古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:09.方墳

貴重ですが残念な2基の古墳


 前方後円墳、方墳、円墳計114基からなる龍角寺古墳群は古墳時代古墳の古墳群としてよく知られています。特に一辺78m、3段築成の大型方墳、龍角寺岩屋古墳(クリック)はよく知られています。墳丘の美しさが際立ちますが、2基の横穴石室があり、その一つ、西側の石室は格子越しですが見学可能です。貝の化石を大量に含んだ砂岩が用いられています。そして今回のみそ岩屋古墳も同様の横穴石室をもつ方墳で、規模は龍角寺岩屋古墳の約半分一辺35mとずっと小型です。横穴石室は比較的最近まで入室可能でしたが調査のためでしょうか、残念なことに訪ねた時にはブルーシートに覆われていました。龍角寺岩屋古墳の石室と比べたかったのですが・・・。 もう一つの残念は全国の前方後円墳でも最終段階、7C前半に築かれた墳長78mの浅間山古墳です。発掘調査中に長さ6.7mの複室構造の横穴石室が確認され、その残りの良さが知られていますが(「最後の前方後円墳 龍角寺岩屋古墳」(新泉社、2016)、様々な事情があるのでしょうが跡形もなく埋め戻されてしまいました。肝心の墳丘ですが、前方部は農業用などに用いられたり、後円部は浅間社用に盛土されたりと改変著しいことがわかっています。であればなおさらのこと貴重な複室構造の石室は見学可能なように措置できなかったものか残念でなりません。同様の見解をお持ちの方が多かったのか、県立房総のむら・風土記の丘資料館では副葬品の馬具や冠飾りなどとともに実物大のレプリカを作成し公開しています。ごめんなさい。関係者の方々の努力には敬意を表しますが、申し訳ありません。大きさはわかりますが雰囲気を味わうというところまでには至っていません。実際の石室は真っ暗で、ライトを照らしてようやくその長さや幅、高さがわかるものです。どうせレプリカを造るのならそこまで凝ってほしかったです(撮影2019年11月9日)。
PNG みそ岩屋古墳と浅間山古墳所在地 21年11月27日




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

なぜこれほど立体的に見えるのだろう!
 動画冒頭でおわかりのように今回の安部谷古墳(国の史跡指定の5基)は意宇川の南側の丘陵にあります。まだ夏の名残か緑濃い森の中を標識にしたがって歩いて凡そ10分ほどで古墳のある崖の裾に到着しました。帰りのバスの時間を気にしながら、先を急いだせいか、ところどころぬかるんでいて足をとられました。動画では取り損なっていますが、見学用のスチール製の階段を上っていくと、斜面に羨道や複室構造の前室が欠け、玄室がむき出しになった安部谷古墳が忽然と現れました。離れたところからの見学なのかと思ったところ、ラッキーなことに開口部の前は広場状で、入室も可能です。右手から1号→5号の順(動画では逆に左から右に撮影している)に並ぶ石室開口部は壮観です。
 失礼な話、どうせ横穴墓と思っていた私は、ガーンと打たれた感じがしました。小学校の頃に埼玉県松山市にある吉見百穴に遠足で行って以来見てきた横穴墓、この古墳踏査開始以来出会った横穴墓とは安部谷古墳はその精巧さ、完成度全く異なります。なんじゃこれはという感じです。非常に立体的に見えるのです。どうやら、開口部が屋根状になっている妻入りと平になっている平入りの組合せの効果のようです(「島根の文化財」第3集、1963)。複室構造になっている1号墳(撮り逃した)以外は単室構造ですが、失われた羨道のお蔭で、この立体構造を目の当たりにすることができるというのは幸運としか言いようがありません。岩盤を刳り抜いているせいか、石積みの横穴石室よりもはるかに重厚に感じます。撮影した5号以外は、死床が設けられています、天井は石棺式石室のように家形になっています。  ただ、夕暮れ時で辺りは暗く、玄室内は湿気が充満。正直、入室はあまり気持ちのよいものではありませんでした。それになんでしょうか。ヘッドランプが当たった天井を右から左にさっと素早く移動する物体が・・・。思わず身震いし、そのせいもあってか、最も重要な複室構造の1号墳を取り損なうという大失態を演じてしまいました(泣)(撮影2020年10月28日)

PNG 安部谷古墳(松江市)所在地 21年11月8日作成

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

この石工(いしく)の技術力にも驚かされます  
 上州の空っ風とはこういうことを言うのかと思いながら白石稲荷山古墳(リニューアル版)(クリック)から喜蔵塚古墳を目指しました。暮れとあって県道137号はひっきりなしに車が行き交い、北寄りの風が土ぼこりをあげて行く手を遮ります。1㎞ほどですが、ずいぶんと長く感じました。  肝心の古墳ですが、とても清々しい気持ちになりました。田村墓と呼ばれてきたように、個人のお宅の敷地内にあって、保存されてきた古墳です。google mapにも出てくるぐらいですから、訪ねる人も少なくありません。当日、誤って隣家の方に、古墳見学のお声がけをしたところ、お隣さんなんですよねと言いながら、所有者のお宅に案内してくださいました。耳の遠いおばあちゃんが、どうぞごゆっくり、古墳はそこにありますからと敷地の端の墳丘らしき土盛をステッキで指してくれました。  データをみると一辺20m高さ4mほどの方墳とありますが円墳という説もあるようです。羨道前の開口部をみると、これはひょっとして最近補強されたものではないかと疑ったほど、天井の板石が、これこそ板石といった感じで置かれています(藤岡市文化財担当の方によれば、石と石の間の充填剤以外はオリジナルとのことでした)。高さがあるので楽々入室。目が慣れてくるとヘッドランプの先には、額縁状の囲みが、そしてその先には奥壁がみえました。石材は凝灰岩だそうですが、きれいに加工されています。少々残念なのは石材と石材の間に充填剤が埋め込まれていることです。使用されている石材は花崗岩、そしてスケールも一回り以上異なりますが、大佐山白石塚古墳(クリック)と共通しているところがあります。  長く見えた羨道は約4m、幅は1.3m、高さは1.6mです。玄室と羨道の境、玄門の床には梱石が置かれ、控え目に立つ袖石から先が長さ2.5m、幅1.5m、高さ1.8mの玄室です。玄室幅のほうが羨道幅より大きいので、両袖式ということになります。奥壁は大きな鏡石の上に横長の石材を積んでいますが、見事です。7C後半の築造と推定されていますから、飛鳥村の岩屋山古墳(クリック)よりも同じか、後に築かれたことになります。古墳時代が過ぎ半世紀近く権力を古い続けた蘇我入鹿が中大兄皇子らによって暗殺された乙巳の変の頃ということになります。中央が政変のさなかにあって、喜蔵塚古墳の被葬者をはじめ東国の権力者はどのようなおもいだったのでしょうか。アクセスは白石稲荷山古墳をご覧ください(撮影2019年12月27日)。
PNG 喜蔵塚古墳所在地 21年10月7日作成

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室だけでなく基壇状の土留めをお見逃しなく!

 福山市の新市町にはあまり知られていないものの素晴らしい石室のある古墳があります。今回の大佐山白塚古墳もその一つです。同じ広島県三原市の梅木平古墳(クリック)、御年代古墳(クリック)、貞丸1号墳(クリック)も見応えがありましたが、平野部に築かれたそれら3基とは違い大佐山白塚古墳は、神谷川が流れる山裾を見下ろす標高188mの大佐山の山頂近くに築かれています。中腹までタクシーで行き、そのあとは動画冒頭にあるように古墳まで歩かねばなりません。見晴らしがよく、ここになぜ大佐山古墳群が築かれたかが手に取るようにわかります(今回のは通常 大佐山白塚古墳とよばれている1号墳で、それ以外にも数基残存)。公園として整備されているので藪を掻き分けてという必要もありません。  ようやく着いた白塚古墳ですが、市のHPやその他の説明で一辺12mの方墳、あるいは円墳となっています。動画を見返してみてどう考えてももう少し大きいように思われます。とりわけ、引いて1号墳をみると、基壇状の明らかに人工的な土台(土留め)に、方墳ないし円墳が載っているように見えます。この点を市の文化財課に聞いたところ、同様の見方があり、その場合、はるかに大きな墳丘ということになるとの指摘でした。ただ、発掘調査が行われておらず、確定的なことはいえないそうです。石室の出来具合、そのスケールの大きさ、2号墳以下との比較から、上円下方墳的な感じもします。  7C前半から後半の築造と推定される肝心の石室。説明も不要かと思いますが、同じ福山市の大坊古墳(クリック)と同様、方形上の角(かど)ばった開口部が目に入ります。高さが2m以上あるので立ったまま入室が可能です。幅も1.8mあります。長さ4mの羨道の最初の部分は天井、側壁が抜けていますが、そのあとは完存。羨道の天井石の大きなこと。びっくりです。そして、玄室。羨道との間には袖かなと思ったのですが、柱状の細い石が立てられています。上をみると鴨居上の石が渡っています。羨道幅と玄室幅は同じになります。無袖タイプの石室の途中に、羨道と玄室の境を示す柱と置いたようにもみえます。終末期になるほど、こうしたタイプが増えてくるそうです。玄室は長さ3.7mで奥壁は1枚の板石、天井があまり高くないので迫力は今一つですが、持ち送りのない畿内型といわれる長方形の箱型です。それにしても、表面を平らにした大型、中型の花崗岩(地元で採れる)を組み合わせた石室の見事さにはみとれました。完成度という意味では大坊古墳のほうが上ですが、周囲の様子、墳丘の残像状況という古墳の現況はこちらのほうが見応えがあります。古墳めぐりで福山市を訪れる方には、是非、見学をお勧めします。なお、草茫々では墳丘や基壇もよくわかりません。秋から冬をお勧めします。アクセスはJR福塩線新市駅です(撮影2020年3月9日)。 PNG 大佐山白塚古墳 所在地

↑このページのトップヘ