古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:6C初

  前方後円墳は全国で5200基を越えて確認されていますが、最も北に築かれたのが今回紹介する岩手県奥州市にある角塚古墳です。古墳時代後期の6C初めの築造といわれています。畿内では大型の前方後円墳の築造が終わりに近づいた頃のことです。多くの場合、古墳はその地域を支配した有力者が数代にわたって同じ区域に築いているというのが一般的ですが、この角塚古墳は一代限りのようです。それこそポツリと築かれ、前方後円墳は南に70㎞ほど下った宮城県北部の大崎地方までないそうです。北上川の支流胆沢川沿いに位置します。

 北限の前方後円墳というのでごついこれぞ前方後円墳の姿を想像していたのですが、動画1でおわかりのように現状は黄色の菜の花畑に浮かぶ可憐な感じの小型の墳丘でした。後世に植えられた後円部頂上の一本杉が実に絵になっています。

 墳長約45m、後円部径が28m 高さ4m。遠くからも二段築成であったことがよくわかります。高さ1.5m、長さ10mほどの短い前方部は西側が削平されています。動画2で後円部から下ってくるショットでその点が確認できます。できるだけ手を加えずに保存するという方法をとっている墳丘ですが、元は葺石があり円筒埴輪や家形をはじめ形象埴輪が巡っていたことが発掘調査の結果わかっています。6Cといえば埴輪が畿内では次第に廃れていく一方、東国では盛んに使用される時期ですが角塚古墳もその例外ではなかったということでしょうか。

 アクセスはJR東北本線で水沢駅から古墳のある角塚公園前を通るバスがありますが、午前中は走っていません。歩くには距離がありすぎるのでやむなくタクシーを利用しました(撮影日2017420日)。

PNG tsunozuka zu saigonosaigo
PNG tsunozuka ihikankei


角塚古墳基本データ

所在地 岩手県奥州市胆沢区南都田

形状 前方後円墳

規模 墳長 約45m 後円部径28m 高さ4m、前方部 幅10m 高さ1.5m

後円部二段築成、葺石あり

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、家、動物、人物の形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 日本列島の最北端にある前方後円墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回の後期古墳は既に紹介した江田船山古墳と同じ熊本県和水町にある塚坊主古墳と虚空蔵塚古墳です。江田船山古墳のあと6C初め頃に築かれたと考えられる前方後円墳です。文字が銀象嵌された鉄剣が出土したことで有名な江田船山古墳に対して、塚坊主古墳は石室内の石屋形の壁に描かれた赤、白の円や三角の模様で知られています。ラッキーなことに春、夏二回の公開日にしか入室できない石室なのに墳丘に近づくと扉が開いているではありませんか。覗いてみるとボランティアの方がどうぞどうぞと招き入れてくれました。教育委員会関係の視察がこれからあるそうで早めに開けたとのこと。こういうこともあるのですね。

肝心の石室ですがガラス越しの見学です。動画1にあるように石室は天井部分が完全に失われていますが、中にある石屋形の奥壁に確かに模様が描かれていることがわかります。とはいえ残念ながらぼんやりしています。これ以上の照明は保存の観点からすれば難しいのでしょう。模様が描かれた石屋形は板石で囲った遺体を葬る場所のことですが、福岡県八女市の童男山1号墳の動画でよくわかります(古墳名をクリックすれば飛べます)。もっとも模様は書かれていません。九州でよくみられる埋葬施設だそうです。周濠がめぐる墳丘は長さ43.4m、後円部径29.6mに対して前方部幅は20m。前方部が短い帆立貝形古墳のようです。銅鏡(四獣鏡)、金環、銀環、馬具、直刀などが出土しています。

動画3で紹介するのは墳丘のみそれも後円部の一部以外は破壊されていたため復元された虚空蔵塚古墳です。こちらも帆立貝形の墳長44mの前方後円墳です。外形調査で円筒埴輪、人物埴輪が確認されています。埋葬施設は未調査のため不明だそうですが塚坊主古墳と同様の横穴石室が存在するのでしょうか。江田船山古墳と二つの古墳は古墳公園として整備されています。二度訪れましたが芝はきれいに刈り込まれ気持ちのよい見学となりました。アクセスはJR玉名駅から1-2時間に1本出てる産交バスに乗り菊水ロマン館下車徒歩5分。

道路沿いに大きな看板があります(撮影日2016年10月25日)



塚坊主古墳と虚空蔵塚古墳基本データ

所在地 熊本県和水町江田

規模 塚坊主古墳長さ43.4m、後円部径29.6m 高さ5.5m6m、前方部幅20m 高さ不明 周濠あり。虚空蔵塚 長さ44m。虚空蔵塚古墳 墳長44.5m、後円部径32m 高さ7m、前方部幅27m 高さ不明。二段築成。周濠あり。

築造時期 6C

出土品 塚坊主古墳 銅鏡(四獣鏡)、金環、銀環、馬具、直刀 虚空蔵塚古墳 円筒、人物埴輪

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   2014年にはじめて訪れた時は静止画像しか撮らなかったので再訪。雨の予報のなか荒島の駅から古代出雲王領の丘公園に急ぎます。わかりやすく迷うことはありません。名残りの鯉のぼりがたなびく公園の入り口からかなり急な階段を登ると6C初めに築かれた造山2号墳が見えます。既に紹介した200年前以上前に築かれた大型方墳の造山3号墳、1号墳(クリックすれば飛べます)よりも高地にあり動画4で見るように中海を見下ろす絶景の地にあります。

 比較的小さな石による葺石が葺かれていたようで(くびれに残存)太陽の光に輝く円筒埴輪が立ち並ぶ二段築成の墳丘は古代の人々には大きなインパクトを与えたに違いありません。残念ながら説明板によると埋葬施設を含め発掘調査は行われていません。ただ前方部から埋葬施設の石材の一部が採取されたことから後方部と二か所埋葬施設があると見られているようです。竪穴石室でしょうか。前方部幅は後方部一辺よりやや狭い程度で発達していることは動画2からおわかりいただけます。2号墳の東側には円筒埴輪が裾部に並ぶ小さな方墳の4号墳があり、埴輪が2号墳と類似していることから同じ6C初頭に築かれたと考えられています。

それにしても出雲の地は方墳、前方後方墳の比率が古墳時代を通じて高いですね。現在でも見学可能な古墳の多くが方墳系の印象すら持ちます。畿内とは違う造墓方針が採用されていたということになりますが、それだけヤマト王権とは距離を置く地だったのでしょう。時代は下り6C央になりますが古墳時代後期では最大規模、墳長94mの前方後方墳、山代二子塚古墳が安来市よりも東の松江市に築かれています(クリックすれば飛べます)荒島駅から県道190号線を山陰本線沿いに500mほど西に歩くと古代王陵の丘公園の立て看板が見えます。この後塩津山公園、宮山公園、中仙寺公園と歩くのがよいと思います(撮影2016年5月11日)。
PNG 造山2号墳(YU用)修正版




造山2号墳(造山古墳群) 基本データ

所在地 島根県安来市荒島

形状 前方後方墳

墳長 50m 後方部一辺30m高さ 5m、 前方部幅26m 高さ 3m(?)

葺石 埴輪あり
出土品 円筒、朝顔、人物埴輪

築造時期 6C初頭

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設 後方部 前方部ともにあったと推察


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  2017年最初に紹介するのは栃木県小山市にある大型の前方後円墳 琵琶塚古墳です。とても気に入っている美しい墳丘を澄み切った青空をバックにとらえることができました。墳長120m級の前方後円墳はこれまでいくつも紹介していますが200mも離れたところからその姿を目にすることができるのはこの琵琶塚がはじめてでした(動画4)。開発が進み周辺が住宅に囲まれないことを祈るばかりです。

 下野市・壬生町周辺の古墳群(両市町教育委員会)によれば栃木県(下毛野)のこの地域には、5C末に忽然と大型の前方後円墳摩利支天古墳が登場し、6C初めから前半に琵琶塚古墳、後半には吾妻古墳と続いて築かれたようです。墳長はそれぞれ120m125m127mですから、代々の首長墓だということがわかります。いずれも思川沿いにあります。ずっと時期は下りますが、北に進むと既に紹介した牛塚古墳(クリックすれば飛べます)が6C末に、また径82mの超大型円墳(いずれアップ)車塚古墳が7C前半に築かれています。興味深いことに摩利支天にはじまり思川沿いに南から北に時間がたつにつれ築造地が北に上っていることです。このことに特段の意味があるのでしょうか。 

 琵琶塚古墳は動画からはあまり判然としませんが段築の一段目のテラスの幅が広いというこの地域の特徴を備えているようです。たとえば隣の上毛野にあたる群馬県高崎市の大室古墳群の中二子古墳に明瞭です(クリックすれば飛べます)。また周濠がめぐっていてそれを含めると200mを越す、まさに首長墓にふさわしい規模です。丁度発掘調査が行われており掘り下げた墳丘の断面から墳丘が単なる土の塊でないことがよくわかりました。古墳はまさに古代の土木技術を駆使した「作品」といえるのではないでしょうか。

 古墳には責任はありませんが、わかりにくいのは言及した(言及していないものもある)一群の古墳が小山市、下野市、壬生町にまたがっていることです。琵琶塚古墳は小山市にありますがパンフレットを作製したのは下野市と壬生町の教育委員会、発掘調査は小山市、部外者にはそのあたりの管轄がまったくわかりません。アクセスは下野市にある小金井駅から西に国分尼寺跡を目指し姿川を渡ったところを左折し南に下ると右手に琵琶塚古墳が見えます。徒歩40分。西口にある下野市観光案内所でわかりやすい地図をくれます。また琵琶塚、摩利支天を経て吾妻古墳に向かって歩く途中にしもつけ風土記の丘資料館があります。充実した展示内容です(撮影2016128日)。

 PNG biwatsuka zu 修正


琵琶塚古墳基本データ

所在地 栃木県小山市大字飯塚

形状 前方後円墳

規模 墳長125m、後円部径75m 高さ11m、前方部幅70m 高さ9m 後円部三段、前方部二段築成

築造時期 6C

出土品 埴輪

特記事項 栃木県では吾妻古墳に続く第二位の規模、埋葬施設は不明


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する後期古墳は群馬県安中市にある墳長80mの前方後円墳、簗瀬二子塚古墳です。20157月にオープンしたばかりの古墳公園内にあり道を挟んでガイダンス施設があります。訪れたのはその一か月ほど後の夏真っ盛りの時期でしたが開園直後ということもあり、墳丘のシルエットは非常に明瞭でした。しかも巡っている二重の周濠のほぼ全域が公園なので、遠くから古墳全体を一望できます。もっとも墳長が80mと中規模であることも関係しているのでしょう。なかなかの出来栄えの復元古墳です。以前の墳丘写真をみると竹藪で覆われており復元後の姿とはだいぶ違います。築造時に近いのは現在の姿に違いありません。もっとも葺石や埴輪は復元されていません。同じころに復元された古墳は京都府長岡京市の恵解山古墳(クリックすれば飛べます)ですが、こちらのほうは一部ですが葺石も埴輪も復元されています。

それにしても今回の簗瀬二子塚古墳、墳長は97mと一回り大きいとはいえ高崎市の綿貫観音山古墳(クリックすれば飛べます)とよく似ています。後円部に横穴石室があるのも同じです。是非、比較してご覧ください。ともに後期の前方後円墳に特有の前方部の発達がみられます。簗瀬二子塚は動画2からわかるように前方部の北の端から南の端まで歩いてみると、後円部が見えないこともあり壁のように感じました。

とはいえ異なる点もあります。築造の時期です。綿貫観音山古墳は同じ6Cでも後半、簗瀬二子塚古墳はずっと早く6Cの初頭に造られたと考えられています。上野(かみつけ、現在の群馬県とほぼ同じ)地域では最初の横穴石室をもつ前方後円墳としても価値があるそうです。全長は11.5mもあります。

残念なことに、それほど貴重な古墳にもかかわらず、石室は閉鎖され見学はできません。市の教育委員会によれば湿度計など機器が設置されており開放の予定はないということでした。普段は閉鎖されていても京都府の物集車塚古墳(クリックすれば飛べます)のように一年に一度一週間ほど開けるところもあります。安中市は全国の例を参照されたのでしょうか。代わりにガイダンス施設には横穴石室内部が動画でみることができるというので、寄ってみましたが、数多くの石室に入った経験からすると、よくできているとはいえ実物にはかないません。と、ここまで書いて、皆さんご覧いただいている私の撮った動画も古墳理解のあくまで補完材料ということに気が付きました。現地を是非訪れて頂きたいと思います。

 新幹線の安中榛名駅前から安中市のコミュニティーバス磯部駅行きで原市小学校下車、南に徒歩10分、道路沿いにあるのでわかりやすいです。バスは1時間に1本ほどです(撮影2015年8月25日)。
Yanasefutagozuka zuPNG



簗瀬二子塚古墳基本データ

所在地 群馬県安中市簗瀬

形状 前方後円墳

規模 墳長80m、後円部径50m 高さ8m、前方部幅60m 高さ7m

二段築成 葺石 円筒埴輪あり

築造時期 6C

出土品 玉類、鉄鏃等鉄製品、馬具、土師器、須恵器、円筒埴輪、家、馬など形象埴輪

史跡指定 市指定

特記事項 横穴石室 長さ11.5m、羨道7.3m 幅1m、玄室 長さ4.3m 幅2.3m 高さ2m

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


今回は群馬県の大室古墳群中、最初(6C初頭)に築かれた前二子古墳を紹介します。長野県にも積石塚で有名な大室古墳群がありますが、こちらは群馬県になります。当サイトではこれまで70を越えて古墳を紹介してきましたが、それぞれに見事な姿を現在まで残しています。そしてかなり多くの古墳が史跡公園として公開されています。ただ、単体の古墳が復原整備されている例が多く、前二子古墳を含め複数の大型古墳によって形成される古墳群を公園として整備している例は決して多くはありません。

同じ群馬県の高崎市の保渡田古墳群のあるかみつけの里、埼玉県さいたま市のさきたま古墳公園、宮崎県西都原市の西都原古墳公園、大分県宇佐市の高部・高森古墳群のある宇佐風土記の丘、和歌山県和歌山市の岩橋千塚古墳群、香川県高松市の峰山公園にある石清尾山古墳群などが思い浮かびます。その中でも緑に囲まれた前方後円墳がいくつも築造当時を想像できる姿に復原されている大室古墳公園の光景は圧巻です。住宅地のなかに単体の古墳がポツリ残されているのとは違い古墳の印象が変わるのではないでしょうか。荘厳な葬送の儀式が行われたことが容易に想像できるのです。

今回の前二子古墳は古墳群の中でも最初に築造されたと考えられています。その横穴石室は、東国で竪穴の埋葬施設から横穴に変わった頃のものだそうです。動画のキャプションにも書きましたが、かなり個性的な石室です。他の石室と比べてご覧ください。出土した副葬品からは、朝鮮半島との交流が行なわれていたことがわかります。なお詳しくは前原豊さんが書かれた「東国大豪族の威勢 大室古墳群」(新泉社、2009)をご覧ください。墳頂からは遠くに赤城山を、またすぐそこには埴輪が並ぶ、古墳群中最大規模の中二子古墳を望むことができます。

アクセスは前橋駅北口から日本中央バス西大室線で終点の大室公園下車。50分ほどかかります。本数は日中で午前2本、午後2本程度です。ご注意ください(撮影2015年9月30日)。


PNG maefutago oomuro zu

前二子古墳(大室古墳群)データ

所在地 群馬県前橋市西大室町

形状 前方後円墳

規模 墳長94m、後円部径68m 高さ14m、前方部幅65m 高さ12m位か

築造時期 6C初頭

出土品 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器、土師器、装身具、馬具、武器、

農耕具、鉤状金具

史跡指定 国指定

特記事項 後円部の横穴石室は全長14mの両袖式(羨道から直進して到達する玄室が羨道幅より大きい)で、玄室手前の玄門に扉石(動画でご覧ください)を設けている珍しい石室です。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ