古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:04.前方後円墳

典型的な前方後円墳として復元された美形の墳丘
 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。現地を訪れるとたしかに自動車道を確認することはできますが、名残のコスモスが迎えてくれてくれた墓域は静寂に包まれ、所狭しと並ぶ方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳の数々はなかなかに見応えがあります。 塚原古墳群1の冒頭にそのように書きましたが、今回は2基ある前方後円墳から琵琶塚古墳です。先に奥にある花見塚古墳に寄ったために全体に扁平な印象をもつ琵琶塚古墳の墳丘はあまり印象に残っていませんでしたが、今回、データなどを確認して改めて見直してみたところ、なかなかに美形な古墳ということがわかりました。それもそのはず、墳丘の大半は残っておらず、調査の結果、残存部分は長さ28m、後円部径17m、高さ4.4m、前方部幅2mということがわかったそうです。それをもとに復元したのが現在の姿です。ちょうど草刈り直後ということもあり本来の姿を想像できるに十分な前方後円墳の典型的な姿という印象でした。それにしても墳頂からみえる数々の墳丘はなかなかのものです(撮影2019年10月24日)。
PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

神宿る島、沖ノ島を支えた豪族の古墳群
 世界遺産登録で俄かに知られるようになった沖ノ島ですが、肝心の沖ノ島を訪れることはできません。島では4C後半から9C末まで活発に行われた大陸との交流の安全を祈願する祭祀が行われ、当時の祭祀遺跡がほぼ手つかずの状態で残されているそうです。その沖ノ島には宗像大社沖津宮、大島には宗像大社中津宮、陸地の九州側には宗像大社辺津宮が置かれ現在まで信仰は受け継がれています。その沖ノ島を支えてきた豪族、宗像氏の墳墓ではないかと考えられているのが奴山古墳群です。いささかややこしいですが玄界灘に面した津屋崎町東部の丘陵には南北7㎞、東西2㎞にわたりいくつかの古墳群が築かれており、そのうちの一つが奴山古墳群(新原・奴山古墳群ともいう)です。沖ノ島、世界遺産、古墳とネットで検索するとこれらの古墳群名がヒットし頭が混乱します。 沖ノ島を支えた豪族の墓ということで世界遺産に登録されたということなのでしょうが、自然保存された古墳群は、これまでこのブログで紹介してきた数々の古墳と比べて特段の特徴があるわけではありません。動画冒頭の光景は奴山古墳群を200mほど東の高台から見たものですが、正直、さほどの感動はありませんでした。41基残る古墳の中で最大の墳長80mの22号墳は墳丘全体が緑に覆われ(動画の後半で24号の後円部越しに登場します)、帆立貝型前方後円墳ということはよくわかりません。今回の24号墳はそれでも墳丘がよく残っているので最初にアップすることにしました。出土品は須恵器が採取されています。訪れたのは3月も末でしたから、もう少し寒い時期であれば古墳群全体の見栄えもよかったかもしれません。古墳めぐりは本当に時期を選びます(撮影2019年3月27日)。
PNG 沖ノ島と奴山古墳群位置関係2021年3月5日作成


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

急な持ち送りで▲状の石室


 JR八高線の群馬藤岡駅の北1㎞ほどのところにある諏訪神社。古墳踏査では苦労する場所の特定ですが、非常にわかりやすいです。全国の地方同様、シャッター通り化してしまった藤岡駅前の商店街を15分ほど歩くと諏訪神社の広い境内が見えてきます。目指す古墳の後円部には社殿が建ちその下に南西を向いて開口する横穴石室が残されていました。秋季例祭の準備に忙しくされている社務所で鍵をお借りし見学してきました。全長5.9mの石室開口部は川原石が積まれており後世に整備されたものに違いありません。そのまま幅1.3mと狭い羨道を進むと玄室の奥壁が迫ってきました。大きな鏡石です。床を見ると羨道と玄室の境には框(かまち)石が置かれ玄室は一段下がっていました。この辺りは本来の羨道でしょうか、サイコロ状に加工された切り石が積まれています。玄室に入って印象的だったのは天井に向かっての急な持ち送りです。まるで▲です。奥壁に立って開口部をみると両袖ということがわかります。ただ、玄室幅も奥壁で1.9mしかないのでメリハリのついた両袖式というわけではありません。そして玄室奥壁の下には何かを区画するような石が見えます。説明板によれば棺座を区画する仕切り石だそうです。そういえば千葉県栄町の巨大方墳、龍角寺岩屋古墳(クリックすれば飛べます)の奥壁下にも同じような仕切り石が設けられていました。こうした設備は九州に特有なものかと思っていましたが、そうではないようですね。出土品は豊富で人骨に加え、環頭太刀、兜、鉄鏃等武具、馬具、須恵器、円筒、人物、朝顔等形象埴輪が確認されています。このあと諏訪神社北古墳を見学して岐路につきました(撮影2019年10月17日)。諏訪古墳石室イメージ図
PNG 諏訪古墳(藤岡市)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

不思議な気持ちに襲われた土砂流入の石室
 天理市にある墳長113mの前方後円墳、西乗鞍古墳を散策したあと50mほど東にある東乗鞍古墳に立ち寄ってみました。事前の調べで県道51号線沿いにある親里ホッケ うー場の裏側に位置することはわかっていましたが、回り込んでみると周辺は一面田んぼ。結局、ビニールハウスで作業をしている女性に教えてもらいました。動画冒頭の竹藪です。導かれるようにして中に入るとぼんやりと石室のある後円部が目に入りました。竹があちらこちらで倒れています。この年(2019年)の夏から秋にかけ台風、豪雨が列島を襲ったためでしょうか。このことが後円部中段に南を向いて開口する石室入室に幸いしました。長さ14.6mの石室前の柵は簡単に外れ入ろうと思えば自由な状況でした(帰りに気がついたのですが立ち入り禁止の看板がすっ飛ばされていました)。狭い入口に体をよじらせて潜ると長さ4,5mの羨道の半分は土砂で埋もれていましたが、ヘッドライトの光の先には玄室が見えます。そして床には箱式石棺の底板と思われる石材が見え、その向こうには羨道の量よりも遥かに大量の土砂が奥壁側から阿蘇のピンク石製の刳抜式石棺に向かって流れています。心なしか赤く見えます。その石棺に土砂は覆いかぶさるように流れています。
 数多くの石室をみてきましたがこのような光景ははじめてで不思議な感覚に襲われました。おそらく玄室が長さ7.6mに対して幅2.4m、高さ3.3m、天井に向かっての側壁の内傾という極端に細長い空間のためではないかと思われます。これだけでもため息が出そうでしたが、奥壁側に立って羨道方向をみてまぐさ石の巨大さに固唾を飲みました。この土砂がなかったならばと思うばかりでした。
 比較の意味で同じく石棺が残り、東乗鞍古墳よりやや遅れて造られた赤坂天王山古墳(クリックすれば飛べます)のデータを紹介しておきます。全長17m、羨道長さ 8.5m、幅1.8m、高さ約2m、玄室長 6.34m 幅約3m 高さ4.2mと墳丘は赤坂天王山のほうが2.5mほど長いですが玄室は東乗鞍のほうが2mほど長く、幅も0.6mほど短くなっています。いやはや超スリムな玄室です。最後の大王墓といわれ墳長318m、石室も長さ28.4mと最大の大きさを誇る五条野丸山古墳はまだ造られていません(撮影2019年11月21日)。PNG 東乗鞍古墳石室イメージ図
PNG 東乗鞍古墳(石室)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ