古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:4C前

  ようやく九州は宮崎県の前期古墳を紹介できることになりました。西都市の西都原古墳群の第1回目、13号墳と35号墳です。実は2014年の3月に一度訪れていますが動画撮影をまだはじめていなかったのです。手元にあるのは全て静止画像。今回は満を持して動画をと張り切りすぎたせいでしょうか。あいにくの本降りの雨。それでも歩き始めたら興味深い古墳ばかりで今回も予定の時間までにすべてをまわることはできませんでした。なにしろ前期から終末期まで前方後円墳18基を含む311基もの墳墓が東西2.6㎞南北4.2㎞の広さに築かれているのです。もっとも古墳は均等に並んでいるわけではありません。第一古墳群、第二古墳群、第三古墳群と呼ばれる地域に密集しています。今回の13号と35号墳は第一古墳群に前後に並ぶように築かれています。知っておられる方も多いと思いますが、以下は二基の説明の前に宮崎(日向)の古墳についての予備知識です。

改めて驚かされたのですが宮崎県は天孫降臨の神話の世界は別にしても九州七県の中で福岡県と並びずば抜けて前方後円墳が多く177基も築かれています。しかも九州の中で前期最大、墳長143m3号墳が生目古墳群に(いずれ紹介します)、中期では墳長176.3mの女狭穂塚古墳が西都原古墳群に造られています。古墳時代全体でみても九州で最大です。(このあたりの記述は北郷泰道さんの「西都原古墳群」(同成社、2005)に負っています)。なぜ宮崎(日向)に前方後円墳がそれほど多く、しかも大型なのか興味は尽きません。墳丘の形式や規模が地方の首長とヤマト王権との関係を示しているとすれば、宮崎の在地首長は特別に遇されていたということになります。ヤマト王権にとりなぜそれほど重要だったのかについてのヒントは交易ルートにあるようです。詳しくは北郷さんの本をご覧ください。

肝心の13号墳と35号墳ですが墳長78.5m70mと中規模の大きさの前方後円墳である一方、墳丘は前方部が細く長い柄鏡型でその特徴は動画3の35号墳の後円部からの眺めではっきりと確認できます。13号も同様に柄鏡型で後円部の高さが前方部よりはるかに高いという点も共通しています。前期に特有の墳丘形式です。ただ13号にはあった周濠が後から造られた35号にはありません。動画2で紹介している13号墳後円部の埋葬施設は全国的にみた復元古墳でも珍しいもので貴重です。後期古墳によくみかける横穴石室のように後円部の入口を入ると後円部頂から2mのところで見つかったという人頭大の川原石(礫)で覆われた粘土郭のレプリカを見ることができます。ずいぶん大きく感じました。

アクセスは宮交シティから一日2本出ている西都原考古博物館直行バス(復路も2本)を利用するのが便利です。1時間15分かかります(撮影日2017323日)。
PNG saitobaru13&35 zu



西都原古墳群(1)13号・35号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 前方後円墳

規模 13号 墳長78.5m 後円部径45m 高さ6.7m、前方部幅26m 高さ4.1m

     三段築成 葺石

     35号 墳長70m 後円部径37m 高さ6.5m、前方部幅20m 高さ3.2m

     葺石 周濠

出土品 35号 三角縁神獣鏡、ひすい勾玉、ガラス小玉、鉄剣、刀子等

13号 方格規矩鏡、碧玉勾玉、管玉、直刀、鉄剣等

築造時期 4C

史跡指定 西都原古墳群として国の特別史跡

特記事項 35号墳は動画で紹介しているように後円部の礫に囲まれた埋葬施設が復元公開されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   今回紹介する香川県高松市にある前期古墳、高松茶臼山古墳は是非ともご覧頂きたい一推しの古墳です。できることなら是非、足を運んで頂きたいと思います。発掘調査に日ごろ携わっている研究者は別にして一般人が竪穴石室に入ることができる機会は滅多にありません。このブログで紹介している入室可能な石室は大半は横穴石室です。できるならば竪穴石室もと思っていたところ高松市にそれはありました。厳重な管理がなされているわけでもなく、調査のあと埋め戻しせずに見学者が出入りできるようになっています。しかも前方後円墳の後円部に第一、第二の二基も埋葬施設があり、ともによく観察できます。いやー感激です。

興味深いことに4C前半の築造と考えられるこの古墳の北北西5㎞のところに既に紹介した岩清尾山古墳群の猫塚古墳(クリックすれば飛べます)があります。荒々しい様相の積石塚古墳を皆さんは覚えておられるでしょうか。ほぼ同じ時期に造られたといわれていますが、高松茶臼山古墳はオーソドックスな前方後円墳で、前期のそれらしく前方部の幅も狭くなっています。この古墳の形状の違いは素人目からみても被葬者が異なる豪族集団に属していたことがわかります。出土した銅鏡(平縁神獣鏡)や珍しい鍬形石(腕輪の一種)からヤマト王権との関係の濃さも想像できます。

 もとに戻りますが南側の第一石室は横穴石室の羨道と錯覚しそうになるほど手前部分が掘りこまれていますが(その天井石は後円部周囲に置かれている)、北側の第二石室のほうは竪穴石室がそのまま残されており、築造時を想像することが十分に可能です。しかも端の開口部から縦に潜り込めば内部を観察することもできます。さすが高さが0.60.8mと低くカメラをもって前進することは叶いませんでした。5.9m先の奥壁はズームで撮ったものです。なお参考のためにガラス越しに見学できる竪穴石室を紹介しておきます。広島県東広島市の三ツ城古墳、愛媛県今治市の妙見山古墳、滋賀県東近江市の天乞山古墳(復元)、などが思い浮かびます(クリックすれば飛べます)。比較してご覧ください。なお高松茶臼山古墳は見つけるのに苦労しました。高松駅から琴電水田駅まで行き川添浄水場の前をとおり三叉路を右折すると左側にみえるお寺、一心院を目指してください。徒歩で30分ほどです。ここまでは楽ですが、一心亭の裏山にある古墳は標識もなく手探りでした。頂上まで登り右手に進むと古墳らしき後円部の高まりが見えてきます(撮影2016325日)。

 PNG Takamatucyausuyama zu



高松茶臼山古墳基本データ

所在地 高松市前田西町、新田町、東山崎町

形状 前方後円墳

規模 墳長75m、後円部径35m 高さ2.4m、前方部幅17m 高さ1.8m

築造時期 4C

出土品 銅鏡(平縁神獣鏡)や珍しい鍬形石(腕輪の一種、鉄鏃鉄剣等鉄製品、玉類、

埴輪、土師器等

史跡指定 県指定

特記事項 第一石室(南) 長さ5.45m 幅1m 高さ1.35m、第二石室(北)長さ5.9m 幅0.8m 
高さ0.6m-0.8m



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   このブログでは陵墓について批判的に書いてきました。本格的な刈り込みもなされず自然のままに放置された(敢えてそうしているのでしょうが)墳丘は、よほど関心のある人がみなければ前方後円墳ということはおろか古墳ということすらわかりません。そのことは(20161123日の記事 遠くから墳丘の見える大型前方後円墳(1)でも書いたとおりです。とはいえその自然に任せるままの陵墓でもお気に入りはあります。既にアップしたものでは宝来山古墳、すなわち垂仁天皇陵(宝来山古墳)として宮内庁が治定している墳長227mの前方後円墳は、幅の広い周濠のなかに堂々とした墳丘が印象的です(クリックすれば飛べます)。今回の崇神天皇陵(行燈山古墳)はそれに負けず劣らずの雄姿を見せてくれます。箸墓古墳の築造にはじまるオオヤマト古墳群に属する6基の内、メスリ山古墳(クリックすれば飛べます)に次いで5番目に造られたと考えられています。

惹かれた理由ですが一つにはそこにあるのはわかっているのになかなか到達できないという気分の高まりがこの古墳には感じられるということです。崇神陵はJR桜井線の柳本駅から西に一直線500mほど歩き県道169号線を渡ってすぐのところに位置します。ところが目の前にあるのは急な石段。それを登らなければ周濠に浮かぶ墳丘を見ることはできないのです。ようやく拝所に立ってみると・・・。拝所の高さまで濠がありその先に動画1でみる前方部が広がっています。そう柳本駅方向に下がる丘陵の斜面に崇神天皇陵は築かれているのです。そのために動画2に登場する渡堤も周濠内に水が溜まるように造られたようです。動画からは残念ながら墳丘を確認するまでのドキドキ感は伝わってきません。

惹かれた理由の二つは周囲に古墳を遮るものがまったくといってよいほどないことです。自然の森にしか見えない墳丘は周囲と調和しています。山の辺の道沿いにあることからもそこのこはわかります。三つめは墳長230mの古墳をみながら周濠沿いに一周できることです。陵墓で墳丘を見ながら一周できるところは多くはありません。後円部東側にはいずれ紹介する双方中円墳という珍しい櫛山古墳が並ぶように造られているのも一興です。江戸時代に周濠北側をはじめ改変されているそうですが、私にとり古墳の価値を減じるものではありません。それよりも陵墓のために学術的調査は行われていないことが気にかかります。動画3ではあまり知られていない2基の陪塚(アンド山、南アンド山)を紹介しています。陪塚といっても墳長はそれぞれ120m65mを誇ります。崇神天皇陵と同じ頃4C前半に造られたと考えられています。アクセスは柳本駅から東に徒歩で10分ほど。非常にわかりやすいです(撮影20151013日、28日、2016118日)。PNG sujintennouryou zu


 今回の前期古墳は島根県安来市にある方墳2基です。造山古墳群の3号墳と1号墳(紹介順)。複数の古墳群からなる古代出雲王領の丘公園にあるいくつかの古墳群のうちのひとつです。頂上に登ると中海が眼下に広がる丘陵上に前方後方墳と複数の方墳が並びます。3号墳は38m×301号墳は60mもあります。前期古墳の方墳では全国で最大規模といわれ二段築成の様子が現在でもよくわかります。残念ながら墳丘に立つことにできる整備された3号墳と違い、1号墳は外周からの観察にとどまります。動画でおわかりのように谷越しに見る墳丘は、雑木林がおい茂り、よほど注意しなければ古墳であることはわかりません。3号墳や2号墳(前方後方墳)については標識がありますが、前期方墳では最大規模を誇るという肝心の1号墳は標識すらありません。1号墳は存在しないことになっている感じです。

安来市に電話してようやく見つけることができましたが、聞けば民間人の所有だからというものでした。市には所有者の方の理解を得られるよう粘り強い話し合いをお願いしたいと思いました。意外に思われるかもしれませんが古墳の相当数が民有地にあります。文化財として広く公開したいという考えの方ももちろんおられますが、既に耕作されている田畑の隅に古墳が造られている場合もあり、部外者に公開は難しいというところも多いようです。行政側が少しずつ古墳のある土地を買い上げて史跡整備にまでこぎつけたというところもあります。

 話が脱線しましたが、この出雲の古墳は、なるほどと思う特色があります。今回の2基もそうですが、方墳が多いのです。規模が被葬者の地位の裏付けという考え方からすれば、1号墳は当時の首長級の墓であったに違いありません。ということは前方後円墳、後方墳、円墳、方墳という古墳の一般的ランク付けは出雲では通用しそうにないということになります。ここで思い出すのは至近の距離に造られ既に紹介した時期的にはさらに古い塩津山1号墳(クリックすれば飛べます)も方墳でしたし、四隅突出の西谷墳丘墓(弥生墳丘墓)(クリックすれば飛べます)も、方墳の四隅の足をとれば方墳、いずれ紹介する造山2号墳は墳長50mの後期の前方後方墳です。全国的にみても後期に前方後方墳が造られるのは珍しく、同じ出雲の地域に墳長90mの山代二子塚古墳があります。方墳というのがこの地域のキーワードに思われます。荒島駅から今回の方墳2基がある古代出雲王領の丘公園から塩津山公園、宮山公園、仲仙寺公園と歩くのがよいでしょう(撮影2016511日)。

PNG zouzan3goufun zu
PNG zouzan1goufunzu

PNG zouzankofun3gou&1gou ichikannkei

造山古墳群(3号墳)(1号墳)基本データ

所在地 島根県安来市

形状 方墳

規模 3号墳 38m×30m 高さ不明、1号墳 60m 高さ5m(谷側二段築成)

築造時期 4C

出土品 銅鏡(三角縁神獣鏡)、太刀、玉類

史跡指定 国指定

特記事項 1号墳はこの時期で全国最大の方墳。民有地にあるために公園内案内図にも図示されていないので注意



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村続きを読む

  高松港まで直線距離で3㎞ほどの標高200mの丘陵に広がる岩清尾山古墳群。峰山公園から15分ほど歩いて最初に訪れたのが今回紹介する双方中円墳という非常に珍しい墳丘をもった古墳でした。前方後円墳の後円部にあたるところの左右に前方部がついています。墳丘は201642日した石舟塚古墳(クリックすると直接飛べます)同様、全面が30㎝四方の石を積んだ古墳です。

岩清尾山古墳群を巡ることのできる道路からいったん雑木林を下り目の前にその一部が現れた時は驚きの一言でした。実に殺風景というべきでしょうか。荒涼とした景色なのです。足元から積石が崩れていく怖さを感じながら墳丘の上にようやく辿りついたところに広がっていたのが動画1の光景です。これまでも盗掘された古墳を見ることは珍しくはありませんでしたが、それにしても凄まじい抉られ方です。聞けば明治時代に鉱山開発を装った大規模な盗掘集団によって行われたとのこと。その残石が円墳上に放置されたままになっていて思わず陪塚と勘違いするところでした。墳長は96m、古墳群で最大の規模です。盗掘にあったにもかかわらず複数の埋葬施設から銅鏡、鉄鏃、銅剣、石釧など豊富に出土しているようです。

 積石塚は今となっては部分的に崩れ始めているとこともありますが消滅していない古墳の墳丘の保存状況は良好です。石清尾山古墳群の大半が4Cに造られたことを考えれば、当時の石組の技術の高さに感心せざるを得ません。積石塚がなぜこの地に造られたのかは誰しも疑問に思うところですが、近つ飛鳥博物館館長の白石太一郎さんは、前方部は地山を削り出して成形し、後円部のみ積石を用いている徳島市の八人塚古墳を例に、「その成因は土よりも石材のほうが利用しやすい地理的環境によったものと考えられています」と述べています(古墳の知識、東京美術、1985年)。

 加えて興味深いことはこの地域で積石塚どころか通常の墳丘をもった古墳も4Cいっぱいで造られなくなってしまっていることです。ずっと飛んで7Cになりまた増墓活動が盛んになりますが規模の大きくない円墳にとどまっています。その間、この地域は他の地域の首長が支配していたのでしょうか。まだ紹介していませんが前期と中期の間に、高松市から南東に15㎞ほどの寒川の地に四国最大の前方後円墳、富田茶臼山古墳が造られたことと無関係ではないような気がします。墳長は139mもある堂々とした古墳です。話が少々脱線しますが、こうしたことに思いを巡らすことができるのも考古学者の地道な研究に基づく古墳の編年作業が行われてきたからです。石野博信編、全国古墳編年集成、雄山閣出版、1995年は実に便利です。

現地へは高松駅琴電バスループバス市民病院(行きは西回りで30分)下車、徒歩約45分で標高約230mの峰山公園まで登り管理事務所で古墳群の地図をもらうのがよいでしょう。点在する古墳を歩くのに約2-3時間かかりますが、尾根からは北方向に瀬戸内海がよく見えます(
撮影2016年3月24日)。

PNG nekozuka iwaseoyama zu shusei


猫塚古墳(石清尾山古墳群)基本データ



所在地 香川県高松市峰山

形状 双方中円墳

規模 墳長96m 高さ5m

築造時期 4C

史跡指定 国指定(石清尾山古墳群)

出土品 銅鏡、鉄鏃、銅剣、石釧

特記事項 双方中円墳という珍しい墳丘は奈良県桜井市の櫛山古墳など数少ない。円墳部分には動画のキャプションにあるように巨大な盗掘跡がある。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



 

今回紹介する前期古墳は大阪府岸和田市にある久米田古墳群に属する貝吹山古墳です。同群では中期の復元された風吹山古墳(クリックすると直接飛べます)を紹介していますが、その冒頭で次のように私は書きました。「以前から気になっていたのですが、百舌鳥・古市古墳群の周辺にはどのような古墳が築かれていたのだろうか。探してみるとあそこにもここにもという具合にあるのです。専門家からは、そのようなことは当然だと笑われてしまいそうですね」その気持ちは今でも全く変わっていません。古墳時代というと世界遺産を目指す百舌鳥・古市古墳群だけが注目されていますが同時期に、全国でまた大王墓の至近距離(久米田古墳群へは大仙古墳(仁徳天皇陵)(クリックすると直接飛べます、動画2がその巨大さを知るにはベストです)。から南に10kmほど)でも前方後円墳を中心とする造墓活動が続いていたのです。このことの意味は大きいと思います。こぞって同じ形のものを造る。被葬者とヤマト王権の間に明示的な連携があったのではないでしょうか。もっとも次の点は重要です。
  築造時期は報告書(久米田古墳群発掘調査報告書、岸和田市埋蔵文化財調査報告書2、2013年)によれば久米田古墳群のなかでは今回の貝吹山が最初に、いずれ紹介する摩湯山古墳が次に、そして4C末から5C初頭に既にアップ済みの風吹山古墳が造られたそうです。大仙古墳が完成する前には貝吹山古墳も風吹山古墳も存在していたということになります。反対に大仙古墳等大王墓が和泉北部地域に造られるようになると久米田古墳群のある中部地域ではぱたりと大型の古墳が造られなくなります。普通に考えれば5C中期以降大王による権力掌握がさらに強まったということになります。
  墳長は約135m、後円部径約82m(岸和田市のHPでは75m) 高さ9m、前方部幅約64m、高さ5.5mとされていますが、動画でおわかりのように前方部は中世に陣屋が築かれるなどして変形、削平されています。戦後(太平洋戦争)には畑作が行われ桃の木も植えられていたそうです(岸和田市HP、古写真から見る岸和田の文化財)。それでも前方部から見る後円部の大きさは動画2で確認できるのではないでしょうか。周囲には1213.5mの周濠が巡り、当時の様子をわずかながらも感じることができます。後円部にあった埋葬施設の石槨、石棺は盗掘により破壊され詳細は不明とのことですが石棺の石材は香川県の津田湾沿岸の凝灰岩であることが確認され、四国との交流を示すものとして重要と報告書は記しています。同時に画紋帯神獣鏡や小札皮綴甲、柄付手斧のような中国と繋がるような遺物の存在は被葬者の地位を物語っているとも述べています。大きく削られた墳丘をみながらもったいなあと思うのは私だけではないと思います。
  順序が逆になりましたが、貝吹山古墳のある久米田丘陵には消滅したものも含め10数基の古墳が存在したと考えられているそうです。貝吹山古墳に加え風吹山古墳、無名塚古墳、女郎塚古墳の墳丘を間近にすることができます。
 アクセスはJR阪和線久米田駅から東南方向にある久米田池を目指す道(商店街)を10分ほどあるくと右手に周濠がめぐる貝吹山古墳がみえます(撮影2015年11月24日)。


PNG kabukiyama kofun zu


貝吹山古墳基本データ

所在地 大阪府岸和田市池尻町

形状 前方後円墳

規模 墳長135m、後円部径約82m(岸和田市のHPでは75m) 高さ9m、前方部幅
64m、高さ5.5m、三段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 碧玉製管玉、鉄片、銅鏡(画紋帯神獣鏡)、銅鏃、鉄製甲、腕輪形石製品、円筒埴輪、形象埴輪

史跡指定 岸和田市指定

特記事項 貝吹山古墳の東側にある行基が開いた久米田寺と縁のある橘諸兄が葬られているといわれ橘諸兄塚と呼ばれていました。ただ8Cに活躍した橘諸兄とは古墳築造時期は合いません。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


  今回紹介する前期古墳は兵庫県姫路市網干(あぼし)駅近くにある前方後円墳、瓢(ひさご)塚古墳です。この古墳を訪ねるにあたって下調べをしていたら網干駅から徒歩とありました。どこかで見かけたような駅名です。そう。京都や大阪から神戸方面に向かうJR山陽本線の終着駅の一つでした。関西在住の方には馴染みある地名ではないでしょうか。古墳は駅から東方面に2kmほど歩いたところに鎮座していました。というよりも動画でおわかりのように窮屈そうにその姿を横たえていたといったほうがよいかもしれません。どこにも逃げどころのない四方を仕切り板で囲まれた墳丘です。

 この前方後円墳は墳長109mですからこれまでアップした前期古墳では奈良の赤土山古墳(古墳名をクリックすれば飛べます)、中期では大阪の大鳥塚古墳、奈良の三陵墓東古墳と同規模です。周囲の環境が異なると同じ形状、墳長でもずいぶんと印象が異なることがわかります。是非、比較してみてください。
  このバチ形に広がった前方部(動画4)と古式の壷形特殊土器が出土したことなどから最古式の古墳と考えられているそうです(現地説明板)。この播磨地域では墳長143mの前方後円墳、壇場山古墳(いずれアップ)が5C前半に築かれますが、それ以前では瓢塚古墳(正確には後円部しか残っていない輿塚古墳も4C後半に築造)が最も大きく首長墓としての威容を誇っていたのでしょう。全国古墳編年集成(石野博信編、雄山閣出版、1995)を参考に築造時期は4C前半としました。動画で確認できるように東側は山、古墳から西に4kmほどのところには揖保川が流れています。他の古墳同様河川近くに築造されていることがわかります。

 アクセスは非常にわかりやすいです。網干駅前の415号線を東に1kmほど歩き、勝原小学校の交差点を左折し415号線を500mほど北上すると右手に墳丘が見えます(動画1)(撮影2016年4月6日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

瓢塚古墳基本データ

所在地 兵庫県姫路市勝原区

形状 前方後円墳

規模 墳長109m、後円部径 58m 高さ7.5m、前方部幅40m 高さ4.25m

後円部 三段築成、前方部二段築成、葺石あり

築造時期 4C前半

出土品 埴輪、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂南寄りに竪穴石室があり天井石の一部が露出している




PNG hisagozuka kofun saishu zu

最近続けてアップしました岐阜県大野町の野古墳群(1218日南屋敷西、125日登越)。野村もみじの間からのぞく古墳の数々、大変印象的でした。その際にも書いたように野古墳群に先だって造られた古墳群があります。それが今回ご紹介する上磯古墳群で、野古墳群から南に6kmほど下ったところにあります。大野町遺跡詳細分布調査報告書(2009)によれば古墳群は、前方後円墳1基、前方後方墳2基、大型円墳1基で構成され、4C 代に連続して建設された首長墓とする見方が有力だそうです。円墳の笹山古墳は消滅し、前方後方墳の北山、南山の両古墳及び前方後円墳の亀山古墳が残存しています。築造も4C前半からその順で行われたようです(全国古墳編年集成、雄山閣出版、1995)。

動画では前方後円墳の亀山古墳は残念ながら紹介していません。野古墳群とは違い周辺が開発され住宅が建て込んでいるのです。亀山に関しては墳丘全体が雑草で覆われ前方部には小屋が建っており、とても古墳にはみえなかったからです。とはいえ、宝永7(1710)の盗掘では後円部から冠、太刀、馬具(鞍)、多量の朱が出たと伝えられ、また現在では県指定文化財となっている鏡(六獣鏡、四獣鏡)も後に前方部からに出土しています。それほど貴重な古墳なら、もう少し何とかならないだろうかと思わずにはいられませんでした。

墳長83mの北山古墳は動画1からわかるように北側にまわると全体像を確認することができました。墳頂の社殿が大きすぎて前方部から後方部を見通すことができないのもこれまた残念でした。もっとも明治期の社殿建設中には内行花文鏡(県指定文化財)、直刀、鉄鏃等が出土しています。ついで造られた南山古墳は北山より一回り大きな前方後方墳です。ただし、残存するのは一部が削平された後方部だけで全体像は想像するしかありません。この古墳からも複数の小型銅鏡や鉄鏃等が出土しているとの記録があります。

野古墳群のほうは残存する古墳の多くは墳丘がきれいに残っている一方、発掘調査が行われていないこともあり出土品は埴輪片が大半です。上磯古墳群については盗掘等々の機会に紹介したような遺物が出土しているのに(前掲、大野町遺跡詳細分布調査報告書)、整備状況はいま一つでした。色々な事情があるのでしょう。ただ今回禁を侵して利用したタクシーの運転手さんも、

野古墳群は知っているが、上磯古墳群は全く聞いたこともないし、お客さんを連れていったこともないと言っていました。HPには同じように紹介されているのに少々気の毒です。

アクセスは大野町役場までは野古墳群の記述をご覧ください。上磯古墳群については、岐阜に戻るバスの時間に間に合わないのでタクシーを使わざるを得ませんでしたが、事前に予約すれば低料金でタクシーが利用できると役場の人にあとで教えてもらいました(撮影2015年11月18日)。

PNG 1kamiisokofunngun zu

  また前期古墳に戻り、今回は群馬県前橋市の前橋天神山古墳です。
 
 どこが古墳なんだろうか。そう思われた方も多いのではないでしょうか。実は墳長129mを誇り、埋葬施設からは三角縁神獣鏡を含む鏡5面が出土した大規模な前方後円墳だったのです。昭和40年代の区画整理で前方部は跡形もなく削られてしまいました。覆い屋がある下が主体部ですが、そこを囲むように後円部の一部が切り取られて残されているというわけです。大半の古墳が開発の名によって消滅している中、まだよい方ではないかとの指摘もあるかと思います。私は現地を訪れて、うーんと首をひねってしまいました。皆さんはどう思われるでしょうか。
 歩いて10分もかからないところには727日にアップした墳丘が完存する前橋八幡山(前方後方墳)があり、さらに30分弱歩いたところには73日にアップした二子山古墳もあります。こちらも墳丘は完存しています。三基とも100mを越す大型の前方後円墳と後方墳なのに、なぜ前橋天神山だけがと思ってしまいます。

 アクセスは八幡山古墳公園を広瀬川沿いに南東方向に下り一つ目の信号を右折し100mほど進んだ右手です。道路沿いに説明板があります。

PNG maebashitenjinyama zu

前橋天神山古墳データ

所在地 前橋市広瀬町

形状 前方後円墳(後円部の一部を除き削平)

規模 墳長129m 高さ9m、前方部幅68m 高さ7m

出土品 三角縁神獣鏡を含む銅鏡5面、武器、工具、土師器等

史跡指定 県指定

特記事項 三段築成、周堀、葺石あり


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は東日本最大の前方後方墳、前橋八幡山を紹介します。墳長は130m、4C前半の築造といわれています。全体として東国には前方後方墳が多く、ある時期から前方後円墳の数も増えるようなのですが、白石太一郎さん(近つ飛鳥博物館館長)の次の記述が印象的です。「三世紀後半から四世紀前半の時期では、西日本が基本的には前方後円墳の世界であったのにたいし、東日本は前方後方墳の世界であったということになろう」(東国の古墳と古代史、10頁、学生社、2007年)。その理由ですが白石さんは、魏志倭人伝のいう邪馬台国が戦った狗奴国を前方後方墳が多数ある濃尾平野の地と考え、東国は三世紀前半にその狗奴国連合に加わり、ついで卑弥呼の死後三世紀以降にヤマトを中心とする倭国連合に加わったとみています。そして、連合内での身分秩序に応じて様々な古墳造りがはじまり、後からこの連合に加わった東日本の首長らに与えられた墳丘形式が前方後方墳であったと思われるというのです(この辺りは前掲書、第Ⅱ部 関東の古墳を考える に詳しいです)。前橋八幡山古墳をそうした位置づけで見るとまた、墳丘を見る目も違ってくるような気がします。
アクセスは前橋大島駅から徒歩で10分ほど、大きな公園になっているので、わかりやすいです。ただし、動画1の裏側、つまり東側は野球場になっていて古墳と共存しています(撮影2015年4月25日)。
PNG maebashihachimanyama zu





前橋八幡山古墳データ

所在地 群馬県前橋市朝倉町

形状 前方後方墳

規模 墳長130m 後方部72m 高さ12m 前方部幅59m 高さ8m

築造時期 4C前半

出土品 不明 葺石あり

史跡指定 国指定

特記事項 東日本で最大の前方後方墳

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ