古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:04.前方後円墳

玄門がジグソーパズルのような緑泥片岩製の石室

 
 石室が開口ししかも見学が可能な前方後円墳が埼玉県にあるとは。驚きました。7C初頭の築造、しかも墳長は102mと畿内では前方後円墳終焉後も盛んに造られた東国でも、なかなかの規模です。ただ石室は後円部、くびれにある石室ともに普段施錠されており、真観寺の御住職に許可を頂く必要があります。今回はラッキーなことに小学生の歴史の授業のタイミングと重なり見学ができました。開口部に近づくといきなり目に飛び込んできたのはジグゾーパズルのような不思議な壁です。説明によれば複室構造の前室と後室(玄室)の境の玄門(仕切り石)の右下部に行き来できる開口部が設けられていたものの、左上部が崩れ現在の姿のようになってしまったようです。その下部をみると段差があることがわかります。江戸時代の寛永11年(1634)に発見されたとのことですから、その凝った造りは現在よりもよくわかったのではないでしょうか。石室全体は秩父産の緑泥片岩でできていて壁石は多くが1枚の大型の板石です(前室の右側壁は2枚)、天井石も1枚のようです。動画でもおわかりのように整った四角箱といった感じです。ただ、玄門の一部が崩壊しているように華奢な印象はぬぐえません。他方、石室の天井石の上には後円部があり、よく他の古墳石室でみかける土圧による歪みもありません。この構造はいったいどうなっているのか不思議です。なお、くびれにある小規模な第二石室はいずれ墳丘とともに紹介します。なお埼玉県で見学可能な石室は少なくありませんが、どれも円墳ないしは方墳で、今回の真観寺古墳は前方後円墳という点で貴重です。緑泥片岩を用いた石室は小川町の穴八幡古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しており比較してご覧ください。

また小見真観寺古墳(クリックすれば飛べます)よりやや後に築かれた径80mの巨大円墳(墳丘は消滅)と考えられる八幡山古墳は長大な石室が残ります。同じ行田市にあり4㎞ほど南東に位置します。真観寺古墳へのアクセスは秩父鉄道、武州荒木から北へ15分ほど歩いたところです。県道7号線沿いですからすぐにわかります(撮影20191016926分)。

PNG shinkanji kofun gyoudashi zu
PNG omishinkanjikofunto hachimanyama kofunn no位置関係

真観寺古墳基本データ

所在地 埼玉県行田市小見

形状 前方後円墳

規模 墳長108m、後円部径55m 高さ8m、前方部幅48m 高さ7m

石室 前室奥行2.7m 幅2.2m 高さ2.1m、後室(玄室)2.4m 幅2.2m 高さ2.1m

2石室(くびれ)後室のみ残存、 墳長2.8m 幅1.76m 高さ1.12

築造時期 石室7C初、第2石室 7C前から央

出土品 第2石室から甲冑、刀剣、銅鋺、土器(1880年に発掘調査)

史跡指定 国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠に浮かぶ2段築成の墳丘が美しい中型前方後円墳
 
 高崎駅からコミュニティーバス、ぐるりんバスで30分ほど。つい最近、リニューアル版をアップした八幡観音塚古墳(考古資料館)(クリックすれば飛べます)に到着です。南には碓氷川が北東には烏川が流れる丘陵です。バスは碓氷川方面からかなりの勾配の坂を登っていきます。そこに今回の二子塚古墳、平塚古墳、観音塚古墳の前方後円墳三基からなる八幡古墳群が形成されています。墳長105mの平塚古墳が5C後半、墳長66mの二子塚古墳が6C前半、そして墳長105mの観音塚古墳の順で築かれいずれもこの地域の首長墓と考えられているようです。
 右島和夫さんの『群馬の古墳物語(下巻)』(上毛新聞社、2018年)によれば、この地が古墳時代東国と畿内を結ぶ東山道(のちの中仙道とほぼ同じルートといわれている)が通る交通の要衝であったとのこと。マップでおわかりのように碓氷川沿いに東山道は通っていたようです。 墳長66mと中規模の前方後円墳、八幡二子塚古墳は動画でおわかりのように、二段築成の墳丘の残りがよいのが好印象です。しかも墳丘の周囲をまわる15mから20mほどの濠も確認できます。これに対して動画2の最後に加えておきましたが、墳長105m、舟形石棺が墳頂で見つかった平塚古墳は今では遠くからみても古墳ということはわかりません。それだけに二子塚古墳が目立ちます。ただ、発掘調査はほとんど行われておらず、後円部に南側を向いた横穴石室が造られていると考えられています。大型の横穴石室が完存する八幡観音塚古墳からは300mほどしか離れていません。是非、セットで訪問をお勧めします。
 先ほど触れた東山道ルートが開発されたのはヤマト王権が馬の生産に力をいれはじめたからといわれていますが、思い出したのは2010年8月1日に放送されたTBS世界ふしぎ発見「日本のポンペイ!?ヨロイの古墳人が語る古代群馬の謎」です。榛名山の火山灰に埋もれた武人について番組では本来ならば近くの100m級3基からなる保渡田古墳群に葬られるべき高位の人物だったこと。尾骶骨から日常的に馬に乗っていたこと、近くから発掘された夫人は頭蓋骨の研究から馬の生産で知られる木曽谷出身というものでした。ほぼ同じ頃に築かれた八幡塚古墳群(保渡田古墳群の南西4㎞ほど)。榛名山の噴火に倒れた武人は二子塚古墳近くを通る東山道を行き来していたのでしょうか(撮影2019年10月17日11時45分)。PNG yawatakofungun to hotodakofungun zu
PNG yawatakofungun ichikankei

八幡二子塚古墳基本情報

所在地 群馬県高崎市八幡町

形状 前方後円墳

規模 墳長66m、後円部径41m 高さ9m、前方部幅48m 高さ9m2段築成、葺石

周濠あり

築造時期 6C前半

出土品 周濠内から人物、馬型埴輪等

史跡指定 高崎市指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

鮮やかな朱が印象的な石室


   墳長33.4mと小型の前方後円墳ですがなかなかに美形です。住宅と畑に囲まれてよくぞ残ったと感心する墳丘は、国道22号線の赤水の信号を南西方向に県道40号線を100mほど入った所にあります。こう書くと簡単ですが、大半の古墳が宅地開発や道路整備で消滅するなか、現在の姿は地元住民や関係者の保存への強い思いが込められています。

樋の口古墳(クリックすれば飛べます)と同様に鏡山の裾の砂丘に築かれています。築造時の6C前半はすぐそばまでラグーン(潟湖)だったのではないでしょうか。注目すべきは朱が鮮やかな石室です。普段は施錠されている石室(事前に唐津市教育委員会に見学許可を提出)の羨道を屈んで進むと光の向こうにぼんやりと朱が残る奥壁が目に入りました。奥行きは3.7mほど。そしてその下をみると砂岩で造られた蓋のない舟形石棺が置かれ、ここにも朱が残されていました。よくみると前面には縄掛け突起が3個確認できました。島田塚古墳を詳説した『末盧国』(六興出版)によれば、反対側にも3個、計6個あるようです。石室全体は側壁の中央が膨らむ胴張り形式で天井に近くなるにつれ持ち送り(四方からの内傾)が急な穹窿式、つまりドーム状になっています。自然石で積まれているようです。不思議なのは辟邪を目的に塗られているはずの朱が天井に近づくにつれ、特に玄室に入った羨道側の壁には塗られていないことでした。剥落といった感じではないので、貴重だった水銀朱を節約したのではないかと思いました。

明治43年(1909)に未盗掘のままに石室天井部から発掘調査され甲冑、武具、馬具、方格規矩鏡等銅鏡、金銅製冠、勾玉等が貴重な副葬品が出土しているそうです。今回も唐津市学習文化財課の方に同道して頂き、資料も頂戴しました。多謝(撮影20191217日)。


PNG shimadazuka to hinokuchikofun kannkeizu

島田塚古墳基本情報

所在地 唐津市鏡

形状 前方後円墳

規模 墳長38.4m、後円部径17.4m 高さ4.5m、前方部幅16m 高さ3

石室 全長 約6m、羨道約2m 幅約1m、玄室長さ3.7m 最大幅2.9m 高さ3.2

築造時期 6C前半

史跡指定 佐賀県

出土品 甲冑、武具、馬具、方格規矩鏡等銅鏡、金銅製冠、勾玉等

特記事項 詳細な発掘調査が行われておらず石室は長さはじめ暫定値



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠の常緑樹とのバランスが見事な前方後円墳 


 なかなか美しく復元された墳長80mの後期前方後円墳です。発掘調査前の墳丘の様子が確認できていないのが残念ですが、現在の姿は後円部径よりも前方部幅がはるかに上回る典型的な後期前方後円墳です。県道118号線から古墳のある高台まで登るとまず目に入るのは径34mの円墳で、左を向くと1号墳の前方部がそびえています。周濠に植えられた常緑樹と墳丘のバランスが見事です。動画1でその様子がわかればよいのですが。

くびれの造出しから墳丘にのぼり後円部にむかうと右手には霞ヶ浦がひろがります。さほど後円部頂上は広くありませんが、発掘調査によって粘土槨の埋葬施設が明らかになっています。前方部頂からも石棺が確認されているので被葬者は2名ということになります。説明板によれば、盗掘は受けていたものの粘土槨周辺からは直刀、鉄鏃、馬具の破片、管玉、ガラス玉が見つかり、周濠からは円筒埴輪の他、朝顔、家形、人物、動物の埴輪が確認されています。古墳時代には霞ヶ浦、香取海(現在は消滅)など内海が水運、漁業の場として重要で、それを仕切った人物が富士見塚古墳には葬られていると考えられています。築造時期としてはやや先行する三昧塚古墳(クリックすれば飛べます)も同規模の前方後円墳ですが同じ霞ヶ浦近くに造られています。両古墳の位置関係の地図を用意しましたのでご覧頂ければ幸いです(撮影2015106日、アップするのを忘れ5年近く前の訪問です)。なお富士見塚古墳の所在地はかすみがうら市で動画にある「かすみが浦市」は誤りで失礼しました。
PNG fujimizukakofun zu kasumigaurashi
PNG fujimizukakofun to sanmaizukakofun no

富士見塚古墳基本データ

所在地 茨城県かすみがうら市柏崎

形状 前方後円墳 円墳

規模 1号墳 墳長 長さ 80.2m 後円部径38.4m 高さ8.5m 前方部幅49.4

高さ9m、2号墳 径25m3号墳 径18m

築造時期 1号墳 6C初 2号墳 6C初 3号墳 6C

出土品 直刀、鉄鏃、馬具の破片、管玉、ガラス玉、円筒埴輪、朝顔、家形、人物、動物等形象埴輪

特記事項 墳丘の復元は竹下内閣のふるさと創生事業が利用された


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ