古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:09.方墳

もっと知られてよい古墳公園


 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。現地を訪れるとたしかに自動車道を確認することはできますが、名残のコスモスが迎えてくれてくれた墓域は静寂に包まれ、所狭しと並ぶ方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳の数々はなかなかに見応えがあります。
 大規模古墳群といえばお隣宮崎県の西都原古墳群(クリックすれば飛べます)が思い出されますが、もちろん、規模的にもずっと小さく、西都原が31基に対し、現在確認されているのは2基のみで、それも墳長は50m程度です。このシリーズの2回目で紹介する1基の花見塚古墳は築造当時の姿に復元されています。 
 圧巻だったのは塚原歴史民俗資料館を経て、古墳群に入り真っ先に迎えてくれる方形周溝墓の数々です。20基あまりが当時の様子を伝えてくれます。いずれも4C後半から5C半ばに造られたということですから古墳時代前期末から中期にかけてになります。首長が前方後円墳を造り、陪塚を含めランクが下位の人物は円墳、方墳に葬られていたと思っていましたが、この時期にも方形周溝墓も多数造られていたのですね。説明には家族墓とありましたから、さらに下位の人物が葬られていたということになるのでしょうか。 今回、残念だったのは石之室(いしのむろ)古墳の横口式家形石棺が2016年4月の熊本地震で破壊された姿を見たことでした。それでも同じ形式の家形石棺である江田船山古墳(クリックすれば飛べます)を思い出しながら、本来の姿を想像してみました。なお、同じく破壊されたりゅうがん塚古墳は見学ができませんでした。アクセスは熊本城近くの桜町バスセンターから志導寺行きで1時間ほど。塚原で下車し、すぐです。午前中は3本ほどありますが午後は少なく、結局3㎞ほど歩き城南バスセンターから熊本市内に戻りました(撮影2019年10月24日)。PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

2基の磚槨(せんかく)式石室が見学できる貴重な方墳

 
 2021年最初の紹介はいささか季節外れの初夏の空が広がる石川県能登半島、能登島にある珍しい古墳です。 須曽蝦夷穴古墳は古墳時代の時期区分では終末期、それもかなり遅くの7C中頃以降に築かれたと考えられています。王墓に採用されていた大型前方後円墳の築造は6C後半の五条野丸山古墳(見瀬丸山古墳)(クリックすれば飛べます)で終わりを告げ、その後は大型の方墳や八角墳に変化したと考えられています。時代は既に飛鳥時代に入っていますが、どういうわけか古墳に関しては、この時期に造られたものは終末期古墳と呼ばれています。それらの「古墳」の多くは円墳ないし方墳ですが、その石室に大いに特徴がありこのブログでもだいぶ紹介した気がします。    
 たとえば大阪府羽曳野市の観音塚古墳(クリックすれば飛べます)は前室に切り石で造られた石槨の短辺が接合されている横口式石槨と呼ばれており、奈良県桜井市の花山西塚古墳(クリックすれば飛べます)も同様の横口式石槨ですが、石積みは須曽蝦夷穴古墳同様の小型の平石(こちらは地元の榛原石)を小口積みにした磚槨式です。一般的には時代が下るにつれ、石室の石組みは平滑された大型のものに変わっていきますが、磚槨式の石室はこれが同じ石室なのかと感じるほど、異なる印象を受けます。大陸、半島の墓の造りからの影響を受けていると一般的にいわれていますが、他の古墳でも副葬品などから中国、朝鮮半島との交流が密であった人物が葬られていると考えられている例は数多く、なぜ、特定の古墳だけ磚槨式の石室なのか、個人的には大変興味があります。 玄室の壁と天井の境(四隅)は三角状の持ち送り式が両石室で採用されていますが、やや窮屈な印象。天井をもう少し高くすればバランスがよかったのにと勝手ながら思いました。石組みに加え雄穴(おあな)石室と雌穴(めあな)石室が並んでおり、事前の計画どおりに造られたことは一目瞭然です。標高80mの開口部の先には七尾湾が広がります。周囲には古墳はなく単独墳であることを考えれば、特別にこの地に葬ることを許された人物の墓ということになります。七尾湾は律令制の時代になると能登の国の国津(国の港)が置かれ、それ以前から海運の中心地だったようです。海運、水運を率いる有力者は一体誰だったのでしょうか。アクセスは能登島交通バスで七尾駅から臨海公園行で約40分。須曽下車徒歩30分。バスは午前中だけでも3本はあります。案外便利です(撮影2019年6月20日)。PNG 須曽蝦夷穴古墳石室イメージ(YU用)
PNG 蝦夷穴古墳マップ
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

聞きしに勝る狭小の石室開口部に驚き


   このブログでも紹介している墳長94mの前方後方墳、山代二子塚古墳(クリックすれば飛べます)から100mほど東側に今回の一辺45mの山代方墳があります。二つの点で忘れられない古墳になりそうです。一つはこれぞ方墳といえるほど角張った4隅が墳頂から確認でき、しかも7m下を見下ろすと幅6mの周濠、さらには周堤もみえます。築造当時にはもちろんなかったわけですが風にそよぐ墳頂の木々がこれまた美しい(動画1)。二つは様々な方々のブログで理解はしていたものの、石室開口部の極端な狭さです。まだ紹介していない群馬県太田市にも同じように開口部が狭小で苦労した古墳がありますが、今回は格別です。聞きしに勝るなとも思いましたが後には引けません(苦笑)。何とかなるさとチャレンジ。あとで振り返ると関門が三つもありました。狭い開口部が第1の関門。ついで巨大な板石の下の奥に見える四角い穴の存在です。あとで教えてもらいましたが羨道の閉塞石に開けられた盗掘坑が第2の関門。脱線しますがこの盗掘坑這いつくばって入ると背中が当たります。自分は新聞紙(レジャーシートよりも滑るので便利)を敷き頭を上に向けて入りました(それでも閉所恐怖症の方にはお勧めできません)。ようやく羨道に到達すると、さらに通らなければならない玄門(第3の関門)が待っています。石室全体の天井が1.3mから2mほどと低いので圧迫感があり、早く退出したいという気分に駆り立てられました。動画の動きがいつもよりも早くなっているのはそのせいです。

 肝心の石室ですが加工技術の高さに改めて驚かされました。特に玄門の縁取りは美しく、全て一枚の板石で造られた玄室もその精緻さに感心しました。そして大型の枕付きの死床(被葬者用のベッド)も半壊状態ですが、築造当時の様子を思い起こすに十分です。ただ、盗掘がはるか昔に行われたために副葬品等の情報は全くないそうです。不思議に思ったのはこれまで紹介してきた九州や畿内の横穴石室とは違い羨道といっても非常に短く、まるで複室構造の前室のような点でした。簡単な平面図でお分かりのように石棺式石室の玄室の長辺に短い部屋が接続しており、それを羨道と呼んでいるようです。その羨道は閉塞石で閉じられていたわけですが盗掘犯がそこに坑を開けたというわけです。アクセスはわかりやすく松江駅から一畑バス八雲車庫行(1時間に1本)で山代二子塚古墳のある山代町下車。今回、八雲立つ風土記の丘の学芸員の方に不明な点などお教え頂きました。感謝(撮影20201028日ー29日)。



PNG 山代方墳石室簡易平面図
PNG 山代二子塚古墳と山代方墳の位置関係

山代方墳基本データ

所在地 島根県松江市山代町

形状 方墳

規模 一辺45m 高さ7m2段築成、幅6mの周濠あり、葺石あり

埋葬施設 横穴式 家形石棺 玄室長さ 1.75m 幅2.15m 高さ約2m

玄門 0.55m羨道長さ 長さ約1.8m 幅1.3m 高さ約1.2m 

築造時期 6C末

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 隣接する山代原古墳(永久宅古墳)の1代前の首長の墓ではないかとの

見方もある
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

再訪の甲斐があった貴重な構造の石室


   はじめて龍角寺岩屋古墳を訪ねたのは5年前、201541日でした。あいにくの空模様でしたが北側の木立越しに見る巨大な方墳は幽玄で一幅の日本画のようで心に残っています(旧版冒頭にあります。クリックすれば飛べます)。しかも三段築成高さ13mの墳頂には風と雨に濡れた桜の花びらが散りそれは美しかったです。ただ、現在のような照度の高いヘッドランプを持ち合わせておらず、やむなくフラッシュで明るくした静止画像しか取れませんでした。入室はできないものの動画でズーム撮影したらどう見えるだろうか。今回はその一点で再訪しました(龍角寺古墳群のみそ岩屋古墳なども訪ねました)。

 新たな発見がありました。それも東国では非常に珍しい石室内部を確認することができました。全長4.2mとこぶりの西側石室の奥壁の手前に板状の仕切り石が石室幅いっぱいに立っているのです。高さは50㎝ほど。九州の石室によく見かける死床(埋葬施設、この枠内に遺体を置いた)ではないかと思い、栄町の文化財担当の方に確認したところ当たりでした。だからといって九州の工人が造ったというわけではないようで朝鮮半島の影響とも思われるがよくわかっていないとのことでした。いずれにしても千葉、東京、神奈川、埼玉、栃木、群馬、福島と20基を超える石室を見てきましたが死床がある石室ははじめてでした。単室構造で羨道もはっきりわからないので玄室は無袖式ですかとお聞きしたところ、いえ、両袖式ですとのこと。あれあれと思いながら説明を聞いて納得です。動画2でキャプションをつけましたが鉄格子の両サイドが砂岩切石を積み上げて袖(大型の一石を立てるのが通常の袖石)としており、玄門と呼ばれるその幅は1.38m。奥壁幅は1.64mですから玄室幅のほうが大きく両袖式です。やはり専門家に聞いてよかったと思いました。それにしても旧版にも書きましたが、終末期の古墳が集中する東国のこの地で、方墳が大半を占めるといわれる中央の蘇我氏の墳墓の形状と同じ古墳が何基も存在する点は単なる偶然なのでしょうか。興味は尽きません(撮影2019116日)。

PNG dougasatueiichi ryukakujiiwaya kofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ