古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:4C央

   国宝の金錯銘鉄剣が出土した稲荷山古墳で有名なさきたま古墳群以来、久しぶりに埼玉県の古墳を紹介します。さきたま古墳群が中期末から後期にかけて築造されたのに対して今回の塩古墳群は古墳時代の4C央から後半に造られています。それも主墳二基は東国に多い前方後方墳で他は小規模な方墳と円墳です。動画でおわかりのように全体として残存する古墳の数々からしても小ぶりな印象ですが、林のなかに佇む墳丘は草刈がなされていて清々しい気分になりました。

 それにしてもこれまで紹介してきた群馬、栃木を中心に東国の前期古墳には前方後方墳が多くみられます。たとえば前橋八幡山古墳(クリックすれば直接飛べます。以下同様)、那須八幡塚古墳駒形大塚古墳上侍塚古墳下侍塚古墳そして今回も二基とも前方後方墳です。これは偶然なのでしょうか。

そうではないようです。考古学者の都出比呂志さんは大凡次のように前方後円墳と前方後方墳の関係について述べています。後円墳が約4000基に対して後方墳は1割以下の300基であり今後もその傾向は変わらない。東日本では後方墳は4C代においてかなりの首長墓に採用されたが畿内では5C前半には採用されなくなった。また東日本でもこの時期に大型の後円墳が後方墳にとってかわる(「古墳の墳丘」、古墳時代の研究7、1998年、雄山閣)。     

たしかに古墳時代全体を通じて最大の前方後円墳は大仙古墳(仁徳天皇陵)で墳長486mであるのに対して、前方後方墳は186m西山古墳(これもクリックすれば飛べます)です。墳長100m以上の前方後円墳(後方墳)は302基ですが、前方後方墳は9基にしかすぎません。その差は歴然としています。こうした数字からはなぜその首長が前方後方墳を採用したのか採用せざるを得なかったはわかりません。しかしヤマト王権の覇権が確立した5C以降に前方後方墳が衰退していく状況からすればそもそもヤマト王権とは距離を置いていた豪族たちの墓ではなかったかなどと想像をめぐらしたくもなります。

今回の塩古墳群は4Cの東国ではごく一般的な墳丘形態であった前方後方墳を採用した首長一族の墳墓であったと思われます。アクセスは熊谷駅から国際十王バス県立循環器・呼吸器病センターあるいは小川町行きで塩八幡神社下車進行方向に進み一つ目を左折。動画1の光景が広がるはずです(撮影2017228日)。
PNG shiokofungun zu




塩古墳群基本データ

所在地 埼玉県熊谷市塩

形状 前方後方墳、方墳、円墳

規模 1号墳(前方後方墳)墳長35.3m、後方部辺20m 高さ4.2m、前方部幅11.7m 高さ1.2m

2号墳(前方後方墳) 墳長30.1m、後方部辺20.1m、前方部幅11.4m3号墳(方墳)一辺19m

築造時期 4C央から後

出土品 底部穿孔のある壺形土器、有段口縁壺、鉢

史跡指定 埼玉県

特記事項 塩古墳群は7支群からなり今回紹介したのは標高約80mに築かれた第1支群(22基から形成)の一部



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  はじめて目にした時どう読むのだろうと一瞬戸惑いを覚えた宮崎県宮崎市の生目(いきめ)古墳群。よく耳にするプロ野球のキャンプが行われる野球場(生目の杜運動公園)に隣接しています。墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基が眠っています。九州で古墳時代前期(3C央から4C後半)に造られた前方後円墳では九州最大です。ということは当時この日向の地では西都市の西都原古墳群(古墳名をクリックすれば直接飛べます)ではなく生目古墳群が九州では最もヤマト王権と緊密な関係を有していたことになります。

宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向を見るとこんもりとした緑の森が見えました。目指す古墳公園です。これでほっと一安心です。というのも下調べをして現地に到着しても必ずしも古墳によってはどこにあるかわからないことも少なくないからです。胸の高まりを覚えながら古墳に急ぎます。どんな表情で迎えてくれるのでしょう。階段をあがると右方向にあとで5号墳とわかる墳長57mの前方後円墳が横たわっていました。全面葺石の墳丘です。その驚きは5号墳の紹介の時に触れるとして、そのすぐ後ろに今回紹介する古墳群で最大の前方後円墳、4C央に造られた墳長143m3号墳が見えました。3号墳と100m超の他の2基もともに前期に造られています。動画でおわかりのように3号墳は墳丘には手を加えずに保全されていますが、南西側には他の古墳がなく遠くから眺められるために実際よりも大きく見えます。残念なのは前方部、後円部ともに木立に遮られて冬以外は見通しがきかなさそうな点です。墳丘の崩れを防ぐためかもしれませんが木々の伐採など期待したいものです。

 前方部から後円部に歩くと段築らしきものが見えてきました。墳頂に登る途中にかなり広めのテラスがぐるっと回っているのがわかります。自然に任せる保全の仕方で段築がここまで明瞭なのは珍しいと思いましたが、あとで調べるとやはり後世に手が入っていました。戦国時代に砦として利用された名残りのようです(柳沢一男他著、生目古墳群と日向古代史、鉱脈社、2011)。後円部は三段、前方部は二段築成だったようです。埋葬施設は後円部墳頂にあったと考えられています。

 それにしてもなぜこの地に古墳時代前期に大型の前方後円墳が造られたのでしょうか。宮崎の古墳に詳しい北郷泰道さんは次のような趣旨の興味深い解釈をしています。当時の畿内政権はライバル関係にあった北部九州の筑紫国をけん制するために南九州の日向国をより身近なものにしておく必要があった。その要素は海上交通の権益で中国大陸や朝鮮半島への経路を瀬戸内、関門海峡の北ルートとは別の南九州南端の大隅半島、薩摩半島を回る南ルートの確保。そのため、畿内の大王は日向から妃を迎え婚姻関係を持つ必要があった。日本書記によれば景行天皇の代に日向の御刀媛(みはかしひめ)を妃に迎え、生まれた子供が日向国造の始祖となる豊国別皇子(とよくにわけのみこ)でそれは4C初頭の頃であった。彼こそが4C代に九州で巨大な前方後円墳を造り得た人物ではないか(柳沢他著、生目古墳群と日向古代史、前掲書)。 前期には大型古墳が造られた生目古墳群ですが中期になるとその座を西都原古墳群に譲り(墳長176mの女狭穂塚、176.3mの男狭穂塚古墳)規模が縮小していきます。日向のなかで権力が移動したのです。

ところで同じ前期4C後半に造られた畿内以外の大型古墳は墳長190m京都府京丹後市の神明山古墳(以下いずれもクリックすれば直接飛べます)、京都府与謝野町の145m蛭子山1号墳、中期との境4C末に兵庫県神戸市の194m五色塚古墳、宮城県名取市の169m雷神山古墳があります。いずれも日本海、瀬戸内、太平洋岸の水運を支配した首長が葬られたとみられており生目古墳群同様ヤマト王権との関係が極めて強かったとみられています。

 こうした知識をもとに撮ってきた動画を見てみると同じ墳丘が奥行を増したように見えました。つくづくフィールドワークと文献での頭の整理が必要だと思いました(撮影2017322日)
PNG ikime3goufunn zu

  JR東海道線の磐田駅から二俣山東行きの遠鉄バスに乗ると暫くして右手(東側)にかなりの標高がありそうな台地が続きます。左手7-800mには天竜川が流れているはずです。もしあの台地の頂上に銚子塚古墳が築かれているなら「見せる」という点で最高の立地だと思いながら寺田下で下車。雑木林のなか台地上に続く道を歩くこと15分ほどで静岡県の寺谷浄水場の建物が見えました。事前の調べではこの浄水場の北側に古墳はあるはずです。見渡すと銚子塚古墳への方向を示す矢印がみえました。ラッキーです。実はありそうで案外ないのが古墳までの標識なのです。

 目指す寺谷銚子塚古墳は木漏れ日が降り注ぐ雑木林に墳長104mの墳丘を横たえていました。前方部が細く長く続いていることが一目みてわかります。ところが墳丘から離れての全体像は残念ながらとれませんでした。隣地との距離がとれないのです。おまけに太陽光が強すぎて後円部が飛び動画ではこの素晴らしさが伝えきれていません。もちろんこれは古墳の責任ではありません。墳丘はよく残っています。とりわけ前期の前方部に多い先端まで細く長い柄鏡型の特徴が現在でもよくわかります。後円部の埋葬施設からは三角縁神獣鏡が明治13年に出土していることを考えればヤマト王権との関係が密だったのでしょう。後円部周囲には幅10mほどの(動画1の最後で歩いているところ)濠が巡っていました。西側には動画4で紹介している墳長46mの小銚子塚古墳があります。県下で五例しかない(動画では四になっていますが誤りです)前方後方墳です。アクセスは冒頭に書いたとおりです。同じ頃にやはり三角縁神獣鏡が出土した別の銚子塚古墳が築かれています。甲斐銚子塚古墳です(クリックすれば飛べます)。墳長も170mほどあります。比較してご覧ください。(撮影2017126日)。

 PNG teradanichoushizuka zu


寺谷銚子塚古墳基本データ

所在地 静岡県磐田市岩谷

形状 (銚子塚)前方後円墳、(子銚子塚)前方後方墳

規模 (銚子塚)墳長墳長 108m 後円部径58m 高さ8.5m、前方部幅25m 高さ4.5m

(子銚子塚)墳長46m 後方部 一辺30m 高さ5.0m、前方部幅20m(?) 高さ2.7m

築造時期 4C-

出土品 三角縁神獣鏡、巴形銅器、銅鏃

史跡指定 国指定

特記事項 銚子塚は静岡県で三番目の大きさの前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の蛭子山古墳は既に紹介した作山古墳群(丹後)(クリックすれば飛べます)の北側に隣接する丹後半島の前方後円墳です。墳長145mはさすがに大きく、国道176号線から一段高い墳丘は古墳に興味のない人々にも、あれはなんだと思うに十分です。前方部端が道路に面しています。それにしても時を置かずして丹後半島に100mを優に超える規模の前方後円墳が三基(網野銚子山、神明山古墳(クリックすれば飛べます)造られていることに驚かざるを得ません。いかに日本海の流通を担っていた豪族たちの権勢が大きかったかがわかります。

二度訪れましたが草刈が見事になされ気持ちのよい墳丘が迎えてくれました。蛭子山1号墳と作山古墳群の1号墳とは築造時期を含め密接な関連があるのではないかといわれています。後円部の埋葬施設は三か所。うち中心の施設からは直葬された船形石棺が発掘され

動画にあるように上屋に展示されています。145mの墳長に対して後円部の径は100m、前方部の幅は68m、高さも前方部が11mと後円部よりも5m低く中期以降に比べ前方部が未発達です。他の前期古墳に比べ遮る木々などがあまりなくその特徴がよくわかります。動画3を是非ご覧ください。

このブログを何度もご覧いただいている方々はよくおわかりのように復元整備された古墳は二つにわけることができるようです。一つは作山古墳群のように埴輪や葺石を含め築造当時に極力近づけた墳丘の整備を行うもの。もう一つは蛭子山古墳のように考古学的な調査は行われているものの墳丘自体は現在まで受け継がれてきた自然の姿を重視したもの。この場合でも雑木の伐採などは行われ見る者に築造時の姿を思い出させてくれます。古墳公園の中には群馬県のかみつけの里の保渡田古墳群の八幡塚古墳二子山のように二つのタイプの復元整備された古墳をみることができるところもあります(クリックすれば飛べます)。アクセスは残念ながらアクセスはよいとはいえず京都丹後鉄道与謝野駅からタクシーを利用するしかありません。10分ほどです(撮影2015129日)。
PNG ebisuyama1gou(tango)

今回紹介する岩清尾山古墳群の前期古墳、北大塚古墳と姫塚古墳は既に紹介した石船塚古墳、猫塚古墳と同様、安山岩の積石によって墳丘が築かれた珍しい古墳です。香川県高松市峰山の丘陵尾根には、こうした積石の古墳が3C半ばから4Cに連続して造られ、その形も双方中円墳、前方後円墳、方墳など多様です。

今回の北大塚古墳と姫塚古墳はともに墳長40mほどの前方後円墳です。そして北大塚古墳の前方部先には古墳群唯一の小さな方墳があります。二つの前方後円墳はこぶりながらも墳丘はよく残っています。特に姫塚古墳に積まれた岩のような石は一つ一つが大きいように感じました。二つの動画から、その変わった形がよくわかると思います。以前も触れましたが、大きいものでは30㎝ほどの石の塊が続く墳丘を歩くのはなかなか疲れます。雨で積石が濡れていたらとても撮影は難しく、訪ねる方は天候を十分にチェックすることをお勧めします。

現地へは高松駅琴電バスループバス市民病院(行きは西回りで30分)下車、徒歩約45分で標高約230mの峰山公園まで登り管理事務所で古墳群の地図をもらうのがよいでしょう。点在する古墳を歩くのに約2-3時間かかりますが、尾根からは動画2にあるように北方向に瀬戸内海がよく見えます(撮影2016年3月24日)。

PNG kitaootsuka&himezuka zu


  金沢から七尾線で1時間40分ほど。今回紹介する前期古墳 雨の宮古墳群のある能登部駅に着きます。能登半島を三分の一ほど北にあがったところといったらイメージがつかめるかもしれません。標高190mほどの眉丈山の尾根に位置する前方後方墳の1号墳からは、今では農業地帯となった七尾南湾につながる潟湖が見渡すことができたに違いありません。とにかく眺望がすばらしいのです。この立地からみて、当時最も重要だった運送手段である水運を支配した豪族が被葬者であることは十分に想像がつきます。ヤマト王権も、このルートの重要性をよく知り地域の支配者との関係を重視したのでしょう。銅鏡、短甲(胴を覆う多数の石釧(石製の腕輪)等の副葬品からもそのようにいえそうです。

興味深いのは、前方後方墳の1号墳の北東にある雨の宮2号墳は前方後円墳で、他の小規模な古墳も多数の円墳に加え方墳もありとバラエティーに富んでいることです。以前紹介した、宮城県名取市の前期古墳の飯野坂古墳群(クリックすれば飛べます)はいずれも前方後方墳だったことを思い出します。こうした違いにそれほど大きな意味はないと考えるべきなのか。よくわかりません。前期の前方後方墳で同様の規模といえば長野県松本市の弘法山古墳(クリックすれば飛べます)があります。丘陵先端に築かれているという点でも同様です。是非比較してご覧ください。

 雨の宮1号墳の墳丘は動画からわかるように葺石が一面に貼られていますが、興味深いのは後方部の前方部側斜面の左右に、他の石よりはるかに大きな石一つずつ置かれていることです。訪問は二度目ですが、前回は全く気が付きませんでした。前方部側からみると人の目のようにも見えるのですが・・・。また墳丘の整形は二種類の土を交互に突き固める版築技法が用いられているそうで当時の最先端の技術を利用しながら古墳は築かれています。1回目の訪問は春先ということもあり葺石の隙間からは草がだいぶ覗いていましたが、今回はすっきりした墳丘を堪能することができました。こうしてみると動画でも触れていますが、縦の区画が明瞭です。担当者がわかれていたということなのでしょうか。石川県能美市の秋常山古墳でも同様のことが観察できました(クリックすれば飛べます)。

 90年代後半に復元された墳丘の前方部裾左側には後方部にあった雨の宮のお社が移築されています。この古墳も神社によって長く見守られてきたことになります。雨の宮王墓の館のボランティアガイドの方に案内して頂いたので効率よく短時間でまわることができました(撮影日20161031日)。





PNG amenomiya1gou zu 修正

雨の宮古墳1号墳基本データ

所在地 石川県能登部町

形状 前方後方墳

規模 墳長64m、後方部辺43m 高さ8.5m、前方部幅31m 高さ5.5m

二段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 銅鏡、石釧など腕輪形石製品、短甲、銅鏃、太刀、鉄鏃

史跡指定 国指定

特記事項 後方部頂に二基の埋葬施設



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の前期古墳は千葉県市原市にある姉崎天神山古墳です。墳長130mの前方後円墳です。既に紹介した六孫王原古墳、二子塚古墳が属する姉崎古墳の中では最大規模を誇ります。その詳細はあとで触れるとして、市原市は20167月中旬ゲリラ豪雨に見舞われ住宅街の道路が濁流に変身した様子がテレビでも報じられました。姉崎古墳群からも至近の距離のところです。今回の姉崎天神山古墳や六孫王原古墳を歩いていてなるほどと思いました。姉ヶ崎駅から古墳群に向けて急な登坂が続きます。動画2や3でもおわかりのように西の東京湾方面だけでなく谷をはさんで南の丘陵もよくみえます。標高は30mから40mもあり古墳を築くには絶好の場所ともいえます。

天神山古墳を含む養老川流域の姉崎古墳群は上海上国造(かみつうなかみのくにのみやつこ)とその前身豪族により4C中頃から継続的に造られたと考えられており、全国古墳編年集成(雄山閣、1995)によれば、今回の天神山、釈迦山(いずれアップ)、二子塚古墳(クリックすれば飛べます)、山王山(消滅)、ずっと飛んで7C後半に六孫王原(クリックすれば飛べます)の順で築かれたようです。ということは古墳時代のほぼ全期間を通じて古墳が造られたことになります。いずれの古墳にも養老川流域を支配した豪族が眠っているに違いありません。

肝心の天神山古墳ですが、残念なことに丘陵先端に雑木に覆われて位置することと周辺の開発のために横から墳丘全体を撮ることがかないませんでした。唯一全体像がわかるのは後円部東側から前方部を臨んだ動画3だけです。それでも、その大きさはかなり伝わってくるのではないでしょうか。後円部径が60mを超え、前方部幅は50m超と、中期以降にみられる前方部の発達はありません。そうしたところからも天神山古墳が前期に位置することがわかります。くびれ部分には天神様がまつられており前方部側から後円部への視野を遮ります。全国の古墳にはこうした例が少なくありませんが(一例は岐阜県大野町の上磯古墳群、動画1 クリックすれば飛べます)、神社のお蔭で墳丘が残されてきたことを考えるとわがままは言えません。

アクセスですが姉ヶ崎駅から徒歩が地形の変化もよくわかりお勧めです。姉ヶ崎駅から椎津変電所のある交差点を目指し歩き、そこから登りになる姉崎神社の東側の道路を進み、一つ目を左折し(東方向)道なりに進むと左に天神山古墳の道標が出ています。その道を下ると動画1の冒頭のシーンになります(撮影2016年2月2日)。
姉崎天神山古墳







姉崎天神山古墳基本データ

所在地 千葉県市原市

形状 前方後円墳

規模 墳長130m、後円部径60m 高さ14m、前方部幅55m 高さ8m

築造時期 4C

出土品 土師器、鉄鏃、刀子、管玉

史跡指定 県指定

特記事項 姉崎古墳群中 最大規模



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ