古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:4C後

生目古墳群衰退に向かう頃の二基

生目(いきめ)古墳群の第4回目です。何度か書いたように古墳というと九州では北九州のイメージが強いのですが実は宮崎、日向の地に数多く築かれています。とりわけ前期では、生目古墳群が最大なのです。紹介した3号、22号を含め墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基があります。ということは4C後半まで生目古墳群が九州では最もヤマト王権と緊密な関係を有していたと想像されます。改めて調べてみると古墳公園として整備された面積は22ha、東京ドーム4.6個分もの広さです。もっとも西都原古墳公園は14.5個分という点は指摘しておく必要があるでしょう(必ずしも墓域と公園の整備面積は一致しない)。

今回の14号ですが古墳群で優美な姿が印象的だった墳長143m3号墳(クリックすれば飛べます)から南に歩き西側を振り向くとやや墳丘の背が低い前方後円墳が目に入ります。墳長は63mです。多数発掘された壺形埴輪が後円部墳頂と前方部平坦面に並び、葺石が葺かれ後円部頂は敷石や礫があったようです。復元された5号墳(クリックすれば飛べます)と同様(14号の後に築かれる)、全面石に覆われたかなり武骨な姿だったのではないでしょうか。前期古墳の典型である前方部が未発達の柄鏡型ということがよくわかります。周溝は前方部前面にはなかったようです。

動画3で紹介している23号墳ですが100mクラスの22号墳の北東側に接して築かれていますが情報がありません。資料館、生目の杜遊古館で入手した資料にもなく14号墳よりも一回り小さな前方後円墳としました。いずれも古墳パンフレットの編年表によれば前期の後半の4C後に2314号の順で築かれており、生目古墳群が衰退していく時期にあたっています。反対に西都原古墳群の被葬者の力が強くなっていった結果でしょうか。大型化進みます。アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向に歩くとすぐです(撮影2017322日)。
PNG ikime14&23 zu 修正版



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

逗葉の山頂にねむる大型前方後円墳

 既に紹介した長柄桜山2号墳(クリックすれば飛べます)とは違い墳丘からは相模湾を望むことはできませんが、前期古墳によくみられる地山を削り出して成形した1号墳からの眺めも実に雄大です。標高は127m。今でこそ木々に覆われていますが築造当時は山裾からも墳丘を仰ぎ見ることができたはずです。ただし墳長90m1号墳は2号墳とは違い葺石はありませんでしたから太陽に映えてキラキラ光り輝くという感じではなかったのでしょう。

 現在動画からもおわかりのように復元工事中です。当初、完成を待ってアップするつもりだったのですが完成は平成33年度(2号墳は31年度に開始し47年度)と知り(長柄桜山古墳群整備基本計画、平成233月、逗子市HP)見切り発車することにしました。といっても撮影したのは20153月と20161月ですから、その後だいぶ工事は進んだのではないでしょうか。興味深かったのは二度目に訪ねた時、葉桜住宅団地の西端にある古墳群登山道に沿って工事用のトロッコが敷設されていたことでした。古墳が築造されたとされる4C後半にはこのような設備はあろうはずもなく墳丘造成のための土砂はどのように運んだのか考えてしまいました。

典型的な前期の前方後円墳は後円部は高く前方部は見下ろすように低いという印象がありますが(たとえば名古屋市の白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)、長柄桜山1号墳の場合後円部から前方部にかけてなだらかに下っていて比高差は2.8mしかありません。工事中のため後円部から前方部に歩くことはできませんでしたが、遠目に見てもその点は確認することができました。もっとも1号墳と同様に後円部と前方部の比高差がない前期古墳も紹介しています。墳長が89mとほぼ同じの千葉県君津市の白山神社古墳は後円部高さは10m、前方部は7mでした。その差は長柄桜山1号墳と同じ程度です。1号墳の前方部幅は後円部径よりも19m短い33mに留まっておりその点からも前期古墳ということがわかります。不思議なのは2号墳にあった葺石が1号墳にはないことです(円筒埴輪はともに設置されていました)。人々に見せる側や片面にしか葺石がない古墳も紹介してきましたが同じ頃に同じ場所で同じ規模で造られた二基の古墳で片方だけにしか葺石が見られないというのはなぜなのでしょうか。興味は尽きません。なお埋葬施設は後円部にあることが確認されており未盗掘だそうです。被葬者は水運に関連する人物であったことは容易に想像できますが古墳時代には相模湾から逗子、横須賀市の走水、東京湾を
越え房総半島に至る交通路があったようです(逗子市HP)。
  アクセスは逗子駅バス4番乗り場から葉桜行で終点下車。1号墳墳丘までは徒歩で20分ほどです。2号墳へはそこから10分。葉桜のバス停に長柄桜山古墳方面と標識が立っています。迷ったら住宅地先の西方向にある森を目指してください。登り口に説明板があります。(撮影2015312日及び2016120日)。

PNG nagaesakurayama 1gou zu





柄桜山1号墳基本データ

所在地 神奈川県逗子市、葉山町

形状 前方後円墳

規模 墳長91m、後円部径52m 高さ7.7m、前方部幅33m 高さ4.9m

後円部 三段築成、前方部二段築成

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、壺形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 1999年に携帯電話の中継基地建設工事に伴う小規模な伐採及び整地が行われた際、葉山町の歴史愛好家が埴輪片を発見したことをきっかけにその存在が知られるようになったという(逗子市HP)。
PNG 長柄桜山古墳群と房総半島前期古墳




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

二重の意味で重要な古墳 
 今回紹介する前期古墳、和泉黄金塚古墳はいくつかの点で古墳時代の専門家、マニアにとり知られた存在です。発掘調査の結果、後円部からは埋葬施設(粘土郭)が三基確認され、帯金式甲冑二基など豊富な副葬品の中には景初(けいしょ)三年(239年)の銘がある画文帯四神四獣鏡が含まれていました。魏志倭人伝の記述、邪馬台国の卑弥呼が皇帝から送られた銅鏡百枚との関連が指摘されています。今では埋葬施設は埋め戻され想像するしかありませんが、それでも墳丘に登ってみるとその貴重さが感じられたような気がしました。
 その貴重な発掘は考古学者の故森浩一さんが17歳の時、荒れ果てた墳丘を見て緊急の調査をしたことがきっかけだと伝えられています。森少年が墳丘が荒れ果てていると感じたのは動画を見た方はおわかりのように終戦直前の1945年に陸軍が本土決戦に備え墳丘に陣地を構え多くの塹壕を掘っていたからです。その数は30近くにものぼります。歩いてみる盗掘坑にしては数が多すぎ、帰宅して調べてみると塹壕跡ということがわかりました。それにしても無残な姿です。穴を埋めればよいのにと思いましたが和泉市の担当者は戦争遺跡としての意義があり現状保存にしていると言っていました。なるほどそうかもしれません。和泉黄金塚古墳は二重の意味で歴史遺産なのですね。墳丘はかなり傷つけられていますが前期古墳ということは後円部から前方部をみるとよくわかります。

 JR阪和線の北信太駅から北東方向に300mほど歩くと堺泉北有料道路の高架下にぶつかります。取石南6丁目の信号を東に500mほど進むと左にかなり大きなクボタ建機大阪支店があり、それを過ぎた一本目を左折、北方向に進むと景色はがらっと変わり田畑が広がり、その先に動画1で見た墳丘が広がります。周濠跡と思われる古墳の周囲は雑草が生い茂り足をとられやすいのでご注意ください(撮影2017116日)。
PNG izmikoganezuka zu

 


和泉黄金塚古墳基本データ

所在地 大阪府和泉市上代町

形状 前方後円墳 後円部三段築成、前方部二段築成、周濠あり

規模 墳長 94m 後円部径57m 高さ9m、前方部幅42m 高さ6.5m

築造時期 4C

出土品 帯金式甲冑、鉄刀、鉄剣、鉄鎌、景初三年銘画文帯四神四獣鏡等銅鏡、玉類、円筒埴輪、形象埴輪

史蹟指定 国指定

特記事項 墳丘の多数の孔は太平洋戦争末期の塹壕跡



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

南側からの墳丘が美しい
 
東武伊勢崎線太田駅(群馬県)まで825分発のバスに乗るために朝1番で自宅を飛び出ました。これを逃すと次のバスはア二時間後です。古墳巡りをしていると案外バス停がどこにあるのか、南口なのか北口かわからず時間をとられることがあります。幸い東日本最大の前方後円墳太田天神山古墳女体山古墳(クリックすれば飛べます)を既に訪ねているので駅前のバスターミナルも覚えていました。県立がんセンターを経由する尾島歴史公園行きに乘りのんびりバスの旅です。あとでわかったのです県立がんセンターの構内に小型の円墳らしき墳丘が見えました。埴輪も発見された10数基の古墳がねむっているようです。そこから10分ほどでしょうか県道142号線を西に進むと下車予定の南中学校のバス停です。降りるとすぐに動画1の墳丘が目に入りました。田んぼを挟んでみる墳丘は木々に覆われていました。とはいえ12月も押し迫っていたのでだいぶ葉は落ちています。よく見ると長く低い前方部に高い後円部についています。前期古墳の特徴は素人目にもよくわかります。それでも後円部の形が何かおかしい。よくみたら後円部県道側の裾が大きく削れていました。ぐるっと廻り、南側から墳丘を見ると動画2でおわかりのように実に美しい姿が浮かび上がりました。前方部のくびれがよくわかります。大きな盾形の周濠が巡っていたようです。

 墳頂には小さな雷電神社のお社があり、その向こうに前方部が広がります。ただ後円部との高低差が5mあるうえ、よく見るとくびれ部分の道路が切通しのようになって前方部を遮断していました。埋葬施設は墳頂の発掘調査で確認された方形壇と関係があるようです。

前方部から歩くと同じように鬱蒼とした後円部の大きさはわかるのですが、切通しに阻まれて登ることはできません。なお墳丘には川原石の葺石貼られ円筒、朝顔などの埴輪が立ち並んでいたことがわかっています。

 この朝子塚のあとにこの新田の地域で造られた大型前方後円墳に別所茶臼山古墳があります。北に10㎞ほど離れたところにある墳長168mを測る大型墳ですが後円部には万福寺が建っています。ここも大いに期待して訪れたのですが動画4の最後で見るように墳丘は後世大きく改変されていて残念でした。それでも後円部の後から登ることができるので朝子塚古墳よりも大きいということはわかります。なお中世にこの地域を支配していた新田氏の墓が残されています(撮影20171226日)。
PNG choushizuka kofun zu
PNG choushizuka to beppucyausuyama  kofunn




朝子塚古墳基本データ

所在地 群馬県太田市牛沢

形状 前方後円墳

規模 墳長 123.5m、後円部径62m 高さ11.8m、前方部幅48m 高さ6.8m

二段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 円筒、朝顔、家、きぬがさ等埴輪および底部穿孔壺、

史跡指定 県指定

特記事項 墳頂に方形の壇上の区画があり埋葬施設があると考えられている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

東京にもある巨大な前方後円墳
 東急東横線の多摩川駅から徒歩5分。駅のホームからも見える今回の前期古墳、亀甲山古墳の紹介が遅れたのはわけがあります。いつ行ってもこんもりとした森にしか見えず、墳丘が確認できなかったのです。以前、アップした同じ江原台古墳群(多摩川台古墳群)のもう一つの大きな前方後円墳、宝来山古墳とは違い、墳丘全体が東京都の保全林になっているとかで一面、樹木と藪に覆われています。後円部が一部欠損していますが墳長108m106m)、後円部径66m、前方部幅約50mとかなり大型です。冬ならばと訪ねてみたところ、目を凝らせば後円部の高まりと落差のある前方部を確認することができました。ちょっとした感激です。墳丘全体を囲むフェンスが設置されていますが近づくことのできる南西側を見ると前方部、くびれを経て後円部の裾がわかります(動画2)。といっても、おそらく多くの方々には、フェンス越しに広がる光景は単なる藪にしか見えないといわれるかもしれません。その代わりというわけではありませんが、多摩川を挟んだ対岸から見た江原台古墳群を動画3で見て頂くことにしました。古墳時代の人々が多摩川から見上げた光景に近いかもしれません。また動画4では後半で武蔵小杉の高層ビルの先方向に今は跡形もなく消滅した白山古墳、三角縁神獣鏡が出土したことで知られる白山古墳があります。ほぼ亀甲山古墳と同じ時期に造られています。つまり多摩川を挟んで古墳時代前期にかなり大型の前方後円墳が対峙していたことになります。

 亀甲山古墳をイメージするには、同規模の前期前方後円墳との比較がよいかもしれません。佐賀の久里双水古墳、奈良の赤土山古墳、大阪の牧野車塚古墳が墳長がほとんど同じです。古墳名をクリックすると飛ぶことができます。是非ご覧ください。アクセスは東急多摩川線多摩川駅から徒歩5分、駅真裏のこんもりとした森が江原台古墳群(多摩川台古墳群)で公園になっています(撮影2018218日)。
PNG kamenokoyama kofun zu




亀甲山古墳基本データ

所在地 東京都大田区田園調布1丁目

形状 前方後円墳

規模 墳長 108m106m)、後円部径66m 高さ10m、前方部幅50m 高さ7m

二段築成、葺石なし

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 江原台古墳群では宝来山古墳に次いで造られたと考えられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

喧騒の中に残る巨大な前方後円墳
 はじめて遠見塚古墳を訪れたのは古墳踏査をはじめて間もない2012年の9月のことです。まだ古墳に集中するというよりは史跡全般を闇雲に見るという状態のなかで、東日本大震災の爪痕の残る多賀城を訪れたついでに立ち寄ったのでした。今回の動画1の冒頭にあるように(これは訪問三回目のもの)、国道4号線の歩道橋から見下ろした遠見塚古墳にはびっくりしました。静謐とは程遠い、長距離輸送の大型車がひっきりなしに通る国道沿いにその巨体を横たえているわけですから。保存の努力も並大抵のものではなかったのではないか。そのとおりでした。仙台市のHPによれば1947年駐留米軍の霞目飛行場拡張工事により後円部の北側半分が削られ、さらに仙台バイパスの計画路線に入る等破壊の危機にさらされたものの、1968年の国の史跡に指定され保存整備が図られたのだそうです。前方部の東端は道路のために削られています。

 肝心の墳丘はなかなか雄大です。後円部が高く、前方部が低い姿を遠くから眺めることができるからでしょうか。復元された緑一色の墳丘は築造当時の人々が見たものに近いのではないかと思いました。というのも築造時に葺石も埴輪もなかったようなのです。これだけ大型の前方後円墳なのに不思議です。少々後に造られたと考えられている墳長168mの雷神山古墳は葺石があり壺形埴輪が立ち並んでいました。ほぼ同じ頃に遠見塚古墳から南東方向に10㎞のところに築かれた雷神山古墳。二つの大型古墳の被葬者は仙台平野を支配した豪族に違いないでしょうが、二人の関係はどのようなものだったのでしょう。気になります。アクセスはJR仙台駅から仙台市営バスで遠見塚小学校前下車。以前はあった直行のバスがなくなっていますが、近くのバス停からでも十分歩けます。詳細はご自身でお調べください(撮影、2017421日)。
PNG toumizuka zu noteban





遠見塚古墳基本データ

所在地 宮城県仙台市若林区遠見塚

規模 墳長110m 後円部径63m 高さ6.5m、前方部幅37m 高さ2.5m

後円部二段築成、習濠あり(不均等)、葺石なし、埴輪なし

築造時期 4C

出土品 玉、櫛

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂の埋葬施設には竪穴墓壙が設けられ二基の割竹形木棺(推定)が粘土郭に包まれ置かれていたらしい

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

佐紀古墳群中最大の前方後円墳
 今回紹介する五社神(ごさし)古墳は大和・柳本古墳群に造られた王墓が奈良北部の佐紀古墳群に移動したなかで最大規模を誇る前方後円墳です。長さ267mもある墳丘は全国12位というだけあって動画でも全体像を捉えることはできません。加えて神功皇后陵に宮内庁が指定しているために他の陵墓と同様、墳丘に登ることはできずかなりストレスは溜まります。

いったいどこが後円部なのか一瞥しただけではとてもわからないのです。手掛かりは拝所です。どの陵墓も同様ですが(陵墓参考地は拝所がないので後円部、前方部の違いがわかりにくい)、前方部端の中央に拝所はあります。ということはこちらが前方部と納得して動画1を撮ってみました。それにしても長い。幅は150mもあります。では後円部はどこか地図を頼りに探してみると、後世に造られた溜池が周濠のように墳丘東側に沿って回っていることがわかりました。そのくびれあたりにある渡り土手のようなところからようやく後円部を含め墳丘全体をイメージすることができました。それが動画2でご覧いただけます。

といっても古墳に興味がない人にとっては単なる森にしか見えないことは他の大型古墳同様です。それでは墳丘の西側はどうか。走っている道路からは墳丘を見上げる形になり、しかも次第に離れていくので観察には向いていません。こうした大型の前方後円墳をみるたびに古墳の面白さを伝えることの難しさに頭を抱えてしまいます。

ところで佐紀陵山古墳(日葉酢媛陵)(クリックすれば飛べます)、佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)を既に紹介しましたが、石野博信編「全国古墳編年集成」(雄山閣出版、1995年)に基づき築造時期は4C末とし、今回の神功皇后陵はその二基より前の4C後半に造られたとしました。ところが白石太一郎さんの倭国の形成と展開(敬文舎、2013年)では日葉酢媛(佐紀陵山)が4C央、成務天皇陵(佐紀石塚山)が後半と先に造られ神功皇后陵は4C末とみています。最新の研究成果をもとにした編年でしょうから白石説のほうが正しいのかもしれません。佐紀古墳群では他に佐紀瓢箪山古墳塩塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)をアップしています。今回の五社神古墳とは違い墳丘を間近にみることができます。合わせてご覧ください。五社神古墳へのアクセスは非常にわかりやすく近鉄京都線の平城駅の北口から300mほど北にあがったところにあります。手前に八幡神社がありその道沿いです(撮影2016118日)。
 PNG oosaka nara no oogatakofunbunnpuzu




神功皇后陵(五社神古墳)基本データ

所在地 奈良県奈良市 

形状 前方後円墳

規模 墳長267m、後円部径190m 高さ27m、前方部幅150m 高さ 20.5m

四段築成、周濠なし

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、家形、盾形等形象埴輪

史跡指定 なし 

特記事項 2008年に陵墓としては学会初の立ち入り調査が行われた



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ