古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:6C前

  今回紹介するのは高岡1墳(クリックすれば飛べます)に続き長野県飯田市にある後期古墳の二つの前方後円墳、姫塚古墳と上溝天神塚古墳です。姫塚は墳長40mほどの墳丘を確認できますが、残念ながら上溝天神塚古墳のほうは前方部は削平され後円部の一部が残るのみです。しかも上溝集会所と神社が建っているために石室をみなければ誰も古墳とは思わない姿に変わってしまっています。周囲はアパートに囲まれ窮屈そうです。動画では周囲の状況がわかってしまうので上溝天天神塚古墳については横穴石室のみになってしまいました。

 ただ、二つの石室はご覧のように見事です。花崗岩の自然石を用いた積石で男性的な印象を受けます。姫塚のほうは塗られた朱がよく残っており、上溝天神塚のほうは敷石がきれいです。高岡1号墳を含め飯田古墳群には大小22基(内4基は帆立貝)の前方後円墳が築かれましたが、今回の二基もヤマト王権が認めた伊那谷の豪族の墓であったに違いありません。

 飯田古墳群の簡単な位置関係を掲載しましたが、私は高岡1号墳(クリックすれば飛べます)のあるJR飯田線元善光寺駅からバスで飯田高校前まで移動し、あとは徒歩で南下し二つの古墳を見学しました。残りの古墳を見学しても日帰りは可能でした(撮影日201744日)
PNG iidakofungun zu




姫塚古墳と上溝天神塚古墳(飯田古墳群)基本データ

所在地 長野県飯田市松尾

形状 ともに前方後円墳

規模 姫塚古墳 墳長 墳長40m 後円部径 23.6m 高さ5.4m 前方部幅23.6m高さ5.2m 羨道部分は大半が消滅 玄室長2.9m 高さ1.4m、幅1.1m

築造時期 6C

上溝天神塚古墳 墳長 約41m、 後円部径25m 高さ5m、前方部(消滅)

出土品 姫塚古墳 七鈴鏡

上溝天神塚古墳 銅鏡、鉄剣、鉄鏃、玉類、金環、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 上溝天神塚古墳石室は朱がよく残る




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の後期古墳福岡県福岡市にある今宿大塚古墳は私にとり非常に印象深い古墳です。この古墳踏査をはじめて間もないころ、まだ時期区分による墳丘の特徴もよくわからないままに大手ドラッグストアの裏手に墳丘を見た時、そのアンバランスな光景に度肝を抜かれました。動画でご覧になれるように古墳のすぐ後ろには絶え間なく車が行き来する高速道路が見え、その奥には特徴ある形の高祖山(たかすやま)が聳えています。周囲といえば住宅が立ち並び、さらに開発中です。よくいえば古代と現在が同居していますが一歩間違えば墳丘が住宅に取り囲まれてしまいそうです。

  ところが福岡市は実に見事な史跡公園を完成させました。この動画は2015年の暮れですからもう既に開園していると思われますが、二重の周濠を含め今宿大塚古墳が遠くから古代の人が見たであろう墳丘を完全に残すことにしたのです。できれば二段築成の一段目にあったといわれる葺石も復元してほしかったですが・・・。興味深いのは墳長が64mに留まることです。後期の6C前半にしては決して小さくはありませんが、そのことよりもこのブログで紹介した65m程度の古墳に比べるとはるかに大きく見えるのです。周濠があり墳丘の間近には遮るものがないことが最大の理由でしょう。

  墳丘がよく確認できる墳長64m級のアップ済み前方後円墳を紹介しておきます。ずいぶんと印象が異なります。いずれも古墳名をクリックすれば飛べます。是非、比較してご覧ください。石川県の能登部町にある墳長65m雨の宮2号墳(中期)、大阪府池田市の62m池田茶臼山古墳(前期)、千葉県千葉市の63m大覚寺山古墳(前期)、静岡県静岡市の墳長65m三池平古墳(中期)、奈良県高取町の墳長66m市尾墓山古墳(後期)。

  大塚古墳のあるJR筑肥線の今里駅から周船寺駅にかけての一帯は弥生時代には魏志倭人伝にある伊都国に属しその後も地域としてのまとまりをもっていたようです。それを跡付けるのが4C後半から6C後半、つまり古墳時代を通じて築かれた前方後円墳13基を含む300を越える古墳です。残念ながらその多くが開発によって消滅していますが九大学研都市駅の駅前の墳長44mの山ノ鼻1号墳(4C前半)、最も古い横穴石室と考えられる鋤崎古墳(4末)、既に紹介した石室を見学できる群中最大の墳長85mの前方後円墳丸隈山古墳(5C前半)(クリックすれば飛べます)それに今回の大塚古墳が首長墓ではないかとみられ今日まで残されています。

  墳丘は前方部の幅が43mと後円部径よりも4m長い典型的な後期の前方後円墳です。もっとも前方部の高さは後円部よりもやや低い5.5mに留まっています。もうひとつ印象的なのはくびれがさほど鋭角ではなく全体として寸胴な点です。埋葬施設は発掘調査が行われていませんが後円部南側にあると考えられています。葺石は一段目、円筒埴輪はテラス及び濠と濠の間の外堤には円筒埴輪、人物、馬の形象埴輪が並んでいたことがわかっています。アクセスは非常にわかりやすくJR筑肥線今宿駅から徒歩10分弱です。駅から西に100mほど歩き県道202号線を南に下ります。信号一つ目を過ぎドラッグストアがあるのでそこを右に入ると墳丘が見えるはずです(動画1の公園入口の道が見えるかもしれません)(撮影20151226日)。
PNG imajyuku kofun zu




今宿大塚古墳(今宿古墳群)基本データ

所在地 福岡県福岡市

形状 前方後円墳 二段築成、下段に葺石 二重の周濠 8-12mの内濠、堤を挟み幅5m

外濠

規模 墳長64m、後円部径39m 高さ6m、前方部幅43m 高さ5.5m

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、人物、動物埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設が後円部南側にあるとみられている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   今回紹介するのは長野県飯田市にある後期古墳に位置づけられる墳長72.3mの前方後円墳、高岡1号墳です。見学可能な横穴石室を有しています。それにしても長野県は広大ですね。新潟県に接する北部の長野市、中部の松本市、そして愛知、静岡県に近い今回紹介する南部の飯田市。その飯田の地、伊那谷には5C後半の古墳時代中期から6C末の後期まで数多くの前方後円墳が造られています。現在も残っている前方後円墳だけでも22基(内4基は帆立貝形)もあります。前方後円墳がヤマト王権の許可なく造ることはできなかったことを考えれば伊那谷が王権にとり特別な地であったことを意味しています。

実際、古墳時代当時鉄と並んで政権にとり重要であった馬の生産が行われていたことが延喜式にも書き残されており(官営の牧の存在)、埋葬馬も出土しています(この辺りの記述は南信州新聞200211日の「古代の伊那谷」の馬によっています。当時飯田市教育委員会におられた小林正春さんの話をまとめたもの)。最も北にある今回の高岡1号墳を見るために飯田線の元善光寺駅からバス、徒歩、飯田線で南に下ったのですが、天竜川から一気に高台となる伊那の地がなぜ馬の生産が行われたのか不思議に思わざるを得ませんでした。その答えが前述の記事にありました。馬の生産には豊富な水が天竜川水系にあり、段丘上では馬は逃げにくかったからというのです。なるほどそういうことだったのかと思いました。

それにしてもこれまで見たことのない不思議な景色が続きます。段丘の眼下には天竜川の河川敷きが広がり、その向こうには山並みが南北に続きます。古墳の被葬者もこの景色を見たのだろうかと考えながら歩いていると、ヤマトの地とはどのようなルートで人や馬は行き来していたのか疑問が湧きました。古代道路の東山道の難所で知られた神坂峠(みさか峠)を越えて木曽に抜けたのでしょうか興味はつきません。

今回の高岡1号墳は残された22基のうちでも二番目の大きさを誇っています。説明板には墳丘の保存状態が良好でとありましたが確かに他の前方後円墳に比べると動画1、動画4でおわかりのように後期の前方後円墳ということがよくわかります。全国を歩いていると完存ないし完存に近い墳丘は決して多くはありません。その意味ではこの美しい墳丘は大変に貴重です。後円部に開口する横穴石室の入口には平石が扉石のように立っています。入室すると小ぶりの玄室が広がっていますが全体的には素朴な印象を持ちました。天井が低いためかもしれません。この空間を生かして養蚕施設として使われていた時期があるようで玄室左奥には、かなり大きな穴が開いています。びっくりしました。教育委員会のお話では通気口として用いられたそうです。石室のリサイクルということでしょうか。扉石的な平石も伊那谷の他の古墳を参考に元あったと思われる位置に設置しなおしたとのことでした(撮影201744日)。
PNG takaoka1gou iidashi


行くのは構いませんが、自己責任で行ってください。道も途中でなくなりますから」と岩橋(いわせ)千塚古墳群のある県立紀伊風土記の丘(博物館)での説明。折角来たのだからと30分で大日山山頂にある35号墳(いずれ紹介)まで登り、墳丘北側の谷を底まで下りてみた(動画1)。たしかにどこを歩いているのかわからないほど雑木が続く。仕方がないので空を頼りに稜線まであがることにした。これまでどの墳丘よりも勾配がきつく、しかも下は落ち葉と枯れた笹の葉で滑る。

実は岩橋千塚古墳群を再訪するにあたり、前回とは違ったところをみたいと思っていたところ、平成28年度に大日山35号墳と同様に、山頂に築かれた大谷山22号墳と天王山古墳が国の特別史跡に追加指定されることを知った(和歌山県政ニュース2016617日)。ならばと道順をしらべようとしたがこれがなかなかわからない。

 不思議なことに(少なくとも私には)、追加指定された二つの古墳は風土記の丘でもらった地図には記載がなく、公園内の地図にも見当たらない。目の錯覚かと思って何度も見返したものの見つからない。和歌山市の文化財HPには二つの古墳は紹介されているにもかかわらずである。いったいどうなっているのと私。

 聞けば追加指定された二つの古墳ともに民有地で積極的には入山を奨励していないとのこと。しかも距離的には近いものも道は荒れているとのこと。なるほどわからないわけではないですが・・・。ともあれ漸くのことで見つけた石室はかなり大きく、見事な石棚と石梁を備えた緑泥片岩の割石積みによる岩橋千塚式と呼ばれるものでした。既に緑泥片岩を使い石棚もある奈良県下市町の岡峯古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。比較すればおわかりのようにスケールは一回りも二回りも違います。動画1でおわかりのように羨道部分は土砂で埋まっていますが、体を潜らせて入室するとそれは巨大な空間が広がっていました。風土記の丘にあるいずれ紹介する入口がコンクリート補強された石室よりは自然でよいと思いました。もっともこの感動を動画が十分伝えきれているかはわかりません。なお天王山古墳には大谷山22号よりもさらに大きな石室が造られていますが、埋め戻されているとのことで見学を断念しました。

 大谷山22号墳の墳丘は前方部幅が後円部径よりもはるかに大きく、高さも高い後期特有の前方後円墳です。しかし盛り土の部分は少なく、大半は地山を削り出し部分的に崩れないように石礫を置いているとのことです(大谷山22号墳、天王塚古墳、特別史跡岩橋千塚古墳群追加指定に伴う発掘調査報告書、20163月)。葺石は検出されず、円筒埴輪や朝顔、盾等の形象埴輪が巡っていたことが明らかになっています。歩いてみるとあちらこちらに盗掘孔がみられ無残な状況。それにしてもいずれ紹介する大日山35号墳よりも後円部、前方部ともに墳丘の傾斜がきつく山頂に前方後円墳がへばりついている感じです。現在は雑木に覆われていますが、築造時には大日山35号墳と同様の眺望が墳頂から得られたに違いありません。大日山35号墳に戻る道はさらに難儀でした。登る時に雑木に目印をつけるなどしたほうがよいかもしれません。風土記の丘までのアクセスはJR阪和線和歌山駅下車、東口から一時間1本の紀伊風土記の丘行きで20分ほどです(撮影2017年1月17日)。
PNG ootaniyama22goufun to





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   今回は大阪府羽曳野市にある古市古墳群の三回目として中期の墳長200mの白鳥陵と後期の墳長115mの清寧陵をセットとしてとりあげることにします。ともに前方後円墳です。いつもはご承知のように前期中期後期(終末期)をセットにしてアップしていますが、陵墓ないし参考地が大半を占める古市古墳群は墳丘に登ることはおろか近づくこともできません。そのため一回分を使うだけの素材が揃わないのです。極端にいえばどの古墳も地上から見る限り「同じ」に見えたりします。今回もそのおそれなしとはいえません。しかし、専門的にいえば白鳥陵(前の山古墳)も清寧陵(白髪山)も前方部が発達した時期の前方後円墳の典型とされています。

とりわけ清寧陵は前方部の幅が後円部径の二倍にも達しているのですから驚きです。残念ながら動画でその様子が手に取るようにはわかりません。googleyahooの地図検索で是非確かめて頂きたいと思います。

 おまけに規制がかかる前に開発がぎりぎり行われて民家が古墳を取り囲んでいます。清寧陵などなかなか全体像をつかむことがかないませんでした。古市古墳群には墳長425mの誉田御廟山古墳(応神天皇陵)を別格として200m超が6基、100m超が8基あり、これまで墳丘に登れる150m古室山古墳及び110m大鳥塚古墳(いずもれ古墳名をクリックすると飛べます)をアップしています。ただし、専門家は主軸の向きについて意味があるとは思えないとやはり今回のように遠くから眺めただけのものと違って古墳を実感できるよさがあります。興味深いことに白鳥陵、清寧陵、今回紹介していない駅の東側にある安閑天皇陵及び峯ヶ塚古墳(動画2の最後のキャプションで触れている)は後円部をいずれも東に向けています。ところで白鳥陵いわれの由来はは日本書記が「日本武尊は遠征の帰り道、伊勢の能褒野(のぼの)で亡くなり白鳥となって大和琴弾原(ことひきはら)を経由して古市に飛来し、また埴生野の空を向かって羽を曳くように飛び去った」と書き、それにちなんだものとされますが、記紀の記述の信ぴょう性はともかく白鳥陵は、羽曳野市とは別に奈良県御所市にも宮内庁が治定しているという事実はどう考えればよいのでしょう。陵墓といってもその程度のものだとすればまったく人々を寄せ付けない現状はどう考えてもおかしいと思わざるを得ません。いささか脱線しました。古墳自身にはなんの責任もありません。近鉄古市駅から西500mにある羽曳野市図書館に向いて歩きその途中、左手に白鳥陵が、さらに170号線を渡った先すぐのところに清寧陵があります(撮影2016926日)。




PNG furuichikofungun3

白鳥陵(前の山古墳)(古市古墳群)基本データ

所在地 大阪府羽曳野市軽里

形状 前方後円墳

規模 墳長 200m、後円部径106m 高さ20.5m、前方部幅165m 高さ23.3m

二段築成、北側前方部寄りに造出し

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、家形、盾型など形象埴輪

史跡指定 宮内庁陵墓

特記事項 なし


清寧天皇陵(白髪山古墳)(古市古墳群)基本データ

所在地 大阪府羽曳野市西浦

形状 前方後円墳

規模 墳長115m、後円部径63m 高さ10.5m 、前方部幅128m 高さ11m

二段築成、北側に造出しあり

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、家形 朝顔等形象埴輪

史跡指定 陵墓参考地

特記事項 前方部幅が後円部径の二倍と前方部が極端に発達した前方後円墳




にほんブログ村

   何度か書いた気がしますが、寺社仏閣のイメージが強い京都にも、それ以前の時代、人々の生活はあったわけです。古墳時代の遺跡も数多く残されており、今回の後期古墳、甲塚古墳もその一つです。それは荒電嵯峨駅から北東方向に1㎞ほどのところにある山下造園の敷地内にあります。一帯が嵯峨甲塚町と名付けられているところからもわかるように径37m、高さ5.5mほどの円墳は周囲が平坦なだけに昔から人々の目に留まっていたのではないでしょうか。敷地内は紅葉の名残りが美しく、よく手入れされた石室が迎えてくれました。動画1でみるように墳丘は原型をとどめてはいませんが両袖式の石室は完存しています。

京都市文化財ブックス第26集(2012、京都市)によれば「嵯峨野の地には墳形および墳丘規模、立地から、①古墳群南辺の扇状地上に位置する前方後円墳、②古墳群中央の微高地に立地し、群を形成しながらも独立して築かれた円墳(一部、方墳)③嵯峨野北辺に連なる各丘陵の頂きから裾部を中心に築かれた群集墳、の三つのグループに大別される」そうです。今回の甲塚古墳は②のグループに入り、天塚古墳(紹介済み)(クリックすれば飛べます)、いずれアップする蛇塚古墳は①になり、南東方向2㎞ほどのところに位置します。円墳は前方後円墳よりも格下に位置づけされていますが、石室の規模でいえば前方後円墳の天塚古墳よりも大きくなっています。もっとも、甲、刀剣類、馬具など豊富な副葬品で地位の高さが証明されている天塚古墳に比べ、何も史料が残されていないのが残念です。ただ、石室ファンには見逃せない古墳ではないでしょうか。巨大な石室の石組だけ残された蛇塚よりも古墳という感じがします。石室の規模でみると岡山市  こうもり塚古墳(クリックすれば飛べます)よりも一回り小さく、出雲市の今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)よりも一回り大きくなります。比較してご覧ください。

アクセスは冒頭に書いたように荒電嵯峨駅から北にある通りを800mほど水路にぶつかるまで歩き、水路沿いに北へあがると左手に宝樹寺があり、その西隣が山下造園さんです。

事前に電話で連絡をとり石室の鍵を開けて頂きました(撮影2015年12月10日)。



甲塚古墳基本データ

所在地 京都府右京区嵯峨甲塚町

形状 円墳

規模 径37-8m、高さ5.5m

石室規模 全長14.4m、玄室長5.2m 幅2.6m 高さ3.2m、羨道長9.2m 幅1.5m 高さ1.7m

出土品 不明

築造時期 6C

史跡指定

特記事項 前述 文化財ブックスには 現在、周辺には古墳はないが削平された可能性もあり、かつては群を形成していたかもしれないとの記述がある。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

さきたま古墳群は行田駅方面のバスの通る県道77号線を境に稲荷山古墳、二子山古墳のある北群(仮称)と鉄砲山、奥の山古墳等のある南群(仮称)にわかれます。今回、6C前半に造られた後期古墳として紹介する瓦塚古墳も南群にあります。丁度、国宝金錯銘鉄剣が展示されている博物館の東側に位置しています。

 動画では冬と夏の異なる表情の墳丘を紹介しています。墳長73mとやや小ぶりですが、後円部径が36.5m、前方部幅が47m、後円部高さが5.1mに対し前方部が4.9mとほぼ同じ、前方部の発達がよくみられる典型的な後期古墳です。墳丘は登れないので前方部の広がりが観察できないのがなんとも消化不良です。これまでアップした古墳で墳長がほぼ同じものとして2基あげておきますので、比較して是非ご覧ください。墳長76mの岐阜県大野町の登越古墳(野古墳群)(クリックすれば飛べます)、69mの千葉県我孫子市の水神山古墳(クリックすれば飛べます)です。こちらはともに登れますが、残念ながら中期古墳ということもあり前方部の発達はみられません。しかし墳長70m程度の古墳の規模をイメージするには適当だと思われます。

ガイドブックさきたまは、さきたま古墳群には多くの謎があるとして5点をあげています。①それまで古墳が造られていなかった場所に、突如として現れたこと、②東西約500m、南北約800mのせまい範囲の中に大型の古墳が濠をくっつけるような近さで、次々規則的に造られたこと、③前方後円墳は全て長方形または台形の二重の濠で囲うのを基本としていること、④西側に造り出しを持つ前方後円墳が多いこと、⑤前方後円墳の方向がおおむね同じであることをあげています。

略図にあるように、たしかに後円部が全て北東方向を向いているのが印象的です。同じように短期間に造られた群馬の大室古墳群とはだいぶ様相が異なります。長方形または台形の二重の周濠がめぐっている点も、この古墳群がビジュアル的に統一された印象を受ける理由かもしれません。おそらく同じ造墓集団の手になるものだったのでしょう。これまでに超大型の円墳丸墓山(以下同様にクリックすれば飛べます)にはじまり、二子山将軍山稲荷山とアップしています。まだ、いくつかの古墳が残っていますが、それぞれの動画からさきたま古墳群の全体像を捉えることができるのではないかと思っています。

アクセスは公共交通機関の場合いくつかあります。さきたま古墳公園のHPに詳しいルートが紹介されています。行田駅から市内循環バスが一番便利ですが本数が少なく、二度目は本数が多いJR吹上駅から朝日バスで佐間経由 行田折返し場・総合教育センター・行田工業団地行に乗り産業道路で下車。徒歩15分のルートを使いました(撮影2015年7月14日、2016年3月1日)
PNG  kawarazuka(sakitama) 
PNG sakitamakofungunzentaizu




瓦塚古墳(さきたま古墳群)基本データ

所在地 埼玉県行田市

形状 前方後円墳

規模 墳長73m、後円部径36.5m 高さ5.1m、前方部幅47m4.9m

出土品 円筒埴輪、家形、水鳥など形象埴輪、琴を弾く男、首飾りをつけた女など人物埴輪

史跡指定 さきたま古墳群 国指定

特記事項 さきたま古墳群の前方後円墳中8基のうち5番目の墳長



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ