古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:04.前方後円墳

住宅街の一角に残る墳長120mの大型前方後円墳


 全国で墳長100m以上の前方後円墳は311基と考えられています。その中で大きく形が崩れることなく残され、しかも墳丘に上ることができるものというと決して多くはありません。その内の1基が坊の塚古墳ですが、動画でご覧のように住宅街に挟まれていて、その姿はよくぞまあ(残された)、といった感覚に襲われました。名鉄羽場駅からJR高山線、国道21号線を越えた北東方向に500mほど行ったところにあり、事前の調べでは、さほどまごつくこともなく現地に到着することができるはずでしたが、どうしてどうして。墳丘に沿うようにして生活道路が造られ、なかなか見つけられないのです。結局、朝の散歩をしていた地元の方に声を掛け連れていっていただきました。 
 ちょうど、数年にわたる発掘調査が行われている最中でところどころにブルーシートが見えましたが、墳丘を散策するには何の支障もありませんでした。収穫の一つは各務原市のHPに説明のある後円部の埋葬施設の姿を想像できたことでした。明治時代に盗掘が行われた長さ5mほどの石槨の板石が積まれた壁が部分的に復元されていました。なるほどという感じです。 残念ながら住宅に囲まれているために墳丘全体を遠目に眺めることはできませんが、後円部に上がってみると、以前はあったであろう雑木が伐採され前方部の先まで見通せたことはラッキーでした。墳丘全体には葺石が葺かれ、後円部頂には円筒埴輪が廻っていました。 
 それにしてもこの地に古墳時代中期、これだけ大きな前方後円墳(岐阜県では最大)が築かれたのか気になります。各務原市教育委員会のパンフレット「かがみはらの古墳」(1995年)には大筋、次のようなことが書かれていました。各務原市は木曽川中流域の北岸にあって濃尾平野の北部に位置し、中央には洪積台地が存在し、その周辺には肥沃な沖積地帯が広がっていること。こうした地理的環境の下、古代の各務原市には幹線道路、東山道や駅家(うまや)が設置され、美濃(各務原市側)から木曽川対岸の尾張への渡河地点として重要な位置を占めていた。こうした為政者にとり重要な地域だけあって、400年ほどの古墳時代に美濃地域全体で築かれた3000基といわれる古墳のうち、600基が現在の各務原市で確認されているそうです。さらに、木曽川を挟んだ各務原市と犬山市の北辺にも視野を広げてみると、簡易マップに記しておきましたが、4面の三角縁神獣鏡出土で知られる墳長72mの前方後方墳、東之宮古墳(クリック)、墳長95mの前方後円墳、妙感寺古墳も築かれています。さらに南に下れば美しく復元された墳長123mの前方後円墳、青塚古墳(クリック)もあります。如何に木曽川を挟むこの辺り一帯が政治、経済的に重要であったことがわかります(撮影2019年3月6日)。PNG 動画撮影位置 坊の塚古墳 21年4月9日作成 
PNG  坊の塚古墳他 所在地 21年5月9日
PNG 美濃と尾張 坊の塚古墳関連 21年5月11日作成

坊の塚古墳基本データ

所在地 岐阜県各務原市

形状 前方後円墳

規模 墳長120m、後円部径72m 高さ10m、前方部幅66m 高さ7.8m2段築成、葺石あり、周濠あり

築造時期 4C末から5C前半

出土品 玉類、琴柱形石製品、高坏、壺等の土器、円筒埴輪

史跡指定 岐阜県指定

特記事項 2017年度(平成29年)の発掘調査で後円部の石槨が長さ5m以上ということがわかった


日本最初の女性天皇の古墳?
 
 日本の古代史で女帝といえば推古天皇が思い出されますが、日本書紀や古事記は天皇と扱ってはいない飯豊天皇とされる女性が、平安時代の扶桑略記では清寧天皇の次の第24代の天皇として業績が記されているそうです。つまり推古よりも前に女帝はいたということになります。今回の短い動画で紹介する古墳は皇統譜には出てこないにもかかわらず、宮内庁は飯豊天皇埴口丘陵(いいとよてんのうはにぐちおかのみささぎ)として管理していることからすれば、その女性が政治的に重要な役割を果たしたことは間違いがなさそうです。
 最近読んだ義江明子さんの「女帝の古代史」(ちくま新書)では「雄略の子の清寧には子孫がなく、履中の孫にあたるオケ(仁賢)・ヲケ(顕宗)の兄弟が播磨で発見され、清寧の後を継いだという。この時、王族断絶の危機にあって重要な役割を果たしたとされる女性が飯豊王である。兄弟の姉とも姨(おば)ともいい、『記』『紀』でも伝えは一致しない」と書いています。これだけ重要な古墳にもかかわらず残念ながら宮内庁管理下にある墳長90mの前方後円墳は緑濃い山状で近づくことはできません。google map でみると前方部がかなり発達した前方後円墳で、後円部径50mに対して前方部幅は70mになっています。アクセスはわかりやすく近鉄御所線の近鉄新庄駅から南に500mほど下ったところにあります(撮影2019年5月8日)。PNG 飯豊天皇埴口古墳(葛城市)所在地 21年4月19日
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

合掌造りの天井に度肝を抜かれた初期横穴石室


 見慣れた横穴石室とは全く違うのではじめの印象は、これは何だろうという感じでした。説明を聞いて漸く理解できました。東石室見学用の現在の開口部は合掌造りになっている石室最上部の尖がりのところなのです。残念ながら崩落の恐れがあるそうで、中はご覧のように補強用の桟が縦横に走っており、視界を遮ります。それでもライトアップされているので床面の状況や壁面の割石積みの美しさはよくわかりました。石室は長さ2.95m、幅1.6mですが、天井部はその半分ほどでしょうか。残念ながら高さのデータは見つけられず、おそらく2.5mほどだと思われます。石室の様式にこだわれば竪穴式の石室の南側に開口部を設けた初期横穴式石室で、竪穴系横口式石室ともいうようです。いずれにせよ、合掌造りの石室天井部の印象が強烈でした。 
 墳長77mの前方後円墳としての墳丘は古墳時代前期の特徴をもっています。後円部径40mに対して前方部の幅は24m、後円部の高さが8mに対して前方部は3.5mと比高差がかなりあるからです。築造時期が中期でも前期に近い4C末と考えられているからでしょうか。後円部からは木立の先に広がる元は内海だったという唐津市街が広がります。豊富な副葬品とともに葬られた被葬者の権力の大きさが偲ばれます。東石室内から三角縁神獣鏡はじめ銅鏡が5面、石釧、玉類、鉄器類が、埋め戻された西石室からも三角縁神獣鏡を含む銅鏡2面、玉類、鉄器類が出土しています。JR筑肥線東唐津駅からタクシーを利用。見学は事前に唐津市教育委員会学習文化財課に申し込みをすれば可能です(撮影2019年12月17日)。PNG t谷口古墳(唐津市)地図21年4月13日作成 こちら

遠くから墳丘が確認できる小型の前方後円墳

 
 ドーム型の特徴ある鬼の岩屋古墳(クリック)を訪ねた後、400mほど南西方向に丘陵を下ると、明らかに人口構造物ということがわかる前方後円墳、塚園1号墳の姿が目に入りました。県道329号を渡ると民間の敷地内に大きな植栽がいくつも植えられた墳丘が飛び込んできます。明らかに前方後円墳とわかり残りもよさそうです。ただ近づいでみると墳丘がある北側は草原化し、雨水がしみこんでいることもあり実に歩きにくかったです。そのことは動画のブレでもおわかりいただけるかと思います。ひょっとしてこの墳丘周りは周濠かと思ったのですが、前方後円墳集成(山川出版社、1992)で調べてみると、それは確認されていないようです。
 実際に墳丘に上ってみるとだいぶ墳丘は削られているようで、特に後円部南側は大きく抉られていました。それでも1400年を超えてその姿が現在でもわかる程度に残っているというのはうれしいことです。塚園古墳群は1号墳以外に10数基の円墳によって構成されていたようで、2号墳、3号墳と呼ばれる現状径6m、8mの小円墳が残っています。ここも地権者の理解により、整備され見学ができるようになったそうです(熊本日日新聞ネット版、2020年12月7日)。アクセスは鬼の岩屋古墳のページ(クリック)をご覧ください。撮影(2019年10月25日)。PNG 動画撮影位置 塚園1号墳(熊本市)21年4月10日作成
PNG 塚園1号墳と鬼の岩屋古墳(熊本市)(YU用)21年4月9日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ