古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:16.開口石室

切石が見事な終末期古墳


 JR上越線の群馬総社駅近くにこれほど古墳が集中しているとは驚きでした。改めて地図を見ると古代においても大河川だったと想像される利根川が1キロほどのところにあり、古墳築造にはうってつけでした。今回紹介するのは6Cから7Cにかけて造られた前方後円墳や方墳が立ち並ぶ総社古墳群の一つ、その石室の見事さでよく知られる宝塔山古墳です。
  飛鳥の地では壬申の乱も終わったであろう7C末に造られた方墳は一辺55m、高さ12m。石室は動画からお分かりのようにただただ巨大です。石室は羨道(玄室に向う道)、前室、玄室の3室からなり、全長は12mもあります。最も重要な玄室は奥壁幅2.9m、長さ3.3m、高さ2.1mを数えます。しかも奥壁、天井ともに加工された一枚板です。

 すぐ近くに同じく石室で知られる蛇穴山古墳があり、愛宕山古墳、前方後円墳の二子山古墳にも横穴の石室があり見学可能です。是非、ご一緒にどうぞ。それらの石室もいずれ紹介します。肝心の宝塔山古墳へは上越線に並行して走る上毛三山パノラマ街道を南に下り光巌寺を目指すとよいでしょう。古墳は光巌寺が所有しています(撮影2015年6月20日)。


宝塔山古墳データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 方墳

規模 54m×49m 高さ12m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 両袖型横穴石室。羨道、前室、玄室の3室をもつ構造で、
全長は12.04mもあるとのこと。動画でその様子はわかると思います。
最も重要な玄室は奥壁幅2.9m、長さ3.3m、高さ2.1mです。安山岩を用いた
玄室の奥壁及び天井石は一枚の巨石を加工して、使用しいるそうです。


PNG houtouzan zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

埋葬施設も復元されたわかりやす古墳公園
 東海道線を大津から琵琶湖に沿って草津、野洲と進むと近江八幡駅に着きます。そこから南方向に未盗掘古墳として有名な雪野山古墳があり、その近くに今回の天乞山(あまごい山)古墳を含む9基からなる木村古墳群があります。いずれ紹介する久保田山古墳と天乞山の二基だけがどこまでも続きそうな田畑のなかに復原整備(あかね古墳公園)されています。雪野山古墳とは違い平野部に盛り土をした巨大な方墳です。
  近江鉄道バスで20分ほどあかね古墳公園前に降り立った時の感動はなかなかわかって頂けないかもしれません。周辺に遮るものが何もない青空に映える二基の古墳。巨大なモニュメントが聳えていました。古代の権力者が「見せるために」造った大建造物の真骨頂がそこにはありました。その時点(20131021日)では静止画像しか撮っていなかったので、アップした動画は再訪した最近のものです。葺石の間から下草が顔を出していたのが残念でした。
  方墳は前方後円墳、前方後方墳よりは格下の人物の墓と考えられていますが、地方豪族の墓としては堂々たる規模だったといえないでしょうか。一辺65mの天乞山古墳は5C前半に築造されたと考えられていますが、同時期に方墳では日本一の規模を誇る一辺90mの桝山古墳が橿原市に造られています。崇神天皇の皇子である倭彦命(やまとひこのみこと)の墓に比定されています。

JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行であかね古墳公園前下車。バスは一時間に1本です(撮影2015年5月27日)。

PNG amagoiyama zu


見学できない残念な開口石室
 今回は以前紹介した奈良の市尾宮塚古墳のすぐ近くにある市尾墓山古墳です。後期の6C前半に造られたと考えられる前方後円墳は墳長65mしかありませんが、それ以上の規模に見えるのは不思議です。動画3を篤とご覧ください。水田の中に浮かぶように聳えるその姿は遠くからも明瞭にわかる見事な二段築成の墳丘です。市尾宮塚よりも一回り大きく築造時期もやや早めのようです。後円部の石室には宮塚と同様に刳抜式家形石棺が置かれていますが、残念ながら小さな窓越しからしか見ることができず、動画は断念しました。

  盗掘されてはいたもののガラス玉・水晶玉などの玉類、馬具、刀、鉄鏃、円筒埴輪など多数の副葬品があったことが発掘調査で明らかになっています。墓山、宮塚両古墳の被葬者は、巨勢氏の支配地域だったことから巨勢谷とよばれるこの地域の関係豪族だったのでしょう。この古墳が造られたあと暫くして最後の巨大古墳である五条野丸山古墳が築造されます。

 近鉄市尾駅から徒歩で10分ほど。北方向に歩き一つ目の信号を左折すると市尾郵便局が見えます。それを越えて右手に古墳は位置しています(撮影2015年4月16日)。


PNG re ichiohakayama zu


企業所有地にある開かれた古墳
今回は古墳マニアの間でもあまり知られていない横穴石室のある古墳時代後期の6C中頃に築造された前方後円墳を紹介しましょう。それは福岡県の博多から一駅、竹下駅の真ん前にありました。墳長75mの東光寺剣塚古墳です。福岡市の埋蔵文化財センターで教えて頂きました。
  三角縁神獣鏡が出土した前期初頭の那珂八幡古墳も近くにありますが、墳丘の残存状況の点ではこちらのはるかに上です。それもそのはずアサヒビールの博多工場の敷地内に丁寧に保存されているからです。残念ながら古墳を囲むようにして建物が建っていることと墳丘の雑木林を自然のままにしているために素人には単なるちょっとした小山にしか見えません。おそらく敢えてそうしているのだと思います。それでも、後円部に開口した立派な横穴石室までくると、存分に古墳を実感することができます。社会貢献の一環なのでしょう工場の北門の警備室で手続きをとればだれでも見学できます。

アクセスはJR鹿児島本線で博多駅から一駅の竹下で下車。アサヒビール工場の北口を目指します。工場の敷地内を横切ることはできないので沖学園側から迂回することになります。徒歩10分(撮影2015年3月19日)。

c
 

東光寺古墳基本情報

所在地 福岡市博多区竹下

形状 前方後円墳

規模 墳長75m 後円部径46m 高さ5.9m 前方部幅59m 高さ5.9m

出土品 形象埴輪、刀、鏃、勾玉

史跡指定

特記事項 後円部に横穴式石室。

花崗岩と玄武岩と阿蘇溶結凝灰岩(石屋形、石棺とは違い開放型の死者を葬る床)
でつくられ全長9mだそうです。玄室は長さ4.2m幅2.42.8m高さ2.83.0m。




 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ