古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:05.帆立貝形前方後円墳

よくできた復元古墳 三吉石塚古墳

 今回紹介する中期古墳は、既にアップしたナガレ山古墳(クリック)、巣山古墳(クリック)と同様、奈良盆地の馬味丘陵に広がる馬味古墳群に属する墳長45mの三吉石塚古墳です。前方後円墳に分類されますが前方部が短い帆立貝式の古墳で、前方部の東側、手が届きそうな所には馬味古墳群中でも墳長200mを数える新木山(にきやま)古墳が位置します。両者の関係にどうしても興味を持たざるを得ませんが、三吉石塚古墳は陪塚なのでしょうか。陪塚にしては築造時期に隔たりがありすぎる(三吉石塚は5C後半、新木山は5C前半)との指摘もあるようです。

それにしても新木山古墳の大きさには圧倒されます。周濠を一周し三吉石塚古墳に戻ると規模の違いを実感できます。陵墓参考地のために新木山古墳は立ち入り禁止。他方、当時の姿に復元された三吉石塚古墳は墳頂に立つことができますし、天候に恵まれれば二上山を望むことができます(訪ねた時には生憎の雨)。その二上山麓からは後円部の葺石が運ばれているそうです。前方部の東南部側には他に例をみない張り出しがみられます(説明板)。

アクセスは近鉄高田駅から竹取公園東口行で赤部駅下車し、バス停進行方向一つ目の信号を左折し、右に見えてくる新木山古墳沿いに400mほど歩くと正面に墳頂が見えてきます。バスは一時間に一本です(撮影2015年11月25日)。

PNG miyoshiishizuka zu

三吉石塚古墳基本データ

所在地 北葛城郡広陵町大字三吉字石塚

形状 前方後円墳(帆立貝式)

規模 墳長45m、後円部径41.4m 高さ6.5m、前方部幅22m

二段築成

築造時期 5C後半

出土品 円筒、朝顔、繖(きぬがさ)家等の形象埴輪

史跡指定 県指定

特記事項 前方部南東隅に他に例のない張り出し部が存在している(動画4


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 箸墓古墳の後に築かれた帆立貝形前方後円墳
 今回の中期古墳は奈良県桜井市の茅原大古墳です。簡単な位置関係の図からおわかりのようにこのブログで最初に紹介した箸墓古墳、84日アップのホケノ山古墳からほど近い三輪山の西の裾に位置しています。築造は前方後円墳出現期のホケノ山、定型化された最初の前方後円墳である箸墓、そして茅原大墓の順で行われたようです。動画3でも紹介していますが墳頂からは手に取るように緑に覆われた巨大な箸墓の墳丘がみえます。

今回の主役茅原大墓古墳ですが、ホケノ山古墳を後にして纏向川を渡ると、ひっそりとしたたたずまいの家並の先に田畑が広がります。そして三輪山のほうに目を向けると動画1の墳丘が目に入ります。実に印象深い景色です。その威容を遮るものがほとんどないのです。5段に見間違いそうな墳丘ですが後円部3段、短い前方部は2段の帆立貝式の前方後円墳です。墳長は86mです。十分な大きさだと思いますが、箸墓古墳以後200m超級の墳丘を持つ巨大前方後円墳を築造してきたこの地の中ではぐっと小規模ということになります。なぜなのかと思っていたところ偶然に次のような専門家の解釈を見つけました。そういうことだったのかと納得しました。長くなりますが引用します。

「茅原大墓古墳は、奈良盆地東南部で3世紀代から続く大型古墳の系列の最後に位置付けられます。この地域では、それ以前は200m以上の巨大前方後円墳が築造されてきましたが、4世紀後半以降になるとそうした巨大古墳は築造されなくなり、かわって奈良盆地北部や河内地域において集中して築造されるようになります。これは当時の政権内における勢力変動を反映しているとされており、この時期になると奈良盆地東南部の勢力は衰退し、盆地北部や河内地域を根拠とする勢力がより強大になったと考えることができます。茅原大墓古墳は全長約86mとそれ以前の巨大な前方後円墳に比べると著しく小さくなっています。また「帆立貝式古墳」とよばれる古墳の形態は、茅原大墓古墳と同じ4世紀末頃より多く見られるようになりますが、これは前方後円墳を築造することが「規制」された結果、創出されたものという考え方があります。茅原大墓古墳に葬られた首長も、そうした規制を受けた可能性があります」(国史跡茅原大墓古墳第5次調査現地説明会資料、2012218日、桜井市教育委員会)。

アクセスは略図に書きましたようにJR桜井線巻向駅から南に徒歩で20分です。案内版がしっかりしているので迷うことはないでしょう(撮影日2015年10月22日)。PNG chiharahoka 三墓の位置関係
PNG chiharaoohaka zu



茅原大墓古墳データ

所在地 奈良県桜井市茅原

形状 帆立貝型前方後円墳

規模 墳長86m、後円部径56m 高さ8m、前方部幅29m 高さ2m

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、家形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 出土した盾持人埴輪で最古。

C後半からはじまる奈良盆地東南部の巨大前方後円墳の築造は4C後半には終わり、その最後に位置づけられるのが茅原大墓古墳。しかしそれまでの200m級の巨大古墳に比べればはるかに小規模の86mにとどまる。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

東京に残る武具出土の帆立貝型前方後円墳




 今回紹介するのはいよいよ東京の古墳です。といっても墳丘が素人の目からみても古墳とわかるのは5C中頃に築造されたといわれる野毛大塚古墳しかありません。今でこそ開発の波が押し寄せ削平されたところが多いとはいえ東京、旧国の武蔵の多摩川流域には多数の古墳が前方後円墳をはじめ存在していました。いずれ紹介する前期の多摩川古墳群も、雑木林が生い茂ったままですが長期にわたり墳墓が築かれてきました。

肝心の野毛大塚古墳は遠くから見ると円墳にしか見えません。しかしよく見ると北側に短い前方部がついていることがわかります。長さは15mです。後円部が67mですから、いかにもアンバランスで、上から見ると帆立貝にそっくりです。専門家はこの形式を帆立貝式前方後円墳と名づけました。この様子は動画4でじっくり見ていただけます。なるほどという感じです。

それにしてもなぜ本格的な前方後円墳ではないのでしょうか。専門家の池上悟さんはこの点について「在地首長墓の前方後円墳から帆立貝式(円)墳への転化は、決して内在的な要因で決定されたものとは考えられない。地方勢力の糾合を基盤として覇権を争った畿内有力諸集団
動向を鋭敏に反映した事業として理解されるところであり、河内王権に直像した地域勢力の扶植として位置づけられよう」(池上悟「多摩川流域における首長墓の様相」、季刊考古学別冊15 武蔵と相模の古墳、2007年)と分析しています。

 いささか難しい記述と思われるかもしれませんが、要は、被葬された首長が勝手に帆立貝式に決めたのではなく、5Cに中央集権を確立し超大型の前方後円墳を築き続けていたヤマト王権が地方の首長を影響下に置いた証として帆立貝式の前方後円墳の築造を認めたということなのでしょう。実に興味深いですね。当時の野毛の地域は中央のヤマト王権と密接な関係を有していたということになります。それは、甲冑、鉄剣、直刀、鉄鏃はじめ豪華な副葬品からも明らかです。

古墳は東急大井町線上等々力駅から歩いても15分ほどのところにあります。駅を南に500mほど下り等々力不動尊の信号(環状八号線)を右折して400mほどの左手の玉川野毛町公園内にあります。駐車場とテニスコートがみえます。野毛大塚公園のワンブロック手前には、等々力渓谷公園があり小規模な終末期の横穴石室も見ることができます(撮影2016年10月17日)。
PNG nogeootsukakofun zu 修正の最後

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ