津波を目の前にした前方後円墳
 今回紹介する前期古墳は墳長約75mの前方後方墳の桜井古墳です。JR常磐線の原ノ町駅の東1.5㎞ほどの新田川を見下ろす台地に位置しています。2011311日、東日本大震災による高さ10mほどの津波が桜井古墳を襲ったことは報じられていたので、いずれは訪れたいと思っていました。海からは3㎞ほどのところです。既に紹介した宮城県岩沼市の亀塚古墳も近くまで津波が押し寄せたことは知られていますが、桜井古墳の場合、墳丘の目の前まで津波が押し寄せ、周囲はガレキの山という状況だったようです。

震災から6年半、ようやく現地を訪れることができました。道を尋ねた古老は新築された家を指しながらあそこでも二人が犠牲になったよと話されましたが、もちろん、当時の爪痕は残っていません。南相馬市の文化財担当の方の話によれば津波は動画4に示すように河川敷ギリギリで止まり、墳丘には押し寄せることはなかったようです。新田川を支配していたはずの二人の被葬者はどのような思いでこの大津波を見ていたのでしょうか。

肝心の古墳ですが、前方後方墳ということがよくわかる復元ぶりです。後方部は一辺45m47m。南北がやや長い方形で高さは6.8mもあります。たしかに後方部から見る高さ3mしかない前方部はかなり傾斜がきつくみえます。前方部幅は30mしかなく全体としてきれいなバチ型をしています。本格的な発掘調査は行われていませんが、割竹形の木棺が二基、後方部頂にはあったようです。陥没した坑から推定しています。二基というのも興味深いところです。どのような関係にあった二人なのでしょう。墳丘は緑濃く形状を観察するにはギリギリのタイミングでした。やはり草が枯れた冬場がベストです。ただし、青空がのぞいたということもあり、保護色に染まった墳丘はなかなかの風情でした。

なぜ前方後円墳ではなく前方後方墳なのでしょうか。既に紹介した中通り(福島は西から会津、中通り、浜通りと三区分されている)の大安場古墳(クリックすれば飛べます)が前方後方墳でした。今回は太平洋岸に近い浜通りで前方後方墳です。なにか理由があるのでしょうか。思い出すのは下野(栃木県)では駒形大塚那須八幡塚上侍塚下侍塚古墳(いずれもクリックすれば直接飛べます)などが前方後方墳としてこの頃に盛んに造られています。相互に交流があったことが考えられます。

葺石、埴輪はなく他方、動画からおわかりのように後方部は三段築成、前方部は無段です。

周濠があったといわれていますが、河川敷側はかなり狭く、どのように巡っていたのか気になるところです。出土品としては底に穴の開いた(底部穿孔)壺が知られています。

 今回は、前方部西側の径20mの円墳と後方部東側の一辺27.5mの方墳も動画5で紹介しています。アクセスは冒頭に書いたようにJR常磐線原ノ町から歩くのがベストです。駅東側に通る県道12号線をひたすら東に南相馬警察署まで歩きその200m先を左折したところに古墳公園があります。徒歩30分程度です。バスは一日2便程度しかなく使えません。

それにしても東京からの往復は不便です。仙台まで新幹線で行き常磐線で東京に戻る形になります(撮影、201795日)

PNG sakuraikofun zu shusei

桜井古墳基本データ

所在地 福島県南相馬市原町区

形状 前方後方墳(1号)、円墳(2号)、方墳(7号)

規模 1号 後方部 一辺45m×47m 高さ6.8m、前方部幅30m 高さ3m

2号 円墳 径20m 高さ2m7号一辺27.5m 高さ3.3m

築造時期 1号、7号 4C後半、2号5C

出土品 1号 穿孔壺、2号 鉄剣破片、7号 銅鏡、赤色顔料、土師器(高坏、器台等)

史跡指定 1号 国指定 2号 7号 市指定

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村