古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:07.方墳

津波に飲み込まれなかった2基の古墳


  2011年3月11日。東日本大震災による大津波は南相馬市の新田川を3㎞さかのぼり、墳長74.5mの前方後方墳桜井古墳の墳丘裾まで到達したそうです。訪れた時には既にがれきは取り除かれていましたが、動画冒頭の住宅周辺でも犠牲になった方もおられたと聞きました。今回は、 桜井古墳(クリック)を中心とした古墳公園の東西端に残る桜井古墳群の2基の古墳。方墳の7号墳と円墳の2号墳を紹介します。桜井古墳の東側200mほどのところにある7号墳は、一辺27.5mの方墳。整備されていることもあり草に覆われた夏の終わりでも方墳ということはよくわかります。説明板によれば方墳としては規模が大きく、しかも墳頂の木棺からは布に包まれた銅鏡が見つかったそうで、貴重だということです。同じ頃に築かれた桜井古墳の埋葬施設は発掘調査されていませんが、7号墳と同じような形式で、副葬品は7号墳よりも豪華ではなかったかとみられているようです。他方西側桜井古墳の100mのところに残る2号墳は、径20mの円墳で、時期は5Cに下るそうです。木立の中に残る2号墳は、堂々とした前方後方墳桜井古墳と比べると、その愛らしさが目立ちます。木棺直葬の痕跡があり鉄鏃片が確認されているそうです(撮影2017年9月5日)。
PNG 桜井古墳群所在地

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠を含め残りのよい中型の方墳


 夫婦塚とも呼ばれているようですが100mほど離れた距離に2基の古墳。聖塚は一辺54m、今回の菖蒲塚(あやめ塚)古墳は一辺32mの方墳です。聖塚の説明にも書きましたが、圃場整備がこの両古墳の重要性から撤回され、水田を含め周囲の景観を損なうことなく保存されているのは すばらしいことです。  肝心の古墳ですがあやめ塚のほうが幅6mの周濠部分を含め保存されているので聖塚(幅12mの周濠がめぐっているが、現状はずっと幅が狭い)よりも墳丘規模は小さいにもかかわらず、なかなかの風格です。また、聖塚では現状では十分に観察できなかった造出しが墳丘南側にはっきり見えるのもいいですね。方墳としては一回り以上大きな聖塚よりも、あやめ塚古墳のほうが早く造られたとみられています。したがって埋葬施設は、過去に聖塚で粘土槨が確認されていることからすればあやめ塚も粘土槨ではないかと考えます。
 墳丘の美しい方墳でしたが、今回のように草刈り直後という偶然にも助けられたと思います。草茫々の時期もあることは覚悟しておかなければなりません。事前に綾部資料館など行政に問い合わせればわかる場合もあります(私はよくそうしています)。 説明板によれば造出しは2段に突出する特異な形態だそうですが、現状からはよくわかりませんでした。確認されている葺石と埴輪列。石の山よりも現状のほうが美しいようにも思うのですが(撮影2020年6月23日)。 PNG 聖塚古墳と由良川 21年6月24日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ