古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:02.おすすめ

どうでしょう?このまぐさ石の巨大さ!

 動画の編集をしながら、撮り忘れてしまったなと後悔することはしばしばです。今回の百合畑古墳群もその一例です。鬼の窟古墳や、掛木古墳笹塚古墳等壱岐島のメインスポット、巨石墳を博多に戻るフェリーの時間までにまわらなければならないと気が焦っていたのだと思います。小型の前方後円墳4基と19基の円墳からなる百合畑古墳群。公園として整備されているのですが見学が十分にできる横穴石室のある古墳は今回の18号墳一基だけ。そんなこともあって綺麗に刈込された墳丘の数々を素通りしてしまい、動画として十分に残っていないのです(15号墳は18号墳の前にその全体像をかする程度に紹介しています)。なので今回の動画、6C末から7C初頭に築かれた古墳群全体の雰囲気が伝わるには不十分です。

 それはともかく18号墳、羨道は欠損しいきなり玄室ですが、そのまぐさ石(羨道と玄室の境に架けてある石)の巨大さはあきれるほどです。島全体が玄武岩からなり石材の調達には不自由しないとはいえ巨石墳に葬られた人々よりは下位の人々の墓にも、これだけの巨石をつかっているのですから驚きです。奥壁と側壁の石積み、天井に向かって内傾する持ち送りも美しいカーブを描いています。羨道が残っていればなあと思わずにはいられませんでした。残念ながら石室の規模に関するデータがどこにもなくキャプションの数字はあくまで参考です(撮影2019326日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

色づいた銀杏との対比が美しい古墳

近鉄大阪線の榛原駅から南に1㎞ほど、今回の古墳、丹切34号墳は宇陀川を挟んだ丘陵に築かれた丹切古墳群の一基です。今では奈良県立榛生(しんせい)昇陽高校の敷地内にあり、他方、その他の古墳は高校の裏山に点在しています。このように書くと簡単ですが、上り坂が続く高校近くまで歩いたものの正門にたどり着けず焦りました。いつものように次の古墳に移動するための電車の時間が決まっているからです事前に電話しておいたためか校内での手続きもスムーズ。古墳の場所まで案内して頂き感謝。由来が書かれたパンフレットもいただけました。校内片隅まで歩き、まず、目に入ったのは色鮮やかな銀杏でした。見とれていたら、古墳はそのすぐ横。円墳状で銀杏との対比が実に美しい。ところがキャプションにも書きましたが現在の形状は丘陵先端に築かれた横穴石室が開墾等の影響で切り離され、石室部分だけ封土(?)とともに独立して残されたものだそうです。なるほど、そのことは動画1のように裏山に登って見下ろすとよくわかります。肝心の石室ですが長さ4.7mほどの石室は玄室はよく残っているものの羨道は玄室との境あたりだけです。玄室は奥壁、側壁ともにこの辺りで採れる榛原石で積まれており、箱式石棺が残されています。7C初頭、終末期との境に築かれている割には素朴な印象です。盗掘のせいか出土品は鉄釘、須恵器、土師器とごくわずかのようです(撮影2019年11月20日13時43分)。

PNG tangiri 34goufun basho zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



残る玄室から想像できる重厚な石室 


 この古墳を訪れたのは20179月のことでした。まだ石室の知識も十分とはいえず、玄室だけしか残っていない姿をみて、正直感動は覚えませんでした。ただ、奥壁はじめ朱とおもわれる赤い色がよく残っていたことは覚えています。そんなこともありアップしそびれてしまったというのが正直なところです。それから3年、動画を見返してみて印象が大きく変わりました。多くの石室を見てきたからでしょうか。平滑された巨石を用いた玄室は長さが4m、幅2.4m、高さは3.1mもありますし、それに袖石の立派なことにびっくりしました。おそらく羨道は8mは下らないでしょうから、結構な規模の石室だったと思われます。それは銅鏡、金銅張りの杏葉等の馬具、耳環、須恵器など出土していることからもわかります。福山市の文化財担当の方によれば1946年に県立府中高校の考古学研究会が発掘調査し、出土品は県立博物館や市立歴史民俗資料館に保管されているとのこと。是非見たいものです。気になっていた壁の朱についても赤色顔料によるものと書かれているそうで、ひょっとして雨水による花崗岩の変色ではないかとの疑問は消えました。また、二塚古墳の由来ですが、もともと南北に並んで古墳があったことによるものだそうです。現在では北古墳の玄室だけが残っているというわけです。残念ながら墳丘の形態、規模はまったくわかっていませんが築造時期は6C末から7C初め、古墳時代後期の最後のほうと考えられています。福山市では二子塚古墳大坊古墳、山の神古墳を紹介しています。併せてご覧ください(撮影2017年9月25日午後2時46分)。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

伊勢地域の首長墓、2基からなる宝塚古墳]
  だいぶ前に訪問したのですがアップが遅れてしまいました。全長140㎝の船形古墳が出土した前方後円墳の1号墳に比べ、そのすぐ北にある今回の帆立貝型前方後円墳の2号墳はあまり言及されることがないようです。でも改めて編集のために動画素材を点検したところ短い前方部の半分ほどが道路建設で削平されていること以外、墳丘の残りも段築が明瞭でなかなかのものだと思いました。全長90mもあります(動画1のキャプションでは径90mと書いたのは誤りです)。

 10mほどの墳丘に登ると、墳頂には礫(小石)が敷き詰められた葬送儀礼のための区画があった確認されたようですが、残念なことに現在、その場所は記されていません。愛知県名古屋市の白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)も同様の区画があり、こちらはその位置がわかるように復元されています。   

 2号墳の墳頂からは南側に1号墳、1号墳からは北側に2号墳が木立越しに見え、両者が密接な関係にあることがよくわかります。築造時期は1号墳が5C初頭、ついで2号墳が5C前半と考えられているそうです。残念ながら1号墳のような多数の形象埴輪が墳丘に立っておらず朝顔型の埴輪が葺石が葺かれた墳丘にまわっていたようです。2号墳は1号墳に続く首長墓とみられていますが、全国古墳編年集成(石野博信編、1995)をみると2号墳以降この地域に墳長100m前後の大型の古墳は築かれていないようです(撮影20151119日)。
PNG dougasatsueiihi takarazuka2goufunto
PNG takaraduka kofun chizu

宝塚2号墳基本情報

所在地 三重県松阪市

形状 帆立貝型前方後円墳

規模 墳長90m、後円部径83m 高さ10.5m、前方部幅40m

高さ 2.9m、後円部3段、前方部2段 築成

築造時期 5C前半

出土品 朝顔型埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 宝塚1号墳造出し出土の船形埴輪は全長140㎝と国内最大


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ