古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:03.時間があれば

渋沢栄一邸の庭園の築山が古墳!

 
 東京の古墳というと多摩川沿いの前期の前方後円墳、宝來山古墳(クリック)(4C後半)、亀甲山古墳(クリック)(4C後半から末)それに中期の帆立貝型前方後円墳の野毛大塚古墳(クリック)がよく知られていますが、今回の赤羽台を含む武蔵野台地東辺端部にも前期から古墳は築かれています。それもJR浜松町駅からほど近い芝丸山古墳(クリック)、上野駅前の摺鉢山古墳(クリック)。ともに前方後円墳です。残念ながら今回の飛鳥山1号墳、赤羽台3号墳ともに全国古墳編年表(雄山閣、1995年)にも登場しない超マイナーな存在ですが、全国的な傾向と同様、古墳時代後期の東国では、地方の首長クラスでも古墳を築くようになります。今回の2基はそうした古墳に含まれると思われます。 ただ、完存する石室を多数見てきた自分にとっては、墳丘のみの飛鳥山1号墳はともかく、石室の下部のみが、覆い屋に移築保存されている赤羽台3号墳のほうは、曇ったガラス越しの見学ですし正直、あまりピンときませんでした。現地説明板によれば、東北新幹線工事中に発見されたそうで、狛江市の緒方小川塚古墳(クリック)同様、東京にしては珍しい石室の出土ということで、わざわざ移築保存されたそうです。そこまで大切というのであれば、保存後のアフターケアもきちんと行ってほしいですね(撮影2021年8月18日)


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

貴重ですが残念な2基の古墳


 前方後円墳、方墳、円墳計114基からなる龍角寺古墳群は古墳時代古墳の古墳群としてよく知られています。特に一辺78m、3段築成の大型方墳、龍角寺岩屋古墳(クリック)はよく知られています。墳丘の美しさが際立ちますが、2基の横穴石室があり、その一つ、西側の石室は格子越しですが見学可能です。貝の化石を大量に含んだ砂岩が用いられています。そして今回のみそ岩屋古墳も同様の横穴石室をもつ方墳で、規模は龍角寺岩屋古墳の約半分一辺35mとずっと小型です。横穴石室は比較的最近まで入室可能でしたが調査のためでしょうか、残念なことに訪ねた時にはブルーシートに覆われていました。龍角寺岩屋古墳の石室と比べたかったのですが・・・。 もう一つの残念は全国の前方後円墳でも最終段階、7C前半に築かれた墳長78mの浅間山古墳です。発掘調査中に長さ6.7mの複室構造の横穴石室が確認され、その残りの良さが知られていますが(「最後の前方後円墳 龍角寺岩屋古墳」(新泉社、2016)、様々な事情があるのでしょうが跡形もなく埋め戻されてしまいました。肝心の墳丘ですが、前方部は農業用などに用いられたり、後円部は浅間社用に盛土されたりと改変著しいことがわかっています。であればなおさらのこと貴重な複室構造の石室は見学可能なように措置できなかったものか残念でなりません。同様の見解をお持ちの方が多かったのか、県立房総のむら・風土記の丘資料館では副葬品の馬具や冠飾りなどとともに実物大のレプリカを作成し公開しています。ごめんなさい。関係者の方々の努力には敬意を表しますが、申し訳ありません。大きさはわかりますが雰囲気を味わうというところまでには至っていません。実際の石室は真っ暗で、ライトを照らしてようやくその長さや幅、高さがわかるものです。どうせレプリカを造るのならそこまで凝ってほしかったです(撮影2019年11月9日)。
PNG みそ岩屋古墳と浅間山古墳所在地 21年11月27日




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

墳丘のシュロが場違いな上円下方墳?
 遠くから眺める姿はこんもりとした緑の塊でいい感じです。周辺は田んぼ。googleのマップでも墳丘ははっきりと確認できます。ただ、この古墳を訪ねて下部が方墳、上が円墳という姿を想像できる人は相当古墳に詳しい方ではないかと思いました。24m(西)×17m(東)の方形の墳丘に約10mの円墳が載っていたはずですが、長い年月の間に現状のように姿を変えてしまいました。もっとも、説明板を越えると平らな面(テラス)があり、円墳部分をみながら一回りできます。ただ、シュロの生い茂り方が半端ではなく、その根っこの部分に葺石が多数確認できました。ただ、あの巨大な根っこが今後も「悪さ」をするのではないかと心配です。それにしても、間伐とかいろいろ墳丘を傷つけずに、見栄えよくする方法はあると思われますが、放置しているのはなぜなのでしょうか。国指定の史跡が泣きます。  もっとも、国指定になったのは上円下方墳という全国的にも奈良県の石のカラト古墳など数少ない墳形のためですが、詳しい調査が行われていないために、後世に手が入れられて、上円下方的な形になったのではないかとの指摘もあるようです。何が何でも、築造当時の姿が想像できるように復元再現しなければならないとは言いませんが、自然に任せ放置状態というのも困ったものです。東京府中市の熊野神社古墳(クリック)が上円下方墳です(撮影2019年10月31日)。 PNG 宮塚古墳(熊谷市)所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

津波に飲み込まれなかった2基の古墳


  2011年3月11日。東日本大震災による大津波は南相馬市の新田川を3㎞さかのぼり、墳長74.5mの前方後方墳桜井古墳の墳丘裾まで到達したそうです。訪れた時には既にがれきは取り除かれていましたが、動画冒頭の住宅周辺でも犠牲になった方もおられたと聞きました。今回は、 桜井古墳(クリック)を中心とした古墳公園の東西端に残る桜井古墳群の2基の古墳。方墳の7号墳と円墳の2号墳を紹介します。桜井古墳の東側200mほどのところにある7号墳は、一辺27.5mの方墳。整備されていることもあり草に覆われた夏の終わりでも方墳ということはよくわかります。説明板によれば方墳としては規模が大きく、しかも墳頂の木棺からは布に包まれた銅鏡が見つかったそうで、貴重だということです。同じ頃に築かれた桜井古墳の埋葬施設は発掘調査されていませんが、7号墳と同じような形式で、副葬品は7号墳よりも豪華ではなかったかとみられているようです。他方西側桜井古墳の100mのところに残る2号墳は、径20mの円墳で、時期は5Cに下るそうです。木立の中に残る2号墳は、堂々とした前方後方墳桜井古墳と比べると、その愛らしさが目立ちます。木棺直葬の痕跡があり鉄鏃片が確認されているそうです(撮影2017年9月5日)。
PNG 桜井古墳群所在地

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ