古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:04.前方後円墳

陪塚が遠望できる大型前方後円墳


  今回の宇土墓古墳、500mほど西にある以前紹介した墳長210mの前方後円墳、西陵古墳(クリックすれば飛べます)、消滅した西小山古墳(円墳)とともに古墳時代中期の淡輪古墳群を形成します。難儀の末ようやく脱出した西陵古墳から歩くこと15分ほど。陵墓に指定されているため墳丘西側に拝所(垂仁天皇の皇子の墓)が設けられていました。拝所前の幅122mの前方部は裾はきれいに草刈りがなされていましたが、南側にまわり周濠越しに後円部方向の墳丘をみると一面鬱蒼とした森で少々がっかり。とはいえ気を取り直して後円部側にまわると、墳丘の巨大さがまずまず確認でき一安心。ここでのポイントは後円部の南北方向に数基の陪塚が残されているところでしょう。住宅開発が行われているにもかかわらず、それを縫うように小型の円墳の陪塚が点在し、そのうちの一基は南海電鉄淡輪駅横に遠くから確認できます(動画2)。

淡輪古墳群はまず5C前半に西陵古墳が造られ、その後、5C央以降に宇土墓古墳、西小山古墳が築かれたことが出土した埴輪から推定されています。それにしても2基の大型前方後円墳が築かれたあと、この地には目立った古墳は見られないのはどういう理由なのか不思議です。というのも地図からわかるように、古墳の立地としては非常にわかりやすいところです。瀬戸内海、大阪湾と海を支配し、内陸、とりわけ紀伊北部へと活発に活動した豪族の長の墓に違いありません。そうしたルートは古墳が築かれなくなったとも存在したはずで、その人々の墓はいったいどこへ行ってしまったのか不思議です(撮影2018115日)。
PNG dougasatueiichi udohaka kofun zu
PNG oosakawan to tannnowa kofunngun zu
PNG宇土墓古墳と陪塚(YU用)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

杉木立に佇む残りのよい中型の前方後円墳

千葉県立松尾高校裏の大堤大権現塚古墳に大いに感動して次の古墳、旭ノ岡古墳に向かいます。今回は千葉県芝山町の千葉県の古墳のガイドブック、房総の古墳を歩くを小脇に20分ほど歩いたでしょうか。目指す八幡神社の鳥居が見えてきました。といっても初めて訪れる地。途中、何度も道を聞きます。この時も、松尾高校の生徒さんや、神社近くのお宅で車を洗っていた方にお世話になりました。

鳥居に足を踏み入れてすぐ右手に後円部とわかる高まりが見えてきました。静まり返った杉木立のなかに眠る墳長70mの前方後円墳です。大堤大権現塚古墳は115mありましたから、ずっと小ぶりに見えますが、中規模の前方後円墳です。南側くびれ部分に社殿がありますが、墳丘自身はさほど削られていないようで、後円部に上ってみると大きく広がった前方部が見えました。後円部径と前方部幅はともに47mあり、他方、くびれ部分は幅が24mしかないために、きゅっとしまって前方部、後円部が広がっている印象です。大堤大権現塚よりもやや早く造られているようですが、二重に廻る周濠の間には土堤(周堤)があることから同様の設計ではないでしょうか。興味深いのは調査が行われ北側くびれに埋葬施設(石室)を確認していることです。後円部にはあったのかなかったのか説明板にはなにも書かれていません。埴輪も確認されていますが、前方部には円筒、水鳥、家形など形象埴輪が裾部と段築に並び、後円部には円筒埴輪がまわっていたそうです。出土品は管玉と土師器、須恵器だけだったそうです。北側周濠に降りて墳丘をみあげると2段築成ということがよくわかります(撮影20181023日)。

PNG asahinookakofun zu (sanmushi)
PNG asahinooka kofunto daigonngennduka kofun ichikannkei

旭ノ岡古墳基本データ

所在地:山武市松尾町蕪木

形状 前方後円墳

規模 墳長70m、後円部径47m、高さ7m、前方部幅42m、高さ7

周濠あり

築造時期 6C後半

出土品 円筒埴輪、形象埴輪

史跡指定 山武市指定

特記事項 なし


愛らしい復元前方後円墳

 
  今回の愛らしく復元された前方後円墳へのアクセスはとても便利です。JR湖西線比叡山坂本駅から日吉台方面行(一時間に2-3本あります)で10分ほど乗ると、そのものズバリ古墳前というバス停があります。信号の先を見ると公園とわかる立木が見えます。児童用の遊具の前に復元された前方後円墳の高峰1号墳と円墳の高峰2号墳が見えました。復元というと歴史的検証なしに古墳らしきものを造るというイメージがありますが、弥生遺跡と重なるように古墳時代の遺跡が同時に発見され、発掘調査が行われています。

 古墳と重なるように残された竪穴建物群は、高地性集落と呼ばれるもので集落のまわりに環濠が巡り、建物中からは砥石や鏃(やじり)が発見されているそうです。琵琶湖を見下ろす高地(今ではあまり高地には思えないが)に造られていることは軍事的緊張に基づくものといわれ「魏志倭人伝」にに記された倭国大乱との関係が注目されているそうです(現地説明板)。残念ながら弥生遺跡の様子は現在ではよくわかりません。

肝心の高峰1号墳は地滑りの影響をうけているものの、埴輪や葺石の存在が明らかとなり、他方、円墳の高峰2号墳は、墳頂に木棺直葬の埋葬施設が確認されています。残念ながら副葬品は出土しませんでした。なお、動画からもわかるように円墳の2号墳の先にも高まりが見え、あたかも前方後円墳かのように思えます。しかし、これは古墳ではないそうです。また近くに墳頂に石槨が残されている平石古墳(終末期、方墳)がありますが施錠されていて現在は見れず断念しました(撮影2019126日)。PNG takaminekofun (大津市)(ブログ用)
PNG takaminekofun (大津市)図

高峰古墳基本データ

所在地 滋賀県大津市日吉台

形状 前方後円墳(1号墳)、円墳(2号墳)

規模 (1号墳)墳長45m、後円部径約20m 高さ不明、前方部約15m 高さ不明

2号墳)径18m

出土品 1号墳 埴輪(形状不明)、2号墳 不明だが墳頂で木棺直葬を確認

史跡指定 なし

特記事項 本文に記したように弥生住戸と重なる複合遺跡


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

美しい柄鏡型の前期前方後円

何度か触れたと思いますが国の指定史跡でも特に重要なものは文化財保護法に基づき特別史跡と呼ばれています。古墳では20203月、国宝金錯銘鉄剣が出土したことで知られる埼玉古墳群(クリックすれば飛べます)が加わり全部で10ヵ所になりました。そのうち今回アップした83号墳は宮崎県西都市にある西都原古墳群に属しています。今回で7回目になる西都原古墳群の紹介ですが、和歌山県の岩橋千塚(いわせせんづか)古墳群(クリックすれば飛べます)、埼玉古墳群と並び、特別史跡の中でも単体の古墳ではなく、数多くの古墳が立ち並ぶ古墳群という点で共通しています。しかも広大な敷地(墓域)が古墳とともに残されており、さすが特別史跡と感心せざるを得ません。このブログで紹介してきた数々の古墳も築造当時は広大な墓域を有していたのかもしれませんが今となっては開発の波にのまれ窮屈そうに残されている古墳が大半です。

前振りが長くなりましたが83号墳、一つ前に紹介した46号墳(クリックすれば飛べます)とは一目見て姿かたちが違うことがわかります。細く長く延びた前方部が特徴で柄鏡型と呼ばれており前期古墳にしばしばみられる形式です。横から(西)から見た墳形から、後円部に比べ前方部がずっと低いことがわかります。動画2で高さ6mの後円部から2.8mの前方部に歩いているのですが、結構斜度がきつかったことを覚えています。西都原古墳群では発掘調査が行われているものもありますが、この83号墳は未着手で詳しいことはわかっていないそうです。ただし現在は芝で覆われている墳丘は築造時葺石が施されていました。想像するに同じ宮崎県宮崎市の生目古墳群の5号墳のような感じではなかったでしょうか(クリックすれば飛べます)(撮影20191026日)。
PNG dogasatsueiichi saitobaru 83goufunn
PNG saitobaru83goufun to 46goufunの関係
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ