古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:4C央

  JR東海道線の磐田駅から二俣山東行きの遠鉄バスに乗ると暫くして右手(東側)にかなりの標高がありそうな台地が続きます。左手7-800mには天竜川が流れているはずです。もしあの台地の頂上に銚子塚古墳が築かれているなら「見せる」という点で最高の立地だと思いながら寺田下で下車。雑木林のなか台地上に続く道を歩くこと15分ほどで静岡県の寺谷浄水場の建物が見えました。事前の調べではこの浄水場の北側に古墳はあるはずです。見渡すと銚子塚古墳への方向を示す矢印がみえました。ラッキーです。実はありそうで案外ないのが古墳までの標識なのです。

 目指す寺谷銚子塚古墳は木漏れ日が降り注ぐ雑木林に墳長104mの墳丘を横たえていました。前方部が細く長く続いていることが一目みてわかります。ところが墳丘から離れての全体像は残念ながらとれませんでした。隣地との距離がとれないのです。おまけに太陽光が強すぎて後円部が飛び動画ではこの素晴らしさが伝えきれていません。もちろんこれは古墳の責任ではありません。墳丘はよく残っています。とりわけ前期の前方部に多い先端まで細く長い柄鏡型の特徴が現在でもよくわかります。後円部の埋葬施設からは三角縁神獣鏡が明治13年に出土していることを考えればヤマト王権との関係が密だったのでしょう。後円部周囲には幅10mほどの(動画1の最後で歩いているところ)濠が巡っていました。西側には動画4で紹介している墳長46mの小銚子塚古墳があります。県下で五例しかない(動画では四になっていますが誤りです)前方後方墳です。アクセスは冒頭に書いたとおりです。同じ頃にやはり三角縁神獣鏡が出土した別の銚子塚古墳が築かれています。甲斐銚子塚古墳です(クリックすれば飛べます)。墳長も170mほどあります。比較してご覧ください。(撮影2017126日)。

 PNG teradanichoushizuka zu


寺谷銚子塚古墳基本データ

所在地 静岡県磐田市岩谷

形状 (銚子塚)前方後円墳、(子銚子塚)前方後方墳

規模 (銚子塚)墳長墳長 108m 後円部径58m 高さ8.5m、前方部幅25m 高さ4.5m

(子銚子塚)墳長46m 後方部 一辺30m 高さ5.0m、前方部幅20m(?) 高さ2.7m

築造時期 4C-

出土品 三角縁神獣鏡、巴形銅器、銅鏃

史跡指定 国指定

特記事項 銚子塚は静岡県で三番目の大きさの前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の蛭子山古墳は既に紹介した作山古墳群(丹後)(クリックすれば飛べます)の北側に隣接する丹後半島の前方後円墳です。墳長145mはさすがに大きく、国道176号線から一段高い墳丘は古墳に興味のない人々にも、あれはなんだと思うに十分です。前方部端が道路に面しています。それにしても時を置かずして丹後半島に100mを優に超える規模の前方後円墳が三基(網野銚子山、神明山古墳(クリックすれば飛べます)造られていることに驚かざるを得ません。いかに日本海の流通を担っていた豪族たちの権勢が大きかったかがわかります。

二度訪れましたが草刈が見事になされ気持ちのよい墳丘が迎えてくれました。蛭子山1号墳と作山古墳群の1号墳とは築造時期を含め密接な関連があるのではないかといわれています。後円部の埋葬施設は三か所。うち中心の施設からは直葬された船形石棺が発掘され

動画にあるように上屋に展示されています。145mの墳長に対して後円部の径は100m、前方部の幅は68m、高さも前方部が11mと後円部よりも5m低く中期以降に比べ前方部が未発達です。他の前期古墳に比べ遮る木々などがあまりなくその特徴がよくわかります。動画3を是非ご覧ください。

このブログを何度もご覧いただいている方々はよくおわかりのように復元整備された古墳は二つにわけることができるようです。一つは作山古墳群のように埴輪や葺石を含め築造当時に極力近づけた墳丘の整備を行うもの。もう一つは蛭子山古墳のように考古学的な調査は行われているものの墳丘自体は現在まで受け継がれてきた自然の姿を重視したもの。この場合でも雑木の伐採などは行われ見る者に築造時の姿を思い出させてくれます。古墳公園の中には群馬県のかみつけの里の保渡田古墳群の八幡塚古墳二子山のように二つのタイプの復元整備された古墳をみることができるところもあります(クリックすれば飛べます)。アクセスは残念ながらアクセスはよいとはいえず京都丹後鉄道与謝野駅からタクシーを利用するしかありません。10分ほどです(撮影2015129日)。
PNG ebisuyama1gou(tango)

今回紹介する岩清尾山古墳群の前期古墳、北大塚古墳と姫塚古墳は既に紹介した石船塚古墳、猫塚古墳と同様、安山岩の積石によって墳丘が築かれた珍しい古墳です。香川県高松市峰山の丘陵尾根には、こうした積石の古墳が3C半ばから4Cに連続して造られ、その形も双方中円墳、前方後円墳、方墳など多様です。

今回の北大塚古墳と姫塚古墳はともに墳長40mほどの前方後円墳です。そして北大塚古墳の前方部先には古墳群唯一の小さな方墳があります。二つの前方後円墳はこぶりながらも墳丘はよく残っています。特に姫塚古墳に積まれた岩のような石は一つ一つが大きいように感じました。二つの動画から、その変わった形がよくわかると思います。以前も触れましたが、大きいものでは30㎝ほどの石の塊が続く墳丘を歩くのはなかなか疲れます。雨で積石が濡れていたらとても撮影は難しく、訪ねる方は天候を十分にチェックすることをお勧めします。

現地へは高松駅琴電バスループバス市民病院(行きは西回りで30分)下車、徒歩約45分で標高約230mの峰山公園まで登り管理事務所で古墳群の地図をもらうのがよいでしょう。点在する古墳を歩くのに約2-3時間かかりますが、尾根からは動画2にあるように北方向に瀬戸内海がよく見えます(撮影2016年3月24日)。

PNG kitaootsuka&himezuka zu


  金沢から七尾線で1時間40分ほど。今回紹介する前期古墳 雨の宮古墳群のある能登部駅に着きます。能登半島を三分の一ほど北にあがったところといったらイメージがつかめるかもしれません。標高190mほどの眉丈山の尾根に位置する前方後方墳の1号墳からは、今では農業地帯となった七尾南湾につながる潟湖が見渡すことができたに違いありません。とにかく眺望がすばらしいのです。この立地からみて、当時最も重要だった運送手段である水運を支配した豪族が被葬者であることは十分に想像がつきます。ヤマト王権も、このルートの重要性をよく知り地域の支配者との関係を重視したのでしょう。銅鏡、短甲(胴を覆う多数の石釧(石製の腕輪)等の副葬品からもそのようにいえそうです。

興味深いのは、前方後方墳の1号墳の北東にある雨の宮2号墳は前方後円墳で、他の小規模な古墳も多数の円墳に加え方墳もありとバラエティーに富んでいることです。以前紹介した、宮城県名取市の前期古墳の飯野坂古墳群(クリックすれば飛べます)はいずれも前方後方墳だったことを思い出します。こうした違いにそれほど大きな意味はないと考えるべきなのか。よくわかりません。前期の前方後方墳で同様の規模といえば長野県松本市の弘法山古墳(クリックすれば飛べます)があります。丘陵先端に築かれているという点でも同様です。是非比較してご覧ください。

 雨の宮1号墳の墳丘は動画からわかるように葺石が一面に貼られていますが、興味深いのは後方部の前方部側斜面の左右に、他の石よりはるかに大きな石一つずつ置かれていることです。訪問は二度目ですが、前回は全く気が付きませんでした。前方部側からみると人の目のようにも見えるのですが・・・。また墳丘の整形は二種類の土を交互に突き固める版築技法が用いられているそうで当時の最先端の技術を利用しながら古墳は築かれています。1回目の訪問は春先ということもあり葺石の隙間からは草がだいぶ覗いていましたが、今回はすっきりした墳丘を堪能することができました。こうしてみると動画でも触れていますが、縦の区画が明瞭です。担当者がわかれていたということなのでしょうか。石川県能美市の秋常山古墳でも同様のことが観察できました(クリックすれば飛べます)。

 90年代後半に復元された墳丘の前方部裾左側には後方部にあった雨の宮のお社が移築されています。この古墳も神社によって長く見守られてきたことになります。雨の宮王墓の館のボランティアガイドの方に案内して頂いたので効率よく短時間でまわることができました(撮影日20161031日)。





PNG amenomiya1gou zu 修正

雨の宮古墳1号墳基本データ

所在地 石川県能登部町

形状 前方後方墳

規模 墳長64m、後方部辺43m 高さ8.5m、前方部幅31m 高さ5.5m

二段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 銅鏡、石釧など腕輪形石製品、短甲、銅鏃、太刀、鉄鏃

史跡指定 国指定

特記事項 後方部頂に二基の埋葬施設



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の前期古墳は千葉県市原市にある姉崎天神山古墳です。墳長130mの前方後円墳です。既に紹介した六孫王原古墳、二子塚古墳が属する姉崎古墳の中では最大規模を誇ります。その詳細はあとで触れるとして、市原市は20167月中旬ゲリラ豪雨に見舞われ住宅街の道路が濁流に変身した様子がテレビでも報じられました。姉崎古墳群からも至近の距離のところです。今回の姉崎天神山古墳や六孫王原古墳を歩いていてなるほどと思いました。姉ヶ崎駅から古墳群に向けて急な登坂が続きます。動画2や3でもおわかりのように西の東京湾方面だけでなく谷をはさんで南の丘陵もよくみえます。標高は30mから40mもあり古墳を築くには絶好の場所ともいえます。

天神山古墳を含む養老川流域の姉崎古墳群は上海上国造(かみつうなかみのくにのみやつこ)とその前身豪族により4C中頃から継続的に造られたと考えられており、全国古墳編年集成(雄山閣、1995)によれば、今回の天神山、釈迦山(いずれアップ)、二子塚古墳(クリックすれば飛べます)、山王山(消滅)、ずっと飛んで7C後半に六孫王原(クリックすれば飛べます)の順で築かれたようです。ということは古墳時代のほぼ全期間を通じて古墳が造られたことになります。いずれの古墳にも養老川流域を支配した豪族が眠っているに違いありません。

肝心の天神山古墳ですが、残念なことに丘陵先端に雑木に覆われて位置することと周辺の開発のために横から墳丘全体を撮ることがかないませんでした。唯一全体像がわかるのは後円部東側から前方部を臨んだ動画3だけです。それでも、その大きさはかなり伝わってくるのではないでしょうか。後円部径が60mを超え、前方部幅は50m超と、中期以降にみられる前方部の発達はありません。そうしたところからも天神山古墳が前期に位置することがわかります。くびれ部分には天神様がまつられており前方部側から後円部への視野を遮ります。全国の古墳にはこうした例が少なくありませんが(一例は岐阜県大野町の上磯古墳群、動画1 クリックすれば飛べます)、神社のお蔭で墳丘が残されてきたことを考えるとわがままは言えません。

アクセスですが姉ヶ崎駅から徒歩が地形の変化もよくわかりお勧めです。姉ヶ崎駅から椎津変電所のある交差点を目指し歩き、そこから登りになる姉崎神社の東側の道路を進み、一つ目を左折し(東方向)道なりに進むと左に天神山古墳の道標が出ています。その道を下ると動画1の冒頭のシーンになります(撮影2016年2月2日)。
姉崎天神山古墳







姉崎天神山古墳基本データ

所在地 千葉県市原市

形状 前方後円墳

規模 墳長130m、後円部径60m 高さ14m、前方部幅55m 高さ8m

築造時期 4C

出土品 土師器、鉄鏃、刀子、管玉

史跡指定 県指定

特記事項 姉崎古墳群中 最大規模



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の前期古墳は佐賀県佐賀市の金立銚子塚古墳です。98m100mにわずか欠けますが、動画からわかるように周濠に囲まれた前方後円墳は実に堂々としています。よくぞ1700年近くもの間、築造当時の墳丘が維持されてきたものです。佐賀平野では第二位の規模だそうで、第一位は以前紹介した墳長114m船塚古墳(クリックすれば飛べます)で背振山を背に西に30㎞ほどのところにあります。是非、比較してごらんください。

 後円部に登り前方部方向を眺めると典型的な前期古墳であることがわかります。後円部径58mに対して32mと幅が狭く細いのです。いわゆる柄鏡形といわれる前期に特有のものです。桜井茶臼山古墳がよく典型例として紹介されます(クリックすれば飛べます)。明瞭にみることができる段築は動画3で確認できます。

佐賀県の考古学者、蒲原宏行さんは、「これまで知られる範囲では、金立銚子塚古墳の98mという規模は同時期の筑紫平野の中で、第二位の小郡市三国の第1号墳の68mをはるかに凌駕しており」と述べ、その意義について強調し、船塚古墳とともにこの地の古墳について「従来北部九州へのヤマト政権の進出は朝鮮半島進出の軍事的拠点として、玄界灘沿岸地域を中心に進められた点が強調されているが、筑紫平野や宇土半島基部など有明海沿岸の貯地域との連携にも強い関心が払われていたことの証しといえよう」と述べています(風土記の考古学⑤ 同成社、1995)。なるほど被葬者をそうした役割を果たしたのではないかと考えると墳丘がまた違ってみえます。

佐賀駅前バスセンターから運転免許センター行きで佐賀整肢学園前で下車し、北に100mほど歩き自転車屋の角を左折し突き当りまで進むと右手に墳丘がみえます。バスは一時間に一本はあります(撮影20151225日)。
KinryuChoushizuka zu



金立銚子塚古墳基本データ

所在地 佐賀県佐賀市金立町

形状 前方後円墳

規模 墳長 98m、後円部径58m 高さ8m、前方部幅32m 高さ4.6m

後円部三段、前方部二段築成 葺石

築造時期 4C

出土品 壺形土器(土師器)

史跡指定 国指定

特記事項 本文にも書いたが佐賀県では船塚古墳に次ぐ二番目の規模の前方後円墳




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する前期古墳、鏡塚古墳は既に紹介した石清尾山古墳群の石船塚古墳、猫塚古墳と同様、積石によって墳丘が築かれた珍しい古墳です。香川県高松市峰山の丘陵尾根には、こうした積石の古墳が3C半ばから4Cに連続して造られ、その形も双方中円墳、前方後円墳、方墳など多様です。今回の鏡塚古墳は猫塚古墳と同様、円墳の両側に方形部(前方部)がついています。猫塚古墳は円墳部分の中心が大きく盗掘のために抉られており墳丘が崩れていましたが、鏡塚は全体として一回りこぶりながらも墳丘はよく残っています。二つの動画から、その変わった形がよくわかると思います。

以前、韓国ソウルの石村洞古墳(くりっくすれば飛べます)をアップしましたが日本でも同様の積石塚がないか関心をもっていたところ、香川や長野の限られた地域に石積みによる古墳群があることを知りました。ご覧になってわかるように土を盛り上げて造られた墳丘と、ごつごつした安山岩を積んで造った墳丘とではまったく印象が違います。荒々しさの中にも強い意志を感じる、そんな気がしました。それにしても30㎝ほどの石の塊が続く墳丘を歩くのはなかなか疲れます。雨で積石が濡れていたらとても撮影は難しく、訪ねる方は天候を十分にチェックすることをお勧めします。なぜ土ではなく石なのかという疑問に対しては白石太一郎さんは「土よりも石材のほうが利用しやすい地理的環境によったものと考えられています」と記しています(古墳の知識Ⅰ、墳丘と内部構造、東京美術、1985年)。朝鮮半島の影響というわけでは必ずしもないようです。

 墳丘は全長70mで円墳部分の径は測量図からすると30mほどのように思われ、その左右(南北)に方形部(前方部)が続いています。猫塚古墳(クリックすれば飛べます)、前方後円墳の石船塚古墳(クリックすれば飛べます)と比較しながらご覧ください。

 現地へは高松駅琴電バスループバス市民病院(行きは西回りで30分)下車、徒歩約45分で標高約230mの峰山公園まで登り管理事務所で古墳群の地図をもらうのがよいでしょう。点在する古墳を歩くのに約2-3時間かかりますが、尾根からは北方向に瀬戸内海がよく見えます(撮影2016年3月24日)。

PNG kagamitsukakofun zu



鏡塚古墳(石清尾山古墳群)基本データ

所在地 香川県高松市

形状 石積みによる双方中円墳

規模 墳長 70m、円墳径 30mほど、方形部(前方部)端15mほど

2段築成

築造時期 4C央(前)

出土品 不明 

史跡指定 国指定

特記事項 円墳部に6基の埋葬施設があったともいわれるが不明。猫塚よりも一回り小さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


  阪急宝塚線の池田駅を降りると車が絶えることのない国道176号線が通り、その向こう北東方向に高台が見えます。標高350mほどの五月山の麓です。目指す池田茶臼山古墳はそこにありました。直線距離で1㎞ほどですがうねった登坂が続くために20分以上かかりました。池田駅の西側500mほどのところには大阪湾にそそぐ猪名川が流れています。この猪名川流域には古墳時代に中小規模の古墳が多数築かれたようで「古墳時代の猪名川流域」(池田市立歴史民俗資料館、2010)という書籍も出版されています。既に紹介した大石塚・小石塚古墳、大塚古墳(いずれも桜塚古墳群)、中山荘園古墳も猪名川流域にあります。いずれ紹介する横穴石室がある前方後円墳二子塚古墳もみることができます。

 肝心の池田茶臼山古墳ですが、公園として保存整備されてきたそうです。周辺にはマンションが立ち並ぶなかに忽然として現れる古墳は、よほどの地元の声がなければ残らなかったのではないでしょうか。ただ、残念なことに墳丘を自然のままにしているために土壌の流出が激しく、このままではいずれ前方後円墳には見えなくなってしまうのではないかとの不安を感じました。かろうじてみえる後円部からの前方部は幅が狭く未発達です。前期の前方後円墳の典型がみてとれます。

 アクセスは地図上はわかりやすいですが一苦労でした。親切なご婦人に近くまで案内してもらいました。あとで池田市立中学校を目指すのがよいことがわかりました。古墳は校庭の東側にあります。歴史民俗資料館は火曜日が休館で駅前の観光案内所もお休みです。ご注意を(撮影2016年4月7日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

池田茶臼山古墳基本データ

所在地 大阪府池田市五月丘

形状 前方後円墳

規模 墳長 62m、後円部径33m 高さ6.45m、前方部幅18m 高さ3.45m

築造時期 4C

出土品 椀型土師器、管玉、埴輪円筒棺

史跡指定 府指定

特記事項 なし




PNG ikedachausuyama zu

  今回の大石塚古墳・小石塚古墳が含まれる中小40基ほどからなる桜塚古墳群の被葬者は特徴ある集団ではないかといわれています。すでに紹介した大塚古墳(クリックすれば飛べます)以降の古墳からは軍事的色彩の濃い副葬品が多数出土しているからです。大塚古墳では盗掘を免れた埋葬施設から甲冑二組・短甲、刀剣、刀子等武器類が発掘されており桜塚古墳群を研究した考古学者の田中晋作さんは、「墳丘の規模が縮小化する傾向を見せながら、埋葬される武器が増えるという現象は、被葬者が置かれた社会的地位が相対的に低下していく一方で、彼らが勢力をもった地域が軍事的に重要な地位を占めたのではないか」(一部改変、倭王の軍団、新泉社、2010)と述べています。

そうした桜塚古墳群で4C中頃、最初に築かれたのが墳長80m、群中最大規模の大石塚古墳で、墳長49mと約半分の小石塚が主軸を揃え並んでいます。今回の二基からは武器は出土しておらず、円筒埴輪と朝顔形埴輪、壺型埴輪のみが検出されています。動画でご覧いただけばわかるように墳丘はかろうじてわかる程度で、よほど関心のある人でないと古墳とは気づかないでしょう。墳丘は頑丈な柵で周辺と遮断され、墳丘自体も樹木で覆われてしまっています。唯一豊中市伝統芸能館のテラスが墳丘くびれ部にあたり、そこが最も古墳を間近に感じられるスポットになります。墳丘内に入れないために径48mの後円部に比して短めの前方部を体感することもできません。
 小石塚のほうはさらに見学者にとっては難儀です。前方部から後円部がよく見渡せないのです。墳丘が民有地に囲まれ墳丘との間には道がないためです。古墳に親しみをもってほしいと行政側で思っても、これではねえと嘆息するばかりです。姫路市の瓢塚古墳(クリックすれば直接飛べます)を民家やガソリンスタンドに囲まれてしまい気の毒だとのニュアンスで紹介しましたが、今回の大石塚・小石塚は存在すら一部の専門家にしかアピールできないという点で哀れかもしれません。墳丘墳丘自体はきれいに復元されていることがわかる御獅子塚古墳も桜塚南小学校内にあるために立ち入りが禁止です。墳丘に登れる大塚古墳の目の前にあるにもかかわらずです。こうした保存の方法が最善なものか豊中市にはよく考えてほしいものです。とはいえ伝統芸能館には動画1の最後に張り付けた大石塚古墳から出土した埴輪は墳丘の立体図などが展示されており必見です。
 アクセスは阪急宝塚線の岡町駅で下車し東側にある豊中市伝統芸能館を目指します。徒歩で5分ほどです(撮影2015年7月7日)。

大石塚・小石塚古墳基本データ

所在地 大阪府豊中市岡町

形状 前方後円墳

規模 大石塚 墳長 80m、後円部径 48m 高さ6m、前方部幅30m 高さ2.9m

三段築成 葺石

小石塚 墳長 49m 後円部径29m 高さ3m、前方部幅21m 高さ1.5m、二段築成 

葺石

築造時期 4C

出土品 大石塚 円筒埴輪、朝顔形埴輪、小石塚 円筒埴輪 壺形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 なし



PNG ooishizuka koishizuka zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

アップの作業をしている本日から遡ること5年と8日間前に起こった東日本大震災(2011311日)。この大災害を忘れるわけにはいきません。いくつかの古墳がこの全容を目の当たりにしていました。これまで2度にわたり紹介した宮城県名取市の飯野坂古墳群(1飯野坂古墳群(2からわずか南東2kmのところには津波被害の映像が繰り返し流された仙台空港が、また東6km方向には高さ9.1mの津波による甚大な人的被害が生じた閖上地区(ゆりあげ)があります。

秋の陽射しが指す飯野坂古墳群は震災の恐ろしさを忘れるかのように嘘のように静まり返っていました。今回が最後となる飯野坂古墳群(3)の薬師堂古墳は古墳群中では墳長68m66m65mと諸説ある)と最大規模の前期築造の前方後方墳です。そして山居古墳や観音塚古墳からは最も離れた南、つまり今回の津波襲来に近いところに位置します。古墳群の各古墳は4C中に観音塚(飯野坂古墳群(1))⇒宮山(飯野坂古墳群(1))⇒薬師堂(今回)⇒山居(飯野坂古墳群(2))、山居北の順で築かれたと考えられています。前方後方墳が美濃に多数造られ、その影響が東北のこの地にも及んだと考えている赤塚次郎さんのような(NPO法人、古代ニワの里・文化遺産ネットワーク理事長)研究者もおられます。仙台平野では東海系の土器も発掘されていますが、飯野坂古墳群ではアップした古墳からの出土品は発掘調査が行われていないこともあり全くわかっていません。東海地方とのつながりが明らかにされれば大変に興味深いだけに是非、今後の研究に期待したいものです。

ところで歩いた時にはまったく気づかなかったのですが、いずれ紹介する雷神山古墳も飯野坂古墳群も地形図をみるとストンと切り立った丘陵にあります。いわば自然の要塞の隅に古墳は存在し、それもあって甚大な被害を免れたような気がします。名取市で震度6強を記録した大震災での揺れも飯野坂古墳群を襲ったはずですが、現在の薬師堂古墳からはなにも感じられないのも(修復されたのであればごめんなさい)そうした地形に助けられたのかもしれません。

アクセスは東北本線館腰駅か名取駅から徒歩がよいと思います。館腰駅から雷神山古墳を訪ねたあと西側入り口に出て126号線を北上し注意深く歩くと道沿いに飯野坂古墳群中最後に造られた薬師堂古墳方面の⇒が見えます。鳥居があり階段をあがると古墳があります。名取市HPの「位置関係はこちら」という地図を印刷して持参することをお勧めします(撮影2015年11月5日)。




PNG iinosaka3 yakukshidou zu

飯野坂古墳群(3)薬師堂古墳基本データ

所在地 宮城県名取市飯野

形状 前方後方墳

規模 墳長 68m、後方部辺 35m 高さ6.4m、前方部幅21m 高さ3.6m

築造時期 4C中頃 築造は観音塚、宮山、薬師堂、山居の順と考えられている

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 隣接地域に前方後方墳が集中して造られているところが全国的にもあまり類例がないとされる




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ