古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:08.円墳

土砂の堆積がなければなあ・・・


 今回も桜井市観光協会の「桜井の古墳探訪シリーズ④」(高家(たいえ)周辺の古墳探訪)を片手に訪ねた古墳です。行き方の詳細も画像とともに説明してあって、桜井周辺の古墳を訪ねる方は必携です(桜井駅にある観光案内所で入手できまる)。  肝心の古墳、とても一人では探しにくいところにあります。古墳名についているとおり竹藪の中にあり、見学用に観光協会の方の「藪刈り」(?)がなければ、発見は難しかったと思われます。しかも、開口部の土砂が半端ではありません。これが横穴石室なのか、しばし考えてしまいました。天井の板石の一部が欠落して、穴が開いているようにも見えたからです。覗いてみると、これはこれは、匍匐前進するしかない羨道が続いていました。桜井の横穴式石室を訪ねて(桜井市立埋蔵文化財センター、2010)によれば、現状、高さは80㎝とのこと。もっと低いように思いました。ただ、古墳探訪④の表紙は、長瀬藪1号墳の玄室です。羨道の先には、かなり立派な巨石を使った玄室が待ち構えているに違いない。そう信じて突入しました。 ライトの先には、たしかに奥壁が見えていますが、ほんの下部だけ。それでも左右の袖石が大きく、玄室幅が羨道幅よりも大きな両袖式ということはわかりました。5.8mの羨道をようやく潜り抜けると、長さ5.9m、幅2.5mの玄室が待ち構えていました。いつもながらドキドキしながら天井を見上げると、おや、それほど高くはありません。拍子抜けです。それもそのはず2.4mしかないのです。積もった土砂のためなんだそうですが、なにか寸詰まりな感じで、残念でした。本来は3m以上あるはずと前出「桜井の横穴石室を訪ねて」は記しています。奥壁は2段、側壁は3段から4段。  もっともこの玄室が如何に素晴らしいかは奥壁側に立って、羨道方向を見た時によくわかります。巨石を使った側壁と重厚なまぐさ石。探訪シリーズ④の表紙が、この角度からの画像を使っていることからもわかります。堆積した土砂が開口部を塞いでいる石室は数多くありますが、これを取り除けば全容がわかるのにと思うのですが、積もり積もった土砂も文化財の一部という考え方で、難しいのだそうです。うーん。一筋縄ではいかないものですね。周辺には平野古墳(高家ヒラノ2号墳)等(クリック)等他の古墳もあります。撮影2020年2月5日)。 PNG 長瀬藪1号墳 所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

遠くから墳丘を確認できる残りのよい石室の円墳
 土圧で開口部近くの側壁が大きく傾いた木虎谷9号墳(クリック)から北に50mほど上ったところに 今回の12号墳はありました。二つの古墳の間には他の古墳がないので、上っていくと、動画冒頭のように結構遠くから、墳丘全体が見えます。オーっと思いました。ずいぶん大きいなと。ところが、 有年地区埋蔵文化財詳細分布調査報告書(2017、赤穂市教育委員会)によれば、9号墳と同じ径13mの円墳です。残りが石室、墳丘ともによいとコメントされているので、データがない高さは4-5mといったところでしょうか。ただ石室は9号墳よりも一回り以上大きく7.8m(8号は6.5m)もあります。幅も10㎝広い1.7mです。高さは60㎝も高い2.1mです。玄室幅と羨道幅が同じ無袖式なのでよけいに長く、大きくみえます。かなり立派です。ただ、有年地区に多いとされる、玄室内に間仕切りのある祇園型石室ではありませんし、ごくオーソドックスな石室の印象です。  報告書では、開口部付近に閉塞のための土砂が溜まっているとのことでしたが、さほど入室に不自由なほどではなかったことは動画でご覧のとおりです。他方、開口部手前左側の石材は気になりますが、説明はありません。羨道側壁の一部なのでしょうか。ということで、今回は石室がお好きな方にのみ関心をもっていただける群集墳、木虎谷古墳群からの1基でした(21年2月18日撮影)。 PNG 木虎谷12号説明用 9号 8号との関係
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

幾多の天変地異を乗り越えた側壁に凄み!

 
 荒涼とした山裾に、こうした古墳が、数百と待ち構えている赤穂市有年地区の光景は、すさまじいとしか言いようがありません。google map の航空写真では一面木々に覆われていますが、その下には、今回の9号墳のような円墳の数々が並びます。しかも木虎谷だけでなく、塚山、惣計谷、奥山とトータルでいったいいくつになるのでしょうか。今回の9号墳は、古墳群の主墳格、木虎谷2号墳(クリック)と比べるとずっとフツーです。比較してご覧ください。 それにしても今回の9号墳、近寄ってみるまでとても入室できるとは思いませんでした。大きな石材が古墳の高まり近くに放置され開口部を塞いでいるように見えたからです。ただ、よく見ると狭いながらも土砂が堆積する羨道途中から入室できそうなことがわかりました。入ってみると右側側壁(奥壁からみて左側)が大きく傾き視野を遮ります。はじめは袖石かなと思ったのですが、そうではありません。動画最後でご覧いただけるように、押しつぶされた側壁の一部でした。ただ、その奥に見える玄室は、ほぼ無傷の状態で感心しました。キャプションにも書いたように、個々の石材はデコボコした自然石ですが、積まれた部屋全体は整然としています。石工のセンスのよさに思わず声が出ました(撮影2021年2月18日)。

PNG木虎8号 所在地

性格が異なる3基の石室が見学できる古墳公園

 
 線刻模様で知られる穴ヶ葉山1号墳(クリック)ですが、そのすぐそばに2号墳がひっそりとたたずんでいます。動画の冒頭にあるように、まず、目に入るのが実は今回の2号墳です。ただ、皆さんお目当ての1号墳に直行するらしく、スルーされているという印象です。たしかに、ご覧いただければわかるように、自然石を積み上げた素朴な石室で、大型の板石を用いた1号墳とはだいぶ違います。素人目には、2号墳のほうが早く造られたように思えます。小型の石室とはいえ、羨門の石材などは大型です。そして1号墳よりも高いところに築かれた穴ヶ葉山3号墳(クリック)の石室も、1号、2号とは違います。北九州に多い穹窿式の石室です。性格が異なる特徴をもった古墳石室を見学できるという点では、このミニ古墳公園は貴重です。 PNG 穴ヶ葉山古墳群 所在地

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ