古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:5C前

墳長全国第二位の古墳
 古市古墳群では最大、全国では第二位の応神天皇陵(誉田御廟山古墳)の全景を紹介するのは大変に難しく、悩みました。仁徳天皇陵(大仙古墳)の場合と同じようにヘリ上空からとも考えましたが、古墳時代の人々は見ていないわけで止めることにしました。しかし古市古墳群も百舌鳥古墳群も巨大な前方後円墳の大半は宮内庁の管理下にあって墳丘は森林に覆われ確認することは不可能です。せいぜい、できることは前方部中央に設けられた拝所から周濠をはさんで墳丘の高まりを想像するだけです。何か他の方法はないか考えながら応神天皇陵の濠沿いを羽曳野市役所方向から歩いてみました。すると墳丘西側の濠の外側に広がる農地のどこに立っても墳長420mの後円部から前方部まで一望できることに気が付きました。仁徳天皇陵の場合、一番外側の濠の近くまで住宅や森が迫り、それは不可能でした。応神天皇陵の場合も東側は他の古墳があり眺望は効かず、墳丘にも近づけません。是非、西側を歩いてその大きさを実感されることをお勧めします。

 全国の古墳を歩いて改めて気が付いたことは、地域の古墳群の盟主墳として100m以上の前方後円墳を見ることは少なくはないものの、墳長200m以上が7基ある古市古墳群、4基以上の百舌鳥古墳群のような巨大前方後円墳が古墳時代中期に集中して築かれたところはどこにもないことでした。権力の中心がこの時期河内にあったことを証明するものです。

 動画1では応神天皇陵(誉田御廟山古墳)、動画2では墳長290m、応神天皇の妃である仲津姫の陵墓と宮内庁が指定している仲津姫陵(仲津山古墳)の前方部からの姿をとらえています。もっとも考古学的には仲津姫陵のほうが先に築かれたそうです。フェンスが張り巡らされているためにデジカメを突っ込んでの撮影です。動画2の最後には仲津姫陵の陪塚とされる一辺50mの方墳、鍋塚古墳を紹介しています。古市古墳群では数少ない墳頂まで登れる古墳です。既に登れる古墳、古室山古墳大鳥塚古墳を紹介しています。合わせてご覧ください。応神天皇陵へのアクセスは近鉄南大阪線古市駅から羽曳野市役所を目指し国道170号線を渡ると応神天皇陵墳丘西側に着きます。(撮影2015128日、2017220日)。
PNG oujintennouryou zu


応神天皇陵他基本データ

所在地 大阪府羽曳野市(応神天皇陵)

藤井寺市(仲津姫陵、鍋塚古墳)

形状 前方後円墳(応神天皇陵、仲津姫陵)、方墳(鍋塚古墳)

規模 応神天皇陵 墳長 425m、後円部径250m高さ35m、前方部幅300m 高さ36m
仲津姫陵 墳長 290m、後円部径170m 高さ26m、前方部幅193m 高さ23m

鍋塚古墳 一辺50m63mに復元できるとの見方もある)、高さ7m

築造時期 5C

出土品 円筒、形象埴輪等

史跡指定 鍋塚古墳 国指定

特記事項 応神天皇陵築造前に東側に二ツ塚古墳古墳が築かれていたために周濠が歪んでおり、前方部は734年、1510年の直下型地震のために一部崩れているそうだ。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

三基セットの見学がお勧め
 ウワナベ、コナベと古墳の名称は時として訪問者を戸惑わせます。こういう時には古代史に精通している方々の解釈を参考にするしかありません。ネットの時代、検索してみるとどうやら夫に愛想をつかされた前妻が後妻に嫉妬することをうわなりねたみ(後妻嫉妬)ということが関係しているようです。若干早く築かれたと考えられる西に位置するコナベ古墳が前妻、ウワナベ古墳が後妻ということになります。二人の妻の夫は仁徳天皇のようです。ならばヒシアゲの由来はと探ってみたのですが、わかりませんでした。

さて、それぞれ5C前半に築かれたと考えられる200mを越す大型の前方後円墳は、ウワナベが被葬候補者としてさきほど触れた仁徳天皇皇后八田皇女、コナベが仁徳天皇皇后磐之媛命の墓とする陵墓参考地に宮内庁が決めています。他方、ヒシアゲは仁徳天皇皇后磐之媛命陵として治定しています。ウワナベ・コナベは「かもしれない」という陵墓参考地。他方、ヒシアゲは宮内庁が磐之媛命の陵墓として決定。ただ、自信はなく、よくわからないということなのでしょう。無理に特定の人物の墓にあてはめた結果です。

 それはともかく、この三つの古墳は既に見た佐紀古墳群の五社神古墳(神功皇后陵)、佐紀陵山、石塚古墳とは違って、遠くから眺めることができる点で、スケール感を味わうには有利です。とりわけ、ウワナベ古墳とコナベ古墳が隣接している様子は周濠間の距離が100mもないのでよくわかります。さきほどの説明にしたがえば、動画1のウワナベが後妻、動画2のコナベが前妻の墓ということになります。間に広い芝生が広がる航空自衛隊幹部学校が位置するというのも不思議なとりあわせです。

 それに対して宮内庁が磐之媛命の陵墓としているヒシアゲ古墳は、ウワナベ、コナベほどには遠目には観察できません。ただし、宮内庁の管理にはない外堤には発掘調査によって明らかとなった円筒埴輪がいくつか復元されていて、墳長219mの巨大古墳の一端を覗くことができます。

 佐紀盾列古墳群は時代的には箸墓古墳にはじまるヤマト古墳群に次ぐ、大王クラスの豪族を含む古墳ですが、既に紹介した神功皇后陵 佐紀陵山佐紀石塚山瓢箪山塩塚古墳(クリックすれば飛べます)は西側に、今回の三基は東側にあります。そして名称、たてなみの由来どおりに、これら全ての古墳が後円部を北に前方部を南にして築かれています。Yahoo,Googleの地図をご覧頂くと、その様子が手に取るようにわかります。そしてこれらの古墳群のすぐ南には大極殿が復元されている奈良時代の平城宮が広がっています。極めて興味深いことに、平城宮の北側の一部(官舎址)が5C前半に造られた市庭古墳と重なり、前方部が完全に消滅していることが近年明らかとなっています。その300年後の8Cの初頭。藤原京から平城京に遷都され大極殿はじめ平城宮が整備された頃には、時の政権は古墳は破壊されてもやむを得ないという方針であったことがここからわかります。アクセスは近鉄奈良線の新大宮で下車し国道24号線沿いに1㎞ほど北上すると左側にウワナベ古墳が見えます。徒歩で20分ほどです。残りの古墳は現地の案内板にしたがってください(撮影2017613日)。

PNG uwanage konabe zu


ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳基本データ

所在地 奈良県奈良市法華寺町(ウワナベ、コナベ)ヒシアゲ(佐紀町)

規模 ウワナベ 墳長205m、後円部径128m 高さ20m、前方部幅 130m 高さ16m

コナベ 墳長204m、後円部径125m 高さ20m、前方部幅129m 高さ17.5m

ヒシアゲ 墳長219m、後円部径124m高さ16m、前方部幅145m、高さ14m

築造時期 5C前半 ヒシアゲ→コナベ→ウワナベの順で造られたと考えられている

出土品 ウワナベ、コナベ 不明、ヒシアゲ埴輪片

史跡指定 なし

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

百舌鳥古墳群中、間近に観察できる数少ない一基
 今回の中期古墳は宮内庁が仁徳天皇陵(大仙古墳)の陪塚としている永山古墳です。仁徳天皇陵の後円部の北西側200mほどのところに位置している墳長が100mもある前方後円墳です。古墳踏査をはじめて間もない頃、仁徳天皇陵後円部北側の周濠沿いの遊歩道から固まった森を見つけ、あれはなんだろうと思ったことをよく覚えています。

調べてみると宮内庁が12基ある仁徳天皇陵の陪塚の一つとしている永山古墳でした。それにしても墳長100mもある古墳が陪塚といえるのか不思議です。そう思っていたところ明確に陪塚ではないと判断する専門家がおられました。「百舌鳥古墳群を歩く」(創元社、2014)の著者久世仁士さんです。「その規模からして陪塚とは考えられません」と明言しています。たしかに他の陪塚に認定されている古墳には円墳でもかなり大きい径60m茶山古墳や、墳長87mの前方後円墳丸保山古墳もありますが、永山古墳は墳長100mを超える点で図抜けた規模です。

とはいえよほど想像力を巡らさなければ古墳には見えない仁徳天皇陵とは違って近づくことができ、動画1に見るように前方後円墳の墳丘がよくわかります。前方部の幅が後円部よりも大きいこと、後円部、前方部の高さがほぼ同じことがわかります。簡単に一周できます。久世さんによれば、墳丘を見通せる西側の濠は以前は民間の釣り堀として使われていたのを堺市が立ち退き請求を行い、その結果現在のような美しい濠が戻ったそうです。そうなのです。永山古墳は宮内庁が墳丘を管理し濠は堺市の管理になっています。

奇妙なことに永山古墳を見た後、横断歩道を渡って仁徳天皇陵(大仙古墳)周濠を歩くと、その巨大さを改めて知ることになりました。アクセスはJR阪和線三国ヶ丘駅下車、西北側310号線を越えたところにあります。徒歩10分(撮影2017828日)。PNG nagayamakofun (mozukofungun)7





永山古墳基本データ

所在地 大阪府堺市堺区東永山園
形状 前方後円墳
規模 墳長100m 後円部径63m 高さ10.3m、前方部幅68.5m 高さ10.3m二段築成、葺石あり、周濠あり
築造時期 5C前半
出土品 埴輪
史跡指定 なし 
特記事項 宮内庁は仁徳天皇陵の陪塚としているが、くびれに造出しがあり、後円部と前方部 の高さが同じところから堺市は独立した古墳とみている
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

女狭穂・男狭穂の二基の陪塚
 宮崎県西都市にある国の特別史跡西都原古墳群の四回目です。円墳の170号墳と方墳の171号墳を紹介します。既に前期古墳の35号墳と13号墳(以下古墳名をクリックすれば飛べます)、中期の大型円墳169号墳、それに後期古墳の横穴石室が見学できる鬼の巌屋古墳を紹介しています。西都原古墳群は南北4.2㎞ 東西2.6㎞の広大な敷地に前方後円墳31基を含む319基もの古墳が点在しています。

今回の170号墳と171号墳は169号墳と同様に西都原古墳群の主墳 男狭穂塚古墳、女狭穂塚古墳の陪塚です。男狭穂、女狭穂両古墳が陵墓参考地のため立ち入りもできず、あまりに巨大で全貌をとらえることができないのに対して、今回の陪塚は間近に観察できます。

 築造時期はいずれも5C前半と考えられています。170号墳は既に紹介した169号墳と比較して頂きたいのですが、ずっと墳丘の高さが低く扁平です。これまでの円墳の印象とはかけ離れています。墳頂からは短甲などとともに船の形をした埴輪が検出されています(北郷泰道、西都原古墳群、同成社、2005年)。西都原古墳群では二基しか確認されていない方墳の一つ一辺25m171号墳は、訪問時は養生中のため外されていましたが川原石による葺石を含め復元されています。幅4mの周溝がまわり九州では貴重な壺形埴輪が出土しています(撮影2017323日)。
PNG saitobaru170&171 zu





西都原170号と171号基本情報

所在地 宮崎県西都市大字三宅他

形状 円墳(170号)方墳(171号)

規模 170号 径45m 高さ1.8m 二段築成 葺石なし、171号 一辺25m 高さ4.5m 二段築成

葺石あり

築造時期 ともに5C前半

出土品 170号 短甲、船形埴輪 171号 壺形埴輪

史跡指定 一括して国指定

特記事項 171号出土の壺形埴輪は北郷泰道さんによれば九州内では出土例がなく、大阪藤井寺市の野中古墳や奈良県河合町の乙女山古墳など畿内の古墳出土が知られるとのこと(前掲書)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

墳丘に登れる墳長143mの前方後円墳
 JR
山陽本線の御着(ごちゃく)駅から徒歩で10分ほどのところ目指す古墳はありました。駅の北東方向にある引っ切り無しに車が行き来する国道を越えたすぐそこです。あれっと思うぐらいひっそりと静まり返った緑のなかに墳長143mもの前方後円墳が横たわっていました。墳長100mを超える前方後円墳は全国で302基を数えますが、消滅していたり原形をとどめないほどに破壊されているものもあり、外形をよく留め墳丘に登れるこの古墳は大変に貴重です。

墳丘は動画1でお分かりのように中期以降の前方後円墳によくみられる前方部幅が後円部径よりも大きい寸胴な形をしています。西側に造出しがあり10mから20mほどの幅の周濠が巡っています。まだアップしていませんが大阪府藤井寺市の古市古墳群の一基、仲ツ山古墳の墳形(応神天皇の妃仲津姫陵として治定)の二分の一の相似形であるところから、ヤマト王権との親密さがうかがえるそうです(現地説明版)。周濠と墳丘の間に三か所ある渡り土手がアクセントになっていてなかなかの風情なのですが、姫路市埋蔵文化財センターの話では後世に造られたものだということで少々残念な気分でした。

 この古墳で他の古墳では見られない特色の一つは後円部に長持型石棺の蓋の部分が露出していることです。動画1でご覧になれます。長持型石棺は中期古墳によく見られる長持に似た組合せ式の石棺で大王や地方では最有力首長の埋葬に使われたそうです。ここからも壇場山古墳の被葬者のヤマト王権との近さがうかがえます。その石棺は竪穴式の石室に埋納する場合と土坑に直接埋める場合があったようで、壇場山の場合は後者のために蓋石を幸いにもみることができるというわけです。石材は山陽新幹線西明石駅を過ぎてほどなくして右手に石切り場が見える凝灰岩の竜山石(たつやまいし)ですが、被葬者は竜山石を産出する地域(現兵庫県高砂市)を支配していたのでしょうか。

動画2でおわかりのように周囲にマンションは建っていますが壇場山古墳の雄姿を遮るほどのこともありません。動画4ではいくつかある陪塚から、主墳と同様の長持型石棺が露出する一辺60mほどの方墳 山之越古墳を紹介しています。墳丘の半分ほどが削られ無残な姿ですが、墳頂から壇場山古墳がよく見え、両者の関係を思い浮かべることができます。

アクセスは冒頭に書いたとおり駅前の道を北に歩き国道2号線を渡るとほどなく住宅街に入り左側を注意して歩くと案内板があります(撮影201646日)。PNG danjyouzan zu



壇場山古墳基本データ

所在地 兵庫県姫路市御野国町

形状 前方後円墳 方墳(陪塚 山之越古墳)

規模 墳長143m、後円部径83m 高さ11.4m、前方部幅87m 高さ11.4m  三段築成、葺石、周濠あり 陪塚 山之越古墳(方墳、一辺60m、高さ7m、周濠あり)

築造時期 5C前 陪塚 山之越古墳(5C央)

出土品 円筒埴輪、家形、盾型等形象埴輪、鉄鏃、刀剣等、陪塚 山之越古墳(円筒埴輪、銅鏡、玉類、刀剣類)

史跡指定 国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

長い年月を経た石人が迎えてくれます
 八女古墳群は既にアップ済みの童男山古墳1号墳童山古墳2号・3号墳(クリックすれば飛べます)が最後に、今回の石人山古墳が最初に築かれた福岡県の八女市一帯東西に広がる丘陵に5Cから6Cに築かれています。中でも墳長130mを超える前方後円墳の岩戸山古墳は、ヤマト王権と軍事的抗争にまで発展した筑紫君磐井(つくしのきみいわい)の墓の確率が高いとされ、凝灰岩製の彫刻、石人・石馬が多数出土しています(いずれアップします)。他方、今回の石人山古墳はその名称の由来どおり、装飾された蓋のある家形石棺を守るかのように立ちはだかる武装石人で有名です。墳長107mの前方後円墳で築造の時期は岩戸山古墳よりも古く5C前半と考えられ被葬者は磐井の祖父との説もあります。

 墳丘は動画4で見るように雑木林に覆われていました。冬でもこの程度ですから夏場は墳丘自体あまり見えないのではないのでしょうか。気を取り直して東側に回り前方部の階段を戻ります。昭和を感じさせるコンクリートと鉄格子の小屋の中には武装石人が・・・。石人としては初期のものだそうです。

 顔面はほとんど石の塊状態で冑も裾まわりでかろうじてわかる程度です。朱が塗られていたことは目をこらすとわかりました。もちろん、造られた当初はこんなではありませんでした。どうやら病気による痛みが、石人のその部分を叩くと和らぐというこの地方の信仰が関係しているようです。風化だけではないのですね。それにしても少々気の毒です。裏にまわると動画2、3に見る装飾が彫られた横口式石棺が石室に半埋没の状態で見えました。残念ながら暗くて装飾自体はぼんやりしかみえません。入室できないのでやむなく鉄格子越しの撮影でしたが、たしかに美しい幾何学模様が彫られていることがわかりました。線刻模様をどのように誰が彫ったのでしょうか。

 この石室も石人も古くから地元の人々に知られていたようで、石室内の副葬品の多くは持ち去られ石人、埴輪以外は見つかっておらず武装石人のご利益はなかったようです。 

 JR久留米駅から西鉄バス筑紫船小屋行きで約30分、一条のバス停から広川町古墳公園資料館まで徒歩で15分ほど。バスの進行方向と反対に歩きセブンイレブンのある信号を左折し500mで広川町古墳公園資料館の看板がみえます。石人山古墳は資料館の裏手です。

 なおややこしいことにこの石人山古墳は八女郡広川町に、そして岩戸山古墳を含む他の古墳の多くは八女市にあります。そのせいでしょうか。八女市の岩戸山古墳資料館(最近超モダンな建物に移った)のHPの八女古墳群の古墳一覧のなかに石人山古墳は紹介されていないのです。考古学的には八女古墳群で最初に築かれた大型の前方後円墳は石人山古墳であるにもかかわらずです。現在の縦割り行政が古代の遺跡にも及んでいるという妙なことになっています。広川町の石人山古墳資料館にも簡易なHPがあり八女市の岩戸山古墳資料館ではリンクを貼れるように交渉しているというのですが・・・。今日にも解決できる話だと思いますが皆さんはどうお考えでしょうか(撮影2016年12月27日)。
PNG Sekijinsan kofun zu (修正版)






石人山古墳(八女古墳群)基本データ

所在地 福岡県八女郡広川町

形状 前方後円墳

規模 墳長107m、後円部径53m 高さ12m、前方部幅63m 高さ11m

周濠あり 前方部二段、後円部三段築成

築造時期 5C

出土品 石人、家等形象埴輪

史跡指定 国指定 
特記事項 石室壁は板石の平積み



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

遠くからの姿が美しい大型円墳
 宮崎県西都市にある国の特別史跡西都原古墳群の二回目です。一回目には前期古墳の13号墳と35号墳と(古墳名をクリックすれば飛べます)を紹介しましたが今回は群中最大規模の二基とともに古墳時代中期に造られています。陵墓参考地の女狭穂塚、男狭穂塚古墳の陪塚と考えられている円墳169号墳です。女狭穂塚かが墳長176mと九州でも一二を争う前方後円墳なので、それに相応しく径50mもあります。古墳群として保存整備されてきただけに周辺に眺望を遮るような建造物はなくその雄姿を三本の動画で確認できます。遠目にも三段築成が明瞭にわかる墳丘で本来は墳頂に円筒はじめ形象埴輪が立ち並び墳丘全体には葺石が覆っていました。

北郷泰道さんの『西都原古墳群』(同成社、2005年)によれば大正時代から調査が行われ副葬品の倣製(国内産)の銅鏡、刀、鉄斧、銅釧(うでわ)、鉄鏃などが墳頂から発掘される一方、埋葬施設の検出には至らなかったそうです。とはいえ木棺による直葬ではなかったかと想像はできます。残念ながら現状ではよくわかりませんでしたが墳丘下東側には9m×3mの造出があったようです。墳頂からは男狭穂塚、女狭穂塚の二基がよく見えますが、残念ながら鬱蒼とした木々に覆われ墳丘全体を見ることができません。それに陵墓参考地として宮内庁が管理しているために墳丘内に立ち入ることはできません。ただ拝所があり鳥居が立つ陵墓(天皇、皇后、皇族の墓として宮内庁が管理。全国に740)と違い、陵墓参考地(被葬者名が特定できないが宮内庁が管理するもの。全国で46)はフェンスで囲まれているだけのところも多く、動画3の最後に付け足したように墳丘を柵越しにみることはできます。改めて見てみると女狭穂塚の前方部幅の広さには驚かされます。

 ところでこのブログでは格の上では前方後円墳、前方後方墳につぐ円墳を何基か紹介してきましたがいくつかあげておきます。比較してご覧ください。いずれも中期の古墳で見栄えよく復元されています。古墳名をクリックすれば直接飛べます。滋賀県東近江市の径57m久保田山古墳(5C前半)、兵庫県朝来市の径90mの巨大な墳丘を誇る朝来茶すり山古墳(5C前半)、奈良県都祁南之庄町の径40m三陵墓西古墳(5C前半)、京都府綾部市の径70mの私市(きさいち)円山古墳(中期央)、奈良県広陵町の新木山古墳の陪塚、径45m三吉石塚古墳(5C後)。大型の円墳は中期に集中している印象がありますが、全国最大の円墳は実は古墳時代後期の6C前半に築かれた埼玉県行田市のさきたま古墳群にある丸墓山古墳で径100mもあります。西都原古墳群見学にはアクセスは宮交シティから一日2本出ている西都原考古博物館直行バス(復路も2本)を利用するのが便利です。1時間15分かかります(撮影日2017323日)。
PNG saitobarukofungun ryakuzu
PNG saitobaru169 zu - shuuseiban

 



西都原古墳群(2)169号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 円墳 

規模 径50m 高さ7m、葺石あり、三段築成

築造時期 5C

出土品 倣製銅鏡、刀、鉄斧、銅釧、鉄鏃 

史跡指定 国の特別史跡

特記事項 男狭穂塚、女狭穂塚古墳の陪塚と考えられている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ