古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:05.帆立貝形前方後円墳

竪穴式石室が見学できる珍しい古墳


  少々変わった名称の古墳群長福寺裏山古墳群の2回目。前回は2基の前方後円、長福寺裏山古墳群1(双つ塚古墳と東塚古墳)(クリックすれば飛べます)でしたが、今回の帆立貝形の前方後円墳、それに方墳、円墳とバラエティに富んだ古墳群です。この古墳群が魅力的なのは、史跡公園のなかに古墳の大半を自然保存しつつも墳形がわかるようにこまめに草刈をしながら現在の我々に往時を偲ばせてくれているところです。

肝心の帆立貝形前方後円墳の千人塚古墳は極めてまれなケースですが、墳頂下にある竪穴式石室が見学できます。墳長は43mと決して大きくはありませんが周濠と周堤越しに見る墳丘はずっと大きくみえます。竪穴石室は結構深いところにあり、現在では前方部側を向いた盗掘孔側の階段を降りて石室をみることになります。もっとも現地説明板によればもともと横口式石槨が前方部側にあったとの見方もあるようです。それはともかく長さ3m、幅、高さとも80㎝の石室は扁平な石を積み上げてできています。同じく竪穴石室を見ることができる香川県の高松茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)。と比較してご覧になると違いや類似点がわかると思います。実は墳頂直下にもう一つ石室があるのだそうですが破壊が著しく見た目にも確認できませんでした。

出土品は須恵器や埴輪の一部などごくわずかですが興味深いのは長福寺裏山古墳出土とされる短甲が米国のメトロポリタン美術館に収蔵されているということです。盗掘された短甲がどのようにして米国に渡ったのか興味深いところです(撮影2017926日)。


PNG senninzuka kofun okayama zu
PNG choufukujiurayama kofungun ichikankei

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

見応えのある周濠、周堤が残る古墳 



 今回の後期古墳は名古屋市で最も高い標高の東谷山(とうごくさん)及びその周辺に築かれた志段味古墳群から勝手塚古墳です。既にいくつか紹介した志段味古墳群の中では、志段味大塚古墳よりも後の6C初に築かれたと考えられています。中社、南社古墳が築かれた東谷山を背景に庄内川が流れ、古墳時代の人々が利用したであろう川沿いに古墳が点在しています。今回の勝手塚古墳は墳長53mの前方後円墳でも前方部が短い帆立貝式を採用、径41mの後円部に対して前方部幅は約20mに過ぎません。後円部テラスには円筒埴輪が並び、墳丘には葺石が置かれていました。キャプションでも触れましたが周濠と周堤が西側を中心によく残っています。勝手社の社殿が建っている後円部に立つと短い前方部が確認できます。後円部頂の社がなければさぞかし墳丘全体を観察できるのにと思う一方、神社がなければ破壊はこの程度で済まなかったと思われます。痛しかゆしですね。志段味古墳群は名古屋駅からも近く、しかも前期から終末期までのさまざまな古墳を訪ねることができるのでお勧めです。地図でもおわかりのようにそれぞれの古墳は近接しているので1日あればゆっくり見学できます。その場合、JR高蔵寺駅から庄内川を渡り、今回の勝手塚古墳、東西の大久手古墳(未アップ)、志段味大塚古墳白鳥塚古墳中社、南社古墳、尾張戸古墳神社(未アップ)、東谷山白鳥古墳の順でまわるのがよいでしょう(撮影2017117日)。PNG kattezuka douga zu
PNG shidamikofungun to kattezuka

勝手塚古墳(志段味古墳群)基本データ

所在地 愛知県名古屋市守山区

形状 前方後円墳(帆立貝形)

規模 墳長53m、後円部径41m 高さ7.6m、前方部幅約20m 高さ不明

2段築成、葺石あり、周濠、周堤あり

築造時期 6C初

埋葬施設 不明

史跡指定 志段味

出土品 円筒、人物、朝顔、きぬがさ埴輪

古墳群として国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

可憐という言葉がぴったりの帆立貝形古墳

前橋市教育委員会発行のパンフレット、「朝倉・広瀬古墳群」の表紙には「群馬の古墳時代はここから始まった!!」あります。鍵になるのは利根川水系の広瀬川で流域の南側台地に150基を越える古墳が4Cから6Cにかけて次々に造られたようです。現在では今回の亀塚山古墳をはじめ7基(一部を含む)が残されているにすぎません。既に古墳踏査をはじめた頃に早速訪れた墳長130mと大型の前方後方墳 前橋八幡山古墳、墳丘に葺石が数多く残る墳長104mの前方後円墳 前橋(天川)二子山古墳などをアップしています(クリックすれば飛べます)。今回、改めて最も東側にあり前期4C前半に造られたと考えられる文殊山古墳、阿弥陀山古墳(クリックすれば飛べます)から広瀬川沿いを西に向かって歩いてみました。亀塚山古墳はその両古墳から西に500mほどのところにありますが造られたのはずっと下り後期の6C前半といわれています。古くから墳丘が亀の形をしていることから亀塚山古墳と呼ばれてきたようです。古墳公園として住宅や道路に囲まれた一角に残された姿は、ああなるほどと思わせるところがあります。墳丘がだいぶ崩れ短い前方部と周濠の境がよくわかりませんが(動画2)、後円部と前方部の高さの違いはよくわかりますし、後円部墳頂からの赤城山方向の眺めは格別です。

アクセスはJR両毛線前橋大島駅から徒歩30分ほど。前橋大島駅南側にある県道2号線を左折し4つ目の信号 下大島町の信号(二股になっている)を右に進み一つ目の信号を南に歩き広瀬川を渡ります。川沿いに50mほど東南方向に歩くと右手にあります(撮影201727日)。

亀塚山古墳基本データ

所在地 群馬県前橋市

形状 前方後円墳(帆立貝形)

規模 墳長60m、後円部径40m 高さ6.5m、前方部幅15m 高さ1.5m

葺石あり 周濠あり

築造時期 6C初頭

出土品 埴輪片

史跡指定 前橋市指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

ポツリと残る帆立貝形前方後円墳

 今回紹介する後期古墳のおくま山古墳は後に埼玉県の豪族比企氏(藤原秀郷の末裔といわれる)が支配した地域にあり、中期(前期ともいわれる)には墳長115mの野本将軍塚古墳が築かれています(いずれ紹介します)。おくま山は後期の6C前半の築造といわれ墳形は前方後円墳よりは格下の帆立貝形です。同じ地域には6C後半に帆立貝形とも円墳といわれる径90mもある冑山古墳が築かれています。同じ頃、埼玉県のさきたま地域には金錯銘鉄剣が発見されたことでよく知られ稲荷山古墳、二子山古墳等たさきたま古墳群を形成する古墳の数々が築かれました。さきたま古墳群に比べほとんど注目されていない一群の古墳に注目してみるのもよいかもしれません。もっともさきたま古墳群と違い、それぞれの古墳はかなり離れています。帆立貝形古墳からは武器武具などが出土することが多いそうですが(武蔵では野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)、今回のおくま山古墳からは埴輪のみのようです。多くは盗掘されたのでしょう。ただ、埴輪のなかには盾をもった盾持ち型埴輪4体がみつかっているそうで、帆立貝形古墳のおくま山古墳には武器武具を多用した人物が葬られていたのではないかと想像をたくましくしてみました。現状の墳形は崩れてはいますが帆立貝形であったことはわかります。願わくばこれ以上破壊されないようにと祈るばかりです。アクセスは東武東上線東松山駅から徒歩で野本将軍塚古墳に寄り、そのあとおくま山古墳を訪れました。国道254号と407号が交差する東側100mほどのところにあります。(撮影2018年1月11日)
PNG okumayama kofun zu

おくま山古墳基本データ

所在地 埼玉県東松山市

形状 前方後円墳(帆立貝形)

規模 墳長62m、後円部径40m 高さ7m、前方部幅20m 高さ1.5m

築造時期 6C

出土品 盾もち人埴輪4体、円筒埴輪片

史跡指定 県指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ