古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:16.開口石室

タイミングが合えば石室にも入れる貴重な古墳
 今回は石室が貴重な京都府向日市にある物集女(もずめ)車塚古墳です。京都の太秦(いずれアップする蛇塚古墳がある)から南に8kmほど下った物集女街道沿いにある5C半ばに築造された墳長46mの前方後円墳です。中規模の古墳から想像した石室とは違って動画23でご覧頂ける見事な横穴式石室と石棺でした。天井の大きな板石の一部は大王の石棺で用いられた竜山石が使われていることからもこの被葬者の地位の高さが想像できます。
   説明によれば6C当時、この地域は弟国(おとくに、現在は乙訓と書く)と呼ばれ、継体天皇が弟国宮を築いた所だったことから、被葬者は継体天皇に仕えた人物であったのではないかということでした。継体天皇の真陵といわれる高槻市の今城塚古墳(いずれアップします)の石棺の一つは竜山石が用いられていたことを思い出しました。

アクセスはJR東向日駅から物集女街道に出て北に上がったところにあります。徒歩で駅から15分ほどです。一度目は石室を見れなかった冬に訪れ、今回は、一般公開に合わせての再訪です。十分その価値はありました。公開スケジュールは向日市のHPで確認できます(撮影2015年5月28日)。

PNGmozumekurumazuka zu

物集女車塚古墳基本データ

所在地 京都府向日市

形状 前方後円墳

規模 墳長46m  後円部径31m 高さ9m、前方部幅38m 高さ8m

二段築成、葺石あり

築造時期 5C半ば

出土品 埴輪、須恵器、土師器、馬具、刀剣類、装身具等

史跡指定 京都府

特記事項 横穴石室 全長11m、羨道長 5.8m 幅1.5m 高さ2m

玄室 長さ5.1m 幅2.8m 高さ 2m 中には凝灰岩製の家形石棺が置かれている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 小規模な石室が残る複数の円墳
 今回は博多湾から南に下った福岡平野に位置する那珂川町の6Cに造られた丸の口古墳です。平成9年に那珂川北中学校の建設中に発掘された60基を越える群集墳の一部が保存整備されています。墳丘径12m前後の小規模な円墳と石室だけのものですが、動画でも見て頂ける線刻壁画のある円墳も含む大変貴重な古墳です。九州には彩色豊かな壁画古墳が多数残されていますが、丸の口古墳のように石に刻みを入れたものは珍しいそうです。最近になってからの発見ですから、日本列島にはまだまだ数多くの古墳が眠っているということになるのでしょう。

 アクセスは天神から西鉄バスで丸の口下車。徒歩15分。山麓にある那珂川北中学校を目指すとわかりやすいと思います。校庭、校舎を眺めるように古墳が立ち並びます(撮影2015年3月18日)。

PNG marunokuchi zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

階段ピラミッド型の墳丘が確認された古墳
 今回は馬子の墓といわれる石舞台古墳から500mほど南方に下ったところにある都塚古墳です。長さ12mの巨大な石室を有する6C後半に築造されたと考えられる終末期古墳です。田畑の中にポツンとそれはありました。これまで発掘されたことのない階段ピラミッド状の巨大方墳ではないかと2014年に報じられた話題の古墳です。上部の墳丘部分は段状に石が積まれ、四段確認されているそうで、さらに数段増えると推定されているそうです(明日香村教育委員会作成のパンフレット、20148月)。現地説明会のあと埋め戻されていますので、階段状遺構は目にすることはできませんでしたが、前方後円墳が築造されなくなった時期の古墳として、その詳細が待たれます。はじめて訪れた私にとり、巨大な凝灰岩製の家形石棺を見ただけで十分に満足しました。アクセスは飛鳥駅からコミュニティーバス(赤カメバス)で石舞台まで行き、10分ほど歩いたところにあります。一時間に一本程度出ています(撮影2015年2月12日)
PNG miyakozuka zu




 

都塚古墳データ

所在地 奈良県高市郡明日香村高庄

形状 方墳

規模 41m(東西)×42m(南北) 高さ 約4.5m

築造年代 6C後半

出土品 土師器、須恵器、鉄刀、鉄鏃、鉄釘など鉄製品

史跡指定 

特記事項 説明で触れたように発掘調査の結果、階段状の石積みが

確認された。また、横穴石室の長さは12.2m、羨道長6.9m、幅約1.9m-2m

高さ約2m、玄室長5.3m、幅2.8m、高さ3.55m



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

眼前に広がる巨大円墳
  天空の城として近年人気の高い朝来市の竹田城。そのすぐ近くに今回紹介する近畿で最大、全国でも四番目の規模を誇る円墳、茶すり山古墳があります。動画でお分かりのように聳え立つといった感じがぴったりです。もちろん尾根を切り開いて築いた古墳ということもありますが、ガイダンス施設のすぐ後ろは136号線がとおり、バックして遠くから全体像をとることは難しいのです。左手には古墳発掘のきっかけとなった北近畿豊岡自動車道が走り、二つの道路に囲まれてようやく茶すり山古墳は生き残ったという感じがします。聞けば北近畿豊岡自動車道の工事計画を変更して古墳を保存したとのこと。英断だと思います。
  動画キャプションにも書きましたが、墳丘は90m×78mの楕円形です。一般的な円墳のイメージとは少々違います。尾根を利用して造ったからでしょうか。円墳は、幾ちゃんのこだわりで いつか触れたように、前方後円墳、前方後方墳、方墳に続くランクといわれていますが、これだけの規模、そして、副葬された銅鏡、多量の玉類、甲冑2組と盾7点の武具、武刀、剣等の武器類からすると大変な地域の有力者の墓であったに違いありません。5C前半の時期の築造といわれていますからヤマト王権とのつながりも蜜であったと想像されます。

余談になりますが最近、静岡県沼津市の高尾山古墳が、同様に道路工事計画に伴う発掘作業の結果、卑弥呼と対峙していた卑弥弓呼(ひみここ)の墳墓であるかもしれない高尾山古墳が発掘されました。築造は西暦230年ごろの墳長62m、東日本最古の前方後方墳といわれています。ところが沼津市議会は最近、賛成多数で古墳を保存しないことを決めました。沼津市も朝来市と同様の判断に立ってほしいものです。
  肝心の茶すり山古墳へのアクセスですが、公共交通機関を使った場合、かなり大変です。これも、こだわりで書きましたように、タクシーなどは使わず、公共交通機関と徒歩が私の古墳踏査の原則だからです。JR福知山線の和田山駅下車。午前中二本しかないコミュニティーバスでイオンモールまで行き、徒歩40分。迷ったので途中で道を聞いた方に送って頂きました。一日がかりでしたが訪ねた甲斐がありました(撮影2014年10月19日)。



朝来茶すり山古墳データ

所在地 兵庫県朝来市和田山筒江

形状 円墳

規模 90m×78mの楕円形 高さ18m 墳頂 36m×27m

築造時期 5C前半

出土品 円筒、形象埴輪、銅鏡、多量の玉類、甲冑2組と盾7点の武具、武刀、

剣等の武器類

史跡指定 国指定

特記事項 墳頂に二基の埋葬施設あり。第一主体部13.7m×10.5m 第二主体部

7.5m×3.7m 


PNG asagohasuriyama zu


↑このページのトップヘ