古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:02.おすすめ

二ツ山古墳1号墳とセットでみたい2号墳


 遠くからの姿がなかなか魅力的な二ツ山古墳1号墳(クリック)の道を挟んだ南側に今回の2号墳はあります。珍しく友人の車で行ったために県道78号から古墳に近づくとまず目に入るのが2号墳でした。ちょうどくびれの辺りに駐車場があり説明板が立っていました。つまり、2号墳の遠景をみることはなく、いきなり墳丘です。墳丘にあがってみると、思ったよりも残りはよくいい感じです。墳丘の南側は田んぼ。田んぼに降りれば南側から墳丘全体像が眺められそうです。降りてみました。動画の真ん中あたりがその光景です。  
 もっとも残念なのは1号墳とほぼ同じ全長6m強の横穴石室が確認されていますが、太田市HPによれば、現在ではほとんど埋まっていて「中に入ることはできません」とのこと。残念ですが、やむを得ません。石室の場所もわかりませんでした。たしかに、1号墳の石室開口部も落葉が積もっていて、かき分けての入室でした。墳丘を高さ3mの前方部から歩いてみると6mの後円部は、さほど大きくはみえません。長い年月の間に封土はかなり流失したのでしょう。墳丘全体は川原石によって葺かれ、円筒埴輪がまわっていたことが確認されています。1号墳と同じ6C後半に築かれたとみられています(撮影2020年4月18日)。 PNG 二ツ山古墳2号墳 動画撮影位置
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

古墳よりも雄大な眺望が見どころ

 
 桜井市観光協会が出している桜井の古墳探訪シリーズ④高家(たいえ)周辺の古墳探訪を手にしながら、コミュニティーバス平野バス停から、まだ訪れていない平野古墳を目指します。懇切丁寧に図示されているので迷うことはなさそうですが、土地勘のない者にとっての一人歩きは、いつもながら、正しい道だろうかと不安になる時があります。ましてや今回は、動画1の冒頭にあるように静寂に包まれ、車も滅多に通らない峠越えです。それでも、30分ほど歩くと目指す古墳近くにたどりつきました。
 三叉路の角に残された平野古墳ですが、google mapの航空写真でもその姿が確認できます。それもそのはず、墳丘は全失、石室下部だけかろうじて残っているからです。ただ、1400年前に造られた石室ということがわかるだけ幸運かもしれません。峠の頂上の人の行き交う三叉路にあり、人目につかないというにはほど遠い場所にあるからです。両袖式の長さ9.5mの石室。ところどころにみえる石材の大きさからするとかなり立派な石室だったと考えられます。
 その三叉路から東に歩くと春日神社があり、その境内には春日神社境内古墳が残されています。次第に周囲の木々が高くなり、ワクワク、どきどき感が半端ではありません。道を間違え、ぐるっと回って動画にある階段に到着。ところが、大きな期待は、スーッと萎んでしまいました。境内にはご覧のように、これこそ、石室の残骸といってよい姿。もう少し、何とかならなかったものでしょうか。ということで、今回訪れた古墳石室は、少々、残念な結果でした。とはいえ、両古墳からみる奈良盆地を越えた先の葛城山、二上山などの山脈は見事です。そちらのほうは疎い私ですが、途中、万葉歌碑もあります(撮影2020年2月5日)。

PNG 平野古墳と春日神社境内古墳ルート 21年7月2日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

横穴石室の天井石が露出する大型前方後円墳


 今回、墳長122mの前方後円墳、三条塚古墳をアップするにあたって、内裏塚古墳群の大型前方後円墳を地図に落としてみて、古墳時代中期の5C央から後期の終わりごろ(6C後半から末)、それも後期に集中する傾向に驚かされました(下図参照)。何度も書いたように、畿内では大王墓としては6C後半の五条野(見瀬)丸山古墳が最後で、全国的にも前方後円墳自身、急速に規模を縮小させていきます。その例外が東国で、内裏塚古墳群のように墳長100mクラスのものを次から次へと築いていくところがいくつもあります。 東国は王権の支配が十分に及ばなかったからなのか、あるいは敢えて王権が特別に大型の前方後円墳の築造を許したのかまだよくわからないところがあります。ただ、その後、しばらくして(およそ30年ほど)、東国でも前方後円墳は突如終わりを告げ、この内裏塚古墳群でも見られるように、それまでであれば前方後円墳だった人物がかなり大型の方墳(一辺40mの割見塚古墳、同38mの亀塚古墳)に葬られるようになること、後期後半の大型前方後円墳の副葬品が金銅製の馬具を含め(思い出すのは、内裏塚古墳群ではありませんが、金の鈴が出土した木更津市の墳長133mの前方後円墳金鈴塚古墳(クリック)が典型)、いずれも王権とのつながりを示す豪華なものだということなどを考えると、房総の地は王権にとり特別な存在であったと考えざるを得ません。  この富津市には富津岬があり内裏塚古墳群へは至近の距離です。古来、日本武尊の東征伝説にも登場する富津。三浦半島の先端、走水から富津への海上ルートを支配していた豪族達が内裏塚古墳群の被葬者なのでしょうか。  さて、今回の九条塚古墳は墳長122mの前方後円墳ですが飯野藩の藩校が建てられたために、墳丘南側はかなり削られています。それでも後円部に露出する横穴石室の天井石手前は発掘調査され、3体分の人骨や銅鏡、金銅製馬具や武器、装身具などが出土しています。残存する天井板石の奥にさらに5mほど石室が続いているといわれ未盗掘と考えられています。既に出土した金銅製馬具等から推測すると、かなり豪華な品々が眠っているのではないでしょうか。 三条塚を歩いてみるとご覧のように、内裏塚(以下古墳名をクリック)、稲荷塚、九条塚同様墳丘の木々は伐採されておらず、古墳に興味のない人には単なる森にしか見えないのは残念です。歴史的価値のある古墳群だけに、せめて墳丘が一目見てわかる程度に手入れをしてほしいと願うのは私だけでしょうか(撮影2020年11月9日)。



PNG 内裏塚古墳群簡易図 21年6月16日作成

PNG 動画撮影位置 九条塚古墳(内裏塚古墳群)PNG 富津と走水 内裏塚古墳群

PNG 三条塚古墳 (富津市)21年6月15日作成

九条塚古墳(内裏塚古墳群)基本情報

所在地 千葉県富津市

形状 前方後円墳

規模 墳長122m、後円部径57m 高さ6m、前方部幅72m 高さ7.3m

築造時期 6C後半

出土品 人骨3体分、金銅製馬具、銅鏡、武器、装身具

史跡指定 富津市

特記事項 墳丘は飯野藩藩校建設のため江戸時代に墳丘南側が

大きく抉られている








蓋なしの刳り抜き式家形石棺が迎えてくれます


 事前の調べで開口部は要塞化していることはわかっていましたが、横から近づいても古墳とはわからないものの、開口部の側壁には家の玄関などに使われる鉄平石が貼られていて、雰囲気は悪くありません。広島周辺を襲った2001年の芸予地震(全く記憶がありません)で被害を受け修復せざるを得なかったそうです。その後、数多く自然災害の被害を受けた古墳が立ち入り禁止のままに放置されていることからすれば、貞丸1号墳は、古墳にとっても見学者にとってもよほどラッキーではないでしょうか。 
 この古墳、三原地区の御年代古墳(クリック)や梅木平古墳(クリック)と同様に墳丘は削平され、元の形状はわかっていません。加えて羨道が完全に失われ、いきなり目に入るのは仕切り石だそうですが、左右にある柱状の石です。その枠の中に刳り抜き式家形石棺の棺身が短辺を前に置かれています。近づいてみると雨水でしょうか、水が溜まっています。長さ2.2m 幅1.1m 高さ0.7mの石棺。残念なことに蓋はありません。石室長さは4.5mに対して幅は2mですから、窮屈という感じではありません。他方、ほとんど持ち送りのない長方形の石室の奥壁は2段積み。小型の石はほとんど使われていないためでしょうか。側壁とともに非常にバランスのよい印象です。
 この貞丸1号墳、実は複室構造ではないかとの見方があります。キャプションにも書きましたが、袖石と思った間仕切りの役割を果たす立柱石の存在です。前室と後室(玄室)の境に置かれる石ですが、玄室前の消滅したスペースは羨道ではなくて前室ではないかというのです。なるほど、そういう見方もあるのかという感じです(撮影、2020年3月10日)。PNG貞丸古墳 所在地 21年6月9日
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ