトの光線の先にあったのは動画2でご覧になれますがぼんやりと浮かび上がる石棺でした。かなり窮屈な印象です。調べてみると玄室の幅は2.1mしかありません。高さは2.4m、長さは4.4mの玄室に幅1.2m×高さ1.4m×長さ2.2mの石棺が眠っていました。

 これまで紹介してきた出雲市の横穴石室と石棺と比べると、そのバランスは宝塚古墳(クリックすれば飛べます)とよく似ている印象です。同じ横口石棺のある今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)よりははるかに規模が小さく、実際、前方後円墳としての墳長も92mと丁度妙蓮寺山の二倍でした。ただ既に説明したように入口に据えられた観音開き風の二枚の板石と円柱のつっかえ棒のような石際立って目立ちます。どのような意図があったのでしょう。被葬者を葬った後に残された人々の意志だったのでしょうか。興味は尽きませんが出雲市の妙蓮寺山古墳パンフレットには「珍しい構造になっています」としか書かれていません。出土品はかなり多く玄室内からガラス製の丸玉、金銅製の鈴釧、鉄製銀象嵌円頭柄頭、須恵器などが発掘されており、その内容は今市大念寺古墳と類似する点が多く、同古墳に次ぐ有力な首長の墓ではないかと考えられているようです(前述パンフレット)。アクセスは冒頭に書いたようにわかりやすいです。境内に入ったあと墓地を抜ける必要がありますが案内板があるので迷うことはないと思います(撮影2016512日)。



妙蓮寺山古墳基本データ

所在地 島根県出雲市下古志

形状 前方後円墳

規模 墳長49m、後円部径25m 高さ4.5m、前方部幅22m 高さ7.5m

石棺

築造時期 6C

出土品  ガラス製の丸玉、金銅製の鈴釧、鉄製銀象嵌円頭柄頭、辻金具、鉄斧、鉄鏃、須恵器

墳丘から円筒埴輪

史跡指定 県指定

特記事項 横口式石棺 長さ220m 幅1.20m 高さ1.10m(縄掛け突起あるも確認できず)


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  出雲地域はこれまで紹介してきたように四隅突出で知られる西谷墳丘墓(クリックすれば飛べます)、全国一の規模を誇る石棺を有する今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)、象嵌太刀が発掘された石室のある岡田山1号墳(クリックすれば飛べます)と見応えのある古墳がずらりと並んでいます。今回の山代二子塚古墳もそのひとつです。しかも畿内とは違い前方後方墳が古墳時代まで築かれた出雲地域のなかでも墳長94mと突出した大きさを誇っています。そうしたところから墳長100mの前方後円墳である今市大念寺古墳と出雲地域を東西で二分する勢力の東の雄の墳墓ではないかともいわれているようです。

 現地は古墳公園として整備され後方部の墳丘半分ほどの部分には墳丘の土層がわかる施設が造られています。数多くの古墳を訪問していますが、このような施設ははじめてお目にかかりました。後方部には今市大念寺と同様の巨大な石室が眠っているようですが、発掘調査は行われていないそうで少々残念です。

古墳には何の責任もありませんが動画を編集しながら、やや訪れる時期が悪かったかなと思っています。梅雨入り間近だったために木々が取り払われた山肌に草が生えた墳丘は見栄えに欠けているのです。もっとも前方後方墳ということはよくわかりますし、後方部と前方部の高さの違いも同様に明らかです。なお後方部の削平は太平洋戦争中に陸軍が射撃場設置用に土取りしたためだそうです。全国を歩いているとそうした例は山代二子塚古墳だけではないことがわかります。

アクセスはJR松江駅から一畑バスで大庭・出雲線で山代町下車北に徒歩5分ほどです。

バス停の南側には大庭鶏塚古墳がみえます(撮影2016512日)。動画キャプションの表記後方部は半分ほどしか残っていないというのは誤りでかなり削平されているというほうが正しそうです。

PNG yamashirozuka zu  shusei

山代二子塚古墳基本データ

所在地 島根県松江市山代町二子

形状 前方後方墳

規模 墳長92m、後方部一辺55m 高さ8m、前方部幅55m 高さ6.5m

二段築成、葺石

築造時期 6C

出土品 須恵器、円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 1925年(大正4年)にはじめて前方後方墳と名付けられた古墳とされる


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は石室が貴重な京都府向日市にある物集女(もずめ)車塚古墳です。京都の太秦(いずれアップする蛇塚古墳がある)から南に8kmほど下った物集女街道沿いにある5C半ばに築造された墳長46mの前方後円墳です。中規模の古墳から想像した石室とは違って動画23でご覧頂ける見事な横穴式石室と石棺でした。天井の大きな板石の一部は大王の石棺で用いられた竜山石が使われていることからもこの被葬者の地位の高さが想像できます。
   説明によれば6C当時、この地域は弟国(おとくに、現在は乙訓と書く)と呼ばれ、継体天皇が弟国宮を築いた所だったことから、被葬者は継体天皇に仕えた人物であったのではないかということでした。継体天皇の真陵といわれる高槻市の今城塚古墳(いずれアップします)の石棺の一つは竜山石が用いられていたことを思い出しました。

アクセスはJR東向日駅から物集女街道に出て北に上がったところにあります。徒歩で駅から15分ほどです。一度目は石室を見れなかった冬に訪れ、今回は、一般公開に合わせての再訪です。十分その価値はありました。公開スケジュールは向日市のHPで確認できます(撮影2015年5月28日)。

PNGmozumekurumazuka zu

物集女車塚古墳基本データ

所在地 京都府向日市

形状 前方後円墳

規模 墳長46m  後円部径31m 高さ9m、前方部幅38m 高さ8m

二段築成、葺石あり

築造時期 5C半ば

出土品 埴輪、須恵器、土師器、馬具、刀剣類、装身具等

史跡指定 京都府

特記事項 横穴石室 全長11m、羨道長 5.8m 幅1.5m 高さ2m

玄室 長さ5.1m 幅2.8m 高さ 2m 中には凝灰岩製の家形石棺が置かれている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ