古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:09.方墳

再訪の甲斐があった貴重な構造の石室


   はじめて龍角寺岩屋古墳を訪ねたのは5年前、201541日でした。あいにくの空模様でしたが北側の木立越しに見る巨大な方墳は幽玄で一幅の日本画のようで心に残っています(旧版冒頭にあります。クリックすれば飛べます)。しかも三段築成高さ13mの墳頂には風と雨に濡れた桜の花びらが散りそれは美しかったです。ただ、現在のような照度の高いヘッドランプを持ち合わせておらず、やむなくフラッシュで明るくした静止画像しか取れませんでした。入室はできないものの動画でズーム撮影したらどう見えるだろうか。今回はその一点で再訪しました(龍角寺古墳群のみそ岩屋古墳なども訪ねました)。

 新たな発見がありました。それも東国では非常に珍しい石室内部を確認することができました。全長4.2mとこぶりの西側石室の奥壁の手前に板状の仕切り石が石室幅いっぱいに立っているのです。高さは50㎝ほど。九州の石室によく見かける死床(埋葬施設、この枠内に遺体を置いた)ではないかと思い、栄町の文化財担当の方に確認したところ当たりでした。だからといって九州の工人が造ったというわけではないようで朝鮮半島の影響とも思われるがよくわかっていないとのことでした。いずれにしても千葉、東京、神奈川、埼玉、栃木、群馬、福島と20基を超える石室を見てきましたが死床がある石室ははじめてでした。単室構造で羨道もはっきりわからないので玄室は無袖式ですかとお聞きしたところ、いえ、両袖式ですとのこと。あれあれと思いながら説明を聞いて納得です。動画2でキャプションをつけましたが鉄格子の両サイドが砂岩切石を積み上げて袖(大型の一石を立てるのが通常の袖石)としており、玄門と呼ばれるその幅は1.38m。奥壁幅は1.64mですから玄室幅のほうが大きく両袖式です。やはり専門家に聞いてよかったと思いました。それにしても旧版にも書きましたが、終末期の古墳が集中する東国のこの地で、方墳が大半を占めるといわれる中央の蘇我氏の墳墓の形状と同じ古墳が何基も存在する点は単なる偶然なのでしょうか。興味は尽きません(撮影2019116日)。

PNG dougasatueiichi ryukakujiiwaya kofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

実寸よりはるかに大きく見える方墳


 五條市の古墳、近内塚山古墳(クリックすれば飛べます)、つじの山古墳(クリックすれば飛べます)、それに今回の五條猫塚古墳といずれも方墳を紹介してきましたが、どれが一番大きく見えたでしょうか。目の錯覚なのでしょうが今回の五條猫塚古墳が最も大きく見えました。実際には墳長52mのつじの山、ついで墳長27mの五條猫塚、そして墳長24mの近内塚山古墳の順です。遠くから、しかも高い位置から眺めることができ周辺に障害物がなく、さらにいえば残る幅15mの周濠が墳丘全体を大きく見せています。墳頂からは京奈和道の先に特徴ある金剛山の山並が見え、古墳は視覚的要素が重要であることを改めて確認しました。

 肝心の古墳自身、豊富なしかも特徴ある副葬品が出土したことで知られています。動画2の後半で紹介している蒙古鉢形眉庇付冑(もうこばちがたまびさしつきかぶと)と呼ばれる

モンゴルにみられる冑を含め3点の冑、金銅製透彫銙帯金具の他、ヤットコ、金鎚、タガネ、カナトコ、砥石等の鍛工具類等が出土し、いずれも渡来系工人の存在がうかがわれる史料だそうです。これらのレプリカは五條市文化博物館でみることができます(撮影2019312日、711日)。

五條猫塚古墳基本データ

所在地 奈良県五條市近内

形状 方墳

規模 一辺27m(32mとも) 高さ4m、2段築成、葺石あり、幅15mの周濠あり

築造時期 5C

出土品 長さ5.17mの竪穴石室から金銅製の蒙古鉢形眉庇付冑はじめ武具、農工具等多数

史跡指定 県指定

特記事項 墳丘の規模に比べ副葬品が豊富だったのは古墳が立地点が大和と紀ノ川を介した紀州、中国との結果だと考えられている。

PNG gojyounekozuka kofun

PNG gojyounekozuka to keizawadou

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

近内古墳群を構成する方墳の一基


    JR和歌山線の北宇智(きたうち)駅の西北1㎞四方ほどの地域に5Cを中心に築かれた近内古墳群。最初に5C初めに径85mもある大型円墳の近内カンス塚古墳が、5C央には五條猫塚古墳、近内塚山古墳(クリックすれば飛べます)、そして末頃に今回のつじの山古墳が築かれます。いずれも方墳という点が興味深く、説明板には一辺52m、高さ9mとあり、周濠が巡っています。かなり大型の方墳です。ただ、実際に見る墳丘はそこまでの大きさは感じられません。なぜなのよくわかりませんが・・・。まさかとは思いますが測り間違いではないかと思ってしまいました。それはともかく調査の結果、東側に長さ5.5m、幅20mの造出しが設けられていたことがわかっていて、円筒、ひれ付き円筒、朝顔型埴輪が、また周濠からは土師器製の高坏が出土しています(撮影2019312日)。
PNG dougasatueiichi tsujinoyama kofun(gojyoushi)修正版

59m×55mの巨大方墳の推古天皇陵

 

 近鉄長野線の喜志駅から上ノ太子行の金剛バスに乗って20分ほど。葉室のバス停で降りて(最も近いバス停は御陵前)南に向かって下っていくと動画1冒頭のような光景が迎えてくれます。夏空に映える墳丘は巨大の一言。すぐに方墳ということがわかる角ばった墳丘です。歴代天皇のなかで最初の女帝として592年から36年もの間、その地位にあった人物の墓だけのことはあります。

もっとも三段築成の長方形をした方墳(59m×55m)といわれる墳丘は文久の修陵で大きく改変されたようです。徳川幕府は文久2年(1862年)から全国の陵墓の修復を進め、その際に工事前後の様子を絵師に書かせていたことがわかっています。「文久山陵図」がそれで外池昇さんの「検証天皇陵」(山川出版社、2016年)には数多くの文久山陵図がカラー写真で掲載されています。

その山陵図をみると工事前と工事後の推古天皇陵の様子はかなり違います。工事前はどう見ても三段築成には思えない規模の墳丘です。なぜ、これほど立派になったのでしょうか。以下は憶測ですが、幕末の尊王思想を反映した文久の修復で甥の聖徳太子とともに治世中に十七条憲法や遣隋使の派遣など数多くの事績を残した推古天皇に相応しい陵墓に改変しようとしたのではないか。厚葬することを禁じて没したといわれる推古天皇。当初の陵墓が現在ほどの大きさでなかったとしても納得がいきます。ただ、推古天皇の願いは早逝した息子、竹田皇子との合葬だったといわれ南に向いて開口する石室2基があると考えられています。なお動画2の最後には同じ磯長谷にある推古天皇の2代前の天皇の墓、用明天皇陵を付け加えています。



PNG suikotennouryou dougasatueiichi zu

推古天皇陵(山田高塚古墳)基本データ

所在地 大阪府太子町山田

形状 方墳

規模 長さ東西63m 南北55m、高さ11m3段築成(現状)

築造時期 7C前半

出土品 不明

史跡指定 なし 宮内庁が推古天皇の陵墓として治定するも考古学会では太子町山田にあるところから山田高塚古墳と呼んでいる

特記事項 日本書紀には天皇が崩御されたあと息子の竹田皇子之陵に葬られたとあるものの場所は記されていない


PNG suikotennnouryou zu yahoo
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ