古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:05.帆立貝形前方後円墳

伊勢地域の首長墓、2基からなる宝塚古墳]
  だいぶ前に訪問したのですがアップが遅れてしまいました。全長140㎝の船形古墳が出土した前方後円墳の1号墳に比べ、そのすぐ北にある今回の帆立貝型前方後円墳の2号墳はあまり言及されることがないようです。でも改めて編集のために動画素材を点検したところ短い前方部の半分ほどが道路建設で削平されていること以外、墳丘の残りも段築が明瞭でなかなかのものだと思いました。全長90mもあります(動画1のキャプションでは径90mと書いたのは誤りです)。

 10mほどの墳丘に登ると、墳頂には礫(小石)が敷き詰められた葬送儀礼のための区画があった確認されたようですが、残念なことに現在、その場所は記されていません。愛知県名古屋市の白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)も同様の区画があり、こちらはその位置がわかるように復元されています。   

 2号墳の墳頂からは南側に1号墳、1号墳からは北側に2号墳が木立越しに見え、両者が密接な関係にあることがよくわかります。築造時期は1号墳が5C初頭、ついで2号墳が5C前半と考えられているそうです。残念ながら1号墳のような多数の形象埴輪が墳丘に立っておらず朝顔型の埴輪が葺石が葺かれた墳丘にまわっていたようです。2号墳は1号墳に続く首長墓とみられていますが、全国古墳編年集成(石野博信編、1995)をみると2号墳以降この地域に墳長100m前後の大型の古墳は築かれていないようです(撮影20151119日)。
PNG dougasatsueiihi takarazuka2goufunto
PNG takaraduka kofun chizu

宝塚2号墳基本情報

所在地 三重県松阪市

形状 帆立貝型前方後円墳

規模 墳長90m、後円部径83m 高さ10.5m、前方部幅40m

高さ 2.9m、後円部3段、前方部2段 築成

築造時期 5C前半

出土品 朝顔型埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 宝塚1号墳造出し出土の船形埴輪は全長140㎝と国内最大


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

帆立貝型前方後円墳としては墳長130mと最大


近鉄田原本線の池部駅の目の前に広がる河合町総合スポーツ公園。実に広々として四季折々の花々が楽しめる公園をそのまま南に歩くと、いつの間にか大型の古墳が点在する馬見丘陵公園に入ります。三度訪問しましたが飽きません。駅から30分ほどでしょうか。最初に見えるのがgoogle map からはみ出ている池上古墳です。ついで今回紹介する帆立貝型前方後円墳の乙女山古墳が左手にみえ、その南側にある池の向こうには前方後円墳の一本松古墳、倉塚古墳があり、その右手には復元された前方後円墳ナガレヤマ古墳の葺石が光ります、そして公園の敷地を越えたところには墳長220mの超大型の前方後円墳、巣山古墳があります(池上古墳、倉塚古墳以外は古墳名をクリックすれば飛べます)。これらの古墳は馬見古墳群の中央群として整理されていて古墳時代中期、5C中頃までに造られたと考えられています(池上古墳から巣山古墳までは1.5㎞ほど)。この中央群に加えて墳長200mを越える前方後円墳が含まれる北群、南群があるわけですから壮観です。これらの規模からして古代豪族葛城氏の墓域との見方もあるようです。

今回の乙女山古墳、墳長130mもあり帆立貝型前方後円墳としては日本最大です(第二位は群馬県太田市の女体山古墳(クリックすれば飛べます)。そのためもあるのでしょうが、いつ訪れても緑に覆われていて墳丘全体をとらえることは困難です。ようやく今回、周濠にかかる渡り土手を通って短い前方部を歩き、その形を確認しました。その後、墳頂に向かって登ってみましたが思ったよりも斜面が急なうえ、鬱蒼と生い茂った竹林に阻まれ全体を動画で捉えることは残念ながらできませんでした(撮影201843日)。

乙女山古墳基本情報

所在地 奈良県河合町

形状 帆立貝型前方後円墳

規模 墳長130m、後円部径104m 高さ14.7m、前方部幅2m 高さ3.5m、葺石、周濠あり

築造時期 5C前半

出土品 円筒埴輪、形象埴輪、滑石製模造品(勾玉、紡錘車、刀子など)

史跡指定 国指定

特記事項 帆立貝型前方後円墳としては最大規模



PNG 馬見古墳群(中央群)図

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

帆立貝型前方後円墳と方墳、円墳が一度に・・・


   関西に詳しくない者にとって今回の寛弘寺古墳群のある河南町といってもなかなかピンときません。そこで地図を用意しましたが大阪府の南部、東は山を越えれば奈良、南に下ればすぐそこは和歌山ということがわかります。かなり広い町です。既に河南町の古墳は雪に覆われた見事な双円墳、金山古墳を紹介していますがご記憶の方はおられるでしょうか(クリックすれば飛べます)。寛弘寺古墳はそこから北に2㎞ほどあがったところ、河南町を南北に流れる千早川西側の丘陵にあり公園として整備されています。

 近鉄長野線の富田林駅からバスで15分ほど五軒家で下車すると道沿いに寛弘寺古墳公園の看板が出ています。丘に登ってみると広大な農地が広がっていました。説明板によれば、農地開発事業の際に古墳が多数確認され10年を超えて発掘調査が行われその数は92基にのぼったそうです。4C央から7C初めまでの間に築かれたといいますから、長い間この地は付近の豪族の奥津城だったのでしょう。そのうちのわずか4基だけが古墳公園として整備されているわけです。動画1の冒頭、ややわかりにくいですが円墳の4号墳→方墳の6号墳→帆立貝型前方後円墳5号墳の順で紹介しています(7号墳は6号墳の北端にある小規模の円墳)。4号と5号はほぼ同じ径29mほどの円墳と帆立貝型前方後円墳で6号は一辺21mから22mの方墳です。いずれも中小クラスの墳墓ですが、実際に見る大きさは計測された数字よりも大きな印象です。とりわけ動画3の方墳、6号墳はどこからみても非常に目立つ存在だったのではないでしょうか。築造時期は5号→4号→6号の順に5C前半から後半の間と考えられているようです。出土品は5号墳から円筒埴輪、船形埴輪が確認されています(撮影2019712日)。

PNG kananchou no 位置
PNG kankouji kofungun dougasatsueiichiPNG kankoujikofunngunn no各古墳位置修正版

寛弘寺古墳群基本情報

所在地 大阪府河南町

形状 帆立貝型前方後円墳、円墳、方墳

規模 5号墳(帆立貝型)径22m+長さ45mの造り出し、4号墳(円墳)径22m6号墳(方墳)一辺2122mの方墳(いずれも高さの情報なし)、動画では紹介していないが径12mの円墳7号墳

築造時期 4C末から5C初(中期)

出土品 5号墳から円筒埴輪、他は不明

史跡指定 国指定

特記事項 公園化された4基以外に開発で消滅した多数の古墳が存在した。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

圧倒されるほどの迫力の後円部


   吉岡大塚古墳(行人塚以外はクリックすれば飛べます)を最北端に和田岡古墳群は原野谷川(はらのや川)沿いの台地に、春林院古墳瓢塚古墳、行人塚古墳、各和金塚(かくわかなつか)古墳と中期の古墳が並んでいます。

個人的には瓢塚古墳がお気に入りです。それはともかく、各古墳の雄姿を今回の各和金塚古墳で一とおり紹介したことになります(前方部が欠損した行人塚古墳はさわり程度)。北から南に歩き最後が動画冒頭でおわかりになるように雑木林が生い茂る丘陵の頂上付近にあるのが各和金塚古墳でした。いずれの古墳もさほど墳長はなく前方後円墳といっても前方部が短い帆立貝型。なのになぜ国の史跡指定を受けたのか若干の疑問でした。しかし専門的な調査によれば和田岡古墳群を構成するどの古墳も墳丘の残り、保存状態がよいという点が評価されたようです。

 各和金塚古墳の特色は雑木林のなかに威圧されるほどの迫力で迫る後円部でしょう。吉岡大塚古墳のところでも触れましたが後円部と前方部の比高差が結構あるのです。6.5m4mと数字の上ではさほどではありませんが、墳丘に登り前方部を見下ろすとなかなかのものがあります。しかも墳頂には竪穴石室の天井板石が露出しており埋葬施設を実感することができます。もっとも地山を利用して造られているためもあって遠くから墳丘全体を眺めることができません。驚いたのは石室の盗掘が行われたのが1974年ということでした。

どんな人物がどんな気持ちで盗掘したのか知りたいものです。それでも鉄製武器や武具、農工具、石製模造品が発掘調査の結果確認されています(撮影2018517日)。
PNG kakuwakanazuka kofun(wadaokakofungun) zu

PNG wadaokakofungun zu

各和金塚古墳基本情報

所在地 静岡県掛川市各和

形状 前方後円墳(帆立貝型前方後円墳)

規模 墳長66.4m、後円部径51.2m 高さ6.5m、前方部幅20.5m 高さ4m、葺石あり

築造時期 5C

出土品 武具、農工具、石製模造品

史跡指定 国指定

特記事項 竪穴石室の天井板石が数多く露出している  



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ