古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:04.前方後円墳

周濠を含めた復元が圧倒的迫力!

 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。はじめて塚原古墳群を紹介した際に、そう書きました。おさらいをすると次のようなことです。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。大規模古墳群といえばお隣宮崎県の西都原古墳群1(クリック)が思い出されますが、もちろん、規模的にもずっと小さく、前方後円墳は西都原が31基に対し、現在確認されているのは2基のみで、それも墳長は50m程度です。
 今回の花見塚古墳はその内の1基で築造当時の姿に復元されています。 これがなかなかの優れものです。 スケールという点では西都原には遠く及びませんが、北の民俗資料館から入ると、目にするのは所狭しと並ぶ方形周溝墓(クリック)、円墳、方墳、前方後円墳の数々です。密集という表現がぴったりです。そして、見学ルートの最後に登場する今回の花見塚古墳。説明板によれば古墳群中最後に築かれ(6C末頃)、大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)(クリック)の100分の1にあたるようです。大型前方後円墳のミニチュア版として、古墳の構造を理解するにはうってつけのように思われます。 この花見塚古墳はそうした役割だけにとどまりません。自分ははじめて見たような気がするのですが、二重周濠がめぐらされた前方部の南端に径10mほどの円墳が付属するという点です。埋葬施設を2つ設けるのではなく、わざわざ、周濠を共有して独立した円墳を設けるというのは、前方後円墳の被葬者とは極めて密接な関係にあったことが容易に想像されます。
 珍しいと感じたのは周濠が丁寧に復元されていることです。多くの復元古墳の場合、墳丘は当時の姿を再現しても、周濠はせいぜい、掘られていた場所がわかるように目印がつけられている程度です。ところが花見塚古墳の場合、2重に廻っていた濠が復元されているのです。 周濠の底を歩いてみると、墳長43mの小規模前方後円墳でも、墳丘は壁のようにそそり立っているように感じます。より大型の前方後円墳の築造に励んでいた人々も同様に感じたのでしょうか。 アクセスは熊本城近くの桜町バスセンターから志導寺行きで1時間ほど。塚原で下車し、すぐです。午前中は3本ほどありますが午後は少なく、結局3㎞ほど歩き城南バスセンターから熊本市内に戻りました(撮影2019年10月24日)。

PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市
動画撮影位置 花見塚古墳(熊本市)21年9月13日作成
花見塚古墳基本データ
所在地 熊本県熊本市南区
墳形状 前方後円墳
規模 墳長 46.2m、後円部径 24.6m 高さ不明、前方部幅 24.3m 高さ不明
築造時期 7C初
出土品 鉄剣、矢じり、鎧、玉等(伝)
史跡指定 国指定
特記事項 狭い範囲に方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳が密集している

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



街中によくぞ残った墳長150mの前期前方後円墳


  岡山県、吉備の前方後円墳というと、つい最近統合版を紹介した墳長350mの造山古墳(クリック)、286mの作山古墳(クリック)と巨大古墳がすぐに思い浮かびます。ぞうざん、さくざんと呼ばれる2基の築造時期は百舌鳥・古市古墳群の応神天皇陵古墳や仁徳天皇陵古墳とほぼ同時期の古墳時代中期のことから、ヤマト王権対吉備の対抗関係が指摘されることが多いようです。  他方、今回の神宮寺山古墳はそれよりも前の古墳時代前期末に築かれたと考えられています。 このブログでは、箸墓古墳との関連も指摘されている浦間茶臼山古墳(クリック)を前期古墳として紹介していますが、それよりはだいぶあとになります。そして地図からお分かりのように旭川の川沿いの平坦地に築かれています。同じ旭川流域には同じ頃金蔵山古墳(墳長160m)、湊茶臼山古墳(120m)がありますがいずれも丘陵地です。この違いは、支配地域の違いなのか、単に奥津城として神宮寺山以外の2基は丘陵地を選んだだけなのか興味深いところです。  それにしても住宅地というか商業地域のど真ん中(墳丘の南側は小学校の校庭)に改変されつつもよくぞ残ったという感じです。おまけに後円部頂の天計(あまはかり)神社社殿の床下に眠る竪穴石室の蓋石も確認でき、この古墳全体のイメージをつかむのには好都合です。アクセスは岡山駅から御野方面行のバス(本数多数)、御野小学校前下車すぐ(撮影2016年12月13日)。
神宮寺山古墳 基本データ 
所在地 岡山県岡山市中井町 
形状 前方後円墳 
規模 墳長150m、後円部径70m 高さ13m、前方部幅不明(長さ75m)高さ7m、
後円部3段、前方部2段築成
築造時期4C後半
出土品 小石室から刀剣等武具、農具、墳丘上から葺石と円筒埴輪 
史跡指定 岡山市 特記事項
後円部頂に主埋葬施設の蓋石が確認できる

PNG神宮寺山古墳 所在地


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

手賀沼周辺に築かれた2基の小型前方後円墳


 現在の千葉県、その半分ほどを占める房総半島。その房総半島の北部と茨城県の南部(関東平野東部)の古墳時代の様相は、沼地、湿地帯が随所にみられたようです。現在の霞ケ浦の東側には香取海(かとりのうみ)とよばれる内海が広がり、水運が盛んだったと考えられています。今回の二つの古墳の南側に広がる手賀沼も香取海の名残りです。  残念ながら開発の波にのまれ、高野山古墳群の8基の大半は消滅し、古墳群中唯一の前方後円墳である(墳長36m)1号墳の石室はからくも我孫子市立我孫子中学校校庭(入口脇)に移築復元されています。動画後半にあるように、竪穴石室を紹介する機会は滅多にないのですが、なかなかよくできた移築復元です。こぶりですが、片岩の割石を積み上げていてなかなか見応えがあります。ただ、長さは2mほどしかなく、幅、深さもさほど大きくないにもかかわらず人骨7体が確認されたというのは驚きです。しかも、この石室に加え、1号墳には3基の石棺があったそうです。3体の人骨が確認されているそうです(説明板)。前方後円墳をはじめ円墳等その他の古墳でも、1基につき1被葬者というわけではありませんが、これほど数多いとびっくりします。築造時期は6C後半と考えられています(説明板)。  最初に紹介しているのは日立精機2号墳です。我孫子駅の北側真裏にあった日立精機の工場敷地内にこの前方後円墳が位置し、工場撤退後、団地が建設される際に、その名を残し、団地一角に公園として整備されたとのことです。どおりで手入れが行き届いていて、日立精機、そのあとの団地の皆さんの努力がよく表れています。  墳長30mの前方後円墳は1965年に調査が行われ、くびれに横穴石室があったことが確認されています(現在芝で囲っている箇所)。長さ2.25m幅1.6mだそうで、盗掘のために遺物はなく、風化も激しいことから埋め戻されたとのことです(説明板)。ずいぶんと削平されていますが、前方部から後円部に歩くとずん胴のその姿がよく残っています(墳丘横にも模型があります)。前方部幅が21mと後円部径よりも3m大きいのです。既に畿内では前方後円墳の築造時期は終わり、東国でも、その最後の段階を迎えていた7C前半に築かれたと考えられています(撮影2016年2月18日)。 PNG高野山1号石室、日立精機古墳(我孫子市)所在地

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

水田にポツリ残る墳長100mの前期前方後円墳


  今回の星神社古墳、墳長100m前方部が西を向いた前方後円墳です。東国の前期前方後円墳としては墳長151mと断トツに巨大な梵天山古墳(クリック)の北西方向750mのところに動画冒頭にあるようにポツリと存在しています。たしかに地図をみると久慈川の支流である山田川と浅川に挟まれた地域に点在する島状の小丘陵の間にある水田の中に1基のみ存在しています(茨城県教育委員会)。梵天山古墳の周囲には中小の円墳が築かれていますが、星神社古墳は違うようです。にもかかわらず、墳長は100mと前期前方後円墳としてはかなりな規模で、しかも円筒埴輪の前身ともいわれる器台型埴輪片も出土しているところから、相当な有力者の墓であったことが想像されます。 前期前方後円墳は、前方部の幅が後円部径よりも狭く、高さは後円部よりもかなり低いことが共通項としてあげられます。その様子がよくわかるのは愛知県名古屋市の白鳥塚古墳(クリック)です。おそらく、星神社古墳も同様の姿を築造当時には見せていたに違いありません。比較してご覧ください。星神社古墳、周濠は墳丘周辺が圃場整備で削られているため、現在では確認が難しいようですが、巡っていたとみられています。  もともと梵天山古墳についでアップする予定でしたが、現状からは前方後円墳ということがわかりづらく、ついついお蔵入りとなっていました。記録という点からアップすることにしました。アクセスは梵天山古墳を参照してください(撮影2016年1月14日)。 PNG 動画撮影位置 星神社古墳 常陸太田市
PNG 星神社古墳と梵天山古墳位置関係
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ