古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:4C末

  非常にダイナミックな印象を受ける前方後円墳です。動画1と2でその一端をとらえることができていれば嬉しいのですが・・・。この前方後円墳、墳長はわずか68mしかありません。なのにこれだけ大きくみえるのは古墳の周囲、とりわけ南側が谷のように削り取られているからではないでしょうか。実は沖出古墳には周溝はありません。丘の先端を利用して造られているために周濠をめぐらす余地がなかったのでしょう。その周濠のように見える谷を隔てて造られた現代の道路からは並行してその巨艦のような墳丘をとらえることができます。当時は下から見上げた墳丘を現在の我々は、ほぼ同じ高さから見ているわけです。

  東側から見る葺石のある後円部三段、前方部二段の墳丘はまた印象的です。動画1でおわかりのように墳丘を見下ろしているのです。前方後円墳は数あれど、高いところから墳丘を眺めることができる数少ない例といってよいと思います。東広島市の三ッ城古墳も見事でした(クリックすれば飛べます)。墳丘には円筒、壺形の埴輪や家形埴輪が置かれていたようで一部復元されています。また船の絵が描かれた朝顔形埴輪も出土して太陽が沈む方向に置かれていたとのこと。嘉麻市の遺跡ブックレット(2015年)では、古代人は、船があの世とこの世を結ぶ乗り物と考えていたと説明しています。

  この古墳で珍しいのは腕輪型の三種類の石製品(石釧、車輪石、鍬形石)が出土していることだそうで九州では沖出古墳だけだそうです。そのほか盗掘坑を利用して造られた道をたどると後円部にある竪穴石室を覗くことができるのも珍しい試みです。なかにはレプリカですが割竹型石棺が置かれています。アクセスはJR九州筑豊線の桂川(けいせん)駅から西鉄バスで西鉄大隈営業所行きで牛隈下車徒歩で20分ほどです。国道211号の牛隈の交差点を北にあがり沖出の信号を東に進むとほどなく動画2の墳丘がみえます(撮影20161226日)。
PNG okidekofun zu






沖出古墳基本データ

所在地 福岡県嘉麻市漆生

形状 前方後円墳

規模 墳長 68m、後円部 径40m 高さ6m  、前方部幅26m 高さ4m

後円部 三段、前方部二段築成、葺石あり、周濠なし

竪穴式石室は長さ3.7m、幅1.5m、深さ1.2m

築造時期 4C

出土品 石製品(鍬形石、車輪石、石釧)、円筒、壺形、朝顔、家形埴輪、鉄刀、管玉

史跡指定 県指定

特記事項 石製品三点セットは九州では唯一。朝顔形埴輪には船の絵が刻まれていた。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

坂の下のバス停から古墳公園に急ぐとまず目に入ったのが今回紹介する墳長57mの前方後円墳5号墳です。生目古墳群の3号墳(クリックすれば飛べます)、22号墳(クリックすれば飛べます)に続いて三回目ですが、どれも番号でしか区別ができないのが少々残念です。5号墳は墳長こそ決して大きくはありませんが、築造当時の古墳に復元されているという意味で最も目立つ古墳です。造られた当初はこういう形をしていたんだということがよくわかります。とりわけ葺石が全面的に復元された古墳は少なく貴重です。緑を残した真後ろの3号墳とのコントラストが絶妙ですが意外な色合いに驚かれたかもしれません。動画2の後半、動画4の最後でご覧いただける前方部から後円部にかけてのシルエットも美しいですね。中期に位置づけられはしますが前方部幅は後円部径よりも短くさほど前方部は発達しているようにはみえません。

既に3号墳のところで書いたように生目古墳群は大半が前期に造られ、内3基は100mを越えます(1号墳136m3号墳143m22号墳101m)。しかし次第に墳丘の大きさは小さくなり4C末(中期)に造られた今回の5号墳は57mにとどまります。この地域を支配する豪族の力が相対的に弱まったことを意味するのでしょうか。

この3号墳で付け加えておかねばならないのは周濠の外側に造られた地下式横穴墓です(19号墳)。地面に竪穴を掘りさらに横穴を掘って埋葬施設としその中に被葬者を置くというものだそうで南九州に特有なものだそうです。いずれ復元された地下式横穴墓を紹介する機会があるかもしれません。アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向を見るとこんもりとした緑の森が見えます(撮影2017322日)。
PNG ikime5goufun zu

  墳丘の上を歩く、石室の中を観察するというこのブログの趣旨からすれば必ずしも相応しい古墳ではないかもしれません。しかし200mを越える二つの古墳が寄り添うように並んで造られている点はビジュアル的にも見事で濠に沿ってあるく価値は十分にあります。しかも百舌鳥・古市古墳群の大型古墳の周囲とは違い、人の声もはっきり聞こえるほどの静謐さに包まれています。視界を妨げるような建物もまったく見られず別世界に飛び込んだ感じがします。まだ紹介していないより大型の佐紀古墳群の五社神古墳の周辺と比べても、

違いは大きいと思います。墳丘には登れないし、全体を見渡すこともできないという大きなハンディがあるにもかかわらず、是非、一度は足を運んで頂きたい古墳です。

 それにしても道路一つ隔てて二つの、いや今回紹介していない佐紀高塚古墳を入れれば三基がジグゾーパズルのように入り組んでいるわけですが、どのような理由があるのでしょう。専門家の調査によれば陵山古墳の後円部をよけるようにして石塚山古墳が造られたために濠が細くなっているそうです。このことから陵山のほうが先に造られたことがわかっています。繰り返しますが残念なことに全体を見渡すことはまったくできませんが、せめて動画1で二基の古墳の寄り添う姿をご確認ください。

 なお佐紀古墳群では既に瓢箪山古墳塩塚古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。是非、合わせてご覧ください。略図に今回の古墳と他の佐紀古墳群の位置関係を示してあります。近鉄平城駅から徒歩10分です。(撮影2016118日)。
PNG sakikofungun ooyosonoichi
zuPNG sakimisasabiyama 





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介するのは前期古墳と中期古墳の境に位置する雨の宮2号墳です。すでに雨の宮1号墳をご覧になっている方は省略して2号墳そのものの説明におすすみください。金沢から七尾線で1時間40分ほど。今回紹介する前期古墳 雨の宮古墳群のある能登部駅に着きます。能登半島を三分の一ほど北にあがったところといったらイメージがつかめるかもしれません。標高190mほどの眉丈山の尾根に位置する雨の宮1号墳(クリックすれば飛べます)からも今回の2号墳からも、今では農業地帯となった七尾南湾につながる潟湖が見渡すことができたに違いありません。とにかく眺望がすばらしいのです。この立地からみて、当時最も重要だった運送手段である水運を支配した豪族が被葬者であることは十分に想像がつきます。ヤマト王権も、このルートの重要性をよく知り地域の支配者との関係を重視したのでしょう。1号墳から出土した銅鏡、短甲(胴を覆う多数の石釧(石製の腕輪)等の副葬品からもそのようにいえそうです。

 2号墳は1号墳と同規模、65.5mですが最大の違いは形状にあります。2号墳は1号墳が前方後方墳だったのに対して前方後円墳なのです。一般的には前方後円墳のほうが前方後方墳よりも格上だといわれています。ところが前方後方墳の1号墳のほうが高地に造られ7m下の2号墳を見下ろすように造られています。築造時期は1号墳のほうが先だというのですから不思議です。前期から中期初頭の段階ではそれほどの区別はなかったのでしょうか。地域的には日本海側はアップ済みの出雲の四隅突出型墳丘墓(西谷墳丘墓造山1号と3、いずれもクリックすれば飛べます)が典型のように独特な墓制をしいてきたこととも関係があるのでしょうか。

 2号墳の復元は1号墳のように葺石を含め築造当時にできるだけ近づけるという方法ではありません。しかし動画でご覧のように当時の様子を想像するには十分です。残念ながら後円部頂にあるとされる埋葬施設は未調査で出土品を含め不明のようです(撮影20161031日)。
PNG amenomiya2gou zu

  奈良盆地に4C後半から6Cにかけて築かれた馬見古墳群。今回中期古墳として紹介する一本松古墳は4C末の築造の墳長130mを数える前方後円墳です。同古墳群は北群、南群にわかれ、その間に一本松古墳が含まれる中央群が位置します。イメージ図で確認して頂きたいと思いますが、既に紹介した墳長220m巣山古墳(クリックすれば飛べます)、築造時のように復元されたナガレ山古墳(クリックすれば飛べます)も中央群に属します。一本松古墳は巣山古墳と同じ頃に築かれたことが発掘された円筒埴輪(埴輪棺墓として使用)から明らかになっています。 

動画1でおわかりのように芝に覆われた優美な墳丘が残されています。遠くから墳長130mの全体像を確認できるというのは大変珍しいといってよいと思います。それも公園化されているお陰です。墳丘の後円部径は80m、そして前方部幅は同じ80mと発達しています。残念なことに葺石、段築の有無他詳細は明らかになっていません。2006年に後円部東南部に公園施設を作ることになり調査が行われた結果小規模の方墳が検出されています。前述の円筒埴輪はその際に発掘されたものです。

 何度か馬見古墳群を歩いて気が付いたことがあります。保存整備の違いをこの目で比較確認できるのです。後円部径104mと大型のホタテ貝型として知られた乙女山古墳のように墳丘には登れるものも雑木林が繁茂するままにしてあるもの、ナガレ山古墳のように葺石を含め築造時のように復元されたもの、そして一本松古墳のように墳丘を芝で覆い保存整備したものの三種類です。全国の古墳を歩いていると大凡、この三つのタイプに区分することができます。馬見古墳群ではそれらの違いを中央群を歩くと実際に確認できるという点で実に貴重です。なお動画の番外編としてうっそうとした乙女山古墳の墳丘を短く紹介しています。

 アクセスは近鉄田原本線池部駅に隣接する河合町役場横に緑濃い総合スポーツ公園の入り口があり、そこから古墳公園につながっています。約1㎞ほどあります。徒歩15分。わかりやすく迷うことはないと思いますが役場で地図を貰うとよいでしょう(撮影2016524日)。


PNG 馬見古墳群(イメージ図)
PNG 現在の大阪市中心部から見た大型古墳群

一本松古墳基本データ

所在地 奈良県河合町

形状 前方後円墳

規模 墳長130m、後円部径80m 高さ12m、前方部幅80m 高さ4.5m

周濠、外堤あり

築造時期 4C

出土品 埴輪棺

史跡指定 

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

晴天に映える雷神山古墳はどのように私を迎えてくれるのだろう。ワクワクしながら歩いた期待は裏切られませんでした。動画1の前方部端側から後円部にかけて広がる墳丘は、芝がきれいに刈り取られていたこともあり鮮やかの一言でした。墳長が169m、後円部径92mとほぼ同じなのは甲斐銚子塚古墳(クリックすれば飛べます)です。こちらの墳丘も美しく是非比較してご覧ください。ただ前方部幅は雷神山が96mに対して、69mとずっと狭くなります。甲斐銚子塚が造られたのは3C後半と典型的な前期古墳に該当します。雷神山古墳は前期と中期の境目に位置するだけあって前方部幅は96mと発達しています。後円部は3段、前方部は2段の筑成が施されている墳丘には一面葺石が葺かれ、壺形埴輪がめぐっていたようですが、整備にあたっては復元されていません。

また、動画キャプションでも触れているように前方部端には墓地があり墳丘自身が崩れています。植栽でカバーしているとはいえ些か残念です。京都府の長岡京市の恵解山古墳(クリックすれば飛べます)の墳丘も墓地があったことを思い出しました。昔の墓のために現在の墓を移すわけにはいかないのはわかりますが、現在まで墳丘がどのように人々によって扱われてきたかを知るには貴重な資料かもしれません。
   埋葬施設は発掘調査されていないために不明ですが東日本大震災の際に後円部頂の中央が1mほど陥没し埋葬施設ではないかとの指摘もあるようです。その後円部に隣接して陪塚ではないかといわれる径54mの円墳小塚古墳が築かれています。またその先、1.5㎞には雷神山古墳の被葬者に遡るこの地の支配者が葬られているともいわれる飯野坂古墳群(1)飯野坂古墳群(2)飯野坂古墳群(3)(それぞれクリックすれば飛べます)があります。こちらは中規模の前方後方墳が複数並んで築造されています。

アクセスはJR東北本線で2駅下った館腰駅前から西に200mほど歩き郵便局を見ながら右折すると左に館腰神社が見えます。その先を左折し道なりに歩くと右手に急な細い坂道が見えます。坂道を上り道なりに進むと前方部端入口説明板に到着します(撮影2015年11月5日)。
PNG raijinyama zu saishu



所在地 宮城県名取市

形状 前方後円墳

規模 墳長 169m(168m)、後円部径 96m 高さ12m、前方部幅96m 高さ6m

後円部3段、前方部2段築成、葺石あり

小塚古墳 径54m 高さ6mの円墳 

築造時期 4C末(4C後とも)

出土品 壺形埴輪(底部穿孔(せんこう)土器とよばれ底に穴があいている古墳用に作られたもの

史跡指定 国指定

特記事項 被葬者は飯野坂古墳群との関連が指摘されている。飯野坂は前方後方墳であるのに対して雷神山は前方後円墳。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の中期古墳は千葉県我孫子市の手賀沼を見下ろす丘陵端にある墳長69mの前方後円墳、水神山古墳です。中規模ながら墳丘がよく残された古墳です。水面が反射してしまっていますが後円部から前方部に歩くと右手に手賀沼を一望できます。古墳時代には現在の手賀沼は香取海の入り江に当たっていたそうで古墳の被葬者は水運を仕切っていた人物に違いありません。
  同じ中期に属する墳丘規模が70m程度のアップ済み古墳と是非比較してご覧ください。古墳名をクリックすると飛ぶことができます。静岡の三池平、奈良の三陵墓東、大阪の風吹山、三重の毘沙門塚などがあげられます。本題に戻りましょう。
 水神山古墳は中期といっても前期に近い時期4C末に造られたようです。それでも前方部幅は後円部径36mに近い33mと前方部の発達がみられます。三段築成で葺石はなく埴輪もありませんでした。しかし周辺の古墳の多くは6C代に造られていること、規模の点でも突出していることなどが水神山古墳の重要度を示しています。前方後円墳がヤマト王権とのつながりを示すわけですからこの地域にもその影響が及んでいたことになります。墳丘周囲には周濠が巡っていましたが、土取りのための堀で水は張られていなかったようです(教育委員会担当者)。後円部墳頂には長さ5.13m、幅0.7mの粘土郭に割竹形木棺が埋められていたことが確認され、青色ガラス管玉1、滑石管玉1、青色ガラス小玉約、刀子等、前方部墳丘上からは土師器甕等が出土しているとのことです。

アクセスはJR常磐線我孫子駅から阪東バスで湖北台駅又は東我孫子車庫行きで、我孫子中学校で下車し徒歩10分ほどです。バスの進行方向に信号を背にしながら50mほど歩き右折、突き当りの高野山桃山公園に入ります(ここには水神山古墳よりも古い前原古墳跡があります)。西の出口(前原古墳跡があるところ)をさらに西に進み一つ目を左折(南方向)するとすぐに二差路になるので右の道を歩くと突き当りに墳丘が見えます。手賀沼側や隣の香取神社側からはわかりにくいと思います(撮影2016年2月22日)。


水神山古墳基本データ

所在地 千葉県我孫子市高野山(こうのやま)字舟戸台

形状 前方後円墳

規模 墳長69m、後円部径36m 高さ5m、前方部幅33m 高さ2.5m

三段築成

築造時期 4C

出土品 青色ガラス管玉1、滑石管玉1、青色ガラス小玉約、刀子等、前方部墳丘上から土師器甕等 

史跡指定 千葉県

特記事項 手賀沼北岸では最大規模の古墳




PNG suijinyama kofun zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ