古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:3C前

  神門5号墳と同じ頃に造られた出現期の古墳、神奈川県海老名市にある秋葉山3号墳(2号墳メイン)は既に紹介していますが、残念なことに前方部が完全に失われ、現在は円墳のようにみえます(クリックすれば飛べます)。その点、秋葉山3号墳よりも少し前に造られた神門(ごうど)5号墳はだいぶ削られた印象はありますが短い前方部も確認できます。住宅地に囲まれているためにこの古墳の特徴である幅の狭い周濠は北側に関しては生活道路に化しています。それでも1700年以上も前の構築物がこうして現在の住宅と共存して残されていることに感心します。墳頂にあった埋葬施設からは剣、ガラス玉、鉄鏃が出土しているそうです。

5号墳ということからもおわかりのようにいくつかの古墳が神門古墳群として確認されています。調査が行われた3号墳、4号墳はいずれも5号墳とほぼ同じ規模の出現期の前方後円墳でしたが現在では開発のために消滅しています。興味深いのは3基から出土した土器です。現地説明板によればこの地区(国分寺台)の中台、天神台等多くの遺跡からは近畿、北陸、東海、北関東などの特徴をもった土器が出土しており、移住や地域間の交流が盛んであったことがわかるとしています。三基はいわば地域統合の象徴として造られたということになります。

交流が盛んであったことは古墳の50m東に今でも残る雷伝池がありその向こうは東京湾だったことからもわかります(現在は埋め立てられ海岸までは凡そ5㎞)が、3Cにはるか遠い近畿や東海地方と想像以上に往来があったようです。海路を用いたとして、7Cから9Cにかけての遣唐使船が無事に倭と唐を往来できる確率は高くはなかった(所説あるようですが高いほうで8割)とされていますから、それよりはるか以前の3Cの航海成功の確率はいかほどのものであっただろうかと考えてしまいます。それでも交流の証明としての各地域の土器が残されているのですから驚きです。

古墳を離れてしまいましたが出現期の奈良県桜井市の纏向出現期の古墳を3回にわたり紹介しています。神門5号墳が造られていた頃、畿内の中心ではホケノ山(纏向出現期古墳1)、纏向石塚(纏向出現期古墳2)、勝山古墳他(纏向出現期古墳3)などが姿を現していました(クリックすれば飛べます)。比較してご覧ください。アクセスはJR内房線五井駅東口からアリオ市原・市原市役所経由国分寺台行きでバス停市原市役所で下車。信号を南西方向に300mほど歩き、次の信号を過ぎて200mほど、ローストハウス焙煎の店を左折し200mほどの左手にみえます(撮影日201622日)。

PNG goudo5goufun zu



神門5号墳 基本データ

所在地 千葉県市原市惣社

形状 前方後円型墳丘墓(出現期前方後円墳)

規模 墳長42.6m 後円部径30m32.5m 高さ5m、前方部幅13m 高さ不明

築造時期 3C

出土品 ガラス玉、剣、鉄鏃

史跡指定 県指定

特記事項 神門3号と4号墳が同様の形態の墳丘墓だったことがわかっているが
開発のため削平



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  前期古墳にまた戻ってきました。しかも弥生時代から古墳時代に入って間もなくの3C前半の築造と考えられる京都府城陽市にある小さな前方後方型の芝が原古墳です。前方部が発掘調査の前に既に削平されていたそうですが、専門家は前方部は開いた短いものだと推定しています。土砂降りの雨が降り注ぐ小さな古墳はなんともいえぬ佇まいをみせていました。後方部にあった木棺の埋葬施設からは国の重要文化財に指定された銅釧などが出土しています。詳しくは古墳データをご覧ください。築造時期推定の理由等も書かれています。

 標高50mほどの丘陵にある芝が原古墳は、周囲からは見上げる位置にあります。また、いずれご紹介する大型の前方後円墳、久津川車塚古墳を望むことができます。もっとも、芝が原古墳よりも200年ほど後の築造ですから、芝が原古墳の被葬者の関係者が見たわけではありません。南西に500mほど下ったところには芝が原古墳群(10基が保存)がありこちらは5C前半から6C前半のものだそうです。古墳が集中している久津川には奈良時代には官衙(かんが、役所)が置かれていますから、古代から政治的にも重要な地であったことは間違いありません。

 アクセスは京都から近鉄久津川駅下車。徒歩5分です(撮影2015年9月8日)。

PNG shibagaharakofun zu

芝が原古墳基本データ

所在地 京都府城陽市寺田大谷

形状 前方後方形(削平された前方部は短いと推定)

規模 後方部 東西21m、南北23m

築造時期 3C前半

出土品 径12㎝の銅釧(貝輪を模した青銅製の腕輪、全国的にも少数)、
12㎝の四獣鏡、庄内式土器(弥生時代から古墳時代へ転換する時期に製作)等(城陽市教育委員会作成の史跡 芝が原古墳の説明)

史跡指定 国指定 

特記事項 前述の出土品の多くは、国の重要文化財として城陽市歴史民俗資料館で展示。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回は箸墓古墳の後円部から南側に300mほどのところにあるホケノ山古墳を紹介します。箸墓古墳以降に定型化する前方後円墳より前の段階のもので、後円部に比べ前方部が短く、帆立貝のようになっています。纏向型研究センター長の寺沢薫さんはホケノ山古墳を含め、纏向石塚、纏向矢塚はじめ全国の同型古墳を纏向型前方後円墳と呼んでいます。復原された墳丘を空撮画像でみると(Yahooの地図検索)、たしかにはっきりとその形がわかります。森におおわれてはいる箸墓古墳の空撮画像と是非見比べてください。

 
  三段築成の墳丘や前方部の様子は春の撮影のために草に覆われて明瞭ではありません。そこで、冬場に撮った静止画像で補足しています。墳長は約80mですが、後円部の高さ8.5m、前方部の高さは3.5mとかなり差があります。後円部から前方部を撮った動画で、その差がわかりますでしょうか。後円部に石積みで囲った木槨、前方部裾の葺石を破壊して造った埋葬施設がそれぞれあるそうです。後者は復原されて位置がわかるようになっています。画文帯神獣鏡、鏡片、鉄製刀剣類、銅鏃、鉄製農工具等副葬品も豊富だったそうです。

 
  アクセスは箸墓古墳の後円部側からJR桜井線の踏切を渡り100mほど道なりに進むと国津神社があり、その裏手になります(2015年4月17日)。

owfullscreen> PNG hokenoyama zu

ホケノ山古墳データ
所在地 奈良県桜井市大字箸中
形状 前方後円型墳丘墓(纏向型前方後円墳)
規模 墳長約80m、後円部径約55m 高さ8.5m、前方部長25m 高さ3.5m
築造時期 3C央出土品 画文帯神獣鏡、鏡片、鉄製刀剣類、銅鏃、鉄製農工具等史跡指定 纏向古墳群として国指定
特記事項 墳丘の周囲には10.5mから17mの周濠があったそうです
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ