古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:5C後

  今回の中期古墳は前期と後期の境目、5C後半から末に造られたと考えられているJR上越線群馬総社駅近くの遠見山古墳です。既に紹介した墳長90mの前方後円墳総社二子山古墳(クリックすれば飛べます)の東500mほどのところにあり墳長は80mを誇ります。1㎞四方にも満たない範囲にある総社古墳群の中では最初に築かれたと考えられています。築造の順は遠見山→王塚(未アップ、予定なし)→二子山→愛宕山→宝塔山→蛇穴山と5C後半から8C初め古墳時代中期から終末期にかけてと考えられているようです。

ようやく見つけた住宅地と田畑に囲まれた墳丘ははじめて訪れた夏は一面藪に覆われて古墳のイメージをつかむのに苦労しました。二回目は晴天に恵まれた初冬。草刈が行われた墳丘に登ると前回と違って後円部径よりも前方部幅が広い中期以降の前方後円墳の特徴がよくあらわれていると思いました。動画2、3から感じて頂けるでしょうか。ただ残念なのは北側にある公民館の敷地が墳丘ぎりぎりまで迫っていて全体像がつかめないこと。墳丘には周濠がめぐり葺石が葺かれていたようです。埋葬施設は総社二子山古墳とは違い竪穴石室であったようですが調査はなされていません。動画1のキャプションでは50㎝後円部が前方部より高いと書きましたが正しくは逆で前方部のほうが高くなっています(失礼しました)。前方部幅も高さも後円部を上回っています。

遠見山古墳のいわれですが江戸時代の慶長9年(1604年)総社城二の丸の物見櫓が墳丘に

建てられた名残りのようです。全国の古墳が後世、城として利用され墳丘が改変された例は数多くあります。眺望が効く、一定の面積が確保できる、古墳築造の際に土木工事が行われている等利用価値があったのでしょう。

アクセスは総社郵便局の裏の道を東に200mほどのところにあります。城山公民館を目指してください(撮影20151217日)。
 総社古墳群は狭い地域に見ごたえのある古墳が並んでいます。是非とも現地を訪問してみてください。築造順にこだわらなければ二子山古墳(以下いずれも古墳名をクリックすれば直接当該古墳に飛べます)、愛宕山宝塔山蛇穴山、遠見山古墳の順になるでしょうか。横穴石室が確認されている古墳は全て入室可能(二子山は二室の内の一つ)という点も見逃せません。もちろん照度の高い懐中電灯をお忘れなく。宝塔山古墳近くに前橋市総社歴史資料館もあります。


PNG toomiyama zu


遠見山古墳(総社古墳群基本データ)説明

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 前方後円墳

規模 墳長 80m 後円部径41m 高さ5m、前方部幅48m 高さ5.5m

   周濠

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 前橋市

特記事項 後円部に埋葬施設、総社古墳群中最初に築かれたと考えられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  九州とりわけ福岡、熊本両県では線刻模様や色彩を伴う幾何学的な模様が描かれている古墳石室が多いことが知られています。高松塚古墳のような写実的な壁画ではありませんが、なぜ、この地域には多いのかまだわからないところが多いようです。遠く離れた茨城県や福島県にも線刻壁画が集中していることも謎を深めます(ご関心のある方は大塚初重さんの「装飾古墳の世界を探る」祥伝社、2014をご覧ください)。それはともかく九州の装飾壁画は春、夏二回一般公開されているところが多く、我々も見学できます。ただ、撮影はできません。熊本県山鹿市のチブサン古墳(墳丘はいずれアップ)のように一日二回公開しているところでも残念ながら見学のみです。そうしたなか今回の浦山古墳のように常時公開(成田山新勝寺久留米分院の本殿で鍵を借りる)され、撮影可能というところもあります。

 久留米駅から岩戸山古墳(いずれアップ)に向かうバスの車窓左手を眺めていたら巨大な慈母観音が目に入ってきました。なんと60mもあるそうです。浦山古墳はこの成田山新勝寺久留米分院の本殿裏に眠っています。社務所で鍵を借りて墳頂に登ると動画1にあるコンクリート製の上屋が見えてきました。おそらく今であればもっと周囲と調和した建物を造るのでしょうが見学できるだけでもラッキーと思わなくてはいけません。

 そのとおりでした。見事です。上屋の中に入ると横穴石室の玄室部分の天井石を半分よけた状態で家形石棺が置かれていました。覗き込む感じになります。石棺の蓋の短辺には木の葉の模様が描かれていてしばし見とれました。体をかがめて玄室の床まで下りて内部をみていると横壁、正面の壁ともに幾何的模様が規則的に描かれていていることがわかりました。あとで調べてみると上下段は直弧文帯、中段は重圏文帯というのだそうです。蓋の裏側には朱がはっきりと残っていることが見て取れます。石室ではなく石棺内部への装飾。実に凝っています。

 それにしてもよくわからないのはどちらに開口した横穴石室なのかという点です。現在玄室の四方は動画3で見るように壁なので羨道の方向もわかりません。教育委員会に聞くと墳丘についての調査は行ったことがないのでよくわからないという一方、文化庁の文化遺産オンラインには北西に開口しているとありました。しかし現地では実感できませんでした。なにしろ玄室のみがまるで竪穴石室かのように開いているだけですので。

 アクセスは前述のように久留米駅から西鉄バスで八女方面行きに乗り二軒茶屋で下車。慈母観音を目指します。バスの本数は結構あります(撮影日20161025日)。


浦山古墳基本データ

所在地 福岡県久留米市上津町

形状 前方後円墳(帆立貝型)

規模 墳長約88m(現地説明版は60m)、後円径約64m 高さ8m、前方幅20m、高約4m
葺石あり

築造時期 5C

史跡指定 国指定

特記事項 横穴石室玄室 長さ2.8m、幅1.5m、高さ2m、横口式家形石棺1.86m・高1m・幅0.8m、現状の墳丘は雑木林のためによくわからない


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  これが古墳なの。前方後円墳なのと驚いた方も多かった塚山古墳(クリックすれば飛べます)に付随する二つの帆立貝型前方後円墳が今回紹介する古墳です。西洋庭園の装いの主墳、塚山古墳とは違い墳丘を自然復元保存した西古墳、南古墳を見てほっとしたのは私だけではないと思います。西古墳が墳長61m、一回り小さい東古墳が58mと決して小さくはない前方後円墳ですが、前方部は短く西古墳が15m、南古墳は21mにとどまります。ご存知の方も多いと思いますが上から見ると帆立貝に似ているところから帆立貝型と呼ばれています。同型の古墳では東京世田谷区の墳長82m野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)、71mの奈良県岸和田市の風吹山古墳(クリックすれば飛べます)があります。この二基は帆立貝型前方後円墳が明瞭にわかる復元ぶりですので是非比較してご覧ください。塚山西、南も本来このような形をしていたと考えられています。

 これら二基の築造時期ですが主墳の塚山古墳を避けるように造られていることから古墳時代中期、5世紀後半から6世紀前半に西、南の順で造られたと考えられているようです。現在、残されているのは墳丘が削られてしまった6号墳を含め四基ですが元は小規模の円墳六基があったということです。塚山古墳へのアクセスは東武線宇都宮線の西川田駅の東側に国道121号線があり南東方向に1㎞ほど歩きます。総合運動公園入口の信号の左に古墳公園が広がっています。徒歩20分ほどでしょうか(撮影201713日)。

PNG tsukayamanishi&minami zu 修正

塚山西・南古墳基本データ

所在地 栃木県宇都宮市西川田町

形状 前方後円墳(帆立貝型)

規模 (西)墳長61m、後円部径46m 高さ5m、前方部幅22m、高さ2.5 (南)墳長58m、後円部径37m 高さ6m、前方部幅18m 高さ2m 周溝が巡る

築造時期 (西)5C後から6C初 (南)6C末から6C

出土品 (西)円筒埴輪、形象埴輪、土師器、須恵器 (南)円筒埴輪、土師器、須恵器

史跡指定 県指定

特記事項 主墳の塚山古墳を中心に塚山古墳群を形成



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   古墳踏査を重ねてだいぶ時が経ちましたが今回ほど驚いたことはありません。見事に剪定された墳丘の植栽を目にした時、ベルサイユ宮殿に代表される西洋の庭園に迷い込んだ気分になりました。植物を使って刺繍のように見える作庭技法が古墳の保存に使われているわけです。ツゲでしょうかツツジでしょうか。それらの植栽ためもあって墳頂に登っても前方部、後円部の形がいまひとつよくわかりません。もっとも古墳の所有者のご趣味と聞けば部外者がとやかくいう問題ではないのかもしれません。話が脱線しましたが墳長98m、前方部の幅が55m(後円部径より5m大きい)と発達した墳丘は動画1に見るようによく残されています。周囲の広い空間が墳丘の姿をいっそう際立たせます。専門的な話になりますが前方部は剣先のようにとがらせた珍しい剣菱型をしており中央のヤマト王権との密接な関係がうかがえるそうです。残念ながらその点は現状からは確認できません。三段築成の墳丘、前方部の二段目と後円部には葺石があり、周囲には濠が巡っていたことが発掘調査から明らかになっています。

 塚山古墳を主墳として帆立貝型の塚山南及び西古墳それに円墳の6号墳が残っていますが、(いずれ紹介します)これに消滅した小規模の円墳6基が塚山古墳群を形成しています。この塚山古墳群から南東方向に5㎞ほど下ったところに同じ100mほどの墳長を誇る笹塚古墳を主墳とした笹塚古墳群が塚山古墳群より少し前の5C央に築かれていて、この地域が有力豪族の支配下にあったことがわかっています。

なお塚山古墳ほどではありませんが選定された植栽が墳丘に並んでいるのは山形県の海南市にある稲荷森古墳(クリックすれば飛べます)、そして埼玉県行田市の金錯銘鉄剣が発掘された稲荷山古墳(クリックすれば飛べます)。塚山古墳と同規模の前方後円墳です。是非比較してご覧ください。塚山古墳へのアクセスは東武線宇都宮線の西川田駅の東側に国道121号線があり南東方向に1㎞ほど歩きます。総合運動公園入口の信号の左に古墳公園が広がっています。徒歩20分ほどでしょうか(撮影201713日)。
PNG tsukayama utsunomiya zu塚山古墳 


塚山古墳基本データ

所在地 栃木県宇都宮市西川田町

形状 前方後円墳

規模 墳長 98m、後円部径50m 高さ8m、前方部幅55m 高さ8m

三段築成、後円部及び前方部二段目テラスに葺石

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、土師器、須恵器

史跡指定 県指定

特記事項 動画キャプションにも書いたように前方部の形状はヤマト王権との親密性がうかがわれる剣菱型を採用。ただし現状からはよくわからない。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   今回は大阪府羽曳野市にある古市古墳群の三回目として中期の墳長200mの白鳥陵と後期の墳長115mの清寧陵をセットとしてとりあげることにします。ともに前方後円墳です。いつもはご承知のように前期中期後期(終末期)をセットにしてアップしていますが、陵墓ないし参考地が大半を占める古市古墳群は墳丘に登ることはおろか近づくこともできません。そのため一回分を使うだけの素材が揃わないのです。極端にいえばどの古墳も地上から見る限り「同じ」に見えたりします。今回もそのおそれなしとはいえません。しかし、専門的にいえば白鳥陵(前の山古墳)も清寧陵(白髪山)も前方部が発達した時期の前方後円墳の典型とされています。

とりわけ清寧陵は前方部の幅が後円部径の二倍にも達しているのですから驚きです。残念ながら動画でその様子が手に取るようにはわかりません。googleyahooの地図検索で是非確かめて頂きたいと思います。

 おまけに規制がかかる前に開発がぎりぎり行われて民家が古墳を取り囲んでいます。清寧陵などなかなか全体像をつかむことがかないませんでした。古市古墳群には墳長425mの誉田御廟山古墳(応神天皇陵)を別格として200m超が6基、100m超が8基あり、これまで墳丘に登れる150m古室山古墳及び110m大鳥塚古墳(いずもれ古墳名をクリックすると飛べます)をアップしています。ただし、専門家は主軸の向きについて意味があるとは思えないとやはり今回のように遠くから眺めただけのものと違って古墳を実感できるよさがあります。興味深いことに白鳥陵、清寧陵、今回紹介していない駅の東側にある安閑天皇陵及び峯ヶ塚古墳(動画2の最後のキャプションで触れている)は後円部をいずれも東に向けています。ところで白鳥陵いわれの由来はは日本書記が「日本武尊は遠征の帰り道、伊勢の能褒野(のぼの)で亡くなり白鳥となって大和琴弾原(ことひきはら)を経由して古市に飛来し、また埴生野の空を向かって羽を曳くように飛び去った」と書き、それにちなんだものとされますが、記紀の記述の信ぴょう性はともかく白鳥陵は、羽曳野市とは別に奈良県御所市にも宮内庁が治定しているという事実はどう考えればよいのでしょう。陵墓といってもその程度のものだとすればまったく人々を寄せ付けない現状はどう考えてもおかしいと思わざるを得ません。いささか脱線しました。古墳自身にはなんの責任もありません。近鉄古市駅から西500mにある羽曳野市図書館に向いて歩きその途中、左手に白鳥陵が、さらに170号線を渡った先すぐのところに清寧陵があります(撮影2016926日)。




PNG furuichikofungun3

白鳥陵(前の山古墳)(古市古墳群)基本データ

所在地 大阪府羽曳野市軽里

形状 前方後円墳

規模 墳長 200m、後円部径106m 高さ20.5m、前方部幅165m 高さ23.3m

二段築成、北側前方部寄りに造出し

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、家形、盾型など形象埴輪

史跡指定 宮内庁陵墓

特記事項 なし


清寧天皇陵(白髪山古墳)(古市古墳群)基本データ

所在地 大阪府羽曳野市西浦

形状 前方後円墳

規模 墳長115m、後円部径63m 高さ10.5m 、前方部幅128m 高さ11m

二段築成、北側に造出しあり

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、家形 朝顔等形象埴輪

史跡指定 陵墓参考地

特記事項 前方部幅が後円部径の二倍と前方部が極端に発達した前方後円墳




にほんブログ村

 震災から半年を過ぎた熊本。上空から見た空港近くは屋根を覆うブルーシートが痛々しく、その爪痕の大きさに改めて驚かされます。ところが地域によってその被害の状況は全く違います。今回訪れたところは熊本市中心部から北に25㎞ほどのところです。 
 二度目の訪問で願いはかなったのでしょうか。その理由は後述するとして今回の古墳は中期と後期の境目(今回は中期に位置づけました)に造られたと考えられる熊本県玉名郡和水町にある江田船山古墳です。古墳時代に残る数少ない文字資料のひとつが出土したことで有名です。鉄剣に銀象嵌された75字から雄略天皇(5C半ば)に文官として仕えた人物が被葬者であることが明らかになっています。そのほか、発掘された銅鏡、冠、耳飾、玉、武具、馬具、鉄鏃等から、被葬者が朝鮮半島、大陸との交流を行っていたとみられています。それら国宝指定された出土品は東京国立博物館で展示され、その様子は和水町HPの動画で確認できます。

 豪華な副葬品が収められていた石棺のある石室は動画1でわかるように後円部西側に開口しています。なんとも無粋なコンクリートの入口が残念としか言いようがありません。とはいえ初期の古墳整備のスタイルは宮崎県の西都原古墳群も和歌山の岩橋千塚古墳群も同じで要塞を思い出させます。現在であれば墳丘と馴染む整備保護を考えるに違いありません。さて一度目の訪問ではガラス越しに見えるはず石棺が結露のために全く見えなかったのです。満を持して季節を変えて訪れたのですが、なんとまあ、今回も動画3で見るように家形石棺は水中に沈んでいるが如くでした。聞けばワイパーがすぐ壊れてしまい現在修理依頼中ということでしたが折角、遠路はるばる来たのにと愚痴も言いたくなります。それでも、なんとなくイメージはつかめる動画が撮れた気がします。動画3の終わりのほうに目をこらしてみると屋根の部分の突起に朱が残っていることがわかります。

 動画1でご覧いただいた墳丘は残存する二段、三段目は自然のままに(変形している)し、一段目は復元整形したのだそうです。樹木が生い茂る墳丘は枝ぶりの良い盆栽をみるようでまことに美しい。墳長は62mしかありませんから決して大きいとはいえません。それでもこれまでアップした同規模の中期の前方後円墳の静岡県の三池平古墳(クリックすれば飛べます)と比較すると江田船山のほうが大きくみえます。周囲に遮るものがないせいでしょうか、あるいは広いところでは13mもある周溝のせいなのでしょうか。

 アクセスはJR玉名駅から1-2時間に1本出てる産交バスに乗り菊水ロマン館下車徒歩5分。

道路沿いに大きな看板があります(撮影日2016年10月25日)。
PNG edafunayamakofun zu




江田船山古墳基本データ

所在地 熊本県和水町玉名郡和水町

形状 前方後円墳

規模 墳長62m、後円部径41m 高さ10m、前方部幅40m 高さ7.5m 三段築成

築造時期 5C

出土品 鉄剣、銅鏡、冠、耳飾、玉、武具、馬具、鉄鏃等

史跡指定 国指定

特記事項 本文中で触れた銀象嵌銘鉄剣の製作者も文字を書いた人物名も記されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回の中期古墳は兵庫県伊丹市にある前方後円墳の一種、帆立貝型の墳丘を持つ御願塚古墳です。ごがつかあるいはごがづかと呼ぶようですがなかなか難しい読み方です。伊丹市HPによれば御願塚古墳を中心として200300メートルの範囲内にかつて満塚(みちづか)・掛塚(かかりづか)・温塚(ぬくめづか)・破塚(やぶれづか)と称する塚地が存在していたそうで(現在は消滅)、「御願塚」の地名は御願塚とこれら4基の塚とをあわせて「五が塚」と呼んだことからという説もあると書かれています。墳長52mと決して大きなものではありませんが、阪急電鉄宝塚線の稲野駅前の住宅地を歩いた5分ほどの至近距離にある周濠に囲まれた墳丘は堂々たるものです。この規模の古墳が5C後半200mほどの距離に5基もあったとすれば壮観だったに違いありません。

その頃南に30㎞ほど南下した河内では誉田御廟山古墳(応神天皇陵)や市の山古墳(允恭天皇陵)が和泉では大仙古墳(仁徳天皇陵) (クリックすれば飛べます)などの巨大古墳が築かれていました。巨大古墳だけに目が行きがちですが同じ頃に、ヤマト王権を支えたであろう豪族の墓が近隣にいくつもあることに改めて驚かされます。もっとも専門家や古墳ファンの方々からは何も今更といわれてしまいそうですが・・・。

動画2に見るように墳頂には南神社の社殿があり短い前方部が後円部から十分に見通せないのが残念ですが、神社があったために墳丘が消滅せず残ったともいえそうです。墳丘は動画1でわかるように二段築成です。埋葬施設は後円部に竪穴石室があり石組も確認されているそうですが、詳細は不明です。現在の周濠の外側にも濠がめぐっていたようで、濠と濠の間からは円筒埴輪が多数出土しています。帆立貝型の前方後円墳としてすでに紹介したのは東京世田谷区の野毛大塚古墳、大阪府岸和田市の風吹山古墳があります。ともに規模も大きく墳丘を遮る立ち木がないので、帆立貝型前方後円墳をイメージするにはよいと思います。古墳名をクリックすれば直接飛べます是非、比較してご覧ください。

御願塚古墳へのアクセスは書きましたように阪急電鉄宝塚線稲野駅から北に商店街を歩いた100mほど歩いた住宅街にあります。すぐにわかります(撮影2016年4月6日)。
PNG gogatsuka zu





御願塚古墳基本データ

所在地 兵庫県伊丹市稲野

形状 前方後円墳(帆立貝型)

規模 墳長 52m、後円部径39m 高さ7m、前方部幅13m 高さ2m 

二段築成

築造時期 5C

出土品 埴輪、土師器

史跡指定 県指定

特記事項 本文中にあるように近隣に四基の古墳があり、ごがつかの御は五番目の古墳といわれています。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回の中期古墳は金錯銘鉄剣が発掘されたことで知られるさきたま古墳群に属する稲荷山古墳です。墳長120mの堂々たる前方後円墳は1930年代後半に周囲の沼地の干拓事業のために前方部が大きく土取りされていたために修復復元されています。古墳群中では最も古く5C後半に造られた墳丘は中期古墳によくみられる前方部の発達が観察できます。62mの後円部径よりも前方部幅が74mと広く、高さも後円部11.7mと前方部10.7m1mの差しかありません。周囲にめぐらされた濠とも相まってより規模の大きな前方後円墳にみえます。
 これまでアップした古墳では京都府長岡京市の恵解山(いげのやま)古墳、このブログの表紙、群馬県高崎市の大鶴巻古墳、それに大阪府枚方市の禁野車塚古墳、前方後方墳ですが奈良県桜井市の下池山古墳がいずれも墳長120m前後です。4C初頭の禁野車塚、下池山古墳、大鶴巻古墳、恵解山古墳、そして稲荷山古墳の順で造られたようです。ぜひ、比較してご覧ください(古墳名をクリックすると飛べます)。稲荷山古墳は二段築成で葺石はなかったことが確認されています。ただし動画でおわかりのように三段築成のようにみえます。行田市の文化財担当の方のお話しでは一段目に見える濠からすぐのラインは基壇と呼ばれ土留めのようなもので段築ではないとのこと。調査の結果、基壇の上に二段築成の墳丘(二段目は墳頂)が載っていることがわかったそうです。ややこしいのはさきたま古墳群を含め、全国の古墳のすべてに基壇が造られているわけではなく詳細は発掘調査をしないとわからないケースが多いようです。
 さきたま古墳群は他の古墳を含め二重の濠がめぐっているのが特徴ですが復元された稲荷山古墳の周濠は一重で二重目は残念ながら確認できません。動画1の撮影位置の遊歩道あたりなのでしょうか。二重の濠越しにみる墳丘はさぞかし雄大だったのではないでしょうか。すでにアップしている将軍山二子山丸墓山の各古墳とともにご覧ください(クリックすると直接
飛べます)。
 稲荷山古墳が有名になったのは後円部頂の西側にある竪穴式石室から1968年に出土した副葬品の一つ金錯銘鉄剣の存在です。後に金象嵌で155文字が刻まれていることが明らかになった鉄剣は国宝の指定を受けています。たしかに動画4でおわかりのように文字が書かれていることは確認できます。撮影が可能だったのはラッキーでした。禁フラッシュ、禁接写を守れば撮れます。ズームを使って拡大してみましたが雰囲気が伝わっていればと思います。鉄剣は通常の展示方法とは違い縦に吊るされているので裏表がよくわかります。
 近つ飛鳥博物館館長の白石太一郎さんは江田船山古墳(熊本県)出土の文字入り大刀とともに「五世紀後半に倭国で作られたもので、日本列島における文字の本格的な使用のはじまりを示すものとしても、また同時期の文献史料がまだみられない五世紀の歴史を考える上からもきわめて貴重な資料である」と述べています(東国の古墳と古代史、学生社、2007年)。銘文は、「それが辛亥年(471年)に記されたこととともに、この剣を作らせたヲワケの祖先であるオホヒコからヲワケに至る八代の系譜を示し、さらにヲワケの一族が代々杖刀人(大王のそばに仕える近衛兵てきな人物、幾ちゃん注)の首として大王に仕えてきたこと」などが記されているのだそうです。そして大王のワカタケルは古事記や日本書紀にみられる雄略天皇を指すとみられています。倭の五王の武と考えられる雄略天皇といえば朝鮮半島への出兵、国内的にはヤマト王権を確立した5C半ばの王です。稲荷山古墳の被葬者が雄略天皇と何らかの関係を有していたことは確かなようです(撮影2016年3月1日)。



PNG inariyama saitama zu



 アクセスは公共交通機関の場合いくつかあります。さきたま古墳公園のHPに詳しいルートが紹介されています。行田駅から市内循環バスが一番便利ですが本数が少なく、二度目は本数が多いJR吹上駅から朝日バスで佐間経由 行田折返し場・総合教育センター・行田工業団地行に乗り産業道路で下車。徒歩15分のルートを使いました。


稲荷山古墳(さきたま古墳群)基本データ

所在地 埼玉県行田市埼玉

形状 前方後円墳

規模 墳長120m、後円部径62m 高さ11.7m、前方部幅74m 高さ10.7m

築造時期 5C後半

出土品  金錯銘鉄剣、画文帯神獣鏡、勾玉(まがたま)、銀環、金銅製帯金具、鉄剣、鉄刀、鉄矛、挂甲小札(けいこうこざね)、馬具類、鉄鏃

史跡指定 国指定

特記事項 文字115字が金象嵌された金錯銘鉄剣は国宝(古墳公園内の県立さきたま史跡の博物館で展示、動画4参照)





 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回の中期古墳はこれまで何度も紹介してきた多数の古墳が存在する桜井市の兜塚古墳、前方後円墳です。墳長50mの中規模古墳で前方部に露出する阿蘇凝灰岩(ピンク石)製の石棺で有名です。桜井茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)から南に2kmほどの浅古に位置しますが奈良の中期古墳でほぼ同じ頃といえば三陵墓東古墳(色が反転しているものはクリックすれば飛べます)があり、5C初期、前半には馬見丘陵の古墳群(ナガレ山古墳)が思い出されます。
  全体として畿内ではこの時期大王墓以外は小型化が進んでいたことを考えれば墳長50mの前方後円墳はそれなりの権力者が眠っていると考えてよいのではないでしょうか。動画1で見るように周辺は住宅が密集しかろうじて丘陵に古墳が確認できます。浅古の交差点にある八坂神社南側から前方部に登るといきなり縄掛け突起のある石棺が迎えてくれます。たしかにピンクで少々感激。有力者である証拠ともいえる石棺です。ただ上半分しか覗いていないので一回目に訪れた夏場は草に覆われてよく見えませんでした。草刈りが終わったあとの再訪では動画3のようによく見えました。石室は埋没していますが現在の石棺の上には盛り土があったようです。
  この石棺のある前方部墳頂に立つと西側に後円部が広がります。桜井市立埋蔵文化財センターの担当者の話によれば平成11年の測量調査によって以前後円部と考えられていた石棺のある場所は前方部であることがわかったそうです。後円部にも埋葬施設があったと考えられ盗掘跡ではないかと思われる陥没もあるようです。ただ二段なのか三段なのか段築は未確認とのこと。その墳丘は動画4でおわかりのように墳丘に沿って民間企業の土地がぎりぎりまで迫り窮屈そのものです。それでも姫路市の瓢塚古墳の環境よりはよほどましです。じっくりご覧ください。
  アクセスは桜井駅から多武峰( とうのみね)行きのバスで浅古で下車。八坂神社南側の路地を左折すると左側に入口が見えます。ただ桜井市の駅から歩いても30分ほどです。駅観光案内所で地図を貰い説明を受けるとよいでしょう(撮影2015年11月25日)。



兜塚古墳基本データ

所在地 奈良県桜井市浅古

形状 前方後円墳

規模 墳長50m、後円部28m 高さ4m、前方部25m 高さ4m

段築 不明、葺石あり

築造時期 5C

出土品 管玉等玉、鉄鏃、埴輪片

史跡指定 桜井市

特記事項 阿蘇凝灰岩(ぴんく石)製の石棺 約2.1m、幅、高さ約1m



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する中期古墳は、既にアップしたナガレ山古墳(614日)、巣山古墳(81日)と同様、奈良盆地の馬味丘陵に広がる馬味古墳群に属する墳長45mの三吉石塚古墳です。前方後円墳に分類されますが前方部が短い帆立貝式の古墳で、前方部の東側、手が届きそうな所には馬味古墳群中でも墳長200mを数える新木山(にきやま)古墳が位置します。両者の関係にどうしても興味を持たざるを得ませんが、三吉石塚古墳は陪塚なのでしょうか。陪塚にしては築造時期に隔たりがありすぎる(三吉石塚は5C後半、新木山は5C前半)との指摘もあるようです。

それにしても新木山古墳の大きさには圧倒されます。周濠を一周し三吉石塚古墳に戻ると規模の違いを実感できます。陵墓参考地のために新木山古墳は立ち入り禁止。他方、当時の姿に復元された三吉石塚古墳は墳頂に立つことができますし、天候に恵まれれば二上山を望むことができます(訪ねた時には生憎の雨)。その二上山麓からは後円部の葺石が運ばれているそうです。前方部の東南部側には他に例をみない張り出しがみられます(説明板)。

アクセスは近鉄高田駅から竹取公園東口行で赤部駅下車し、バス停進行方向一つ目の信号を左折し、右に見えてくる新木山古墳沿いに400mほど歩くと正面に墳頂が見えてきます。バスは一時間に一本です。



PNG miyoshiishizuka zu

三吉石塚古墳基本データ

所在地 北葛城郡広陵町大字三吉字石塚

形状 前方後円墳(帆立貝式)

規模 墳長45m、後円部径41.4m 高さ6.5m、前方部幅22m

二段築成

築造時期 5C後半

出土品 円筒、朝顔、繖(きぬがさ)家等の形象埴輪

史跡指定 県指定

特記事項 前方部南東隅に他に例のない張り出し部が存在している(動画4


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ