古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:5C前半

 ようやく三度目の訪問で動画を撮ることができました。一度目は臨時の休館日、二度目はまだ動画を撮っていない時期でした。梅雨時だったので葺石の間から雑草が顔をのぞかしているのではないかと心配しましたが、動画1でご覧頂けるように、実に美しい姿を見ることができました。生駒山系を借景にした古墳です。古墳を囲む溜池は平安時代のものだそうですが築造当時の5C前半にはどうなっていたのでしょうか。興味はつきません。

動画4でお分かりのように心合寺山古墳は中期の古墳によくみられるように前方部が後円部と同じくらいの高さ(12m、後円部高さ13m)になっています。復原されている墳丘は三分の二ほどなので、築造時の後円部からみた前方部はより大きなものだったのではないでしょうか。それにしても前方部の方形壇は犬山市の青塚古墳(まだアップしていません)で見ただけだったので新鮮でした。

大阪市立大学の岸本直文さんは、心合寺山古墳は同じ頃に造られたとされる前方後円墳の雄、大仙古墳(仁徳天皇陵)と測量の結果が似ており、ヤマト王権の王墓をモデルにしたのではないか、したがって心合寺山古墳の被葬者は中央権力ときわめて近しい有力豪族ではなかったかという趣旨のことを述べておられます(「心合寺山古墳とその時代」史跡心合寺山古墳整備完成記念 講演会記録集。八尾市教育委員会、2006年)。墳長160mというのも全国で60番目ぐらいだそうですから、なるほどと思いました。

アクセスは近鉄河内山本駅から瓢箪山駅行で大竹下車徒歩5分。バスの本数は1時間に3ないし4本です。

PNG Shionjiyama zu

心合寺山古墳基本データ

所在地 大阪府八尾市

形状 前方後円墳

規模 墳長160m 後円部径92m 高さ13m、前方部幅90m 高さ12m

3段築成 周濠がめぐる

築造時期 5C

出土品 銅鏡、埴輪、甲冑

史跡指定 国指定

特記事項 粘土槨3基 木棺1基の埋葬施設が後円部にあり、前方部端にも方形の基壇がある

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する古墳は清水港を一望できる丘の一角にある墳長65mの前方後円墳、三池平古墳です。おそらく築造当時、海はもっと間近にあったでしょう。想像以上によくできた復原古墳でした。とりわけ発掘された石室を後円部の墳頂に、また石室からの排水溝を地上に再現しているところは印象的でした。鏡などの副葬品とともに成人男子の骨も残っていたそうです。排水溝をこのように復原した古墳ははじめてみましたが、5C初めと考えられる当時の技術の高さを物語っているといえるのではないでしょうか。既にいくつもの石室を紹介しましたが、石室を含め古墳築造は土木技術の粋を集めたのものといえます。

 
  JR清水駅から静バス庵原線で15分。トレーニングセンターで下車。バス停前の駐車場から古墳にあがれます。


  色々な角度から古墳を撮影してみました。楽しんでご覧ください。

PNG miikedaira zu

三池平古墳データ

所在地 静岡県静岡市清水

形状 前方後円墳

規模 墳長65m 後円部径43m 高さ5m 前方部幅36m 高さ3.2m

築造時期 5C前半

出土品 石棺内部で石釧、小玉、管玉が、石棺外側では、鏡(変形方格規矩四神鏡、

四獣文鏡)、筒形銅器、武具、農具

史跡指定 県指定

特記事項 墳頂部の竪穴石室内の石棺内部は朱が施され成人男子の骨が残されていた


天空の城として近年人気の高い朝来市の竹田城。そのすぐ近くに今回紹介する近畿で最大、全国でも四番目の規模を誇る円墳、茶すり山古墳があります。動画でお分かりのように聳え立つといった感じがぴったりです。もちろん尾根を切り開いて築いた古墳ということもありますが、ガイダンス施設のすぐ後ろは136号線がとおり、バックして遠くから全体像をとることは難しいのです。左手には古墳発掘のきっかけとなった北近畿豊岡自動車道が走り、二つの道路に囲まれてようやく茶すり山古墳は生き残ったという感じがします。聞けば北近畿豊岡自動車道の工事計画を変更して古墳を保存したとのこと。英断だと思います。


  動画キャプションにも書きましたが、墳丘は90m×78mの楕円形です。一般的な円墳のイメージとは少々違います。尾根を利用して造ったからでしょうか。円墳は、幾ちゃんのこだわりで いつか触れたように、前方後円墳、前方後方墳、方墳に続くランクといわれていますが、これだけの規模、そして、副葬された銅鏡、多量の玉類、甲冑2組と盾7点の武具、武刀、剣等の武器類からすると大変な地域の有力者の墓であったに違いありません。5C前半の時期の築造といわれていますからヤマト王権とのつながりも蜜であったと想像されます。


  余談になりますが最近、静岡県沼津市の高尾山古墳が、同様に道路工事計画に伴う発掘作業の結果、卑弥呼と対峙していた卑弥弓呼(ひみここ)の墳墓であるかもしれない高尾山古墳が発掘されました。築造は西暦230年ごろの墳長62m、東日本最古の前方後方墳といわれています。ところが沼津市議会は最近、賛成多数で古墳を保存しないことを決めました。沼津市も朝来市と同様の判断に立ってほしいものです。


   肝心の茶すり山古墳へのアクセスですが、公共交通機関を使った場合、かなり大変です。これも、こだわりで書きましたように、タクシーなどは使わず、公共交通機関と徒歩が私の古墳踏査の原則だからです。JR福知山線の和田山駅下車。午前中二本しかないコミュニティーバスでイオンモールまで行き、徒歩40分。迷ったので途中で道を聞いた方に送って頂きました。一日がかりでしたが訪ねた甲斐がありました。



朝来茶すり山古墳データ

所在地 兵庫県朝来市和田山筒江

形状 円墳

規模 90m×78mの楕円形 高さ18m 墳頂 36m×27m

築造時期 5C前半

出土品 円筒、形象埴輪、銅鏡、多量の玉類、甲冑2組と盾7点の武具、武刀、

剣等の武器類

史跡指定 国指定

特記事項 墳頂に二基の埋葬施設あり。第一主体部13.7m×10.5m 第二主体部

7.5m×3.7m 


PNG asagohasuriyama zu


 

今回は九州、大分県の川部高森古墳群の福勝寺古墳を紹介します。既に同古墳群については、前期の赤塚古墳(521日)、それに後期の横穴石室のある鶴見古墳(62日)をアップしています。年代的にみて福勝寺古墳は、赤塚、鶴見の中間に位置し、古墳群の中では最大規模、墳長78mを誇る5C前半築造と考えられる前方後円墳です。この頃から次第にヤマト王権の勢力拡大が明白となり、畿内 それも河内(現在の堺市、藤井寺市、羽曳野市あたり)では応神天皇陵、仁徳天皇陵など巨大古墳が次々と造営されていくことになります。中国鏡五面を副葬していた前期初頭の赤塚古墳と同様に、古墳群最大規模の古墳の被葬者も、もちろん、ヤマト王権と密接な関係を築いていたに違いありません。もっとも発掘調査が国指定の史跡のために難しく副葬品など史料に乏しいのが残念です。

 なお、福勝寺古墳の説明とも関係がありますが、ヤマト王権、ヤマト政権、大和政権など研究者により政権の表記が異なります。このブログでは白石太一郎さんの「三世紀中葉に邪馬台国連合と狗奴連合の合体によって成立した広域の政治連合を「ヤマト政権」、その中枢を担った畿内に基盤をおく政治権力を「ヤマト王権」と呼ぶという解釈に従います。



白石太一郎 日本歴史 私の最新講義 白石太一郎 古墳から見た倭国の形成と展開(同成舎、2013



JR宇佐駅から大交北部バスで宇佐風土記の入り口で下車。パナソニックの工場を右に見ながら20分ほど歩くと大分県立歴史博物館の塔が見えてきます。博物館の周囲に風土記の丘が広がっています。ゆっくり歩くと二時間はかかります。バスの本数は少なく地方から訪れるもものにとっては不便です。昼過ぎに博多を発って往復しましたがかなり疲れました。


PNG fukushouji zu


  

所在地 大分県宇佐市大字高森

形状 前方後円墳

規模 墳長80m 後円部54m 高さ7.5m 前方部幅22m 高さ3.5m

出土品 なし

史跡 国指定

特記事項 未調査



 

今回はつい最近アップした天乞山古墳(方墳)とともに木村古墳群を形成する滋賀県東近江市の久保田山古墳を紹介します。円墳です。

 

幾ちゃんのこだわりで触れたように古墳時代の序列では前方後円墳が最上位、ついで前方後方墳、方墳、最後に円墳というのが通説のようです。その見方からすれば地方の豪族、それも最も有力者ではなかったということになるのでしょう。でも復原された二段築成、直径57m、それも二つの造り出しつき葺石で覆われた円墳をみると、半端ではない権力者だったのではないかと思えてきます。それは、未盗掘古墳として有名になった墳長70mの雪野山古墳を含め、このあたり一帯に築かれた4Cから6Cにかけての数ある古墳の中では大規模なものといってよさそうだからです(データは方墳の天乞山古墳墳頂の説明板)。

 

周囲はどこまでも続く平野という感じですが古墳築造には不可欠な河川、日野川が南西方向1kmのところにあります。築造時期は天乞山古墳よりは5C前半でも少々あとになるようです。

 JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行であかね古墳公園前下車。バスは一時間に1本です。


PNG kubotayam zu

↑このページのトップヘ