古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:6C中頃

葺石がよく確認できる町中の前方後円墳
   紹介が前後してしまいますが、今回の前橋(天川)二子山古墳から南東方向2kmほどのところに、前期古墳の前橋八幡山古墳(前方後方墳)や前橋天神山古墳(墳丘はほとんど残っていない)があり、それらとともに二子山古墳は朝倉・広瀬古墳群を構成しています。いずれも墳長100mを超えるという点でこの地を支配していた有力者中の有力者の墳墓に間違いはないでしょう。

JR両毛線の前橋大島駅から歩いて八幡山古墳に寄り、広瀬川を北に向ってHonda Cars を左折するとほどなく右手の児童公園の中に墳丘と思しき小山が木立とともに視界に入りました。車の往来が激しく、大型店舗の立ち並ぶ通り沿いという古墳にとっては残念な立地です。宅地化の波がひたひたと墳長104mの墳丘に迫っています。最近アップした甲斐銚子塚古墳と周囲の環境は大きく違います。それでも国指定の史跡であればこそ、現在まで保存できたのかもしれません。それに河原石による葺石が動画で紹介するようによく残っています。築造当時の6C中頃は今のような木立が並び立ってはいなかったわけですから、石の塊のような墳丘が人々の目を奪ったに違いありません。紹介した三つの古墳は前橋大島駅から前橋駅(その逆ルートでも)に至るコースにあります。アップダウンはほとんどなく楽に歩けます(撮影2015年4月25日)。


前橋(天川)二子山古墳データ

所在地 群馬県前橋市文京町

形状 前方後円墳

築造時期 6C中頃

規模 墳長 104m 後円部72m 高さ11m 前方部76m 高さ9.5m

出土品 人物埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 周堀あり


PNG maebashifutakoyama zu


今回は古墳マニアの間でもあまり知られていない横穴石室のある古墳時代後期の6C中頃に築造された前方後円墳を紹介しましょう。それは福岡県の博多から一駅、竹下駅の真ん前にありました。墳長75mの東光寺剣塚古墳です。福岡市の埋蔵文化財センターで教えて頂きました。
  三角縁神獣鏡が出土した前期初頭の那珂八幡古墳も近くにありますが、墳丘の残存状況の点ではこちらのはるかに上です。それもそのはずアサヒビールの博多工場の敷地内に丁寧に保存されているからです。残念ながら古墳を囲むようにして建物が建っていることと墳丘の雑木林を自然のままにしているために素人には単なるちょっとした小山にしか見えません。おそらく敢えてそうしているのだと思います。それでも、後円部に開口した立派な横穴石室までくると、存分に古墳を実感することができます。社会貢献の一環なのでしょう工場の北門の警備室で手続きをとればだれでも見学できます。


  アクセスはJR鹿児島本線で博多駅から一駅の竹下で下車。アサヒビール工場の北口を目指します。工場の敷地内を横切ることはできないので沖学園側から迂回することになります。徒歩10分。



PNG toukoujikenzuka zu

所在地 福岡市博多区竹下

形状 前方後円墳

規模 墳長75m 後円部径46m 高さ5.9m 前方部幅59m 高さ5.9m

出土品 形象埴輪、刀、鏃、勾玉

史跡指定

特記事項 後円部に横穴式石室。

花崗岩と玄武岩と阿蘇溶結凝灰岩(石屋形、石棺とは違い開放型の死者を葬る床)
でつくられ全長9mだそうです。玄室は長さ4.2m幅2.42.8m高さ2.83.0m。



 

今回ご紹介するのは奈良の御所市近くの市尾の古墳です。後期の6C中頃に造られた比較的小規模の前方後円墳、市尾宮塚古墳です。歩いてもすぐ近くにある、時代的には少々遡る市尾墓山を先に紹介すべきでしょうが、私の好みでこちらを先行させます。天満神社の境内に隣接する木立に見え隠れする古墳の凛とした姿は荘厳そのものです。ずいぶんと古墳を訪ね歩きましたが、こうした気分になったのははじめてのことでした。
 墳長は44mしかないので、既に紹介した超大型の前方後円墳の五条野丸山古墳の七分の一ほどの大きさということになります。時代的には市尾宮塚古墳のほうが古いそうです(全国古墳編年集成)23mの後円部には市尾墓山同様に両袖式の横穴石室があり、内部には凝灰石製の刳り抜き式の家形石棺が置かれています。修復後の姿とはいえ動画をご覧頂ければわかりますが、太刀や馬具など豪華な副葬品とともに葬られたのはどのような人物だったのか想像をかき立てるに十分な重厚さです。

 巨勢谷とよばれるこの地域は、巨勢氏の支配地域だったようで、おそらく宮塚、墓山の被葬者も関係豪族だったのでしょう。また、飛鳥、大和地域に古くに定住した渡来人の多くも紀ノ川経由でこの巨勢谷を行き来したといわれていますから朝鮮半島の影響も大きかったようです。
近鉄市尾駅から徒歩で15分ほど。天馬神社を目指すとよいでしょう。

参考文献 石野博信編 全国古墳編年集成(雄山閣出版、1995年)




市尾宮塚古墳データ

所在地 奈良県高市郡高取町大字市尾
形状 前方後円墳
築造時期 6C中頃
規模 墳長 44m 後円部径23m 高さ7m 前方部幅24m  高さ4.5m
出土品 金剛装の太刀・馬具・鈴・耳環、金銀の歩揺、鉄製の
小札・鉄鏃、水晶やガラス製の玉と土器など
史跡指定 国指定
特記事項 後円部の石室は長さ11.6m玄室は長さ6.2m、幅2.5m、
高さ3m、羨道は長さ5.4




 



↑このページのトップヘ