古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:08.円墳

妙見山との対比が美しい石室完存の円墳


 東山古墳群は7C初頭から後半の間(古墳時代の終焉に近い頃、前方後円墳の築造は終了している)に妙見山のふもと、標高400mほどの丘陵に築かれた16基の群集墳で、現在、1号墳はじめ12基が公園内に保存されています。南西方向には加古川の支流、杉原川が流れています。古墳群は1996年から99年にかけて発掘調査され、その成果に基づき復元されています(もちろん破壊が著しいものもあります)。古墳を遮る構築物は周囲に何も見当たらず、古墳時代当時に思いをはせる景観が残されている点が魅力です。30m、幅広の段築にお椀をかぶせたような墳丘の1号墳。堂々として立派です。さすが東山古墳群の最初の盟主墳だけのことはあります。おわかりのように出土した須恵器製の高坏なども棺とともに再現されています。耳環、太刀、鉄鏃も出土しています。

最後に築かれた東山15号墳(クリックすれば飛べます)を紹介した際に最初に造られた1号墳と石室の長さがほぼ同じ約15mという点が面白いと書きましたが、たしかに1号墳は12.5m15号墳は12.4mです。ただ、1号墳は玄室と羨道の長さが6.25mと同じなのに対して、15号墳は玄室の長さは4.4m、羨道は8mで、羨道の長さが際立ちました。その羨道の床の敷石は単に川を並べただけではなく、何層か重ねてあること、羨道開口部にいくにしたがい傾斜しており排水の機能をはたしていたことなどもわかっています。今回の1号墳の魅力を一つあげるとすれば、左片袖が明瞭という点ではないでしょうか。玄室幅が羨道幅よりも奥壁からみて左に偏った石室が、左片袖とよばれるタイプですが、あまりないタイプです。実際、東山古墳群中袖のあるなしがわかった8基のうち、右片袖式が3基、15号墳を含む両袖式が3基、無袖式が2基で、左片袖式は今回の1号墳のみです(巨大石室墳を掘る、20003月、兵庫県多可郡中町教育委員会)。アクセスは15号墳の頁をご覧ください(撮影20191212日)
PNG higashiyamakofungunn (1号墳)場所
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

どうでしょう?このまぐさ石の巨大さ!

 動画の編集をしながら、撮り忘れてしまったなと後悔することはしばしばです。今回の百合畑古墳群もその一例です。鬼の窟古墳や、掛木古墳笹塚古墳等壱岐島のメインスポット、巨石墳を博多に戻るフェリーの時間までにまわらなければならないと気が焦っていたのだと思います。小型の前方後円墳4基と19基の円墳からなる百合畑古墳群。公園として整備されているのですが見学が十分にできる横穴石室のある古墳は今回の18号墳一基だけ。そんなこともあって綺麗に刈込された墳丘の数々を素通りしてしまい、動画として十分に残っていないのです(15号墳は18号墳の前にその全体像をかする程度に紹介しています)。なので今回の動画、6C末から7C初頭に築かれた古墳群全体の雰囲気が伝わるには不十分です。

 それはともかく18号墳、羨道は欠損しいきなり玄室ですが、そのまぐさ石(羨道と玄室の境に架けてある石)の巨大さはあきれるほどです。島全体が玄武岩からなり石材の調達には不自由しないとはいえ巨石墳に葬られた人々よりは下位の人々の墓にも、これだけの巨石をつかっているのですから驚きです。奥壁と側壁の石積み、天井に向かって内傾する持ち送りも美しいカーブを描いています。羨道が残っていればなあと思わずにはいられませんでした。残念ながら石室の規模に関するデータがどこにもなくキャプションの数字はあくまで参考です(撮影2019326日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

甲府盆地を見下ろす石室完存の円墳
 なんとものどかな名前の古墳と思ったら牧童ではなく牧洞でした。それはともかく、墳丘のある斜面からは甲府盆地の南端にのぞく富士山(山梨県側からの)がみえます、それは雄大な眺めです。動画3の後半でその様子がご覧になれます。牧洞寺古墳、既に紹介した天神塚古墳(クリックすれば飛べます)のすぐ近くに並ぶように築かれています。それもそのはず、二基は岩下古墳群に属し、現在では石室が完存する貴重な古墳なのです。とはいえ現状は天神塚古墳よりもこちらのほうが周辺は遮るものがなく、当時を想像するには有利です。

 長さ10.6mの横穴石室は無袖式。そのためか玄室と羨道の境目がよくわからないのが残念です。山梨市文化財調査報告書(1993-1996)では、1996年に墳丘の調査を行い、墳丘には石が鉢巻状態にまわっていた可能性があることを指摘しています。短期間の調査のため結論は出していませんが、現在墳丘を覆う緑は薄い耕作土であって、その下は拳大の石でおおわれているようです。おそらく、神奈川県秦野市の桜土手古墳群(クリックすれば飛べます)のような姿ではなかったでしょうか。

 南東方向を向いた石室の開口部は現状でははっきりしませんがㇵの字型の前庭部があったようです。石材の使用具合が巧みで、全体としてバランスがとれています。特に大型の鏡石の奥壁と中型の石材を用いた側壁の対比はなかなかのものです。そして開口部に向かう動画3でよくわかりますが天神塚古墳同様、天井の板石に圧倒されます。ただ、天井が低く

空間を味わうということころまではいきません。また、石室に入るとすぐに気が付いたのがコンクリートの長方形の石材と床でした。側壁が内圧で傾きかけたことに気づいた所有者が補強されたそうです。そうした後世の加工があるとしても非常によく残されていることに感心しました。これは所有者の熱意以外のなにものでもありません。JR中央線の春日居町駅に急ぎながら裏富士をはっきり確認できたのがラッキーでした(撮影20191114日)。
PNG bokudoujikofunnto fujisan no 関係

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

朱で描かれた円文が確認できる複室構造の石室

この日は善院古墳群(クリックすれば飛べます)のところでも書いたように、久留米駅から田主丸方面行きのバスに乗り、まず、お目当ての装飾古墳、前畑古墳を訪れました。久大本線の北側を流れる筑後川沿いは古墳街道といってもよいほどいくつもの古墳が築かれており、装飾古墳も数多く残されています。年に春秋の2回、一斉公開の時期があるそうですが、今回はいつも見学可能な前畑古墳です。個人のお宅内ですが久留米市か福岡県が立てたのでしょうか動画1の冒頭にみる立派な石柱が迎えてくれます。お声がけをしてからというのがマナーですがどなたもおられず、道路脇に残る墳丘に近づいてみました。

 削平されていることは明らかですが説明板によれば径20m、高さ4.5mの円墳と思われるのこと。西(記憶が曖昧です)を向いて開口する石室は長さ8.5m。羨道は説明板の実測図からすると3mですが、天井板が抜けている部分を加えるともう少し長い気がします。九州の石室に多い複室構造です。ただし前室は長さ1.5mほどとかなりこぶりです。玄室との境の袖石は巨石で、入り口を狭くして玄室の広さを感じさせる視覚効果を狙っているように思いました。

 説明板によれば奥壁、側壁、前室の柱石、天井の板石に朱に塗られた同心円、円が書かれているのですが、剥落が著しく、なるほどと確認できるのは奥室(玄室)の奥壁と側壁だけでした。それでも1400年ほど前に描かれた文様が目の前にあると思うと不思議な感覚に襲われました。出土品は豪華で杏葉(ぎょうよう)等の馬具、金環、桂甲小札、刀子などが確認されており、築造時期は6C末とみられています(撮影2020220日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ