古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:4C後

  今回紹介する五社神(ごさし)古墳は大和・柳本古墳群に造られた王墓が奈良北部の佐紀古墳群に移動したなかで最大規模を誇る前方後円墳です。長さ267mもある墳丘は全国12位というだけあって動画でも全体像を捉えることはできません。加えて神功皇后陵に宮内庁が指定しているために他の陵墓と同様、墳丘に登ることはできずかなりストレスは溜まります。

いったいどこが後円部なのか一瞥しただけではとてもわからないのです。手掛かりは拝所です。どの陵墓も同様ですが(陵墓参考地は拝所がないので後円部、前方部の違いがわかりにくい)、前方部端の中央に拝所はあります。ということはこちらが前方部と納得して動画1を撮ってみました。それにしても長い。幅は150mもあります。では後円部はどこか地図を頼りに探してみると、後世に造られた溜池が周濠のように墳丘東側に沿って回っていることがわかりました。そのくびれあたりにある渡り土手のようなところからようやく後円部を含め墳丘全体をイメージすることができました。それが動画2でご覧いただけます。

といっても古墳に興味がない人にとっては単なる森にしか見えないことは他の大型古墳同様です。それでは墳丘の西側はどうか。走っている道路からは墳丘を見上げる形になり、しかも次第に離れていくので観察には向いていません。こうした大型の前方後円墳をみるたびに古墳の面白さを伝えることの難しさに頭を抱えてしまいます。

ところで佐紀陵山古墳(日葉酢媛陵)(クリックすれば飛べます)、佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)を既に紹介しましたが、石野博信編「全国古墳編年集成」(雄山閣出版、1995年)に基づき築造時期は4C末とし、今回の神功皇后陵はその二基より前の4C後半に造られたとしました。ところが白石太一郎さんの倭国の形成と展開(敬文舎、2013年)では日葉酢媛(佐紀陵山)が4C央、成務天皇陵(佐紀石塚山)が後半と先に造られ神功皇后陵は4C末とみています。最新の研究成果をもとにした編年でしょうから白石説のほうが正しいのかもしれません。佐紀古墳群では他に佐紀瓢箪山古墳塩塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)をアップしています。今回の五社神古墳とは違い墳丘を間近にみることができます。合わせてご覧ください。五社神古墳へのアクセスは非常にわかりやすく近鉄京都線の平城駅の北口から300mほど北にあがったところにあります。手前に八幡神社がありその道沿いです(撮影2016118日)。
 PNG oosaka nara no oogatakofunbunnpuzu




神功皇后陵(五社神古墳)基本データ

所在地 奈良県奈良市 

形状 前方後円墳

規模 墳長267m、後円部径190m 高さ27m、前方部幅150m 高さ 20.5m

四段築成、周濠なし

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、家形、盾形等形象埴輪

史跡指定 なし 

特記事項 2008年に陵墓としては学会初の立ち入り調査が行われた



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  生目3号墳(クリックすれば飛べます)をアップしたあと宮崎出身の若者に会う機会があったので古墳群のことを聞いてみました。生目の杜運動公園は部活で行ったことがあるけれど、古墳群は知らないとのこと。残念ですね。ここには墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基が眠っています。九州では古墳時代前期(3C央から4C後半)に限定すれば九州最大という貴重さです。古墳マニアにはよく知られた西都市の西都原古墳群(クリックすれば飛べます)よりも古墳時代前期では生目古墳群ほうが古いのです。

 広い園内を3号墳に続き、5号墳、7号墳、14号墳などを見学しながら南に下ると、ひと際目立つ墳丘らしき塊が見えてきました。はげ山のように見える22号墳です(あとでわかったのですが墳丘の北側雑木が伐採されていました)。3号墳につぐ4C後半の築造といわれています。近づくと円墳にも見える後円部が立ちはだかります(動画1)。前方部が未発達のためのようです。発掘調査中らしく、くびれ辺りにブルーシートがかけられています。

 ブルーシートを避けつつ墳丘に登り前方部を見渡してみると広がりがほとんどない方形の前方部が目に入りました。前期によくみられる柄鏡型の前方後円墳です。後円部は3号墳と同様に墳頂の途中にかなり広いテラスが広がっており段築のようにも見えます。残念ながら後世、砦を築いた際の薬研堀の跡を埋め戻したものと考えられています。発掘調査のブルーシートの横を見ると墳丘に葺かれていたと思われる比較的小ぶりの石が隅に集められていました。墳丘は5号墳と同様、葺石で覆われていたようです。

アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向に歩くとすぐです(撮影2017322日)。

PNG ikime22goufun zu


22号墳(生目古墳群)基本データ

所在地 宮崎県宮崎市

形状 前方後円墳 後円部三段、前方部二段、葺石あり

規模 墳長 101m、後円部径60m、後円部径60m、高さ約9.2m

前方部幅26m 高さ4.6m

築造時期 4C

出土品 壺形埴輪、土器

史跡指定 生目古墳群として国指定

特記事項 墳丘くびれあたりに小規模の造出しが確認されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する前期古墳は墳長約75mの前方後方墳の桜井古墳です。JR常磐線の原ノ町駅の東1.5㎞ほどの新田川を見下ろす台地に位置しています。2011311日、東日本大震災による高さ10mほどの津波が桜井古墳を襲ったことは報じられていたので、いずれは訪れたいと思っていました。海からは3㎞ほどのところです。既に紹介した宮城県岩沼市の亀塚古墳も近くまで津波が押し寄せたことは知られていますが、桜井古墳の場合、墳丘の目の前まで津波が押し寄せ、周囲はガレキの山という状況だったようです。

震災から6年半、ようやく現地を訪れることができました。道を尋ねた古老は新築された家を指しながらあそこでも二人が犠牲になったよと話されましたが、もちろん、当時の爪痕は残っていません。南相馬市の文化財担当の方の話によれば津波は動画4に示すように河川敷ギリギリで止まり、墳丘には押し寄せることはなかったようです。新田川を支配していたはずの二人の被葬者はどのような思いでこの大津波を見ていたのでしょうか。

肝心の古墳ですが、前方後方墳ということがよくわかる復元ぶりです。後方部は一辺45m47m。南北がやや長い方形で高さは6.8mもあります。たしかに後方部から見る高さ3mしかない前方部はかなり傾斜がきつくみえます。前方部幅は30mしかなく全体としてきれいなバチ型をしています。本格的な発掘調査は行われていませんが、割竹形の木棺が二基、後方部頂にはあったようです。陥没した坑から推定しています。二基というのも興味深いところです。どのような関係にあった二人なのでしょう。墳丘は緑濃く形状を観察するにはギリギリのタイミングでした。やはり草が枯れた冬場がベストです。ただし、青空がのぞいたということもあり、保護色に染まった墳丘はなかなかの風情でした。

なぜ前方後円墳ではなく前方後方墳なのでしょうか。既に紹介した中通り(福島は西から会津、中通り、浜通りと三区分されている)の大安場古墳(クリックすれば飛べます)が前方後方墳でした。今回は太平洋岸に近い浜通りで前方後方墳です。なにか理由があるのでしょうか。思い出すのは下野(栃木県)では駒形大塚那須八幡塚上侍塚下侍塚古墳(いずれもクリックすれば直接飛べます)などが前方後方墳としてこの頃に盛んに造られています。相互に交流があったことが考えられます。

葺石、埴輪はなく他方、動画からおわかりのように後方部は三段築成、前方部は無段です。

周濠があったといわれていますが、河川敷側はかなり狭く、どのように巡っていたのか気になるところです。出土品としては底に穴の開いた(底部穿孔)壺が知られています。

 今回は、前方部西側の径20mの円墳と後方部東側の一辺27.5mの方墳も動画5で紹介しています。アクセスは冒頭に書いたようにJR常磐線原ノ町から歩くのがベストです。駅東側に通る県道12号線をひたすら東に南相馬警察署まで歩きその200m先を左折したところに古墳公園があります。徒歩30分程度です。バスは一日2便程度しかなく使えません。

それにしても東京からの往復は不便です。仙台まで新幹線で行き常磐線で東京に戻る形になります(撮影、201795日)
PNG sakuraikofun zu shusei



桜井古墳基本データ

所在地 福島県南相馬市原町区

形状 前方後方墳(1号)、円墳(2号)、方墳(7号)

規模 1号 後方部 一辺45m×47m 高さ6.8m、前方部幅30m 高さ3m

2号 円墳 径20m 高さ2m7号一辺27.5m 高さ3.3m

築造時期 1号、7号 4C後半、2号5C

出土品 1号 穿孔壺、2号 鉄剣破片、7号 銅鏡、赤色顔料、土師器(高坏、器台等)

史跡指定 1号 国指定 2号 7号 市指定

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

名古屋市の中心熱田神宮には愛知県で最大墳長を誇る151mの前方後円墳断夫山古墳があります。しかし6C後半の築造の後期古墳。前期古墳ではそこから北東方向に30㎞ほど行った標高198mの東谷山(とうごくさん)の麓に墳長115mの白鳥塚古墳があります。(犬山市に墳長123mの前期古墳青塚古墳があるので白鳥塚は県下では第二位の大きさ)。

 東谷山麓には数多くの古墳が築かれ、白鳥塚古墳はじめ山頂の尾張戸(おわりべ)神社古墳、中社古墳、南社古墳、志段味(しだみ)大塚古墳、勝手塚古墳、東谷山白鳥古墳などが国の史跡に指定され地名を冠し志段味古墳群と呼ばれています。それにしても地名をどう読むか戸惑うことが多いですね。

 目指す白鳥塚古墳はJR高倉寺駅からさほど遠くないところにありました。南下し庄内川を渡ると愛知県立大学の守山キャンパスの校舎が見え、道を挟んだところに古墳公園として整備されています。すぐ気が付いたのは(動画1)前方部の高さが後円部のそれよりもずっと低いことでした。前方部の幅も後円部径よりもぐんと狭く後円部径75mに対して40mしかありません。前期古墳だなとすぐにわかります。

後円部に登ってみると埋葬施設が図示されているのかと勘違いした石英の石片が円形状に並べられていました。埋葬施設がないわけはないと思うのですが発掘調査が近年は行われていないのでよくわからないそうです。とはいえ白鳥の名は墳頂が石英の小礫で覆われたからともいわれています。墳頂以外の墳丘全体は川原石で覆われていたようでかなり葺石は残っていますし、くびれ近くの部分は動画2にあるように復元され、全体をイメージするのに役立ちます。

 白鳥塚こふんと同様に4C央から後半の築造と考えられているこれまでアップした古墳をいくつか紹介しておきます。佐賀県の金立銚子塚古墳(以下、いずれも古墳名をクリックすれば飛べます)、岐阜県の昼飯大塚古墳、山梨県の甲斐銚子塚古墳、山形県稲荷森古墳などがあげられます。いずれも墳長100mを越えるかやや欠ける規模のもので大型といってよいと思います。比較してご覧ください。アクセスは冒頭に記したとおりです(撮影2017314日)。

PNG shiratorizuka aichi zu




 

白鳥塚古墳基本データ

所在地 愛知県名古屋市守山区

形状 前方後円墳

規模 墳長115m、後円部径75m高さ約15.2m(北)12.6m、前方部幅40m 高さ6.7m(北)5m(南) 後円部三段、前方部二段 葺石あり

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  琵琶湖の南端、膳所から1㎞ほどの丘陵に築かれた前方後円墳 膳所社臼山古墳を訪れるのは二度目です。古墳踏査をはじめて間もないころに訪問した際には基礎的な知識も十分でなかったこともあり雑木が鬱蒼と立ち並ぶ墳丘はただの山にしか見えませんでした。しかも調べてみると古墳が築かれた丘陵先端は標高145mもあり、公園入口からは結構な登坂が続き、折角歩いたのにと苦い思いで古墳を後にした記憶があります。

再訪した201510月中旬も緑濃い状況は変わりませんでしたが、多少知識も増えたせいでしょうか、墳丘はよく残っているとの説明板どおり確認できた気がします。動画2のくびれから前方部に向かうところでは墳丘の高まりがよくわかりますし、動画1の後円部に登った先には壬申の乱の敗者、大友皇子及びお供の者を供養する小さな祠がまつられています。二か所の階段から登ることのできる墳丘には本来葺石が葺かれていたことがわかっています。木々がなければ琵琶湖をのぞむことができたでしょうし、湖からもキラキラ光る葺石に覆われた丘陵先端の古墳が見えたはずです。

肝心の墳長はじめ基本データは現地案内板の数字と近藤義郎他編 前方後円墳集成(山川出版社、1992年)ではかなり異なります。集成のほうが新しい調査を基にしているのでこちらを採用しています。前方部の高さは後円部より3m低い5m、前方部の幅も後円部径60mよりずっと狭い40m、動画撮影位置の図でわかるように墳丘は柄鏡形と典型的な前期前方後円墳の様相を呈しています。アクセスはJR膳所駅下車。東海道線に並行して走る国道1号線を1㎞ほど南下し秋葉台の信号を右折するとすぐに茶臼山公園の入り口があります(撮影20151013日)。
PNG zezechausuyama zu 修正版






膳所茶臼山基本データ

所在地 滋賀県大津市膳所平生町秋葉台

形状 前方後円墳

規模 墳長120m、後円部径60m 高さ8m、前方部幅30m 高さ5m

葺石あり

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 県指定

特記事項 後円部頂に壬申の乱で敗れた大友皇子らを祀る祠がある



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 全国で前方後円墳が最も多く築かれたのはどこの県でしょう。ご存知の方も多いと思いますが今回その一基を紹介する千葉県が733基と第一位なのです。ついで群馬の455基、茨城が391と東国が続きます。多そうに見える奈良県は312基、大阪府は202基にとどまります。千葉県教育委員会の白井久美子さんによれば、このブログでも見てきたように関東では前期は前方後方墳が多数豪族の墓として採用される一方、近畿では前方後円墳がほとんど造られなくなった6C後半以降盛んに築かれていると指摘しています(「前方後円墳の理解」、千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書 20142月)。その理由を白井さんは東北進出というヤマト王権の命題に呼応したためとみています。とても興味深い指摘でこのブログでも東国の古墳を紹介するときには頭に置いておきたいと思いました。

 肝心の今回の公津原古墳群ですが図の1にあるように三つの支群からなっています。JR成田線の成田湯川駅から南方向に歩くと八代台古墳群、天王塚・船塚古墳群、それに今回の最も南にある瓢塚古墳群が4㎞ほどの間に点在しています。元は公津原古墳群全体では120基を超える古墳があったようですが現在は38基余りが県の史跡に指定され住宅や公園の中に眠っています。既に方墳の大型墳船塚古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。この地域は千葉県の北部に位置し、手賀沼・印旛沼周辺には既に紹介した巨大な方墳、龍角寺岩屋古墳や我孫子市の水神山古墳(クリックすれば飛べます)を含め多数の古墳が残されています。

 成田ニュータウンの造成に合わせて今回の公津原古墳群は復元整備されたようで住宅が密集するなかに古墳が溶け込んでいることに感心しました。いずれ紹介する団地や小学校の校庭のなかにも古墳が残され間近にみることができます。

 公津原3号墳は墳長45mと小ぶりですが前方部が未発達の前期古墳の特徴がよく残されています。天候に恵まれたこともあり南側からみる稜線の美しさが印象的でした。周濠の残存状況にも驚かされました。アクセスは成田湯川駅から徒歩をお勧めします。4-5時間あればゆっくりまわれます。撮影(20161231日)。
PNG kouzugahara kofungun bupuzu
PNG kouzugahara3gou zu



公津原3号墳(瓢塚)基本データ

所在地 千葉県成田市加良部

形状 前方後円墳 周濠

規模 墳長45m、後円部径21m 高さ6m、前方部幅15m 高さ4m

1号墳 径25m 高さ2m2号墳 径23m 高さ2m

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する古墳時代前期の4C前半頃に造られたと考えられる文殊山、阿弥陀山の両古墳は広瀬川(古墳時代には利根川が現在の広瀬川の位置に流れていた)沿いに4Cから7Cつまり古墳時代を通じて多数築かれた朝倉・広瀬古墳群に属しています。前橋埋蔵文化財センターの「朝倉・広瀬古墳群」のパンフレットによれば古墳群は旧利根川(広瀬川)の崖上に発達した前橋台地に位置し、北側には高燥な土地が帯状に延び、南側には肥沃な水田が広がる」東西4㎞ほど南北500mほどの範囲に造られています。

 実はこの古墳群から既に墳長130mの東日本では最大、全国でも第4位の前方後方墳、前橋八幡山古墳、墳長108m前橋二子山古墳天川二子山古墳ともいう)(クリックすれば飛べます)を紹介していますが、これらを含め昭和10年の調査では154基が確認されています。19基の前方後円墳、1基の前方後方墳、130基の円墳、1基の方墳、不明3基と首長クラスの主墳に部下たちの小墳が囲むように造られています。今では10基ほどが交通頻繁な道路沿い、立ち並ぶ住宅地の中に公園化され残されているだけですが、それでもパンフレットの地図に記された古墳の数の多さには度肝を抜かれます。

 今回の阿弥陀山と文殊山古墳は古墳群の最も東側に並ぶように位置しています。文殊山古墳については1995年の発掘調査では墳丘全体は川原石に覆われ、墳頂には壺形が立ち並んでいたわかっています。築造時期は4C前半から中頃とのこと。今では墳丘裾部は所有者の禅養寺の墓地となっていますが周囲をぐるっとまわれば大きな円墳ということはよくわかります。他方、発掘調査は行われておらず詳細は不明な阿弥陀山は円墳に短い前方部がついた小規模の帆立貝型の前方後円墳です。文殊山古墳と同じ頃に造られたのではないかと考えられているようです。動画1に見るように前方部には現代の墓石が立ちならんでいるものの墳頂から眺める文殊山古墳の墳丘は当時と変わらぬ姿に違いありません。アクセスはJR両毛線前橋大島駅から徒歩30分。前橋大島駅南側の4つ目の信号を左折ひたすら直進すると8つ目に禅養寺があり見渡すと二つの古墳が見えます(撮影 2017年2月7日)。
PNG monjyuyama amidayama zu




阿弥陀山・文殊山古墳基本データ

所在地 群馬県前橋市

形状 帆立貝型前方後円墳(阿弥陀山)、円墳(文殊山)

規模 径25mの円墳に5mほどの前方部 高さ3.6m(阿弥陀山)径約50m 高さ6.1m(文殊山)

築造時期 4C

史跡指定 なし

出土品 壺(文殊山古墳)

特記事項 両古墳は民間所有



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ