古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:04.前方後円墳

(リニューアル版)八幡(やわた)観音塚古墳 東国の巨大石室

 5年前の6月にアップしたことのある八幡(やわた)観音塚古墳ですが、1945年防空壕を造っていた時に偶然に見つかった横穴石室内部は、照度が不十分で、その様子をうまく伝えられませんでした。全長15mを超える石室は幅も玄室では3.5mもあり、撮りなおした今回でも、十分とはいえませんが、だいぶ様子がわかるようになりました。また、石室開口部、羨道の冒頭部分の石積みは公開にあたり補強されたことがわかりました。動画は全て撮りなおしたものです。季節も今回は秋と前回とは異なります。

動画1の冒頭のショット、墳丘南側の石室前はかなり削平されていますが、墳丘北側はよく残されています。後円部は3段、前方部は4段築成(階段状になっている)という手の込んだ墳丘だったようですが、経年変化で封土が流失した現在でも、斜面の急な傾きから当時の様子をうかがうことはできます。また、ところどころに小型の川原石がぎっしり並んだ葺石が残されています。再訪して新たな発見が数多くあった古墳でした。なお、旧バージョン八幡観音塚古墳(クリックすれば飛べます)も、そのまま残してあります(撮影20191017日)
PNG yawatakannonzuka kofun dougasatsueiichi
PNG yawata kannonzuka kofun map

八幡観音塚古墳基本情報

所在地 群馬県高崎市

形状 前方後円墳

規模 墳長105m、後円部径74m 高さ12m、前方部幅91m 高さ14m

後円部3段、前方部4段築成、葺石あり、周濠あり

築造時期 6C後から7C

出土品 銅鏡、馬具、刀剣、銅鋺、鉄製工具、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 太平洋戦争末期に防空壕掘削中、地元の人々が偶然発見した。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

見応えのある墳丘と穹窿式(ドーム型)石室


 今回の日拝塚(ひはいづか)古墳のある現在の春日市は福岡県の北部に位置し、弥生時代の遺跡も数多く残されている古代日本の主要地域です。魏志倭人伝に登場する奴国(なこく)にあたり、その指導者の奥津城(墓域)ではないかといわれ大量の前漢鏡等が出土した須久岡本遺跡(紀元前4Cから紀元3C前半、弥生時代中期から後期)も日拝塚古墳のすぐ近くにあります。同じ奴国の領域であった福岡市内の比恵遺跡からは古墳時代前期はじめ、3C後半と考えられる古代道路の一部や、硯(すずり)の一部が近年相次いで発掘されています。

 その後、政権の中心が畿内に移動したこととも関係があるのでしょうか、古墳時代前期、中期を通じて那珂川流域には、さほどほとんどめぼしい古墳は築かれていません。前期では、三角縁神獣鏡出土の那珂八幡古墳(クリックすれば飛べます)、中期では初期の横口式石室で知られる老司古墳(見学不可)、そして後期に至り、今回の日拝塚古墳、そして東光寺剣塚古墳(クリックすれば飛べます)が知られています。

 日拝塚古墳。古墳には変わった名称が多いのですが、今回はわかりやすく、太陽を拝むと

いう意味です。マップに記したようにお彼岸の時期に後円部の東にある大根地山(おおねちやま)から昇る太陽を拝めるのだそうです。主軸が東西を向いていますから、被葬者の関係者は、そのこと(太陽を拝む)を意図して築いたのでしょうか。気になるところです。墳丘は削られているものの段築が明瞭ですし、訪れたのが桜の季節ということもあり見栄えがよかったです。古墳は何度も書きましたように訪れる季節によって全く印象が違います。

 肝心の石室ですが、事前に教育委員会で鍵を開けて頂き見学。これはもうご覧のとおりの立派な穹窿式でただただ感心。天井中央に壁が集まっている様子がよくわかります。佐賀県の田古里古墳(クリックすれば飛べます)、道越古墳(クリックすれば飛べます)と同じタイプです。それと羨道方向をみるとわかりますが、袖石の迫力。なんとも存在感があります。残念だったのはキャプションに書いた、奥壁の赤色部分です。朱が残っているのかと思ったのですが、文化財課の方のお話では赤カビだそうです。そういえば石室は湿気の宝庫でした。また豊富な副葬品の出土品には金製垂飾付耳飾り、金環等装身具、環頭柄頭をもつ太刀等武具、輪鎧、須恵器などが含まれているそうです。アクセスはわかりやすく九州新幹線の博多南駅から徒歩10分です(駅に案内があったと記憶しています)。蛇足ですが新幹線の料金としては破格の安さで8分乗車で300円です。通勤用に使われているからでしょうか(撮影2018328日)。
PNG dougasatsueicichi hihaizuka kofun kasugashi
PNG hihaizukakofun to oonechiyama
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

JR山手線沿いに残る2基の前方後円墳


日常的に利用しているJR山手線の駅近くに2基の前方後円墳があるとは思いもよりませんでした。浜松町駅から徒歩10分の芝丸山古墳と上野駅から徒歩5分の摺鉢山です。ともにかなり墳丘は崩れ、特に後円部墳頂は2基とも削平されています。それでも早い時期から開発が進んだ東京で前方後円墳ということがわかる古墳が残されているとは奇跡に近いのではないでしょうか。2基ともに当時は海が間近に迫る武蔵の台地の端に造られています。芝丸山古墳は戦前戦後と2回調査が行われ、10基を超える陪塚があったことがわかっています。墳丘は後円部径64mに対して前方部幅は40mと広がらず、埴輪を伴っていたことから中期でも早い段階に築かれたとみられています。動画1でご覧のとおり掘削された墳丘西側の向こうにはホテルがそびえています。

他方、摺鉢山古墳は上野駅から徒歩5分。周辺には東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館があり、古墳は東京文化会館の真裏です。神社のあった後円部は芝丸山古墳同様削られてはいますが墳長70mと中規模の墳丘は南側からみると人工的な構築物ということがよくわかります。5C代の築造と考えられています。驚かされたのは前方部に立ち北方面にぐるっと回ってみた後円部先の光景でした。コンサートでずいぶんと通った東京文化会館の白壁。ロッテタワーを借景にした韓国ソウルの石村洞古墳(クリックすれば飛べます)を思い出しました。聞けば、この東京文化会館の下にも、東京国立博物館の敷地内にも失われた小規模な円墳があったそうです。

 東京では今回の2基よりは残りのよい多摩川台古墳群のいくつかは忘れるわけにはいきません。前期の宝來山古墳亀甲山古墳、中期の野毛大塚古墳、後期(終末期)の浅間様古墳。いずれも古墳名をクリックすれば飛べますので、是非ご覧ください(2018年2月13日、2020年1月30日。)

PNG dougasatueiichi sshibamaruyama (YU用)
PNG dougasatueiichi suribachiyama kofun zu
PNG shibamaruyama kofun chizu
PNG suribachiyama ueno chizu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

柳生の郷に残る高水準の石室 


   奈良駅西口から奈良交通のバスに乗り競馬道1号墳を目指します。奈良と言えば東大寺の大仏ですが、その奈良の中心から古墳のある柳生の郷(奈良県東部)に続く柳生街道。宮本武蔵、荒木又右衛門はじめ名だたる剣豪も歩いた古道をバスが通るのです。ちょっとワクワクします。緑深いアップダウンのある柳生街道を40分ほど走ると大柳生のバス停です。街道と交差する県道47号を北東方向に300mほど進むと田んぼに沿って動画1の冒頭にある側道が見えました。あとは道なり。この道が奈良市須川まで続く競馬道とよばれる古道だそうです。それにしてもなぜ競馬道なんでしょうか。

 左折すると続く雑木林のなかに明らかに人口構造物と思われる高まりが見えてきました。

22mの円墳とも墳長36mの前方後円墳ともいわれていますが、動画3にあるように墳丘に登ると前方後円墳のように思われます。荒れ果てた墳丘に比べ長さ10m以上もあると思われる横穴石室の見事なこと。開口部は狭く、長く続く羨道を進むのに苦労しましたが、玄室に入ってびっくり。3mはあると思われる空間が広がります。奥壁は一枚板石ではないですが、三石を組み合わせた腰石の美しさ。工人のセンスを感じます。側壁にも巨石は使っていませんが、天井は大ぶりの板石です。キャプションに書き忘れましたが玄室はやや持ち送っています。羨道を含め全体として非常に完成度の高い、残りのよい石室でした。

あまり知られていないようで詳しいデータもありませんが、「発掘調査から見た奈良東部の考古学」と題された小冊子(2005年開催の第3回平城京展)を見つけました。そのなかに、競馬道1号墳が紹介され「石材、積み方からみて東部地域では今のところ最古と考えられる横穴式石室です」とありました。なるほどと思ったのですが、不思議なことに競馬道1号墳石室奥壁と紹介されている画像が何度みても、私のみたものとは違うのです。他の方が撮ったもの(私の見たものと同じ)とも違うので、おそらく私の見た石室のほうが正しいのでしょう(撮影20181126日)。

PNG keibamichi 1goufun Narashi chizu
PNG keibamichi1goufun yokoanasekishitsu ryakuzu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ